消防・防災3

(消防大学校・警防科卒業式)
今日は、警防科の卒業式がありました。2か月の課程を終え、60人の幹部候補が、巣立っていきました。皆さん、感無量らしく、涙腺がゆるみ、うるうる状態でした。平均年齢40歳の「おじさんたち」(失礼)が涙するのですから、我が学校の授業にはそれだけの価値があると、うれしく思っています。
これで、在校生はすべて卒業し、年内の授業は終了です。最盛期は約200人の学生がいたのですが、さみしくなりました。もちろん、1月上旬には、次々と新しい学生が入校してきます。教授陣は、終了した学科の反省会と、次の企画会議に追われています。
午後には、中国の消防幹部の訪問を受けました。消防も、日本が国際協力できる分野です。(2009年12月18日)

(仙台市出初め式)
各地で、消防の出初め式が、行われています。私は、消防庁長官の代理で、仙台市出初め式に行ってきました。昨夜の仙台はすごい風で、鉄道に遅れが出るほどでした。出初め式では、はしご乗りが披露されるのですが、強風だと中止になるのです。
今朝は風もおさまり、良い天気でした。それでも、屋外の儀式は、冷えますねえ。消防職員・消防団員などの行進、訓練の紹介などを、見せてもらいました。(2010年1月6日)

(神戸市出初め式)
今日は、神戸市の出初め式に行ってきました。ちびっこ消防隊の演技や、救助訓練、和太鼓に合わせた放水など、見学に来た市民を飽きさせない演出でした。
井戸知事や矢田市長さんとも、久しぶりにお話しすることができました。神戸は17日に、震災から15年を迎えます。私は当時、富山県総務部長でした。中沖知事のお供をして、お見舞いと視察に行きました。倒れたビルや高速道路、悲惨な被災地の状況を見て、いつになったら復旧するのだろうと思ったことを、覚えています。今や、街はすっかりきれいになって、傷跡は見えません。建物やインフラの修復は早かったと、知事からも教えていただきました。
震災を教訓に、国や地方団体での危機管理や震災対策は、大きく進みました。市民の防災意識も、高いです。しかし、住民の3分の1は、震災を知らない人になったそうです。意識の維持が、これからの課題になります。
安全を見越して、前日から神戸に入りました。新幹線とホテルで、自分の時間が持てました。ゆっくりと原稿書きや、考え事の整理ができました。前の職場では、このような時も、自分の時間を持てませんでしたから。(2010年1月10日)

(消防大学校・入校式)
昨日は幹部科78人、今日は危険物科34人の、入校式がありました。静かだった学校が、にぎやかになります。来週は、上級幹部科と予防科の学生が、入校していきます。私も、校長講話や地方自治の講義があり、その準備が忙しくなりました。もちろん、通常の管理業務もあります。
校長って、もう少し時間に余裕があると思っていたのですが、なかなかそうはいきませんね。(2010年1月14日)

(消防研究センターのロボット、テレビ出演)
消防研究センターと三菱電機特機システム(株)が共同研究で開発した、消防活動支援ロボットが、TVドラマに「出演」します。
TBS系「ブラッディ・マンデイ シーズン2」という、テロ対策のドラマだそうです。警察特殊部隊の装備品として、3台のロボットが使われます。操縦装置に、消防研究センターと三菱電機特機システムのロゴがついているのだそうです。まずは、第1回(1月23日)です。ご関心ある方は、見てください。(2010年1月22日)

(上級幹部科卒業式)
今日は、消防大学校で、上級幹部科の卒業式がありました。消防長(各市町村消防本部の長)や部課長、署長といった最高幹部級の課程です。平均年齢54歳。期間は12日間と、短めです。科目も、人事管理・危機管理・危機管理広報・惨事ストレスといった管理職ならではの科目と、状況創出型図上訓練・消防応援受援といった運用訓練などからなっています。
消防の応援・受援というのは、近年クローズアップされてきました。消防が自らの市町村の区域を越えて応援に行くことは昔からありましたが、遠くまで出かける、広域で応援することは、阪神淡路大震災が、一つのきっかけです。
ところで、応援と受援(応援を受ける)では、受援が難しいようです。各消防本部は、応援の経験はあるのですが、受援の経験はまずはありません。しかも、大災害の時には、たくさんの部隊が、各地から集まってくるのです。被災地ですから、自らの部隊を運用するだけでも大変です。その上に、受け入れるのですから。おわかりいただけると思います。
近年では、各地で、そのような事態を想定した訓練を、行っています。(2010年2月3日)

(市町村トップの危機対応能力講座)
今日は、消防大学校の危機管理・防災教育科の一つとして、「トップマネージメントコース」を行いました。市町村長や副市長・危機管理監などを対象としたもので、大規模災害時の対応能力向上が目的です。専門家による講義と図上訓練とで、構成しています。
吉井博明東京経済大学教授のお話を、私なりに膨らませると、次のようになります。
大規模災害時には、被災現場がどうなっているかわからない=情報不足と情報の混乱。被害情報がないのは、電話が通じないからかもしれません。それは、しばしば同時に多発しています=全体像がわからない。しかし、待っていられない=急を要する。そして大災害時には、対応能力が不足している=消防職員では足らない。といった制約の中で、どこにどれだけの職員を送るか、どのような支援を求めるか、市民にはどのように伝えるかなど、首長の責任は重要です。
通常は、部下職員が情報を上げ、また案を持って伺いに来ます。しかし、災害対策では、待っていられないのです。また、市長が、市役所や市内にいない時もあります。その時は、誰が代行するか。
備えと訓練しか、方法はありません。先生は「過去問から学び、模擬試験で鍛える」と、表現されました。そして、首長も職員も入れ替わっていきます。
訓練にも、図上訓練と実動訓練があり、それぞれに、いくつかの手法があります。阪神淡路大震災以来、関係者の関心も高まり、より洗練されてきています。日野宗門先生の方法は、状況予測型図上訓練=イメージトレーニング方式です。参加者が一定の条件を与えられ、状況を予測し、するべき対応を考えるという方法です。(2010年2月5日)

(危険物の取り扱い)
今日は、消防大学校で、危険物科の卒業式がありました。
爆発したり激しく燃える物質(火薬、高圧ガスなど)、自然発火したり、引火しやすい液体(ガソリンなど)は、危険なので、取り扱いに規制がかかっています。身近なところだと、ガソリンスタンドや石油コンビナートなどがあります。「危」というマークをつけたタンクローリーを、見かけることもあると思います。
火事になったりすると、その消火が難しいのです。そのための専門課程が、大学校にあります。厳しい授業を終えた34人の卒業生が、地域と日本の安全のために、活躍してくれることを期待します。(2010年2月12日、14日)

(消防大学校・特別な訓練)
消防大学校では、NBC・特別高度救助コースの学生が、今日は屋外訓練場を使って、化学テロの訓練をしていました。NBCは、原子力、生物、化学災害です。地下鉄サリン事件を、思い出してください。大学校では、このような特殊な学科もあります。使う機材も特殊で、救助の方法も特殊になります。火事の場合は少しでも早く救出しますが、化学テロの場合はむやみに近づくと、消防隊員が巻き添えになってしまいます。人が倒れていますが、何が起こっているかわからないのです。
授業では訓練が多くなりますが、今日は学生が企画した訓練でした。全身を覆う防護服に身を固め、被害者役の学生やダミー人形を救出します。
先週は、幹部科の学生が、特別教室で広域応援の指揮訓練、屋外訓練場と建物を使って指揮訓練をしていました。頭でいくら学んでも、実際にからだが動かないと、実践に役に立ちません。しかも、一人でなく、大勢の隊員とたくさんの部隊を、動かさなければなりません。
そして、現場は混乱し、正確な全体像はつかめません。訓練では、あわてた住民が間違ったことを消防隊員に伝えます。住民役の学生は、なかなかの演技でした。実際の現場では、混乱した被害者、野次馬などで、もっと大変でしょう。
学生企画訓練は、授業の総仕上げ・卒業訓練です。彼らは、卒業が近づいています。(2010年2月22日)

(卒業式の楽しみ)
昨日26日は、幹部科の卒業式でした。約2か月間の教育訓練を終えて、77人の学生が、各消防本部へ帰っていきました。
卒業式では、一人ひとりに、私から卒業証書を渡すのですが、その際に密かな楽しみがあります。まず、壇上で演台をはさんで、学生と向き合います。そして、証書を渡す前と渡した直後に、学生の顔と目を見ます。学生からすると、校長からにらみつけられる、に近いでしょうが。
それぞれ顔つきは違いますが、みんな「良い顔」「よい面構え」をしています。私をにらみ返す眼力にも、力が入っています。これで、彼らは立派な幹部を務めてくれると、安心し、うれしくなるのです。もちろん、制服姿、背筋は伸び姿勢もよいです。
成績優秀者には、別に表彰もします。表彰状を受け取る際の、学生の晴れやかな顔も、良いですね。
校長にしか味わえない、楽しみです。(2010年2月27日)

(大津波警報)
昨日出されたチリ沖地震の津波警報は、すべて解除されました。いくつかの被害は出ましたが、人的被害はなかったようです。(2010年3月1日)

(消防関係のサイト)
インターネットで調べていたら、消防関係のホームページって、たくさんあるのですね。消防本部が作っているのは当然として、関係者がいろいろ専門的なホームページを作っておられます。
先日、「火災調査探偵団」の作成者さんと、お会いする機会がありました。「私のホームページで宣伝しますわ」と請け合ったので、今日ご紹介します。
このサイトは知っていたのですが、匿名なのでわかりませんでした。でも、私の周りの人にきくと、「みんな、作者は誰か知っていますよ」と有名でした。そりゃ、これだけ専門的なことを書ける人は、少ないですわね。情報量の多さに、脱帽です。
火災原因調査を見ると、いろんな物から火が出るのですね。消防署の訓練なども、お勧めです。日記のページも。(2010年3月3日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る

消防・防災4
消防・防災4