消防・防災12

消防・防災11から続く

(宮城県、現地説明会)
昨日6日は、宮城県庁で、県内市町村関係者に集まっていただき、生活支援制度の説明会を行いました。5月16日に、岩手県でも開催しました。
その後、東松島市の被災状況を視察してきました。かなり片付いているところと、まだがれきが残っているところがありました。(2011年6月7日)

(避難住民の所在地把握)
原発事故で住民が避難した市町村について、どこに住民がおられるか、把握に努めています。急いで、市町村の外に避難されたので、どこにおられるか、不明な方も多いのです。双葉郡8町村について、かなりの方の所在がわかりました。(2011年6月7日)

(被災地現地での会議)
11日土曜日は、岩手県釜石市で、被災市町村との意見交換会でした。復旧、復興に際し、どのような点が問題になるのか、国として何をすればよいのか。直接、意見を聞こうという趣旨です。現行制度のどこが使い勝手が悪いのか、東京にいたのではわかりません。また、市町村も、なかなか言い出しにくいでしょう。特区をつくるなどの構想もでていますが、何を変える必要があるのか。それを探るためです。
今回は、総理も出席されました。来週は、宮城県内で2か所、岩手県内でもう2か所開催する予定です。

12日日曜日は、仙台市で、孤独死(孤立死)を防ぐための有識者会議を開きました。仮設住宅での孤独死は、阪神淡路大震災の時も、大きな問題になりました。今回の被災地は高齢者、単身生活者が多いのです。これまでの経験を生かし、どうしたら防ぐことができるかを検討し、関係者の皆さんに理解してもらうためです。
復旧・復興は、道路の補修や家の再建といったハードだけでなく、このようなソフトも重要です。しかし、人間関係は難しいです。若者の引きこもり対策をやっているNPOなどが、活躍しています。
3月11日の発災以来、3か月が経ちました。仮設住宅の建設も進み、復旧や復興に重点が移りつつあります。

これらの会議は、1週間に満たない短期間で、準備をしました。また、各界の方に出席していただきます。そして、場所は東京ではありません。これだけの会議を設営してくれた職員、県庁、市町村の方に感謝します。
私は、金曜日の夜に盛岡に入り、土曜は釜石まで往復。岩手県は広いので、かなり距離があります。夜は盛岡泊まり。そして、日曜朝に仙台に移動しました。今週もよく働きました。金曜日定例の資料更新をご覧下さい。
振り返ると、この仕事について以来、先週と先々週の日曜日に、お休みを頂きました。二日だけですか。まだまだ、たくさん仕事があるということです。(2011年6月12日)

(進むがれきの片付け)
被災地では、大量のがれきが発生し、その片付けが大きな課題になっています。100年分のゴミが発生した町もあります。市町村によって進捗状況は違いますが、どんどん片付けが進んでいます。
職員が、片付いている状況がわかる写真を、掲載してくれました。岩手県釜石市と大槌町の同じ場所で、3月下旬と最近の状態を比較したものです。車で移動中に撮ったものです。すなわち、たくさん撮影したものから、同じ場所を選び出したのです。ご苦労様でした、Nくん。
「遅れている」と指摘を受けているのが、仮設住宅建設、がれきの処理、義援金などの配分です。関係府省と調整し、対策を打ちました。(2011年6月13日)

(全国の避難者数調査)
今日、全国の避難者の数を公表しました。全国の地方自治体の協力を得て、どの市町村に、どのような施設(体育館、旅館、仮設住宅など)に避難しておられるのかを調べたのです。これは、初めてのことです。実は、これが結構大変なのです。
まず、どの市町村に避難しておられるか。原発事故関連市町村からの避難者については、福島県が調べています。しかし、そのほかの避難者を含めた全体像は、正確なところはわかりませんでした。発災以来、警察の発表による「避難所の避難者数」に頼っていたのですが、警察も各市町村からもらった資料を集計しています。市町村ごとの把握対象が違うので、必ずしも統一がとれていなかったのです。しかし、混乱したときに、それは仕方のないことです。
今回調べたら、北海道から沖縄まですべての都道府県、約1,000の市区町村に避難しておられました。全国の市区町村の数が1,750ですから、いかに広範囲に広がっておられるかわかります。3県の外に避難している人は、約5万人もおられます。

次に、どのような施設に避難しておられるか。私たちは避難者と聞くと、体育館などに毛布をひいて避難している人を想像します。しかし、旅館に避難した人や、公営住宅、仮設住宅に入った人もおられます。住宅に入られた方は、自宅から出ているという意味では避難者ですが、ひとまず落ち着かれました。
ところが、これも各市町村ごとに把握の仕方が違うので、そう簡単ではありません。例えば、在宅避難者(自宅にいるが食事を避難所にもらいに来ている人など)を把握している団体と、そうでない団体があります。調査結果によると、いわゆる避難所におられる人は、約4万人です。

これまでの災害では、多くの方が元の市町村に避難されていたので、このような問題は生じませんでした。今回の災害は大きく、このような調査が必要になりました。
職員たちが、その必要性に気がついてくれました。すなわち、避難者は全国のどこにおられるか。これは、政府が把握するしかありません。もう一つは、各市町村ごとのとらえ方がまちまちで、仮設住宅に入っている人も含まれている場合があることに気がついたのです。この人たちを避難者の数字に含めると、避難所がいつ無くなるかが見えないのです。
全国の市町村に協力をいただかなければならないので、調査票はなるべく簡略化しました。(2011年6月15日、16日)

(改善しつつある避難所の環境)
3県の避難所の環境把握を公表しました。これまで4回は、地方団体の協力を得て当チームの様式で把握していましたが、今回はいくつかの機関の調査結果を、当チームの様式に当てはめて把握しました。地方団体の負担を軽減するためです。環境は順調に改善し、9割の避難所が要支援度T(環境がよい避難所)になりました。なおいくつかの避難所が困難を抱えているので、これらの改善を市町村にお願いしています。これから梅雨と夏になるので、暑さ対策やハエや蚊の対策も必要となります。
もちろん、住宅を用意して、避難所を解消することが最優先です。阪神淡路大震災と比べても、避難所におられる人の数は減りつつあります。

市町村の関心は、復旧と復興に向かいつつあります。先週は釜石市で意見を聞きました。17日18日は、宮城県内と岩手県内それぞれ2か所で、復興に向けての問題点などを聞くことにしています。移動距離が長く、結構な強行軍になります。(2011年6月16日)

(被災現地での意見交換会)
17日は宮城県名取市と気仙沼市で、市町村との意見交換会。その日は水沢駅前に泊まって、翌18日は岩手県大船渡市と宮古市で意見交換会でした。復旧復興に向けて、何が問題か、政府への要望は何かを聞いてきました。発災から100日が経ち、応急から復旧へと段階が進みつつあります。各地では仮設住宅建設にもめどが立ち、避難所暮らしも解消に向かいつつあります。
しかし、復旧に向けて、たくさんの問題があります。今後どの程度の津波を想定するのか。それをどこまで防波堤で受け、どの部分は逃げることにするのか。地盤沈下した地区はどうするのか。どこに住居を造り、どこに住居を造ることをあきらめるのか。住民の意見はどのように集約するか・・。
また、これら市町村長の悩みとは別に、東京ではわからない現地の課題を、たくさんもらってきました。

被災地ではホテルが被害を受け、近くのホテルも復旧作業の業者が泊まっているので、予約が取れません。どうしても、新幹線の駅まで戻ることになります。岩手県は広いので、そこから三陸の海岸の町まで、バスで2時間から2時間半かかります。行き帰りに、5時間近くバスに揺られます。帰りの新幹線は、盛岡19時46分発、東京駅着が23時8分でした。3時間半近く乗っていたことになります。じっとしているのも、疲れますね。

先日、「中年のおじさんは疲れるわ」と言ったら、後輩から、「56歳は中年でなく、初老じゃないですか」と指摘されました。その通りですね。でも、真実を指摘して、喜ばれる時とそうでない時があるよ。Fくん。

17日は金曜日なので、事務局の取組をまとめた「各府省連絡会議提出用資料」を更新してもらいました。被災者支援チームのホームページに載っている各種資料を、取りまとめたものです。これをごらん頂くと、だいたいのことがわかるようになっています。(2011年6月19日)

(1,000年に1度、100年に1度、20年に1度、10年に1度)
急に気が向いて、積ん読だった、ヌリエル・ルービニほか『大いなる不安定―金融危機は偶然ではない、必然である』(2010年、ダイヤモンド社)を読み始めました。ルービニは、2008年の世界金融危機を予想した学者の一人です。この本は、今回の金融危機を過去のバブルと崩壊(そこには日本の1990年代のバブルと崩壊も含まれます)と比べ、同じようなことを繰り返していることを分析しています。今回は別だと関係者は主張しますが、構図は毎回同じであることが示されていて、面白いです。さて、金融危機の防止と起きた際の対策は大きな問題ですが、私は次のようなことを考えました。

今回の巨大津波は、1,000年に一度のことといわれています。世界金融危機と同時不況は、100年に一度のことといわれました。そのような視点で見ると、原発の重大事故は、スリーマイル島原発事故が1979年、チェルノブイリ原発事故が1986年、福島原発事故が2011年ですから、20年1回としましょう。無差別大規模テロは、地下鉄サリン事件が1995年、アメリカ同時多発テロが2001年です。世界各地では頻繁に起こっていますが、新型で驚くべきものは10年に1度と考えましょう。
私たちは予想外のことが起きると「想定外」「未曾有」と表現します。しかし、地球の外から1,000年や100年単位で観察している人がいたら、巨大津波も世界金融危機も、「定期的に起きる事案」であって、そんなにびっくりすることではありません。原発の重大事故も、無差別大規模テロも、同じです。本人にとって交通事故は一生に一度の大変なことですが、救急隊員と警察にとっては、毎日起きている事案です。

私たちが1日とか1年という時間の単位で生活し、一生はせいぜい100年です。それに対し、上に述べたことを極端に単純化すると、巨大津波ような自然災害は1,000年の単位で、金融危機という経済システム事故は100年という単位で、原発事故といった科学技術の重大事故は20年、無差別大規模テロといった人の情念による重大犯罪は10年という単位で起きています。それぞれその時間単位で見ると、想定外でもなく、未曾有でもないのですね。関係者が、そのうちに忘れてしまうのでしょうか。(2011年6月19日)


消防・防災13へ続く
東日本大震災・被災者生活支援チームホームページ
トップに戻る