消防・防災7

消防・防災6から続く

(消防大学校学友会報)
消防大学校の同窓会誌「学友会報」2010年9月号に、拙稿「最高の教育訓練のために−学生の負担が増え学生が喜ぶ授業」が載りました。すでに消防大学校長はやめているので、載せるのはいかがなものかとも思いました。しかし、私が考える消防大学校の授業のあり方を書いておき、関係者の議論に供したいと考えました。
内容は、副題の通りです。座って一流の講師の話を聞くだけでなく、学生が自分たちで考え、話し、身体を動かす授業を重点にすること。卒業式で、学生たちが感激で涙を流す授業が、目標です。(2010年9月27日)

(東北大地震)
昨日11日午後、東北地方を中心に、巨大地震が発生しました。規模といい被害といい、かつて無い大きさです。その大きさに、呆然とします。犠牲になられた方にお悔やみを申し上げるとともに、行方不明者の早い救出、応急と復旧対策を期待します。

発生時、自治大学校では、第1部課程は課題研究発表を終え、教官による講評の最中でした。大きな揺れが長く続いたので、これは通常の地震でないと直感しました。直ちに出入り口を開放し、テレビニュースの第一報を見て、授業を中断。第2部課程の班別自主研究も中断させ、寮での待機にしました。大学校の施設は7年前にできたもので、耐震強度は強くしてあります。隣が、防災基地です。防火扉が自動で閉まり、エレベータが緊急停止。閉じこめられた人はいませんでしたが、この復旧には専門家を呼ぶ必要があります。

東京地方は物理的被害は少ないようなので、夜には鉄道が動くだろうと見込みました。しかし、日没後、JRがその日のうちの運転再開を断念。そのニュースが伝わると、「帰宅難民」が思い浮かびました。都心の人たちはどうなるのか。毎日の満員電車を見ていると、その数は膨大なものです。また、電車通学の小中学生のことが、心配になります。私も難民の仲間入りです。そうなると、泊まり込みと覚悟を決めて、まずは晩飯。
立川駅は乗降客数が多いので、どうなるのかと心配していました。後で聞くと、駅前のホテルは、すぐに満員になったそうです。市役所の対応は素早かったです。自治大学校にも、帰宅難民を受け入れることが可能かの問い合わせがあり、講堂などを開放できることをお伝えしました。玄関を開け、電気をつけ、トイレにペーパーを補給したり、誘導の紙を貼ったりして準備をしました。
市役所は、立川駅前の大勢の人を、近くの公共施設やホテルのロビーに収容し、10時頃には駅には、人だかりはなくなったそうです。当校は駅から1.5キロ離れていることもあり、来られた方はいませんでした。
帰宅難民対策にとっては、首都直下型地震などの、訓練になったと思います。交通機関が止まるというのは、大都市では大変なことです。これに、電気ガス水道が止まると、影響は大きいです。

テレビでは、津波が街や田畑を飲み込む様子が、生々しく映っていました。津波の恐ろしさがわかります。集落全体が飲み込まれた地区もあるようです。早い救出と復旧がなされることを祈っています。(2011年3月12日)

(続・東北大地震)
時間が経つにつれ、被害の大きさが判明しています。このような大災害の際には、致し方ないものです。役場が無くなったという町も、伝えられています。
阪神淡路大震災を教訓に、消防、警察、自衛隊の緊急出動が準備・訓練されてきました。今回も、直ちに現地に入って、活動しているようです。心強い限りです。発災直後の救助と応急は、素人が行っても、現地が困るのです。
長丁場になることを、覚悟しなければなりません。これらの部隊は、そのような準備をしています。そのほかの関係者や責任者も、休養を取りながら進めることが重要です。人間は、短期間なら無理はききますが、長期間は難しいです。睡眠時間を削ったりして、身体をこわしたり、判断が鈍ることは良くありません。
大規模な危機の際には、情報集約と部隊の投入・支援物資の配付の計画というその時点での全体像の把握と、時間軸でいつまでに何をするか・何ができるかの計画が重要です。(2011年3月13日)

東京地方は、計画停電に入りました。今日はまだ、自宅は停電しませんでした。これから、電車が動かない、電気がつかない、炊事洗濯ができないといった影響が出てくるでしょう。
JR中央線は本数を減らして運転していたので、立川まで行くことができました。大変な混雑で、積み残される人がたくさんいました。講師の先生や職員が来られない、午後には停電になるので、午後の授業は取りやめ。
大きな施設なので、電源やコンピュータを落とすのに、時間がかかります。もちろん、復帰させるときもです。食堂もガスが使えても、排気ができないので、停電に当たるとこれもダウン。食材の配送も、滞っています。トイレは、屋上タンクに水があり、手動のレバーのものは使えますが、電磁式の弁のものは使えません。200人の研修生がいるので、いろいろと大変です。
被災地から派遣されている研修生には、本人の希望で帰宅を認めました。もっとも、交通手段がないようです。また、このような停電なので、第1部課程にあっては15日に卒業式、第2部課程は政策課題研究発表会を15日に繰り上げ、16日に卒業式をすることにしました。研修がほぼ終わっていたことが、幸いでした。
明日以降の停電と電車の運行が、気になります。(2011年3月14日)

テレビや新聞での報道とともに、知人から被災地での生活の様子が送られてきています。もちろん、この人たちは電子メールが使える状態まで復旧した人ですが。水道、トイレ、お風呂、食事などに、苦労しておられます。
東京でも停電によって、少し不便がありますが、被災地では、比較にならない大変な苦労をしておられます。残念ながら、現時点では私たちは、有効な手助けの手段を持っていません。(2011年3月15日)

11日夜に、帰宅難民になった女子職員(霞ヶ関勤務)に、どう対応したのか聞きました。彼女は、このような事態に備えて、個人用ロッカーに、スニーカー、ジーパン、トレーナー、Tシャツ、着替えと靴下、カロリーメイトのような食べ物を、鍵をかけて置いてあるのだそうです。ふだんのスカートや靴では、役に立たないからだそうです。なるほど。
私も、かつては職場に、下着やタオルを置いておいたのですが。最近はハンカチと靴下、タオルしか置いていません。反省。(2011年3月16日)


【東日本大震災被災者生活支援本部勤務】
(近況報告・異動しました)
ご無沙汰していました。3月17日以降、このホームページを加筆をしていませんでした。
3月19日に、内閣府にできた、被災者生活支援特別本部事務局次長に指名されました。今回の東日本大震災には、政府をあげて取り組んでいます。この事務局は、緊急災害対策本部の下で、被災者の方々の生活を支援することが任務です。もちろん、被災者支援は市町村と都道府県が第一の責任者であり、各省もそれぞれ取り組んでいます。しかし、それだけではできないことを、担当しています。
就任以来、大至急でしなければならないこと(被災者支援と事務局の立ち上げ)があり、とてもパソコンを開く時間がありませんでした。毎日、組織を拡充し、課長やその下の職員を、各省から派遣してもらい増員しました。現在、次長が私を含め2人、審議官が2人、課長級が13人、職員が100人程度(2交代制の席もあるので、実数はそれ以上)まで、大きくなりました。13年前の省庁改革本部での経験が、とても役に立ちました。その時一緒に仕事をした職員も、参加してくれています。
場所は、内閣府本府講堂で、24時間態勢で、被災地から寄せられる不足している物資(食事、水、日用品、燃料)の調達と、その配送手配に取り組んでいます。また、一部職員はそこに入りきらないので、別館(プレハブ庁舎)で、物資以外の支援対策をしています。多くの職員が、急に呼び出され(何人かの職員は3連休中に突然呼ばれました。というか、呼び出しました)、それまでの仕事を放り出して駆けつけてきてくれました。そして、その日以来、家に帰ることができなかったとか、睡眠時間を削って仕事をしてくれています。ありがたいことです。
もちろん、被災された方々のご苦労とは、比較になりません。被災者のために全員で頑張ります。皆さんのご支援も、よろしくお願いします。
今日は、総理のお供をして、自衛隊のヘリコプターで、陸前高田市とJビレッジ(原発事故対策の前線基地)に、行ってきました。上空から見る各地の被災状況、そして真っ平らになった陸前高田の状況は、言葉にできません。

あっという間の2週間でした。この間の仕事は、我ながら「すさまじい」ものでした。初日の2日間で、2キログラムの減量に成功しました。特段の運動もせずにです(笑い)。その後も、昼ご飯や晩ご飯を食べそびれることがあるので、減量はさらに進み、リバウンドもしていません。
今日は、少し時間ができたので、久しぶりにこのページを加筆しています。もうしばらくして時間ができたら、仕事の内容をご報告したいと思っています。(2011年4月2日)

ご無沙汰していました。4月2日以来の加筆です。
連日、忙しく仕事をしていますが、最初のころと比べると、仕事が回るようになりました。そこで、最近は、比較的早く帰宅できるようになりました。もっとも、職員に指示を出して私だけが早く帰るので、職員はその後も残業です。ごめん。
私は早く帰宅しても、お風呂に入って、バタンキューなので、このホームページの加筆ができませんでした。たくさんの方から、励ましや参考情報などをメールで頂いているのですが、返事を出していません。申し訳ありません。
一方、朝は、早くに目が覚めます。あれもしなければ、これも指示しなければと、次々と課題が頭を駆け巡ります。それでも、最初の頃は、考え事でほとんど寝ることができなかったことに比べると、最近は睡眠が取れています。
で、早めに出勤して、職員が夜のうちにつくってくれた資料に手を入れ、布団の中で考えた事項を指示書に書いて、朝9時には一仕事を終えるというパターンを繰り返しています。

昼ご飯を食べそびれると、夕飯も食べそびれることがあるので、最近は会議中であろうが、職員が私の前に座って説明をしていようが、12時になったら、キョーコさんに作ってもらった弁当を広げて食べるという「わがまま」を通しています。その結果、減量は3キログラムで停止し、最近は復活基調にあります。ある職員は「岡本次長の減量に協力するため、もっと忙しくしよう」と言ってくれます(笑い)。
はじめの2週間は、100人入っている講堂で職員に指示を出すので、ついつい大声になり、喉を痛めました。薬を飲みつつ、ペットボトルのお茶で常時喉を潤さないと、咳が止まりませんでした。ようやく、それも治まりました。しかし、依然としてペットボトルは手放せず、会議などにも常に持ち歩いています。

生活支援事務局のホームページができました。被災者や避難者の数、インフラなどの被害と復旧状況などのほかに、関係者に共有してもらうために、生活支援本部が取り組んでいる仕事の概要を載せました。また、これまでの対策の経過(事務記録)も載せてあります。毎日忙しく仕事に追われていると、日にちの感覚がなくなります。仕事の内容も、どんどん変化します。記録しておかないと、「あれはいつのことだったっけ」「忙しかったけど、毎日何をしたのだろう」と忘れてしまいます。ご関心ある方は、ご覧下さい。数値などは、毎日更新します。(2011年4月13日)

消防・防災8へ続く
トップに戻る