消防防災6


消防・防災5から

(消防学校での教育訓練)
前にも紹介しましたが、各県や大きな政令市は、消防学校を持ち、消防職員を教育訓練しています。京都府の消防学校が、ホームページを更新しました。どのような教育をやっているか、画像と映像が豊富なので、わかりやすいです。「初任科生(新規採用職員)の一日」のほか、動画のページではそれぞれ2〜4分で訓練の様子を見ることができます。(2010年5月24日)

(消防学校での教育訓練・その2)
昨日の紹介が好評だったので、続きです。佐賀県消防学校のHPには、初任科生の半年間の訓練内容が、写真で紹介されています。(2010年5月25日)

(学生企画訓練)
今日、消防大学校では、救助科の学生たちが、自ら企画した訓練を行いました。6人ずつが10の班に分かれ、それぞれが「災害現場」をつくります。増水で川の中州に取り残された親子、高層ビル外壁で宙づりになった作業員、縦穴の中に転落し酸欠状態になった作業員、崖下に転落した自動車と運転手などなど。そして、ほかの班が、その想定の下で救助するのです。明日も、同じ想定で、別の班が訓練します。
学生が自分たちで、事故と救助方法を考えるというところが、ミソです。教官に指示された内容や方法でなく、自らが考える。教育訓練の理想像です。もちろん、企画を練り上げるまでには、大変な労力がかかります。また、事前に練習をやってみて、可能なものかを確かめる必要もあります。時間と手間暇が、かかるのです。でも、彼らは、所属の消防本部に帰って、今度は自分たちが教官を務めなければなりません。
今日は、東京消防庁ほか、川崎市、相模原市、埼玉県央消防本部、川越市から、救助隊が支援に来てくれました。同じ想定の下で、お手本を示してくれます。明日も、さいたま市、横浜市、横須賀市、宇都宮市から、支援に来てもらいます。ありがたいことです。
この訓練は、消防関係者の間では結構な人気で、見学者がたくさん来てくれました。宣伝したわけではないのですが、「訓練要領」パンフレットは、300部なくなりました。これまた、うれしいことです。(2010年5月26日)


(夏服へ衣替え)
今日から、クールビズですね。東京は、まだ涼しかったですが。消防大学校では、火災調査科の入校式がありました。制服も夏服に衣替えです。
先週は、4月に入校した幹部科が、2か月の課程を終え卒業しました。今週は、同じく救助科が、卒業します。また、短期間の新任消防長科が、先週入校して、今週卒業します。さらに来週には、警防科と次の幹部科が入校します。各学科とも入校と同時に、校長講話をしなければならないのです。以前にも書きましたが、私の講話も学生による評価対象なので、毎回汗と知恵を出して話しています。(2010年6月1日)


(危機管理広報)
消防大学校では、その分野の第一人者を、講師に呼んでいます。「さすが」と、感心する授業も多いです。
その一つに、宇於崎裕美先生の「危機管理広報」があります。企業や組織が事故や不祥事を起こした際の、広報の仕方です。具体例を入れて、上手に対応した場合と失敗した場合を、教えてくださいます。事故や不祥事は起こしてはいけないことですが、起きてしまったらどうするか。広報が下手で、「2次災害」を引き起こすことも多いです。
私も「経験豊富な、おわびのプロだ」と自慢していますが、先生のお話は、事例が豊富なのとお話しが上手なので、すごく勉強になります。学生の評価も高いです。
先生の授業の内容を、ここでお話しするわけには行きませんが、先生の著書「不祥事が起こってしまった!」(2007年、経営書院)を、紹介しておきます。(2010年6月1日)


(緊急消防援助隊全国訓練)
6月4日5日にかけて、緊急消防援助隊全国合同訓練が、愛知県知多市で行われます。東南海・南海地震を想定したもので、全国から、417隊約2,100名が集まります。東南海・南海地震のほか、東海地震及び首都直下地震の際の、緊急消防援助隊運用方針はすでに決めてあります。これに従って、全国から部隊が集まるのです。
救出や消火といった訓練のほかに、参集、応援活動の調整本部、野営などの訓練も行います。救出・消火の訓練はそれぞれの部隊が、常に訓練しています。難しくかつ重要なのは、全国から集まること、それらの部隊を受け入れること、各部隊が宿泊や食事を自ら確保することです。これだけもの車両が一度に現地にはいると、その混乱はわかっていただけると思います。各部隊はあらかじめ決められた進出拠点(高速道路のパーキングエリアなど)に集まって、それから現地に入ります。受け入れ側で、それを調整する本部の活動も大変です。これだけの訓練になると、実施計画書も分厚くなります。訓練の概要は、この実施計画書の最初の部分を見ていただくとわかります。
大地震は起こって欲しくありませんが、いつ起きても大丈夫なように、このように訓練をしています。これも、阪神淡路大震災の教訓です。(2010年6月3日)


(今週も無事終了)
今日は金曜日。今週は、入校式が2回、校長講話が2回、地方行政の講義が2時間と、盛りだくさんでした。
敷地の中で、亀を見つけました。甲羅の長さが15センチ以上ありました。学校の回りに川や池はないので、誰かに捨てられたのでしょうか。職員が近くの川に放しに行きました。元気よく泳いでいったそうです。(2010年6月11日)


(消防大学校のPR)
4か月ほど前に書いた拙稿を、インターネットで読むことができることを知りました。消防庁が出している広報誌「消防の動き」2010年3月号の巻頭言、「学生の緊張と感激―教育水準を保つ工夫―」です。消防大学校のPRです。(2010年6月15日)

(家を燃やす)
今日の消防大学校では、火災調査科で、模擬家屋を燃やしました。年に2回あります(前回は、2009年11月4日)。例によって、大きな体育館のような施設で、失火の仕掛けをして燃やします。適度に燃えたところで消火し、明日、学生たちが原因調査をします。
一方、校庭では、警防科が指揮訓練です。今日は晴れて暑くなり、出動の服装をしてヘルメットをかぶった学生は、さぞかし暑かったと思います。(2010年6月16日)。


(消防大学校ホームページ)
消防大学校のホームページを、大々的に作りかえました。一度ご覧ください。ただし、まだ消防庁のホームページにリンクが張られていないので、直接次のURLで開いてください。http://fdmc.fdma.go.jp/
お勧めは、「学校紹介」のページのビデオです。これは、インターネット授業(入校前e-ラーニング)や、学校を訪問された方に見ていただくためのものです。なかなか良くできていると思います。数年前に、プロに協力してもらって、作ったものだそうです。さすが、違いますね。約9分かかります。
このビデオを含め、既存のデータを加工して、作り上げてくれました。久富事務官、関係者の皆さん、ありがとうございました。(2010年7月9日、10日)
先日紹介した消防大学校のホームページを、消防庁のHPトップページにバナーを張ってもらいました。消防庁HPトップページの右側中程に、消防研究センターと一緒に、バナーがあります。(2010年7月12日)

(多数負傷者事故、現場指揮訓練)
今日は、消防大学校で、幹部科と警防科合同の、多数負傷者事故訓練を行いました。想定では、市民ホール(大学校の講堂)から火災通報があって、消防隊が出動します。実際に、消防車と救急車が、サイレンを鳴らし校庭を走って駆けつけます。
実は、観客の一人が「火事だ」とふざけて叫んで、出口に人が殺到して多数の死傷者が出ていたのです。しかし、現場は混乱して、その事態を把握することが難しいのです。関係者から事情を聞き、負傷者を運び出し、徐々に事態が把握できます。消防本部からは、登録された台帳を基に、ホールの概要などの情報も、現場指揮本部に無線で入ります。
とても手に負えないので、さらに救急車や医者の応援を求めます。次々と、車両がサイレンを鳴らして到着します。たくさんの負傷者を運び出し、負傷の程度で振り分け(トリアージ)、急ぎの人から病院に搬送します。受け入れ病院の手配も、大変です。全身を毛布で覆われた人形(死亡者)もあります。
ごった返しているところに、報道関係者が入ってきて、写真を撮ったり取材をしたりします。報道対応も、訓練の一つです。プライバシーの保護などもありますから、むやみに入られては困るのです。
今日は総勢117人の、大訓練でした。消防隊役と負傷者役に分かれて、繰り返します。部隊の指揮と運用、事態の把握、本部への報告と応援要請など、指揮者としての能力を磨くのです。1回目より2回目の方が、格段に上手になります。
夏の日差しの下での訓練で、大変です。水分補給も大切です。見ている私も、真っ赤に日焼けしました。首筋が痛いです。(2010年7月16日)

(熱中症)
ニュースでも取り上げられていますが、猛暑による熱中症が増えています。救急搬送する人数が、急増しています。お気をつけください。消防庁ホームページ熱中症情報、特に「熱中症による救急搬送人数等(7月12日〜7月18日 速報値)」のp6をご覧ください。(2010年7月22日)

(消防操法大会)
今日は、愛知県まで、県の消防団の消防操法大会に、消防庁長官の代理で行ってきました。各市町村から選ばれた消防団の代表が、消防車や持ち運びできる小型ポンプにホースをつなぎ、いかに正確に早く火を消すか(的を落とすか)を競います。
その各県の代表が、秋の全国大会に出場します。今年は、愛知県で全国大会が行われるので、愛知県大会=県予選は、いやが上にも盛り上がります。昨年の女性消防操法大会全国大会は、このHP(2009年10月22日)で紹介しましたよね。
今日も愛知県はとても暑く、開会式で祝辞を読んでいるだけでも、汗が流れました。出場選手たちは、さらに大変だったと思います。(2010年7月24日)
「躁法」と書きましたが、「操法」の間違いです。訂正します。星野教官、御指摘ありがとうございます。パソコンの漢字変換に頼っていると、危ないですね。(2010年7月26日)


(山岳遭難の救助費用負担)
12日の朝日新聞オピニオン欄は、山岳遭難を取材している羽根田治さんの「安易な救助要請が山岳遭難を助長する。へり出動費は全額負担させ自覚を促せ」でした。
かつてこのHPでも、登山者が、長野県警にヘリコプターによる救助を要請し、警察ヘリが点検中で民間ヘリを紹介したら、自力で降りたという例を紹介しました(2005年9月28日)。記事では、手の甲をすりむいただけでヘリを呼んだ男性2人組の例を、紹介しています。しかも、救助後に救助隊員の事情聴取を拒否し、捨てぜりふまで残したそうです。
羽根田さんは、安易な救助要請を減らすために、救助費用の有料化を提言しておられます。「高額になる場合がある」との意見に対しては、保険に入るべきとおっしゃっています。私も、その意見です。反対論者には、「救助は無料だという原則」をおっしゃる方もおられます。しかし、その費用は、私たち国民の税金で賄っています。特に、里山に登るのではなく、高山に、しかも冬山だと、危険は承知の上でしょう。万が一の場合に備え、保険に入っていくべきです。登山は、通常の日常生活でのリスクとは、違うのです。
リスクがある場合、まずは保険で危険負担を分散することが、先にあるのではないでしょうか。それでもダメなら、政府の出番です。ところで、警察や防災ヘリは県が、消防ヘリは都と市が運行しています。住民でない人の救助にも、出動しています。費用負担は、県民や市民がしています。(2010年8月12日)


(登山保険)
先日、山の遭難に備え保険にはいるべきだと、書きました(山岳遭難の救助費用負担。8月12日)。25日の読売新聞家計欄が、登山保険を解説していました。「万一、山で遭難した際に備え、救援の費用を保障する保険」です。
・・民間救助ヘリを養成すると、1日数十万〜100万円以上かかるという・・
詳しくは、原文をお読みください。(2010年8月25日)

消防・防災7へ続く
トップに戻る