消防・防災10

消防・防災9から続く

(被災者支援チームのホームページ
13日に毎週恒例の、「課題と取り組み」や「事務記録」を更新しました。また、避難者と避難所の数の変化を、阪神淡路大震災の時と比べたグラフも作ってもらいました。今回は、避難所の数が減りません。
市町村やNPO、農協などが、被災された人を雇用する仕組みを拡大しています。避難所の運営や高齢者の見回りなどにも、活用してもらっています。まだまだ余地があるので、市町村にPRしています。
生活再建・事業再建ハンドブック」も発行しました。この冊子は、右から開くと一般生活者向けのハンドブック、左から開くと事業者向けのハンドブックになっている、優れものです。知恵モノがおられるのですね。避難所などで配付する予定です。
もっとも、国がお知らせできるのは、制度や一般的な注意点です。各地域での課題については、それぞれの市町村の広報が重要な役割を果たしています。例えば、何日に電気が復旧する見込みかとか、生活相談会が開かれるとかです。調べたところ、各市町村とも、広報誌は充実して、被災者に必要な情報を伝えて下さっているようです。(2011年5月14日、15日)

ホームページの情報を、充実しました。皆さんの関心が大きい、「がれき処理」や「仮設住宅」の進捗状況を載せました。
また、「4その他」の中を、「政府の取り組み」「被災者の方へ」「支援をお考えの方へ」など、利用者にとって分かりやすいように、整理してもらいました。もっとも、ページ数が増えたので、目次も長くなりました。(2011年5月12日)

(被災者支援・NPO団体との協働)
今日は、ジャパン・プラットフォームに呼ばれて、加盟しているNGOの方約30人に、政府の被災者支援の概要をお話しし、意見交換してきました。ジャパン・プラットフォームは、国際的な災害支援を行っているNGOの集まりです。世界各地での災害復旧に、活躍しておられます。今回は、日本がその対象になったのです。
東北の被災地では、市町村のほかに、自衛隊やNPOが大活躍しています。ありがたいことです。ボランティア活動にも2種類あって、有志が個別に行ってボランティア活動する場合と、ジャパン・プラットフォームに参加しているような組織体としてしっかりしたNPOもあります。また後者のNPOにも、世界で活躍するような人と資金が大きいものと、それよりは小さいグループがあるそうです。

私は、『新地方自治入門−行政の現在と未来』以来、地域の公共は、自治体だけでなくいろんな中間団体やNPOが支えることになると、考えています。そして、先日「安心国家での地方公務員の役割」にも書きましたが、政府の仕事は、福祉や公共サービスの提供から、安心の保障に変わると考えています。そのような関心からも、NPO・NGOに興味を持っています。

「生活支援ハンドブック」や説明資料はわかりやすいと、褒めてもらいました。
住民の支援では、政府の得意分野や政府しかできない分野と、政府が不得手な分野があります。今日は、たくさん有意義な提案をもらいました。この方たちと、どのようにうまく協力していくかが、課題です。特に、市町村現場においてです。市町村役場では、まだこのようなグループとの付き合いが浅く、歯車が十分かみ合っていないところもあるようです。(2011年5月14日)

(現地説明会)
昨日16日は、岩手県大船渡市に、被災者支援についての国の制度の説明会に行ってきました。今回の災害に関し、いろいろな特例を作りました。現場でそれを使う市町村役場や県庁の職員に理解してもらうことと、要望を聞くためです。
現場で使ってみて、使いにくい点があったら指摘してもらい、改善するためです。現場で使いやすいことが、重要ですからね。東京で満足していては、意味がありません。いろいろと、指摘をもらいました。頂いた指摘は、改善を検討します。
近隣の市町村の方にも、集まってもらいました。説明会は、今日と明日も、3会場で開き、岩手県の沿岸部市町村すべてに、参加してもらう予定です。(2011年5月17日)

(緊急物資の無償提供)
私たちのチームでは、被災地からの要望に応え、食料や水を配送しました。その際に、それらの物資を集めるのですが、無償で会社や業界団体から提供してもらったものも多いのです。それらの状況をホームページに載せるとともに、お礼状を出しました。
なんと、カップ麺は9割、水は6割が、無償提供してもらったものです。ありがたいことです。(2011年5月17日)

(インフラの復旧状況と見通し)
インフラの被害状況と復旧状況を毎週定期的に更新しています。今回は様式を変え、現在の状況だけでなく、復旧の見通しも載せるようにしました。協力いただいた関係者に、お礼を言います。(2011年5月17日)

(自衛隊の活躍)
被災地では、自衛隊が大活躍をしています。物資の運搬や給水などは、インフラの復旧に従って減ってきていますが、お風呂などはまだ支援してもらっています。それ以外にも、いろんな活動をしています。私を含め、一般の国民は知りませんよね。マスコミも、これまでは自衛隊をあまり紹介してくれませんでした。
被災者支援の活動を、写真入りで紹介してもらいました。こちらをご覧下さい。(2011年5月18日)

(被災者支援・国民の評価)
NHKが16日に、世論調査を報道していました。私たちの活動については、次の通りです。
・・東日本大震災から2か月がたち、政府の震災対応を全体として評価するか聞いたところ、▽「大いに評価する」が5%、▽「ある程度評価する」が44%、▽「あまり評価しない」が34%、▽「まったく評価しない」が14%でした・・
これだけも好意的に評価していただけるのは、ありがたいことです。もちろん、ご批判は謙虚にうけたまり、さらに改善してまいります。(2011年5月18日)

(がれき処理)
市町村別の災害廃棄物処理の進捗状況」を更新しました。がれきの撤去が進んでいます。もっとも、市町村によって、ばらつきがあります。(2011年5月19日)

(当面の取組方針)
今日、政府の緊急災害対策本部(全閣僚)において、「東日本大震災に係る被災地における生活の平常化に向けた当面の取組方針」を決定しました。これは、復興までの、当面3か月程度の間に国が取り組んでいく施策を取りまとめたものです。概要はp29に、スケジュールはp30に、整理してあります。7つの項目にまとめてありますが、あえて3つ挙げれば、次のようなものです。
1 8月中に、必要な仮設住宅を完成させ、公営住宅、民間借り上げアパートに入ってもらうこととあわせ、避難所を解消します。
2 8月中に、住宅などの周辺のがれきを片付けます。
3 梅雨や台風までに、堤防を補強します。

この方針を決めるに当たっては、関係県の意見を聞いて作りました。現場での対策を担うのは、自治体ですから。それを支援するのが、私たちの仕事です。なお、原発事故被害や復興に触れていないのは、私たちの所管外だからです。(2011年5月20日)

(避難所の状況など)
3県の避難所の実態把握(第4回目)、インフラの復旧状況などを、更新しました。避難所の環境は、かなり改善されています。インフラも主要なものは9割以上復旧しました。そのほかにも、ホームページの情報を更新してもらいました。(2011年5月20日)

(事務局の仕事の進捗)
昨日、「当面の取り組み方針」を決定し、私たち事務局の仕事も、次の段階に移りました。
3月20日に発足してから、ちょうど2か月がたちます。早いものですね。忙しすぎたので、私の手帳には出張や会議など行動の記録しかなく、何をしたかは、それを見ただけではわかりません。もちろん、事務局としては、きちんと記録が残るようにしてあります。
ちなみに、大臣以下幹部が議論をする「運営会議」は、これまでに44回開催しました。当初は連日、最近は平日は毎日開催しています。朝11時から30分間と決めてあります。もっとも、1時間かかることも多いです。お二人の大臣、官房副長官、副大臣がそろわなくても、開きます。この仕組みをご理解いただいたので、私たちの仕事は、はかどりました。

これまでの事務局の仕事を振り返ると、次のような時期に区分できます。
第1期は、3月20日から4月20日まで。現地からの要望によって、緊急物資を調達し配送することが主でした。そのほかに、避難所の課題の吸い上げと対策、がれき処理と仮設住宅建設の立ち上げ、個別問題の処理です。
4月21日から、物資の調達が各県でできるようになったので、第2期に入りました。この時期は、避難所の状況把握と困難な環境にある避難所の改善支援、避難所への壁新聞やハンドブックなど情報の提供、今回とられた各種特例の市町村役場への説明、がれき処理と仮設住宅建設、そのほかの住宅への移転の促進、所在不明住民の把握支援、個別課題の処理でした。
がれき処理と仮設住宅建設のめどが立ち、5月20日に「当面の取り組み方針」を作ったので、これからは第3期です。たまたま、1か月ごとになっています。
これからの仕事は、「取り組み方針」に従って行われる作業を進行管理すること、特に対策が必要な個別課題への支援です。例えばがれき処理は、市町村によって進捗度合いが大きく違います。またそれ以外にも、市町村ごとに、避難所の解消や、地域の復旧の状況が違います。これらを支援する必要があります。まだたくさんの方が、避難所暮らしをしておられます。早く仮設住宅やアパートなどに移ってもらい、避難所を閉じることが目標です。もちろん、現場では、避難所解消にめどが立たないと、次の段階には移れません。

市町村によっては、復旧が進み、復興に軸足を移しているところもあるようです。そこでは、当初毎日開かれていた災害対策本部会合(市長と各部長が打ち合わせる)は週に1回程度になり、復興構想に取り組んでおられます。
私どもの事務局も、夜間や休日の仕事はほぼなくなりました。当初は、何をしなければならないかわからない、何から手をつけて良いかわからない、どんな組織をつくり職員を集めたらよいかわからない、という状況でしたから。2か月で、良くここまで進んだものです。(2011年5月21日、22日)

(わかりやすい資料の追加)
被災者生活支援チームのホームページに、いくつかの資料を載せてもらいました。
主なインフラ被害の復旧状況」は、棒グラフで復旧状況を示したものです。文章で書いた方が正確なのですが、この方がわかりやすいでしょう。かなり復旧したことが、一目でわかります。
民間賃貸住宅の借り上げ」は、今回から、民間住宅に入居することも仮設住宅扱いとしたことによる、入居の数字です。新しく仮設住宅を建設するより、早く安上がりで、快適な場合も多いでしょう。
次々と、要求する指示に応えてくれる職員に、感謝します。ありがとう、広報担当諸君。(2011年5月23日)

消防・防災11へ続く
東日本大震災・被災者生活支援チームホームページ
トップに戻る