災害復興58


災害復興57から続く

(被災地への職員派遣、司法書士)
被災地での業務を応援するため、たくさんの人に協力してもらっています。現地で課題になっている用地取得業務のために、司法書士さんに協力してもらうことにしました。香川県の方が、大槌町に行ってくださいます。(2014年5月3日)

(住宅再建相談)
5月11日に、東松島市で「住宅再建に関するワンストップ説明会」を開きます。登記事務、住宅ローン、住宅再建支援制度、建築プランなどについて、それぞれの専門家が説明をして、相談に乗ってくれます。
高台移転やかさ上げ工事が進み、これから住宅の再建が本格化します。工事をする側も大事業ですが、個人にとっても、家を建てるということは大事業です。電気屋さんでテレビを選んで買ってくる、というようなわけにはいきません。わからないことも多いです。その心配に答えようという試みです。住宅業界などの協力で開きます。他の被災市町でも、順次開催する予定です。
建築家協会も、「復興住宅のこえ」という催しを開き(5月10日、11日、仙台)、住まいの再建から生活・暮らしの復興を考えてくださいます。(2014年5月9日)

(公共インフラの復旧状況)
道路や堤防、下水道や住宅など、主要なインフラの復旧状況を、ほぼ3か月ごとに調べて公表しています。
今回、平成26年3月末の数値を取りまとめて公表しました。特徴的な点を、冒頭に特記してもらいました。わかりやすい資料です。ご活用ください。(2014年5月10日)

(被災地の航空写真)
復興庁のホームページに、主な津波被災地(計35地点)の復旧状況を航空写真で、載せました。うち8地点については、発災直後と比較することができます。
これは、アジア航測株式会社から、提供を受けたものです。このほかにも、CSRとしていろいろな航空写真(例えば発災直後)を提供しています。ありがとうございます。(2014年5月11日)

(コミュニティ支援)
福島県双葉町の復興支援員チームを紹介します。被災地の復興支援、それも難しいコミュニティ支援です。現地で、試行錯誤が続いています。現地で何をしているか、原文を読んでいただくとして、一部を引用します。
・・福島県双葉町の町民の方々の自活サポートをしていて、双葉町役場と協働して、自治会活動、情報伝播、町民グループ立上げ、避難地域各地での交流イベントのお手伝い、広報サポート、外部連携等を実施しています・・
・・ポイントは、町民の方々のモチベーションを上げることだと思っています・・
これは、被災地だけでなく、日本の各地での課題です。藤沢烈さんに教えてもらいました。(2014年5月12日)

(住宅建設の見通し)
住まいの復興工程表」を平成26年3月末現在の数字に更新しました。防災集団移転促進事業等で供給される民間住宅等用宅地及び災害公営住宅の整備の工程表(見通し)です。被災者の方に、住宅再建の見通しを持ってもらえるように、市町村内の地区ごとに進捗状況と見込みを示しています。
前回公表数値に比べ、大きな変化はありませんが、住民の意向調査によって、少し戸数が減っています。(2014年5月13日)

(復興支援員)
5月13日の朝日新聞夕刊1面に大きくに、釜援隊が紹介されていました。各地に、復興を支援する調整役「復興支援員」を送っています。釜援隊は、釜石市で活躍する復興支援員の愛称です。
・・岩手県釜石市で東日本大震災の復興を助ける「釜援隊(かまえんたい)」が奮闘している。メンバーは主に首都圏から来た若者。被災した人々から地域おこしや街づくりの手助けを求められ、有給で働いている。長期的な支援の仕組みとして注目され、他の自治体にも広がっている・・
・・釜援隊を釜石市に提案したのは一般社団法人「RCF」代表の藤沢烈さん(38)。「行政と住民の意思疎通不足を補う緩衝材のような存在が必要だ」・・(2014年5月13日)

(復興シンポジウム)
今日は、郡山市で開かれた、「福島復興シンポジウム」に行ってきました。日本政策投資銀行が開いてくださったもので、テーマは「元気で健やかな子どもの成長を見守る社会の実現に向けて」です。政投銀さんは、被災企業の復旧や産業振興のために、いろんな支援をしてくださっています。復興庁が進める「新しい東北」の官民連携推進協議会にも、協力してくださっています。ありがとうございます。
ゲストに、岩崎恭子さん(1992年バルセロナオリンピック、平泳ぎ金メダリスト)と、寺川綾さん(2012年ロンドンオリンピック、背泳ぎ銅メダリスト)が来られました。おじさんたちの挨拶の後に、二人が登壇すると、一気に会場が華やかになりました。(2014年5月17日)

(国会審議)
今日5月23日は、参議院復興特別委員会で審議がありました。昨晩は、遅い議員では、19時50分に質問項目の通知があり、職員が議員会館に行って説明を受けたのが22時までかかりました。
私は、夕方から、順次できあがった答弁案を確認しましたが、最後の問が送られてきたのが、27時5分でした。う〜ん、今日は眠かったです。
ある人曰く、「××党は、労働者(公務員)の味方じゃないなあ・・」。
審議では、寺田典城議員と、復興のあり方について議論しました。議員のご指名です。
一つは、「復興交付金」の効果です。これまでの災害では、元に戻すまでしか国費は出ませんでした。今回初めて、復旧だけでなく、復興までできる、この交付金を作ったのです。「もっと自由に使いたい」との声があることは承知していますが、国民の税金である以上、使用目的を決めなければ、説明責任が果たせません。
「一定額を渡しきりにすれば良い」という意見もありますが、各自治体ごとの金額をどのように決めるか、これは難問です。なお、別途、取り崩し型基金を渡してあり、これは自由に使えます。
もう一つは、人口減少下での、まちづくりです。これについては、住民の減少を反映して、高台移転やかさ上げの規模を見なおしています。また、女川町や岩沼市のように、コンパクトシティを目指している町もあります。
議員の指摘の一つは、「他の多くの自治体では、そこまでコンパクトにできていない」という指摘です。それは、事実です。復興の際に、多くの集落を一つに集約する方が、経済合理性に沿っているのですが、多くの町ではふるさとへの愛着があって、集約することができなかったのです。経済性か、住民の愛着か。難しいところです。
また、「過大な町や施設をつくると、後々の維持管理費が自治体の重荷になる」という指摘です。これは、その通りです。自治体と協議を重ねて、困らない規模にする必要があります。(2014年5月23日)

(広い視野から大震災を考える)
今日は夕方から、「災後の文明」フォーラムを聞きに行ってきました。これは、御厨貴ほか『災後の文明』(2014年、阪急コミュニケーション)の発刊を記念したフォーラムです。執筆に当たられた先生方が発表と討論をされ、招待を受けた観客が参加しました。
日々、復興の仕事に携わっていると、それはそれで復興に詳しくなるのですが、広い視野や長期の観点からの考察がおろそかになります。蟻の目になって、鷹の目を忘れるのです。皆さんの発言を聞きながら、いろいろと考えました。サントリー文化財団は、広い文明論・文化論の視点から、いろいろと良い企画をしてくださいます。
私の考えは、「大震災、変わらない日本社会、変える日本社会」(2014年3月17日、18日)に、書いたことがあります。
会場で、何人かの研究者と話を交わしました。ある研究者から、次のような議論を提起されました。
・巨額の資金と人員を投入しているが、その効果の検証はどうなっているのか。まだ工事途中であるが、いずれ検証が必要である。インプットやアウトプットでなく、アウトカムである。
・すると、人口減少が続き、また今後も続くであろう津波被災地での、本当の復興とは何であろうか。阪神淡路大震災までは、人口が増える時代の復興であった。今回は日本全体、特に被災地では人口減少が続くなかでの復興である。人口がどれだけ戻ったか、産業の出荷額がどれだけ戻ったかのような指標では、復興は成就しないだろう。
・復興とは、町でも人でも、自立することであろう。支援を続けている限りは、復興とはいえない。
・町の復興計画も、当初作ったものより、見直しをして縮小する必要がある。いくつかの自治体では、行われているようであるが。
・復興を機会に、コンパクトなまちづくり目指して、集落の集約も行うべきである。
後の2つは、まさに先週、参議院予算委員会で議論したことでした。前の2つは、これから取り組まなければなりません。(2014年5月26日)

(インフラ工事以外の復興支援を、どう認知してもらうか)
今日は、石巻市に行ってきました。
まず、NPOのセーブ・ザ・チルドレンの活動を、見せてもらいました。この団体は、世界の子どもたちを支援することを任務としていますが、東日本大震災も対象にしています。石巻市もその一つです。子どもたちと遊んでいる現場を見るのかと思ったら、市内の子育て関係者の会議でした。子ども・子育て支援制度が新しくなり、これまでの保育園や幼稚園だけでなく、NPO等がやっていた子育て支援活動も国費支援の対象となります。それを地元のNPO関係者にも説明する会議です。内閣府からは西田君(去年まで復興庁で私の部下でした)が来て、熱弁をふるっていました。
幼稚園や保育所では漏れ落ちる子育て支援、子どもの相手を、NPOや個人が補ってくれています。これは全国共通ですが、被災地では特にその必要があるのです。しかし、国の制度に乗っていないので、誰がどこで何をしてくれているか、全体像は把握できません。
これまで、市役所の対象(業界)に入っていなかったこれらの団体に、どのように国の支援制度を周知するか。これが難題です。セーブ・ザ・チルドレンが、その役割を担ってくれているのです。資金の支援の前に、情報の支援が重要なのです。また、いずれ市外からの支援団体は、「撤退」します。地元の団体が自立することが、復興ですから。その過程の一つです。
次に、石巻市役所で、応援に入っている職員と意見交換をしました。他の自治体からの派遣職員は、100人を超えているのですが、この方々は今回は勘弁してもらって、そのほかの仕組みで行っている職員たちです。
一つは、企業からの派遣。もう一つは、ワークフォー東北で行っている職員。もう一つは、復興庁が採用して市町村に駐在している職員です。合わせて10人ほどいるのですが、なかなか情報交換する機会がありません。しばしば会う市長や副市長との挨拶はサッサと切り上げて、この職員たちと意見交換をしたのです。激励をかねて、仕事の内容や困っていることなどを聞いてきました。
ほとんどの方が、民間企業経験で来ています。役所の流儀は、とまどいます。「はんこが多い」「挨拶がない」とか。他の自治体経験がある人も、石巻市役所の流儀とは違います。志は高いのですが、それだけでは、市役所の組織内では仕事は進みません。
そのあと、積水ハウスの新採職員研修の現場を、見てきました。積水ハウスは、新採職員研修の場として、被災地でのボランティア活動を組み込んでいます。被災の現場を見て、オリエンテーションを受け、そして仮設住宅の清掃や側溝の泥出しなどの活動をします。
こう書けば簡単なようですが、被災者に迷惑になってはいけない、新採職員でもできる仕事でないといけない。現地での要望とのすりあわせ、宿泊や輸送の準備など、結構な準備も必要です。それを、NPOが仲介しているのです。「なるほどね」と納得し、感心しました。
会社の方から聞きましたが、職員研修に、大きな効果が上がっているとのことです。擦り傷くらいはありますが、事故はないとのこと。いろいろと苦労はあるようですが。
側溝掃除(この場所は、発災以来3年間掃除をしたことがなかったそうです)で、泥だらけになった職員たちを見て、「この後のビールが、おいしいやろうね」と言ったら、「研修ですから、禁酒です」とのこと。失礼しました。
報道では、復興というと、高台移転やかさ上げ工事などが取り上げられます。それに比べ、このような支援活動は、一つひとつが小さい、数字に表せない、写真に撮りにくいので、あまり報道されません。重要な取り組みなのですが。
このような、復旧工事とは違う取り組み、行政ではない支援活動を、どのように世間に知ってもらうか。そして今後の日本社会に根付かせるか。一つひとつは小さな活動ですが、社会を変える大きな流れになるでしょう。そして流れにしたいのです。私としては、長年課題としている「日本の行政の変化」の一つです。
参考、復興庁のNPOとの連携のページ活動事例企業による支援活動。(2014年5月27日)

(被災地視察)
今日28日は、衆議院復興特委員の宮古市視察に、同行しました。三陸鉄道、田老地区の復興計画、田老観光ホテルの震災遺構としての保存、高台の造成工事などです。
造成工事は、霞が関ビル1棟分=東京ドーム2杯分の土を削って、谷を埋めます。巨大な重機が、山を削り、土を運んでいました。3月にも見たのですが、工事は着実に進んでいます。説明によると、かなり工期を短縮できるとのことです。
新幹線から見える里山と田植えが終わった田んぼは、田舎出身の私にとって、懐かしくほっとする風景です。また北上高地を抜けるバスの窓からは、新緑の緑、ホオノキの白い大きな花など、自然が一杯です。
もっとも、盛岡まで新幹線で2時間、そこから宮古までバスで2時間、そして田老まで電車で30分です。座席に縛り付けられていると、疲れますね。発災直後は、バスの中で揺られながら、おにぎりやコンビニ弁当を食べていました。被災地では食堂が復旧していなかったので、出発地で積み込むのです(何度も同じことを書いています。反省。でも、記憶が強烈なのです)。
毎回のように醤油をこぼすので、学習した後は使わないようになりました。それに比べると、改善されました。今日の昼食は、三陸鉄道の中で、社長の説明を聞きながら、「海女弁当」でした。時間がないので、こんな日程になります。おいしかったです。
岩手県内では、ほとんどのところで、ソフトクリームを売っています。帰りの休憩でこれを食べるのが、当時からの楽しみです。疲れに効きます。議員の先生方にも、推薦しました。(2014年5月28日)


災害復興59へ続く
復興庁ホームページ
目次3へ戻る。表紙へ戻る。