災害復興12

災害復興11から続く

(復興構想会議)
今日夜、総理官邸で、復興構想会議が開かれました。復旧・復興の現状と課題を、政府と3県から報告し、議員の意見を求めました。
政府のとりまとめは、資料1と資料1別冊Aに、簡潔にまとめてあります。ご利用ください。(2011年11月10日)

(発災8か月)
今日は、11月11日。3月11日の発災以来、8か月が経ちました。早いものです。
初めて被災地に入った時は、雪が残っていました。その後、視察に訪れるたびに、景色は変わっていきました。農山村を越える移動が多く、バスの窓からは季節の移り変わりが、よく見えました。たくさんの枝垂れ桜が咲き、そして田植えがあり、田んぼの稲が青くなり、稲刈りが終わりました。いまは、民家の庭では、柿の木がたくさんの実をつけて、黄色に輝いています。山々も、色づき始めました。
津波被害地でも、がれきが片付き、道路が復旧し、仮設の商店が営業を始めています。町中でも、着実に景色が変わっています。もっとも、街並みの復旧は、まだまだです。そして、原発事故被害地では、まだ住民が戻ることもできません。
私たちの仕事も、緊急援助物資の手配から始まり、避難所の環境改善、生活情報の提供、仮設住宅や借り上げ住宅の手配、生活再建の支援という被災者支援から、街の復旧と復興支援に移っています。
避難所や仮設住宅では、寒さ対策から始まり、暑さ対策に移り、現在はまた寒さ対策を考えています。(2011年11月11日)

(自分で忙しくする)
今日は土曜日。この週末は現地出張が予定されていないので、ゆっくりと出勤。資料整理、未処理案件の検討、これからしなければならないことの一覧表づくりなど。休日は、仕事がはかどりますねえ(いつも、同じことばかり言っています。苦笑)。
2つの法案(特区法案、復興庁設置法案)を国会に提出して、一段落したのですが。2法案は、国会での審議入りを待っています。職員は、法律が成立し施行されたあとを見越して、実施の準備を進めています。細目を決めたり、関係地方団体に説明をしたり。そして、組織と人員をそろえなければなりません。これも、けっこう大変です。
もちろんこれらは、それぞれの参事官(課長)が進めてくれるので、私はその相談に乗ればすみます。私の仕事は、次に何をしなければならないかを考え、参事官に指示を出すことです。復興本部としては、原発事故による避難が解除された地域の振興が、次の課題の一つになります。

講演の依頼も頂くのですが、なかなか時間が取れず、いくつかは参事官に代わってもらっています。原稿の依頼も、引き受けて。この土日には、少しは片付けないと、締め切りが来ます。自分で、自分を忙しくしていますね。
でも、私たちの仕事を世間の人に理解してもらうことも、重要なことです。また、異業種の人に説明するには、私たちの仕事を違った角度から整理する必要があります。これは、私にとっても大変役立ちます。

ある職員が、「もっと仕事をください」と発言している私の似顔絵(漫画)を描いて、私の部屋に貼ってくれました(苦笑)。
お店や工場と同じで、仕事が来るうちが華ですからね。そう思いましょう。(2011年11月12日、13日)

(自治体職員による、被災町村役場支援)
11月12日の朝日新聞夕刊は、全国の自治体が、被災した自治体に職員を派遣して応援している事例を、紹介していました。お祭りや姉妹盟約などで縁のある自治体が、モノやお金だけでなく、職員を派遣してくれているのです。
被災した自治体は、通常の業務の上に、被災者の支援や復旧と復興と、仕事量が膨大になっています。しかも、役場の建物や設備が壊れ、職員が亡くなったところも多いです。
今後はまちづくりを進めるために、都市計画や会計の職員が、たくさん必要となります。それも短期間で入れ替わるのではなく、腰を落ち着けてその町の事情に通じてもらう必要があります。(2011年11月13日)

(福島県との協議会幹事会)
今日は、福島県庁で、国と県との協議会幹事会でした。津波被災地は片付けを終え、復興へと進んでいます。しかし、福島県にあっては、原発事故はまだ終息せず、避難対象区域には戻ることができません。県全体が風評被害に遭っています。放射性物質の除染も必要です。
県からは、原発事故特有の被害からの復興についての、特別立法を要望されています。今日は、それらの議論をしてきました。(2011年11月16日)

(復興特区法案審議入り)
今日、衆議院本会議で、復興特区法案が審議に入りました。来週、復興特別委員会で審議が続けられる予定です。(2011年11月18日)

(福島県知事との意見交換)
今日は、復興大臣のお供をして、福島県知事との意見交換に、行ってきました。県からは、原発事故という特殊性による被害からの再生のため、特別立法を要請されています。その項目を含め、県からの要望や指摘を聞いてきました。(2011年11月19日)

(被災地視察)
今日は、復興大臣のお供をして、宮城県女川町と南三陸町に、町長や被災者との意見交換に行ってきました。2町とも、町の中心部が津波によって壊滅し、多くの人が犠牲になりました。また、街並みがなくなっています。
仮設住宅は既に完成し、住民が暮らしています。冬に向けて、断熱材を入れる工事が行われていました。そのほか、不便な点などを聞いてきました。町の中心が津波でなくなるとともに、地盤沈下しています。高台に移転するしかありません。その構想がまとまりつつあります。
また、働く場として、水産業の再開が重要です。漁港、製氷施設、加工場の復旧が進められています。仮置き場に集めたがれきをさらに分別し、焼却する準備も進められています。仮設の焼却場も建設します。
両町の心配の一つに、専門職員の不足があります。町にとっての数年分の公共事業を、一時に発注しなければなりません。とても、現在の職員では、人数もノウハウも足りません。国や他の地方自治体からの、技術職員の応援が必要です。(2011年11月20日)

(第3次補正予算成立)
今日、第3次補正予算が参議院で可決され、成立しました。これで復旧と復興が加速するでしょう。ありがとうございます。
また今日から、衆議院復興特別委員会で、特区法案の審議が始まりました。この中に、規制緩和や手続の簡素化を含んだ特区制度のほか、復興交付金制度が含まれています。この法律が成立して初めて、交付金が使えます。そのためにも、早い成立を願っています。(2011年11月21日)

(復興庁法案の審議へ)
国会では、復興特区法案の審議が進んでいますが、続いて、24日に衆議院本会議で復興庁法案が審議されます。
法案が国会で審議される場合には、本会議で総理が出席するもの(重要広範議案、あるいはそれ扱い。その後、委員会で審議)、本会議で大臣が出席するもの(その後、委員会で審議)、本会議を省略し委員会審議から始めるものの、3つの扱いがあります。特区法案は本会議もの、復興庁法案は総理出席ものになりました。
22日夕刻から夜にかけて、24日審議の総理と大臣への質問通告が出ました。職員と一緒に、夜遅くまで答弁資料作成にがんばりました。もっとも私は、職員が作ってくれた案に、目を通すだけですが。けっこうな数があるので、大変です。22日には間に合わず、23日夜に出る予定の、質問通告もあります(ここまで、23日の朝に記述)。
結局、質問通告が出たのは、23日夜の21時前でした。勤労感謝の日の夜に仕事をさせて、ごめん。国会班と関係班の諸君(ここは23日夜、正確には24日に入ってから記述)。
各紙の社説が、法案の早期成立を主張しています。読売新聞11月22日日経新聞11月22日。(2011年11月23日)

(復興庁法案審議入り)
今日、衆議院本会議で、総理出席による「復興庁法案」の審議がありました。質問の多くは、この内容で被災市町村の要望に応えることができるかでした。すなわち、出先である復興局で、ワンストップで処理がされるか。国の出先機関をたらい回しされないか。復興事業を強力に実施できるか。権限や人員規模はどうなるか、などです。
一方、復興特区法案は、衆議院復興特別委員会で審議が続いています。(2011年11月24日)

(全国避難者数)
定例の全国避難者数調査が出ました。これまで、東北3県は仮設住宅について、戸数だけ把握でき、人数は把握できていませんでした。今回から、3県の協力を得て、人数を把握できるようになりました。
その結果、全国の避難者(自宅から離れている人)は、総数約33万人となりました。なお、避難所にいる人は、約780人です。(2011年11月24日)

(被災地視察)
復興担当大臣のお供をして、昨日(土曜日)は宮城県知事との意見交換と東松島市の視察、今日(日曜日)は岩手県知事との意見交換と一関市の視察に行ってきました。盛岡泊りの、一泊二日出張です。
第3次補正予算が成立したので、これを使って復興を加速していただくための、意見交換です。東松島市では、集団移転の計画が進みつつあります。一関市では、飼料とする稲藁から、高い濃度の放射性物質が見つかっており、その処理に悩んでおられる状態を聞いてきました。

行き帰りの新幹線車中とホテルは、私にとって貴重な時間です。書類を整理したり、締め切りが迫っている原稿書きにいそしみました。なかなか集中力は続かないのですが、そんなことも言ってられず・・・。(2011年11月27日)


災害復興13へ続く
東日本大震災復興対策本部ホームページ
表紙へ戻る