災害復興71


災害復興70から続く

(復興への取り組み、大きな新聞記事。5)
今日3月5日、読売新聞1面連載「復興への選択」は、第5回目「福島帰還、ためらう現実」で、30面と合わせて、福島からの県外避難者の生活を紹介しています。
毎日新聞は、「岐路」の第4回目「誇りの移動販売たたむ」で、避難解除された田村市都路地区での暮らしを紹介しています。
朝日新聞は、「避難区域、遠い自宅再建」として、近々の住民帰還を目指している楢葉町で、家の修繕が進まない事情を紹介しています。空き家にしていた間に、家が傷んでいるのです。
変わったところでは。朝日新聞インターネット版で、福島県の統計クイズがあります。食品の安全度や人口など。あなたも挑戦してください。
NHKのお昼、木曜日は「サラメシ」です。私はこの番組のファンで、仕事がなければ、弁当を食べながら見ています。今日は、宮城県山元町に派遣された応援職員に、町職員が食事会をしている風景が紹介されていました。山元町には、全国の自治体60団体から約120人の職員応援に入っています。
夜8時からの「ハートネットTV」では、シリーズで「被災地の福祉はいま」を取り上げています。難しい課題を取り上げてもらっています。(2015年3月5日)

(復興への取り組み、大きな新聞記事。6)
NHK土曜の朝「ニュース深読み」3月7日は、「震災から4年 どうする?産業の復興」です。
・・震災から4年。復興の課題となっているのが地域の雇用を支える産業の再生。 取引先が減り、働き手も確保できず売上げ回復が遅れているのです。 いま水産業や製造業の現場では、新商品の開発や新たな市場を開拓しようという取り組みが始まっています。 被災地の課題は、日本各地がこれから直面する課題でもあります。 被災地の「稼ぐ力」を取り戻す動きから、地方が元気になるヒントを深読みします・・私のこの記事をお読みになる頃は、放送が終わっていますかね。
3月6日、毎日新聞「住宅・雇用・くらし:震災4年 復興まちづくりの課題」に、藤沢烈さんのインタビュー「人つなぐリーダーが鍵」が載っています。
他にもたくさん復興関係の記事が載っていますが、明日紹介します。今日もいろいろと、忙しかったのです。(2015年3月6日)

(復興への取り組み、大きな新聞記事。6続き)
昨日紹介できなかった、3月6日分について。
朝日新聞は、被災42市町村の首長アンケートを載せていました。それによると、岩手と宮城は多くが「2018〜20年度」ですが、福島の8割が「2021年度以降」と見ておられます。34面の詳しい解説では、「復興が進んでいる」が28人、「進んでいない」が13人です。去年が、22人と19人でしたから、前向きな評価が増えました。特に遅れている取り組みについて、岩手県では商工業、福島県では農林水産業と除染である一方、宮城県では雇用が大きく改善しています。遅れている理由について、岩手県では資材不足、宮城県では職員不足、福島県では原発事故です。なお、去年に比べ、「法・制度の問題」は大幅に減っています。
毎日新聞は、藤沢烈さんたちのインタビューのほか、雇用を取り上げ「水産加工、外国人頼み。人手不足の中、各社工夫も」。また、岩手県の現状を解説しています。「岐路」は、「通院送迎、継続に不安」でした。
日経新聞連載「復興の断面」は、「賠償格差、きしむ絆」でした。(2015年3月7日)

(復興への取り組み、大きな新聞記事。7)
7日朝のNHK「ニュース深読み」「震災から4年 どうする?産業の復興」は、ご覧いただけたでしょうか。わかりやすかったです。さすがですね、話の運び、事例紹介、模型や絵を使った説明など。多くの人に、被災地での産業復興の重要性、難しさ、そしてがんばっている人がいることを、知ってもらえたと思います。
画面の下に流れる視聴者からの反応も、手応えのあるものでした。これだけの番組を作るには、かなりのご苦労があったと思います。役所の広報では、こうはいきません(反省)。
読売新聞連載「復興への選択」は「仮設商店、迫られる自立」で、30面では経済の自立について大きく解説しています。
毎日新聞は、「帰れぬ避難解除地区、分断された生活圏」で、避難解除された地区の生活を伝えています。また、宮城県の現状を解説しています。
産経新聞には、3県知事のインタビューが載っています。岩手県と宮城県では、課題がインフラ復旧から、暮らしの再建に移っています。岩手県知事「生活支援に心配り対処」、宮城県知事「働ける場を提供したい」。
朝日新聞は、被災者へのアンケートを載せています。(2015年3月7日)

(被災地の課題解決、新しい試み。報道)
NHK朝の「サキドリ」は、「"被災地モデル"が日本を変える!?」でした。被災地は課題先進地であり、挑戦の場でもあります。概要はリンク先で読むことができます。
朝日新聞別刷りbeの「フロントランナー」は、藤沢烈さんの「人を結び、築く東北の未来」です。
復興に、コーディネーターはなぜ必要なのでしょうか」という問に対して。
・・復興には、生活再建や新産業の創造、まちづくりなど様々な課題があります。解決するには今まで以上に行政、企業、住民の連携が必要ですが、それぞれの論理があるので、なかなかうまくいかない。そのつなぎ役となり、知恵も絞って事業を効果的に進めていく存在が必要とされているのです。
最初は、役所にこういう仕組みを提案に行っても、なかなか理解されなかったのですが、今は、行政からも企業からも、こなしきれないくらい依頼が来ます。復興支援チームの人件費などは彼らの事業費で賄っています。復興庁も私たちのような人材の必要性を感じて事業に採り入れています・・
烈さんは「サキドリ」にも出演、大忙し。
このように報道が取り上げてくれると、これら新しい試みが社会に認知されます。ありがとうございます。(2015年3月8日)

(復興への取り組み、大きな新聞記事。8)
読売新聞は、郵送方式による世論調査結果を載せていました。回答は1900人です。
・・復興に関して気になること(複数回答)は、「被災者の暮らしぶり」70%と「復興予算の使い道」69%が、とくに高かった。国の復興予算が適切に使われてきたと思うかを聞くと、88%の人が「そうは思わない」と回答し、「適切に使われてきた」は10%にとどまった。復興予算を確保するために国民の負担を増やすことには「反対」が71%と、否定的な回答が多数を占めた。背景には復興予算の使い方に対する不信感があるようだ・・と、厳しい指摘です(1面と30面)。
また「仮設撤去1%届かず…被災3県、復興住宅遅れ」も、大きく解説しています。あわせて、仮設住宅に空き家が増えていること、集約化の難しさも指摘しています(1面と3面)。31面では、被災地での医療と被災者の健康を取り上げています。
他方で、NHKは、「福島の仮設住宅で空き室増加。孤立懸念」を伝えています。毎日新聞は、多くの紙面を使って、「介護の問題」や「鉄道道路の復旧」などを解説しています。(2015年3月8日)

(復興への取り組み、大きな新聞記事。9)
3月9日、朝日新聞は、5面で「仮設商店街、悩む移転」、37面で「福島産、実った自信。トマト・桃 企業、主力商品に採用」です。
読売新聞は、35面で「子育て・教育」、校庭に仮設住宅がある学校が76校あることを伝えています。また、震災孤児についても。38面では、「心の傷、増える不登校」でした。(2015年3月9日)

(復興推進会議)
今日は16時から衆議院予算委員会分科会で、答弁。17時に退出して、17時15分から官邸で復興推進会議(全閣僚会議)へ。といっても、私の役割は、この会議を設営することです。
会議では、これまで4年間の実績を、大臣から報告しました。資料1−2が、4年間の成果と課題です。資料1−1はその簡略版(1枚)です。要約すると次の通りです。
「復興4年間でインフラ復旧は概ね終了し、住宅再建は工事が進んでいる。併せて、産業・なりわいの再生と被災者の心身のケアに取り組む。
福島の復興・再生については、早期に帰還する人、長期に待つ人、新生活を選ぶ人、といった避難者の意向に応じた対策を進める。」
津波被害地では、復興の道筋が見えてきました。しかし、原発被災地では、まだ災害が終わっていません。資料1−2の最後のページ(p16)に、原発災害と津波地震災害との復興段階の違いを、図にしておきました。今回の復興推進会議は、原子力災害本部と合同で開きました。
p11には、この大震災で行った「これまでにない政策」の代表例を、載せておきました。これだけの新規施策を打ちました。また、p15には、復興交付金事業が終了する市町村一覧を、載せておきました。順次復興が完了します。
あの4年前の大災害と混乱を知っている者として、ここまで来たかと、感慨深いものがあります。もちろん、復興はまだまだ道半ばです。会議では、総理から、「平成28年度以降の後期5か年の新たな復興支援の枠組みを策定するよう」指示が出ました。被災地や復興を進める関係者に、安心して次の5年間の仕事をしてもらえるようにです。そのために、1年以上前から手を打ちます(今はまだ26年度です)。このような対応も、異例のことです。
総理は、その後、記者会見されました。そこでは、「福島再生のための政策パッケージを早ければ本年5月にも決定し、福島の自立に向けた将来像をこの夏頃までに取りまとめる」と表明されています.
4年を迎えるこの時期に、官邸で会議を設営し、そこで何を公表し、全大臣と国民に見てもらうか。次の段階に進むために、何をしなければならないか。それを考えるのが、私の仕事です。それに基づいて、職員が資料を作り、各省と調整します。官邸との調整もあります。職員は、この大変な作業をしてくれました。会議だけを見ると簡単に見えますが、準備は大変なのです。職員に感謝します。もっとも、私たちの仕事にまだ終わりはなく、総理からいただいた指示に、答を出す必要があります。もちろん、現地での復興作業も、進めなければなりません。
私たちの仕事の現場は被災地であり、上司は総理大臣と復興大臣であり、説明すべき相手は国会と国民です。
職員には少し休憩を取ってもらって、次の仕事に取りかかりましょう。国会は続いていますし、提出した法案の審議もこれからです。新年度の準備もしなければなりません。仕事がよくできたご褒美は、より難しい次の仕事です(これを読んだ職員の、ため息が聞こえてきそうです。苦笑)。
明日3月11日は、幹部が手分けをして、各地の記念式典に出席します。私は、盛岡市で経済同友会のシンポジウムです。(2015年3月10日)

(4度目の3.11)
今日は3月11日。各地で追悼式典が開かれました。新聞各紙も、大きく復興と追悼を書いています。
朝日新聞1面では、坪井ゆづる仙台総局長が「東日本大震災4年、見えてきた現実」を書いておられます。
・・1年目はガレキの山だった。2、3年目は道路や防潮堤がずんずん延びた。そして4年目、まちづくりも動きだした。原発被災地は無残に取り残されているが、復興は各地でカタチになりつつある。そんな現場を歩くと、カタチが見えてきたからこそ実感する悩ましい現実がある。
三つの事例を挙げる・・として、高齢化、人口流出、原発事故処理の難しさを、挙げています。ご指摘の通りです。これまで1日も早い復旧復興を目指して、それぞれに工事に全力を尽くしてきましたが、工事が進むと新しい問題が見えてきます。また、これら3つの他に、産業・生業の再建とコミュニティ再建という難しい問題もあります。
全面広告もいくつか載っていました。三菱商事復興支援財団の広告が目を引きました(日経新聞)。被災3県の地図に、これまで財団が支援をしてきた相手方(会社)と事業内容と市町村名がおとしてあります。これだけも支援をしてくださったのですね。(2015年3月11日)

(住宅再建の次の課題)
NHK時論公論3月11日深夜(12日0時)は、二宮徹解説委員の「"心の復興"にさらなる支援を」でした。インフラ復旧が進み、住宅再建が進むと、次の課題が見えてきます。その際に、各地での復興事業の進捗の差以上に、被災者の生活再建の差や「心の復興」の差が出てきます。二宮さんは、「復興の列が伸びる」と指摘しておられます。
・・被災者もそれぞれの立場で、「心の復興」の度合いが違います・・比較的早くに前を向いて歩き出した人は、自力で住宅を再建したり、仕事を再開したりして、今、復興の列の先頭を歩いています。
また、移転先の高台や災害公営住宅がまだ完成せず、待っている人が多くいます。中には待ちくたびれて、疲れてきた人もいます。
一方で、立ち上がる気持ちが戻らない人がいます。家族を亡くした悲しみに暮れる人や、ようやく建てた自宅や仕事、生きがいを失った人たちです。心には、それだけ大きな傷が残っています。しかも、こうした人の中には、周りの復興が進むにつれ、立ち上がれない自分が取り残されているという気持ちや焦りが強まっている人が多くいます・・
・・4年がたち、この列は長く伸びました。残された人たちの心の負担が増しています。仮設住宅からの退去が本格的に進むこれから、心の問題がさらに深刻になると懸念されています・・
ありがとうございます。重要な指摘です。また、後段では、「釜援隊」を取り上げた後、次のようなことも書いてもらっています。
・・こうした支援の格差をなくす工夫が必要です。復興庁は、各地の活動の調整や支援に当たるコーディネート事業を1月から始めました。支援先を探している民間企業やNPOを含め、支援に関わる組織や人が連携することで、質の高い支援を被災地全体に広げようとしています。
課題はそれだけの人材を確保できるかどうかです。意欲と能力があり、被災地に住める人が、数百人は必要だと思います。そのためには、報酬があるとはいえ、最長で5年の期限があり、将来が見通しにくい形では限界があります。意欲のある若者がもっと多く集まるよう、条件を改善すべきだと考えます・・
ぜひ原文をお読みください。(2015年3月12日)

(企業の福島県応援)
NTT東日本が、福島県の農産物を、優先的に社員食堂で利用してくださいます。また、復興庁主催の地域復興マッチング「結の場」を通じて関係ができた、宮城県多賀城市・気仙沼市、岩手県大船渡市の被災企業(食品製造、水産加工)の商品を利用した「結の場特別メニュー」を社員食堂で提供してくださいます(NTT東日本の記者発表)。この社員食堂は、1日の利用者が合計で4,700人になるそうです。ありがとうございます。
これについては、Gさんが汗をかいてくれました。M参事官が、解説付きで資料を送ってきました。「岡本のホームページで紹介せよ」と言外に書いてあったので、ここに紹介します。とはいえ、このようなことがニュースにならない日が来ればよいのですが。それまでは、皆さんの協力をお願いします。(2015年3月12日)


災害復興72へ続く
復興庁ホームページ
目次3へ戻る。表紙へ戻る。