災害復興1

(異動・復興本部事務局次長になりました)
6月27日に、東日本大震災復興対策本部事務局次長に就任しました。被災者支援チームの次長も、兼務したままです。気持ちを引き締めて、被災地の復興のために、引き続き頑張ります。
これまで3か月間、被災者支援の仕事をし、現地にも何度も入っていますので、今度の仕事もこれまでの仕事の延長にあります。松本龍大臣、平野達男副大臣も一緒ですし、上田健審議官も次長として一緒に移ります。既に50人を超える職員が発令されています。各省から集まった優秀な職員と一緒に、これまで同様に素早い仕事、被災地の立場に立った仕事を心がけます。
場所は、首相官邸の前の坂を下った、アメリカ大使館の前の民間ビルです。適当な庁舎がなかったので。
28日には、第1回の復興本部会合が開かれ、私たちは構想会議の「提言」を具体化する作業に入っています。

新しい組織の立ち上げ、直ちにトップスピードの仕事に入るために、この数日、またもやとんでもなく忙しい生活を送っています。職場では、次々としなければならないことが出てきますし、布団の中でも、こうした方が良いなというアイデアが出てきます。すると、睡眠時間が削られて。新しい仕事を立ち上げる、各省から職員が集まった組織で仕事をするというのは、なかなかないことです。
前例のない仕事の難しさです。下からの積み上げだけでは仕事は進まず、どうしても全体を考えたトップダウンが必要となります。もちろん私はアイデアを考え、漏れ落ちがないかを探し、指示を出すまでで、実際に内容を考え実行してくれるのは職員です。官僚制の特色の一つが、前例通り、決められたとおりに仕事をする、です。しかし、ここではそんな「常識」は通じません。
たくさんの方から、「はまり役ですね」といった激励の言葉(?)をいただきます。う〜ん???でも、ありがたいことです。(2011年6月29日)

(慌ただしい1週間)
今日は金曜日。またまた、怒濤のような1週間が、終わりました。月曜日に復興本部事務局に異動しました。火曜日に全閣僚出席の本部が開かれ、引き続き政務職と事務職幹部で「連絡会議」(これまでは運営会議といっていたもの)を開催。直ちに事務局内の班の編制や、当面の課題を協議しました。今日は第2回目の連絡会議を開き、各班の課題と取り組み方針を説明しました。別途、急ぎの重要課題も検討しています。
その間に、与野党への説明が入ったり、組織立ち上げの雑多な業務をこなしています。ちゃんと3食を食べているのですが、再び1キログラムの減量に成功しました。特段の運動をせずに痩せるのですから、ありがたいことです(笑い)。
被災者支援チームも兼務しているのですが、そちらは職員たちがいくつかの報告と相談のほかは、責任を持って仕事を進めてくれています。これもありがたいことです。
明日明後日の土日には、復興大臣のお供をして東北3県へ。月曜日は、総務大臣のお供をして、福島県で原発事故関係市町村との意見交換会です。(2011年7月1日)

(復興、当面急ぐ仕事)
復興担当大臣のお供をして、昨日2日は福島県知事と、今日3日は岩手県知事、宮城県知事と面談に行ってきました。
これから、市町村や県の復興を、本格的にお手伝いします。復興の主体は住民であり、市町村です。私たちの仕事は、住民の生活再建や企業の再建への支援、市町村が取り組む町の復興や安全安心づくりの支援です。

当面、急がなければならないことは、次のようなものです。
1 構想会議から頂いた「提言」を、実際の事業に移すための「基本方針」に「翻訳」すること。
2 特に、提言に盛り込まれた「特区」や「交付金」などを、設計すること。
3 市町村が作り始めている復興計画に、必要な助言をすること。
4 市町村が行うあるいは行っている各種事業への助言、手続の簡素化、財源確保、そのほか国としてできる支援を行うこと。
東京で考えていても、効果的なことはできません。地方自治体の要望を聞いて、急ぐものから、各省に取り組んでもらいます。(2011年7月3日)

(被災者受け入れ市町村との意見交換会)
今日は、福島市で、原発事故の被災者を受け入れているいくつかの市町村との意見交換会。総務大臣や経産副大臣のお供をして、出席しました。6月4日には、避難している市町村長との意見交換会をしました。
受け入れている市町村も被災しており、その上で他市町村の住民を受け入れています。たくさんの避難者を受け入れていると、保育園、小中学校、病院などの定数、さらにはゴミ処理場の能力を、上回るところが出ています。
受け入れ側の市町村の行政サービスと、元いた市町村の行政サービスの水準が違うこともあります。例えば子どもの医療費無料化など、首長の方針や財政力によって、市町村ごとに違いがあります。受け入れ側の市町村長は、「なるべく住民と、避難してこられた方と、差をつけずにサービスをしたい」とおっしゃってくださいますが、財源をどうするか、悩ましいところです。(2011年7月4日)

(大臣交代)
今日は、朝に松本復興担当大臣の辞任、夕方に平野新大臣の任命がありました。その事務的な準備に、追われました。どなたが新大臣になられるか不明の段階で準備をするので、大臣交代は毎回いろんな苦労があります。
もっとも、平野大臣はこれまで副大臣として指揮を執っておられたので、私ども事務方にとっては、新たなご説明も不用です。円滑な引継ぎが、できました。

ここ数日、テレビのニュースで、松本大臣の横にいる私の姿が、繰り返し放送されたとのことです。私は忙しくて、それらのニュースを見ていないのですが。たくさんの人から、「テレビで観たよ」とのメールを頂きました。ハイ、忙しく仕事をさせてもらっています。(2011年7月5日)

(避難所から住宅へ)
全国の自治体の協力を得て、避難者の居場所を把握しています。4週間前に比べ、学校や公民館などいわゆる避難所におられる方は、4.1万人から2.4万人に着実に減っています。知人宅におられる方も減っています。仮設住宅などへ移っておられます。(2011年7月6日)

(復興の「基本方針」作成作業)
7日金曜日の夜に盛岡に移動。平野復興担当大臣のお供をして、8日朝には久慈市での復興に向けての意見交換会、午後は岩手県知事、宮城県知事との面談に同席してきました。毎週のように、東北新幹線に乗っています。今日の東北地方は、暑かったです。
7月中に、復興の基本方針を作る予定です。8日に項目の案を決め、早速、各府省に協力依頼を出すとともに、地方自治体の意見を聞くことを始めました。基本方針に盛り込む項目、特区、一括交付金などについての、具体的な提案を頂くためにです。
復興の主役は、住民であり市町村です。その人たちが進めやすいようにするのが、基本方針を作る際にも重要です。(2011年7月9日)

(復興の担い手)
今後の被災地での復興の進め方について、誤解をしておられる方が、時々おられます。
例えば、「国に復興本部ができた。さらに復興庁ができたら、大胆な都市計画ができるのでしょうね。関東大震災の時の後藤新平のように。がんがんと、国が線を引いて、事業をして・・」というようにです。
いいえ、町の復興計画をつくるのは、住民であり首長であり、議会です。国の役人がしゃしゃり出て、大胆な計画をつくることはありません。

「でも、市役所の職員も亡くなり、まちづくりの能力に欠ける市役所もあります。やはり国が出ていかなければ」とおっしゃる方もいます。
その趣旨は分かりますが、市町村が、県や国に対し「この点について助けて欲しい」と要望してもらわないと。住民や市役所の意向を抜きに、国が絵を描くわけにはいきません。都市計画の専門家が必要なら、送ります。財源が不安ならば、相談に乗ります。規制緩和が必要なら、相談に乗りましょう。それは国の責任です。

また、大胆な都市計画をすれば復興ができる、というわけではありません。その町が今後数十年にわたって、どのような産業で、雇用と賑わいを保っていくのか。教育や福祉など、どのように住民の安心を確保するのか。コミュニティをどのように保っていくのか。インフラ整備以上に、住民の暮らし(雇用と安心)が重要です。立派な道路やビルを造っただけでは、町の復興はありません。
もちろん、市町村長さんたちは、良くわかっておられます。(2011年7月10日)

(今日は福島へ)
今日は午前中に、福島市で原発事故市町村との意見交換会。片山総務大臣のお供をしてきました。テーマは、地方税の特例についてです。
地震で壊れた家や津波に流された家について、固定資産税を免除する特例を既に定めました。原発の避難区域の住宅は、壊れていないのですが、使うことができません。これらも、地震で壊れた住宅と同じ扱いをするための法律を考えています。
もっとも、ことはそう簡単ではありません。その市町村にとっては、税収が減ります。必要な財政支出に対し税収が不足する場合は、地方交付税で補填します。天災によって税収が減った分を税金で補うことは、国民も納得してくださるでしょう。しかし、原発事故の場合は、原因者がいます。その人(会社)が補填すべきである、という議論もあるのです。でも、損害賠償請求をしていては、時間がかかります。

15時に東京に戻り、国会議員への説明やら、事務局内での打ち合わせやら。昨日(日曜日です)のうちに、職員に仕事の段取りを指示してあったので、その進捗状況や課題を、報告してもらいました。
今月中に「基本方針」をつくらなければならないので、忙しいのです。他方、国会も開かれていて、大臣への質問も多く、その準備も必要です。職員には、休日出勤やら残業をお願いしています。申し訳ありません。(2011年7月11日)


災害復興2へ続く
表紙へ戻る
消防・防災13へ戻る