消防・防災2

(消防大学校で家を燃やす)
今日は、消防大学校で、家を燃やしました!!!。
火災調査科が、火災原因調査の実習をします。そのために、模擬の家屋を燃やすのです。コンクリートでできた、巨大な体育館のような実験棟があり、その中で燃やします。
「電気製品などから、出火した」という想定です。8畳ほどの家を造り、家具や衣類、電気製品などを入れて、本当の住居のようにします。結構、本格的な家です。そして、教官が「原因を仕組んで」、出火させるのです。
しばらくすると出火し、煙もすごくなり、あっという間に火が回ります。私たちは、最初は近くで見ていますが、そのうちに危なくなるので、観察できる部屋からガラス越しで、見ています。それでも、結構な熱さです。
実験棟には、天井に家庭の台所にあるガスレンジのフードのお化けみたいなのがついていて、煙をきれいにする装置もあります。
屋根まで火が回った段階で、学生(各地から入校している消防職員)が入ってきて、消火します。消火はお手のものです。しかし、学生たちには、発火の段階を見せないのです。ここがミソですね。
消火した家の残骸は、外へ運び出します。運び出しやすいように、模擬家屋は台車の上に乗っています。そして、学生たちが、残骸から灰をかき出して、原因を探すのです。
今日は、合計4棟の家を燃やしました。私は解説付きで見ていましたから、原因はわかっています。でも、学生たちは、灰の中から、原因を特定するのです。たばこの吸い殻なのか、電機製品なのか、電気の配線なのか???? 推理小説、刑事コロンボみたいですね。たいしたものです。(2009年11月4日)

(災害救助、医療との連携)
DMATという言葉をご存じですか。Disaster Medical Asistance Teamの略で、災害派遣医療チームのことです。まだ世間では、あまり知られていませんが。簡単な解説は、ウイキペディアをご覧ください。極めて簡単に言うと、災害現場に、消防の救助隊と一緒に行ってくださる、医療チームです。
今日は、東京消防庁第8方面本部(立川市)の施設を借りて訓練をされるので、私も見学に行ってきました。がれきの中に、救助隊員と一緒にお医者さんが入って、被害者の医療をしたり、助言をしてくださいます。
同じ敷地には、東京消防庁のハイパーレスキュー隊も入っています。新潟県中越地震の際に、崖崩れの中から幼児を救出したのが、この部隊です。また、航空隊(ヘリコプター)もいます。
ここには、119番の司令室(災害救急情報センター)もあります。東京の場合は、23区の区域を大手町の本庁にある司令室で、多摩地区を立川の司令室で受けています。ひっきりなしに、119番の電話が入り、隊員がてきぱきと指示を出します。(2009年11月10日)

(自動車火災)
今日は、消防大学校で、自動車を燃やしました。先日の家屋と同じように、火災原因調査の「実験台」を作るためです11月4日の項)。いつもの燃焼実験棟(巨大な体育館)の中でです。
廃車に仕掛けをして、炎上させます。自動車火災の多くは、エンジンなどの整備不良が原因です。停車中にして、エンジンを回します。そのうちにエンジンが止まり、煙が出て、火が出ます。
アクション映画では、自動車が衝突して、派手に爆発し炎上します。しかし、実際には、爆発もしなければ、燃え上がりもしません。
自動車で燃えるものと言えば、ガソリン、オイル、合成樹脂部品、タイヤです。残りは鉄のかたまりですから。エンジンルームから火が出る場合は、ガソリンやオイルに引火し、合成樹脂、特にバンパーなどに燃え広がります。煙が出て、じわじわと炎が広がります。煙と臭いは、ひどいです。
なぜ、爆発しないか。爆発や炎上するためには、それだけの条件が必要です。多量のガソリンが気化していて、それに引火するとか。でも、自動車は構造上、そうはなっていないのです。その前に、普通の状態では、燃えもしません。そのように作ってあるのです。
焼け焦げた車は、明日、学生によって原因が調べられます。(2009年11月17日)

(火事の原因調査協力)
18日の読売新聞朝刊などに、昨年12月に福島県いわき市の高齢者介護施設で起きた火事の記事が、載っていました。市の消防本部が、火事の原因について、「乾燥機で乾燥させたオイルが染みこんだタオルが、自然発火したと推定される」と発表したものです。
記事の中に、「消防大学校の鑑定で、オイルを60度以上の温度で置いておくと、酸化熱により自然発火することを確認」したと書かれています。乾燥機で70度前後になったタオルを、十分に冷えないまま重ねて置いたので、自然発火したと考えられるのです。
消防大学校にある、消防研究センターの仕事でした。(2009年11月18日)

(消防大学校での講義)
今日は、大学校の幹部科(消防本部の幹部になる職員コース)で、地方行政を2時間講義しました。これまで外部講師にお願いしていたのですが、私の「得意」とする分野なので、今回、私が担当しました。
久しぶりの講義なので、資料の準備に、手間がかかりました。単なる制度論でなく、現在の地方行政や市役所が置かれている問題を取り上げたので。慶応大学などで使っていた資料は、1年以上前のもので、数字が古くなっています。総務省の関係者、さらには富山県の職員に協力を得て、作りました。ありがとうございました。用意したレジュメと資料に、しゃべるポイントを、赤で書き込んでおき、そして2,3度事前に予行演習をして、準備はばっちり。おかげで、流れも良く、お話しできました。ところが、久しぶりなので、時間配分を誤りました。あれもお話ししたい、これも教えたいと。いろいろと具体事例を出してしゃべっているうちに、時間が足りなくなりました。もっとも、これはいつものことですね。反省。(2009年12月4日)

(消防大学校長の仕事)
今日は、校長による学生点検。学生全員が整列して、私が点検します。10月14日の項に、書いた通りです。月に一度、校長が点検します。ほかの週は、副校長などが点検者です。朝8時半、透き通った冷たい空気の中での儀式は、すがすがしいです。
で、その際の写真を、載せました。(2009年12月8日)

(消防大学校長の仕事)
今日は、消防団長科の卒業式。式の後、中島みゆきさんの「ヘッドライト・テールライト」(NHKプロジェクトXのエンディングテーマ)の音楽が流れる中、在校生に見送られ、全国に戻って行かれました。
消防大学校では、消防職員(市町村の常勤職員)のほか、消防団長も受け入れています。今回、卒業された団長さんたちは、20名。平均年齢60歳です。
ご存じのように、消防団は職業を持ちながら、ボランティアで消防に従事してくださる人たちです。全国に約90万人おられます。常勤の職員は16万人ですから、その大きさがわかります。かつては、常勤の消防職員は都会しかいなくて、田舎は消防団だけでした。全国に消防署ができたのは、昭和40年代以降です。詳しくは、消防庁のホームページをご覧ください。
団長科は9日間のコースです。でも、農業なり商店なりお勤めなり、お仕事をお持ちですから、休んで入校するのは、大変なことです。もちろん、日頃の訓練や出動も、仕事を持ってのことですから、ありがたいことです。
日本のボランティア活動の中でも、元祖だと、私は考えています。しかも、危険を伴う活動です。(2009年12月9日)

(消防大学校の授業と評価)
今日は、火災調査科の卒業式でした。以前、このページで紹介した「消防大学校で家を燃やす」の主人公たちです。10月19日に入校して、約2か月の研修を終え、各消防本部に帰っていきました。合計47人、うち女性1人、平均年齢39歳の精鋭たちです。ちなみに、あのとき燃やした家屋も自動車も、ちゃんと原因を見つけたそうです。さすが「コロンボ」。
この間に、授業科目は70科目、延べ255時間の授業です。化学知識、模擬の現場調査、鑑識、調査書類の作成、法令、訴訟などなど。途中に、4回の効果測定(試験)もあります。一定点数に達しないと、卒業できません。また、優秀者は表彰します。各人の成績は、所属の消防本部に連絡されます。決して、楽な研修でないことが、おわかりいただけると思います。
でも、日本の消防行政の水準を保つためには、必要なことです。そのために、消防大学校があるのです。彼らは選ばれて、全国から来た職員であり、これから、各地で幹部として部下を指導する立場にあるのです。
逆に、学生が教師を評価する制度もあります。5段階で、各教師を評価してもらい、さらに具体的にどこが良かったか悪かったかを、書いてもらいます。校長講話も、学生による評価の対象になります(うぐっ)。
学生も熱心ですから、教師に対する要求も高いです。「本に書いてあることをしゃべるだけなら、時間の無駄だ」「もっと、××のことを知りたい」とか。それを基に、私たち学校側は検討会議を開き、次の授業内容や講師を入れ替えるのです。(2009年12月11日)

(消防大学校・幹部科卒業式)
今日は、幹部科の卒業式。72人の学生が卒業していきました。うち1人は、航空自衛官です。そのような人も、受け入れています。幹部になる人たちなので、平均年齢は47歳でした。
彼らは、インターネットによる e-ラーニングを、4か月受けてから、入校します。教育訓練を効率的にするために、このような自宅学習を取り入れています。パソコン画面で授業を受け、そこに示される小テストに回答しないと、次に進めないようになっています。各人の進捗状況は、消防大学校で監視しています。勤務をしながらの自宅学習なので、結構大変です。さらに、入校すると、達成度テストがあります。
学校では、約2か月、220時間の授業・訓練を受けます。法規、リーダーシップ論、組織管理、危機管理、指揮訓練のほか、消防特有のものとして惨事ストレス対策などもあります。
彼らが、立派な幹部として活躍してくれることを、期待しています。(2009年12月15日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

消防・防災3
消防・防災3