災害復興97


災害復興96から続く

(被災地支援を続けるNPO)
10月12日の読売新聞、毎月の特集「震災5年再生の歩み」は、「被災地支える民間団体」でした。
被災地支援の民間活動としては、個人ボランティアや孤立防止支援のNPOなどが知られています。この記事では、街づくりの意見集約を支援するNPOや、原発事故から自主避難した後、福島市に戻ってきた子育て世代に、放射線の不安を解消してもらおうと支援しているNPOが取り上げられています。
この記事でも解説されているように、専門性を持って継続的に支援できるNPOが活躍しています。余り知られていない活動を、大きな紙面で、わかりやすく伝えてもらいました。ありがとうございます。(2016年10月12日)

(原発事故と心の健康)
10月13日の朝日新聞オピニオン欄は、前田正治・福島県立医科大学教授へのインタビュー「福島、5年後のこころ」です。
原発事故では、放射線を浴びることで亡くなった方は、おられないようです。また、放射線が原因で身体的病気になられた住民も、おられないようです。しかし、放射線に対する心配で健康を害された方、避難生活で健康を害された方がたくさんおられます。
「震災から5年半がたちました。原発事故被災者の心の健康はどんな状態ですか」という問に。
・・・ゆっくりとした回復を示すデータと同時に、深刻な事態を示すような相反するデータもあり、二極化の様相を示しています。県内で避難指示が出た市町村に住んでいた21万人の健康調査を毎年行っていますが、うつ病の可能性がある人の割合は、2012年から4年間で14・6%から7・8%に下がりました。全国平均は約3%ですからまだまだ高いですが、減る傾向にはあります。ただ、岩手、宮城では急減した震災関連自殺は、福島では依然として多く、累計で80人を超えました。アルコール摂取に問題を抱える男性も2割前後で横ばいが続いています・・・
「原発事故は、心の健康にどう影響しているのでしょう」という問に。
・・・放射線への不安が広く深い負の影響を与えています。一つは、直接的な恐怖体験からくるストレス障害です・・・より深刻なのは、放射線被曝の遺伝的な影響を心配する被災者が、減ったとはいえ今なお4割近くいることです・・・
断片的な報道はありますが、この記事のように、詳しく取り上げた記事は少ないようです。ぜひ、原文をお読みください。(2016年10月13日)

(原発事故と心の健康、2)
昨日、(原発事故と心の健康)を書きました。読売新聞10月6日「医療ルネサンス。福島 回復する力」に載っている、前田正治教授のインタビューを書くのを忘れていました。
・・・全体としては回復に向かっているいるものの、過去の自然災害と比べると、その歩みは遅い。中には悪化している人もいます・・・
・・・回復を阻害する二つの要因も、最新の研究で見えてきました。放射能に対する不安が強い人、高齢な人ほど抑うつ傾向が高くなる傾向があります。不安を持つのは当然なこと。ただし、心身の健康を損なうほど自分を追いつめないでほしい。また、家族や友人、近所づきあい、支援者との関わりなどが乏しい人ほど回復が遅いことも明白です・・・(2016年10月14日)

(福祉避難所、NHKの威力)
10月23日19時のNHKニュースが、鳥取地震に関連して福祉避難所を伝えていました。記事にもあるように、障害を持った人の他に、小さな子どもがいる母親や介護が必要な高齢者向けの避難所です。
多くの人が広い体育館などで過ごす避難所は、子育て中の女性や高齢者には住みにくい場所です。このような福祉避難所の必要性が徐々に理解され、開設されるようになりました。
このように、NHKニュースで紹介してもらうと、一般の方にその必要性を認識してもらうことができます。行政の広報より、効果が大きいのです。ありがとうございます。(2016年10月23日)

(被災地支援の知恵、ポケモンGOと連携)
宮城県が、ポケモンGOと連携して、被災地に人を呼び込む企画をしています。「宮城県主催ポケストップ追加企画」。
あわせて、牡鹿・雄勝・奥松島・南三陸の4地区をまわる無料バスツアーや、フォトコンテスト等も開催されるそうです。
残念ですが、私は、ポケモンGOを知らないので、この企画の価値はわかりません(苦笑)。でも、若者に流行しているものを、復興に活用することは、よいことですよね。復興庁も後援しています。(2016年10月28日)

(コミュニティ再建支援、宮城)
被災地でのコミュニティ再建への取り組みを紹介します。11月11日、東松島市で「みやぎ地域復興ミーティング」が開かれます。詳しくは、リンク先を見ていただくとして。
「自治会、まちづくり協議会、各支援団体と連携し、助成制度などを活用しながら、コミュニティの再生を支える取組が徐々に進められています。本ミーティングでは、それらの取り組みの道のりを共有」します。ご関心ある方は、ご参加ください。(2016年10月30日)

(経済同友会の実業高校実習機材支援)
11月6日日曜日は、経済同友会の「IPPO IPPO NIPPON プロジェクト 東北支援終了式典」に、仙台まで行ってきました。「IPPO IPPO NIPPON プロジェクト」は、経済同友会が行ってくださった、被災地の専門高校などへの実習用機材などの寄付です。パソコン、工作用機械など、実業系の高校の実習には、なくてはならない機材です。5年間で、約22億円の寄付をしてくださいました。私も、お礼の言葉を申し上げました。
災害復旧では、元に戻すことが原則なので、今や使われなくなった機械を買い換えるという「変なこと」が起きそうになりました。製図台はもう使いません。コンピュータです。学校を再建する際に、現地で同一のものを再建することは、危険だし無駄なのでやめたのですが、備品の類いまでは、この「融通性」が徹底しなかったようです。反省です。
また、備品台帳に載っていないものは、復旧予算の対象にならないということも起きたようです。さらに、事務処理に時間がかかったり。多くは県立高校なので、県庁において、もう少し弾力的迅速に対応して欲しかったです。ここも反省。
これらを、同友会の皆さんが支援してくださったのです。「高校生たちの感謝の声」をお聞きください。5年間の成果の概要は、おって、同友会のホームページに載ると思います。ありがとうございました。(2016年11月8日)

(被災地視察、宮城県北)
6日夜は仙台のホテルに泊まって、7日8日と、宮城県北部沿岸市町に、復興状況の視察に行ってきました。復興庁事務次官を退任した際(6月)に、復興状況を見届け、また市町村長さんたちにきちんとご挨拶したかったのですが、福島の仕事が忙しく、今頃になりました。
この地域の視察は、ほぼ1年ぶりです。あの大被害を思い出すことが、難しくなっています。町を造り替える大工事や住宅再建が、着実に進んでいます。もちろん、残る工事を完成させること、産業再生を軌道に乗せること、コミュニティ再建と仮設住宅の終了など、まだまだ課題はあります。しかし、あと2年で、住宅再建の工事は、ほぼ終わる見通しです。
水産加工業やハウス園芸に取り組む事業者にもお会いして、状況をお聞きしました。施設設備復旧までは国費で支援したのですが、販売が軌道に乗るかが課題なのです。
5年間一緒に苦労した(しばしばお叱りを受けた)首長さんたちとも、久しぶりにお会いしました。皆さん、自信に満ちた笑顔でした。5年半の時間が経つことの早いことを、一緒に振り返ってきました。「あの頃は、がれきがいつになったら片付くのだろうかと思った」「民地のがれきは将来も片付かないだろうなと思っていた」との思い出も。それらも、片付けたのですよね。いくつも前例のない対応をしたことや事業を作ったことに、感謝してもらいました。
「途中で逃げて(次官を辞めて)、ひどいじゃないですか」と、お叱りも受けました(苦笑)。いえいえ、公務員を辞めても体力の続く限りは、被災地を見守り続けますよ。(2016年11月8日)

(復興推進委員会)
11月9日に復興推進委員会が開かれました。いつもの資料が更新されています。ご活用ください。(2016年11月10日)


復興庁ホームページ
目次3へ戻る。表紙へ戻る。