災害復興90


災害復興89から続く


(5年目の現状)
10日の復興推進会議に「復興5年間の現状と課題」を報告しました。本体8ページ、参考資料3ページの簡潔な資料です。表紙に、目次を載せてあります。被災者支援、住宅の再建、産業の再生という3つと、福島の復興が大きな課題です。概要は1ページ目にまとめてあり、8ページに総括を載せてあります。
避難者は、47万人から17万人まで減少しました。介護サポート拠点や相談員の見守りなどにより、医療や心身のケア、孤立を防止しています。住宅は、工事がピークを迎えています。自主再建は、13万件が再建中又は再建済みです。高台移転などによる宅地造成は約2万戸、災害公営住宅は約3万戸を計画し、ほぼ半数ができています。平成30年度までには、工事を終了する見通しです(p4)。産業については、生産設備は復旧しましたが、売り上げは業種間にばらつきがあります。福島については、順次、避難指示を解除しています。帰還に向けて商店の再開などの生活環境整備を行い、長期避難者へは復興公営住宅を整備します。(2016年3月12日)

(大船渡駅前まち開き)
予定通り、昨日12日に盛岡に入り、今朝から大船渡市の駅前再開発まち開き式典に行ってきました。大船渡は町の中心部が津波とその後の火災に遭い、甚大な被害を受けました。その中心部を土盛りし、商業用地を作ります。また道路などで高くした後背地は、住宅にします。
発災直後の5月に視察に入り、戸田市長に案内してもらいました。避難所では、多くの避難者が元気のないところ、一部の漁師さんが、市長に声を荒げて「いつになったら復旧するんだ」と食ってかかりました。市長は丁寧に応対されるとともに、私に「あのような元気な漁師さんがいる限り、大船渡は復興しますよ」とおっしゃったのが印象的でした。
市長はその話のとおり、まず魚市場を完成させました。サンマの水揚げ日本一です。また、12日のNHKスペシャルでも紹介されていましたが、既存集落の空き地を活用して住宅を再建する方法を選び、早くかつ安い費用で住宅をたくさん再建されました。そして、今日の駅前まち開きです。
がれきの山だった当時を思い出すと、よくここまで復興したと感激しました。市長の力量に尊敬と感謝をします。そんなことを、祝辞で述べてきました。(2016年3月13日)

(NHKスペシャル、復興予算の検証番組)
3月12日夜に放送されたNHKスペシャルは、「シリーズ東日本大震災 “26兆円” 復興はどこまで進んだか」でした。これまで5か年の予算を分類分析し、成果や関係者の言葉など現場からの報告を入れた、かなり力のこもった番組でした。「さすがNHK」と思わせる、分析と映像でした。私たち役人では、こうはいきません。盛岡のホテルの部屋で見たのですが、感慨無量でした。私が特に意義があると思ったのは、次の点を取り上げてくださったことです。
・番組の構成が、インフラ復旧だけでなく、産業再生とコミュニティ再建の3つから成っていたこと。そして、後ろの2つが復興に必要だということを指摘していたこと。これが、今回の復興の一番の特徴であり、私たちが力を入れたことなのです。
・そのために、産業再生とコミュニティ再建について、政府がこれまでにない支援に取り組んでいること。
・これまでにない復興事業に、市町村長が苦労していること。
・すべてがうまく行っているわけではありませんが、現地の人たちが、感謝してくださっている映像があったこと。
私たちが5年間やってきたことがまちがいなかったと、うれしかったです。報道は、とかく政府に批判的ですが、この番組は進んだところ、うまく行っていないところ、評価できる点、今後検討が必要な点を、バランスよく取り上げてくださったと思います。
見逃した方も、いずれ再放送があるでしょうから、ぜひご覧ください。オンデマンドでも、見ることができます。
私も、最後の部分に登場しました。先日、取材を受け、30分ほどお相手をしました。政府で最初から5年間携わっているのが、私だけだというのが、出演した理由のようです。使われたのは1分ほどですが。「うまく切り取るものだなあ」と感心しました。鎌田キャスターは、お上手ですね。かつて、「週刊こどもニュース」のお父さん(池上さんに続く2代目)でした。
番組を見た知人や職員から、「見たよ」と、携帯電話にたくさんメールが入りました。その中に「いつもは次官室の扉を開け放してあるのに、あの日は閉じたのですか」という、鋭い指摘がありました。鎌田さんが、次官室の扉をノックして、開けて入ってこられる映像だったのです。笑い。(2016年3月13日)

(復興の進捗状況)
復興に向けた道のりと見通しを、2016年3月時点に更新しました。ありがとう、箱田さん。(2016年3月15日)

(グーグルの貢献)
Googleが、震災から5年の特別サイト「未来への記憶、未来への学び」を開設しました。震災発生直後からの様子や、グーグルの活動を通して見る様々な記録を見ることができます。ご覧ください。(2016年3月15日)

(災害時の被災者支援、フォーラム)
3月18日に、神戸の人と防災未来センターで、防災フォーラム「これからの災害に自治体はどう備えるか」が開かれます。紹介しようと思っていたら、満員になりました。(2016年3月16日)

(被災した中堅企業の再建)
日経新聞の調査によると、東日本大震災の被災地の中堅中小企業100社の4割が震災前の売上高に回復しています。回復した企業の4割が海外事業を拡大するなど、新市場の開拓に力を入れています。3月11日付け「被災企業4割 売上高戻る」。
売上高が回復した企業は4割ですが、約8割の企業は2020年度までに回復するめどが立っています。課題は、人手不足です。(2016年3月16日)

(社会科学による大震災の分析、7)
日本学術振興会(村松岐夫先生ほか)による東日本大震災学術調査プロジェクト「大震災に学ぶ社会科学」の第7回配本、第5巻『被害・費用の包括的把握が発刊されました。今回の大災害について、さまざまな角度から見た、被害と費用の分析のようです。(2016年3月17日)

(日本財団の復興支援、報告)
日本財団が、発災以来行ってきた「被災地での地域づくり支援」を報告しています。合計6回です。ご関心ある方は、ぜひお読みください。
行政の手が届きにくい分野に、手をさしのべてくださっています。ありがとうございます。(2016年3月17日)

(地方での起業家)
日経新聞3月18日夕刊に河野俊記者の「復興の「右腕」起業家に育つ」が載っていました。被災地復興の助っ人として飛び込んだ若者が、起業している事例を紹介した記事です。20人を超えるそうです。ぜひ、記事をお読みください。
被災地では、既存事業を再開させるだけでなく、新しい事業を呼び込んだり育てることも必要です。若い力に期待しています。しかし、地元自治体は、それに関する情報も、ノウハウも、とっかかりも、あまり持っていません。このような紹介記事はありがたいです。この人たちと自治体をどのようにつなぐか、この人たちをどのように支援するかが、これからの課題です。
右腕プログラム」は、NPOのエティックが行ってくれた人材派遣事業です。このホームページでも紹介しましたが、2月27日東京秋葉原で開かれた「ローカル・イノベーター・フォーラム」が、若手の起業家を支援するイベントでした。(2016年3月22日)

(百貨店での東北支援)
三越日本橋本店で23日から「お花見フェスティバル」が始まります。そこに、「世界にも通用する究極のお土産」11品と「東北発!百貨店推奨ブランド」22品も出品されます。三越が復興支援をしてくれます。ありがとうございます。(2016年3月22日)

(公営住宅での孤立防止、自治体職員への期待)
日経グローカル」3月21日号に、本多史朗・トヨタ財団チーフ・プログラム・オフィサーが「復興住宅のコミュニティー。孤立化防止、これから正念場」を書いておられます。
仮設住宅より、鉄筋コンクリートの公営住宅の方が孤立しやすいことは、関係者の間で認識されています。ではどうしたらよいか。本多さんは、現地を歩いて、住民の目線から課題と解決策を指摘しています。集会所を作っただけではダメなこと。高台や坂が、高齢者にとっては引きこもりの要因になること。残念ながら、適地が少なく、そのようなところにも住宅を造ったのです。自治体職員がいわゆるお役所仕事に引きこもっている限りは、自治会作りやコミュニティ再建はできないことも、実例を挙げ、住民の批判を交えて指摘しています。
本多さんの提言は、「歩く自治体職員」が重要だということです。机に向かってじっと座っている、前例と規則に従って仕事をするようでは、この問題は解決しません。課題は住宅で発生していて、引きこもりの高齢者は役所には来ません。そして、これまでにない仕事であり、関係法令はありません。熱心なNPOの職員に負けていてはいられません。関係者の方には、必読です。(2016年3月23日)

(百貨店での東北支援、2)
昨日書いた三越での東北支援「お花見フェスティバル」、復興庁が支援している内容を紹介したページを載せておきます。
世界にも通用する究極のお土産」、「東北発!百貨店推奨ブランド
また、「世界にも通用する究極のお土産」が、本になりました。「世界にも通用する究極のお土産 公式ガイドブック 」です。担当者の言です。
・・・全112商品を、きれいな写真とテキストで紹介しています。
東北6県の食品を対象にしたコンテストで、大手百貨店等のプロのバイヤーが東北の逸品を厳選しました。
約500商品の応募の中から112のノミネート商品が選ばれ、さらに昨年9月14日に開催された最終審査会で選定商品10商品と特別賞1商品が選ばれました。一つひとつの商品に、生産者の思いが込められており、全国を驚かせる魅力を東北は持っているんだと改めて実感できます。是非お手に取ってご覧ください・・・(2016年3月23日)

(いわき市、復興住宅住民意識調査)
福島県いわき市の津波被災者向け公営住宅の住民に対する意識調査結果を教えてもらいました。いわき明星大学が実施した調査です。6団地、458世帯を対象として、281世帯から回答を得ました。詳しくは調査結果を見ていただくとして。
団地生活に満足している人とやや満足している人を合わせて、67%です(図20)。この数字を見て安心しました。もちろん不満な方が33%おられます。しかし、必ずしも自らが望んで作った自宅ではありません。それでも、3分の2の方に満足してもらっているのです。
近所づきあいは、減った人が68%です(図12)。やはり、若い人ほど近隣関係が希薄です(図14)。それでも、自治会には71%の人が参加しています(図15)。努力の成果は出ています。ありがとうございます。
この地区では、グループを組んで入居したのが、4割近くおられます。これが満足度を高め、近隣付き合いを深くしていると思います。
良い調査をありがとうございました。(2016年3月25日)

(福島での協議会)
今日は、福島市で、「国と地方の協議会」に出席してきました。原発事故からの復興について、現状と課題について報告と意見交換するためです。今回で12回目になります。国からは、関係3大臣が出席しました。大臣が定期的に現地に赴き、意見交換する会合って、珍しいと思います。しかし、事故を起こした責任、復興についての責任を果たすためには、これが当然でしょう。
原発避難地域では、一部の地域で帰還が始まっていますが、これからのところや、まだ見通しが立たない地域もあります。現在進めている作業を行うとともに、これらの課題を確認し、次の作業に入ります。(2016年3月27日)
当日の資料を、復興庁のホームページに載せました。復興の現状、廃炉と汚染水対策の現状、除染の状況などが、簡潔に整理されています。(2016年3月29日)



災害復興91へ続く
復興庁ホームページ
目次3へ戻る。表紙へ戻る。