災害復興4


災害復興3から続く

(復興への民の力)
被災地の復旧と復興というと、国や自治体の仕事が取り上げられますが、民の力も大きいです。私がかねて主張している、私・共・官の3元論です。公は、官が独占するのではなく、民間の公も大きいです。

私企業は、経済活動を通じて、すなわち従業員を雇用したり、必需品を供給することで、住民の暮らしを支えています。いくら道路と堤防、住宅を復旧しても、働く場がなければ、暮らしは復興しません。商店やガソリンスタンド、宅急便がないと、暮らしは成り立ちません。
これに関連して、旧知の田澤さんから、テレワークによる復興支援を教えてもらいました。被災者が テレワーク(在宅勤務・在宅就業)で、被災地に居ながら働くための雇用支援です。

また企業は、経済利益を追求するだけでなく、社会的貢献をしています。7月31日の新聞に、三井物産の環境基金復興助成の広告が出ていました。第1回締め切り分として、被災地の復興研究のために、約4億円の助成をしてくださいます。ありがたいことです。
このような、企業の経済活動を通じた復興支援、義捐活動を通じた復興支援の役割は大きいです。これらを、どのように地域の復興に活用させてもらうか。また、協力してもらうか。私たち復興本部の大きな課題です。
このほかに、共(利益を追求しない活動)もあります。「基本方針」では、官の役割のほかに、民の力も並べて書きました。(この項続く)
(2011年8月2日)

(がれきの片付け状況)
津波被害を受けた市町村の、がれきの片付け状況が、公表されました。今回は、推定がれき量のうち、どの程度片付けたかという割合に加え、散乱しているがれきのうち、どの程度片付けたかという割合も公表されました。その差は、これから解体される家屋の分です。すなわち、これから解体する家屋は、がれき総量に含まれますが、散乱がれきには含まれません。
実は、石巻市や釜石市では、がれきの片付けが進んでいるのに、片付けた割合の数字が20%程度と低い、との指摘がありました。確かに、住宅の周りのがれきは片付いているのです。理由は、「これから解体する家屋」でした。それを考慮すると、石巻市は、21%から87%に一挙に上がりました。ほとんどの市町村で、かなり片付けが進んでいます。もちろん、これは仮置き場まで運び出しただけなので、それらを焼却処分したりする必要があります。

また、47都道府県庁の「被災者支援窓口」を公表しました。被災者は全国に避難しておられるので、その方々のお世話をする窓口を、各県庁の協力を得て、明らかにしました。県庁内で、災害対策の所管部局はふだんから決まっていますが、被災者支援担当は決まっていない県庁も多いのです。今回改めてお願いしました。(2011年8月5日)

(農業用ダムの決壊)
今日は、復興担当大臣のお供をして、仙台市と福島県須賀川市へ。余り知られていないのですが、須賀川市にある農業用のため池「藤沼ダム」が、あの地震で決壊しました。ため池と言っても、大きなダムです。大量の水と土砂が、鉄砲水となって下流の住宅を倒し、死者も出ました。その現場を見てきました。
ダムから1キロ下流に住んでいた住民の方に、話を聞きました。お宅は開けた傾斜地にあり、そこへ横から、ダムからの谷筋が合流しています。谷を駆け下った土石流は、まっすぐお家を襲ったのです。
谷筋を、木が立ったまま、大きな音とともに、駆け下ってきたそうです。その後を大量の水が押し寄せ、しかもその水の塊は下が空いていた=大量の水が空を飛んできたそうです。あわてて逃げて助かったとのことですが、両隣のお家の方は流されました。
ダムに登ると、堤防は無くなっているのですが、残った部分を見ると、とても大きな断面=台形です。これだけの堤防が壊れるのですから、よほど大きな力が加わったのでしょう。また、水の無くなった湖も、広大です。ここにあった水が一気に流れ出ると、それもすごいエネルギーで駆け下ったのでしょう。(2011年8月6日)

(救援物資の保管と仕分け、配送の無償協力)
先日、国際空港上屋株式会社に、お礼に行ってきました。被災者支援のために、企業からもたくさんの物資が寄付されたことは、皆さんご承知のとおりです。海外からも、たくさんの物資が寄せられました。それらは主に成田空港に到着します。
それを一時保管し、物品ごとに仕分けし、搬送する必要がありました。実は、これが広い場所を取り、大変な作業なのです。この保管と仕分けを無償で、協力していただいたのです。しかもモノの性格から、事前に計画的に届くわけではありません。突然大量に届くのです。それらにも対応してもらいました。ありがとうございました。
また、それを被災県まで運ぶ搬送についても、DHLジャパンが無償で協力してくださいました。それぞれ、大臣名でお礼状を出したのですが、お会いしたいとの申し出があり、私の方からお礼に行きました。

物資を寄付してくださるのはありがたいのですが、いくつかの地方団体が個人からの寄付を一時断ったように、その保管と仕分けさらには個人への配達は、大変な作業なのです。これは、政府が調達する物資にも共通します。被災者支援チームのホームページでも紹介しましたが、調達と搬送に仕組みと人手がかかります。自衛隊には、大活躍してもらいました。また、中継拠点で物資がたまり困ったので、仕分けの専門家に助けてもらいました。
モノは、被災者にわたることと写真で「目に見える」のですが、このような作業やサービスは、一般の方には見えにくいです。私も携わって、初めて知りました。

関係者の皆さん、ありがとうございました。たびたびこのようなことがあっては困りますが、次回はこれを教訓に、円滑に行うようにします。(2011年8月7日)

(時代の雰囲気と歌)
日経新聞は文化欄で、第2次世界大戦と敗戦を知る作家たちに、大震災について語ってもらう連載をしていました。その締めとして、8月6日朝刊に、宮川匡司編集委員が「求められる時代の歌」を書いておられます。
・・戦争を肌で知る作家・詩人の声を聞き、ある共通点に気がついた。どの人も現在の日本に、大きな不安や暗さを感じている。あの時代より暗いと感じるのは、なぜなのか。
1950年代から80年代まで、日本は右肩上がりの時代を生きてきた。しかし、バブル崩壊からリーマン・ショックへと至る時代の閉塞感は、一通りではない。この大震災は、その果てに起きた。戦中戦後を生きてきた方々の憂慮のわけは、そこにある。
財政の破綻、原発事故対策の遅れ・・・。嘆くべき材料を数え上げたらきりがない。ただし、日本人は政治・経済・科学技術の方策だけで混乱を乗り切ったわけではない。
かつて焼け跡には「リンゴの歌」が流れていた・・「青い山脈」もまた、そんな歌の一つ。「古い上着よ さようなら/さみしい夢よ さようなら」。暗い戦争の記憶を振り払うようなこの歌は、戦後を生きる人々を、どれだけ鼓舞したことだろう・・
不安が絶えない今だからこそ、人々が心を寄せる「時代の歌」がいる・・
(2011年8月8日)

(住宅と人とのつながりと)
8月5日に内閣府が、震災に関連した自殺者が16人になると、公表しました。6日付けの読売新聞が詳しく報道していました。仕事がなくお酒に頼る人や、飲酒運転が増えているとの報道もあります。
他方で、9日の朝日新聞は、仮設住宅での孤立を防ぐために、各地で対策がなされていることを伝えています。市から委託を受けた人が、仮設住宅を回ってお茶会を開き、お年寄りの話し相手を務めている例。仮設住宅の集会所に、週末に集まって、夕食会を開いている例などです。
住宅を造るだけでなく、このような心の手当も、必要です。(2011年8月9日)

(自治体職員の応援)
今回の災害に際して、全国の地方自治体から、被災地の自治体に応援に行った地方公務員は、延べ5万7千人に上ります(警察と消防を除く)。総務省が公表しました。44都道府県庁、約1,300の市区町村役場から、応援に行ってくださいました。(2011年8月11日)

(復興本部のホームページ)
復興本部のホームページが、徐々に充実しています。
被災者等の状況」「仮設住宅や民間住宅など二次避難の状況」も、被災者支援チームのホームページを引継ぎ、情報を最新のものに更新しています。被災者支援班、広報班の諸君、ありがとう。
また、11日には、「基本方針」(7月29日決定)を、一部書き換えました。すなわち、第1次補正予算の際に、本来なら年金財源に充てるべき金額から2.5兆円を、復旧の経費に「流用」していました。今回、民主・自民・公明の3党の合意ができ、この金額について、3次補正予算の際に復興債で補填されることになりました。そのことを加筆しました。この金額は、ほかの要素が変わらないならば、増税などで財源を確保しなければなりません。(2011年8月11日)

(お詫び)
昨日、ホームページに「被災者支援班、広報班の諸君、ありがとう」と書きました。今日、仙台出張から職場に帰って、「品田君。あの記述で良かったかい?」と聞いたら、「がっかりです」との返事が返ってきました。
申し訳ありません。復興本部のホームページのうち、被災者支援関連情報を充実してくれたのは、品田事務官です。彼は、若いのに仕事ができ(早くて内容が優れていて)、優秀です。
ほかにも、優秀な職員がたくさん来てくれていますが、今日はここまで。(2011年8月12日)

(避難者支援情報)
今回の災害に際して、政府が力を入れている一つが、被災者の方々への情報提供です。被災者支援チームの時も、復興本部においても、市町村だけでなく、被災者の方々に直接必要な情報をお届けすることに、意を用いています。
ラジオ・テレビや新聞といった政府広報だけでなく、壁新聞ハンドブックを作って、被災者の皆さんに渡るようにしています。その内容も、かなり工夫しています。このような試みは、初めてのことと思います。内閣広報官内閣広報室政府広報のご協力に感謝します。
もちろん、各市町村もそれぞれに、努力していただいています。きめ細かな地域独自の情報は、市町村でなければできません。また、各種団体やボランティアの活動も重要です。仮設住宅の高齢者に、ボランティアの方々が相談に行っていただく際に、使えるようなチラシも作っています。

今回、「仮設住宅の暮らし手引き」と「生活再建ハンドブック」第3版を作りました。「仮設住宅の手引き」は、なかなかの優れものです。体と心の心配や、悪徳商法の注意など、これまでは余り取り上げられなかった情報が盛り込まれています。すなわち、「役所らしくない」のです。このチェック項目(ハンドブックのP3)は、そのほかの生活でも、使うことができます。

今後、順次、仮設住宅に入っておられる方々に、お配ります。これがまた、難しいのです。避難所なら、体育館に張り出すとか、入り口においておけばよかったのですが。仮設住宅になると、そうはいきません。NPOやボランティアの方々2も、ご協力を頂こうと思っています。さらに、民間アパートを借り上げて入っておられる方への連絡となると、各地に散らばっておられるので、これはもっと難しいです。(2011年8月12日)


災害復興5へ続く
表紙へ戻る