災害復興94


災害復興93から続く

(5周年復興フォーラム)
今日、東京・飯野ホールで「5周年復興フォーラム」を開催しました。「NHKニュース」。
会場は満席で、関心の深さを感じました。3県知事のほか、トモダチ作戦で支援をいただいた、アメリカのケネディ・駐日大使にもご出席いただき、安倍総理にも分科会を見ていただきました。
発表を聞きながら、5年間の仕事を思い出し、また5年前には想像もできなかったほど復興が進んだこと、そして企業やNPOを巻き込んだ(協働した)ことが間違っていなかったことを、考えていました。長いようで早い5年間でした。このあとも、関係のイベントが続きます。(2016年6月6日)

(復興の進捗状況)
道のりと見通し」を、更新しました。平成28年3月までの数字が載っています。箱田さん、ありがとう。(2016年6月6日)

(復興5年の現状、映像)
政府のインターネットテレビで「震災から5年 新しい東北の創造へ」を公開しています。5年間でどこまで復興が進んだか、政府が何に力を入れているか。わかりやすい映像です。(2016年6月8日)

(5周年企画)
大震災から5年、この6月を「東北復興月間」と位置付けて、いくつかの企画をします。6月6日のフォーラムに続いて、いろんな交流会を開きます。「新しい東北を創る人々」カレンダーを、ご覧ください。場所は、東京外神田(秋葉原駅近く)の廃校となった学校を使います。(2016年6月10日)

(復興5周年企画、若者デイ)
今日は、復興5周年企画、 「新しい東北を創る人々」の「若者DAY」を見に行ってきました。これらの企画は、職員からの相談に乗り、おおよその報告を受けていますが、任せてあります。熟年おじさんが口を出しても、碌なことはありません。若い人たちの感性、民間の人の発想の方が、よいのです。若者デイなので、年齢制限があるかなと思いつつ、参加しました(笑い)。
いや〜、良くできていました。若者に的を絞った企画が、良いですね。作文コンテストには、2千人を超える生徒たちから応募がありました。入選作品は、それぞれすばらしい内容です。小泉進次郎・元復興政務官も、一人ひとりの良い点を読み上げ、感心していました。作品は、追って復興庁のホームページに載せます。
その他、発表もよいものでした。「私たちが次の世代につないでいく」という発言がありました。5年経って、小学生が高校生になっています。これからも時間が経過します。この世代が、次の世代に語り継いでくれるのは、重要なことです。「今でしょ」の林修先生も出演いただきましたが、驚いておられました。
AKB48も、応援に駆けつけてくれました。メンバーの中に、被災地の出身者、被災経験のある女性がいます。避難所にいるときに、AKB48が慰問に来てくれて、元気をもらったそうです。それをきっかけにオーディションを受けたそうです。そして今度は、ほかの人たちに元気を与えています。
「今どきの若い者は・・・」と定番のぼやきをしている大人たちに、見てもらいたいです。気になったのは、発表者がほぼすべて女性だということです。男子学生諸君、奮起を期待します。
「これも復興か?」と思われる方も、おられるかもしれません。はい、インフラ復旧だけが、復興ではないのです。産業やコミュニティの復興、被災地外の人を巻き込むこと(ボランティア活動など)、若者や後世への伝承なども、重要な要素です。(2016年6月12日)

(東宮へのご進講)
6月3日に東宮御所で、皇太子同妃両殿下に、復興の状況をご進講しました。昨年(4月27日)のご進講以降、進んだところと、現時点の課題を中心にお話ししました。今回も、お二人からさまざまなご質問があり、現場の状況をご説明しました。(2016年6月12日)

(復興5周年企画、若者デイ。2)
テレビや新聞でも報道されました。NHKニュース日テレ24。このほか、AKB48が参加してくれたので、スポーツ新聞が取り上げてくれました。(2016年6月13日)

(福島第一原発作業員)
読売新聞が、毎月11日前後に、「震災5年 再生の歩み」という特集面を組んでくれます。6月11日は、「防護服不要 構内の9割」でした。福島第一原発の廃炉作業です。
最初の頃は、防護服と顔を全面覆うマスク(面体)着用でした。私もこの格好をしましたが、全面マスクはきつかったです。息が漏れない(防塵フィルターを通さずに外気を吸わない)ように顔に密着させるのですが、それがきついのです。目の前が曇ったり・・。
これらは、放射線を防ぐ機能はありません。放射性物質のゴミが、体につかないようにするのです。原発を出るときには、これらをすべて脱ぎ捨てます。水を飲む、トイレに行くのも、大変です。
今は、ごく一部の地区を除いて、ほぼ普通の格好です。この記事は、インターネットで見ることができないので、新聞をご覧ください。写真付きで、わかりやすいです。
この過酷な条件の下で作業をしてくれた人たちに、感謝を申し上げます。(2016年6月13日)

(企業の能力を生かした復興支援)
マイクロソフト社が、持っている技能を生かして、東北復興を続けてくださっています。6月18日には、仙台で「Rebirth!東北 マイクロソフト製品の匠による東北復興イベント」を開いてくださいます。ありがとうございます。ご関心ある方は参加してください。(2016年6月14日)

(復興作文コンテスト)
先日(6月12日)紹介した、「新しい東北」の作文コンテスト。入選作品を、ホームページに掲載しました。
長崎県の小学校1年生、黒川海空さんの「笑顔は魔法の調味料」から。デパートの東日本応援売り場で、ワカメスープを試食します。
・・・お母さんはスープを3ふくろかいました。おいしかったからおじいちゃんやおばあちゃんにもあげるそうです。きっとみんなこれを食べたらえがおになるとおもいます。東日本をおうえんするというのはみんながえがおになることだとおもいました・・・
小学生、中学生、高校生の若い感性を、お読みください。驚きますよ。(2016年6月15日)

(復興住宅でのコミュニティつくり)
トヨタ財産の本多史朗さんが、「復興公営住宅におけるコミュニティづくり−日常が被災地に戻りつつある中で」を、みやぎ連携復興センターのホームページに寄稿されました。
(今後の課題)
・・・言い換えると、重機とダンプ、そしてヘルメットと作業服姿に身を固めた作業員の人たちがむき出しの土と埃の中を動き回りながら取り組んだ、公共インフラの復旧・復興というエネルギッシュかつ非日常的な作業を中心とする時期が徐々に終わりを迎えている。事実、被災地のいくつかの市町村では、重機、ダンプの姿をめっきりと見かけなくなり、ある種の静けさが漂うようになっている。NPOを中心とする、被災地外部から入ってきた支援団体も徐々に後景に退いていく。ここから浮かび上がってくる、この期間の復興のストーリーの骨格は、次のようなものである。
・発災によって、発災前の地縁社会から切り離された被災者の方々が、
・新しく帰属するコミュニティをつくり出すために、
・ゆっくりと自らの潜在的な力を発揮して、復興公営住宅の環境に手を入れながら、前に進む。
そして、このストーリーが展開する主な舞台は、復興公営住宅に他ならない。そこでのコミュニティづくりにおいて、注意を払うべき点を次に取りまとめてみたい・・・
(静かなリーダー)
・・・それとは別のリーダーのあり方も、復興公営住宅においてみることができる。こちらは、「静かな」リーダーと呼ぶことにする。この特徴は次の通りである。
・聞き上手
・ 自分をあまり表に出さずに、入居者の総意をくみ上げる
・コミュニティづくりが徐々にだが、静かに進んでいく
筆者も、こちらについては、つい最近まで気が付くことがなかった。エネルギッシュなタイプに比べて、元から目につきにくい。それに加えて、重機とダンプが土煙を上げて動き回っている非日常の時期には、エネルギッシュなタイプがもつエネルギー、発信力、そして交渉力が一層貴重であり、インパクトも大きかった。この事実を尊重しながらも、今後の被災地では、「静かな」リーダーシップが持つ意味が大きくなる。その理由は次のようになる。
・エネルギッシュなリーダーは、絶対数が少ない。それに対し「静かな」タイプは、数が多い
・「静かな」タイプの方が高齢の入居者への負担が少なく、馴染みやすい
・次の項で説明するが、復興公営住宅におけるコミュニティづくりにおいて重要な役割を果たす女性入居者に対する聞き役の役割を果たしやすい・・・
(女性の力)
・・・復興公営住宅を回り、自治会の幹部にお目にかかると、ほとんどが60〜70歳以上の男性である。
・・・興味深いのは、そこに女性の入居者の力をうまく巻き込むことができると、比較的に安定した自治会が出来上がる点である。理由は次の通りである。
・男性の自治会幹部たちが、角を突き合わせる時の緩衝材的な役割を果たす
・清掃、ゴミ捨てなど、復興公営住宅の日常の細部の担い手は女性入居者となる。その間の井戸端会議的な会話を介して、復興公営住宅内部の情報が自治会に集まる
・引き籠りがちな、気難しいところのある男性に対してもアプローチができる
上のような力を活用するのは、復興公営住宅におけるコミュニティづくりにおいて、欠かすことができない・・・
(まとめ)
・・・ここまで、次のような点を説明してきた。
・ 被災地において、重機が動き回る非日常的な時間帯が徐々に過ぎ去り、静かな日常というものが戻ってきている
・ 上の変化を背景として進んでいるのは、発災によって地縁社会から切り離された被災者の方々が、自らの潜在的な力を発揮しながら、新しいコミュニティを作ろうというストーリー
・ その際に、復興公営住宅におけるコミュニティづくりに携わる関係者が注意を払うべきなのは、@小さな単位、あるいは個人による活動の奨励、A静かなリーダー、B女性の力、の3つ
これを踏まえて、今後の静かな日常の中での復興公営住宅におけるコミュニティづくりを導く3つの考え方を次のように示したい。順不同である。
復興公営住宅におけるコミュニティづくりについての3つの考え方
・ 内発性⇒被災者の持っている潜在的な力を引き出す
・ 持続性⇒被災者の方々が、中途で疲弊、消耗してしまうことは避けなければならない
・ 暮らしの質⇒被災者の方々の手による、緩やかなものでいいので、日々の暮らしの質の向上をめざす。その際には、女性の力は欠かすことができない・・・

我が意を得たりです。これまでの災害復旧では見落とされた点であり、行政では十分手を出していない課題です。しかし、現地の関係者の間では「常識」でした。このように活字と象徴的な写真にすると、世間の皆さんに理解してもらえます。本多さん、ありがとうございます。関係者にとって必読の論文です。ぜひ読んでいただき、次の対策を考えて欲しいです。(2016年6月16日)

(産業再生、岩手県の取り組み)
今日は、盛岡まで、「いわて復興未来塾」に行ってきました。20分時間をいただき、この5年間、国が何をして、私が何を考えていたかを説明しました。短い時間で要約することは、勉強になります。あれも言いたい、これも言いたい。でも時間がないので、絞り込む必要があります。パワーポイントを7枚、それも1枚ごとも写真と極めて簡単な説明しか書いていないものを用意して、説明しました。
その後の、基調報告もすばらしかったです。キリン株式会社CSV推進部長 林田 昌也さんの「キリン絆プロジェクトの取り組み」、東の食の会事務局代表 高橋 大就の「サヴァ缶に見るマーケティングの重要性」です。かなり高額の参加費を払ってでも、聞く価値のある内容でした。今日参加された方は、お得でしたね。
その内容は、ここでは紹介しきれないので、参考になるサイトを紹介します。キリンのCSV東の食の会宣伝ビデオ(3分10秒)。おしゃれなサバ缶Ca vaヤマキイチ商店、泳ぐホタテ君ヶ洞剛一さん
復興のイベントの内容が、産業振興です。私の話でも強調したのですが、インフラ復旧だけではこの地域の復興はない、産業再生とコミュニティ再建が必要と言い続けてきました。今や、政治家から自治体やマスコミまで、これが常識になりました。復興の哲学を変えることに成功しました。うれしいですね。(2016年6月18日)


災害復興95に続く
復興庁ホームページ
目次3へ戻る。表紙へ戻る。