消防・防災8


消防・防災7から続く

(被災者支援本部の取組)
日にちとともに、被災地や避難所の状況が変わり、私たち支援本部の仕事も変わってきています。「現地の課題と支援本部の取組(分類)」を更新しました。インターネットは便利ですね。このようにホームページに載せることで、各府省、関係者、地方自治体の方に、何が課題で政府は何に取り組んでいるかを、簡単に知ってもらえます。

また今日は、自治体や避難所の方の協力を得て行っている、「3県の全避難所の実態把握(要支援度把握)」の、第1回集計ができました。対象となった約1,000か所のうち、回答が得られたのは約3割です。条件の厳しい地区の避難所からは、回答を得られなかったのではないかと、推測しています。
多くの避難所で、生活環境は改善しつつありますが、なお一部に厳しい避難所があることもわかりました。例えば、未だに電気・ガス・水道が来ていないところ、温かい食べ物が無いところ、1か月経ってもお風呂にはいることができていないところなどです。市町村役場や県庁には、このような厳しい避難所への対策を強化していただくことを、期待しています。
避難所の運営は、一次的には市町村の仕事であり、それを県が支援します。国が、今回のような実態把握を行うことは、初めてのようです。しかし、今回の震災の被害は大きく、市町村役場や県庁の手が回らないこともあるので、国が乗り出しました。現地でなるべく負担にならないように、記入様式は極めて簡単にしました。(2011年4月15日)

(被災者支援勤め1か月)
生活支援本部での勤務が、約1か月になりました。
この間に、東京は、ソメイヨシノがほぼ散りました。内閣府の前庭では、山桜が満開で、八重桜が咲き始めました。我が家の椿も、たくさんの花を咲かせたのですが、楽しむ間もなく終わりました。鉢植えの桜は、キョーコさんが水をやってくれたので、きれいに咲きました。プランターのチューリップも、次々と花を咲かせています。

1か月は、早いですね。生活支援本部では、先にも書いたように、私が毎朝早めに出勤して、職員に指示書を出します。毎日9:30に、審議官、参事官たちが集まって、班長会議を開き、その日の仕事を打ち合わせます。
私が朝に出した指示書は、その場でほとんど回答が出ます。班長さんたちの仕事の速さは、驚異的です。というか、次々片付けないと、たまる一方なので、完璧を待たず、できた範囲で回答するのです。資料の中に、堂々といくつも「不明」「現時点では把握できず」と書かれています。今のような仕事では、仕方ないことです。
そこで修正したものを、11:00からの運営会議に、諮ったり報告します。項目数で、毎日5〜10になります。運営会議は、大臣以下の幹部が出席します。16:30には、再度、班長会議を開き、運営会議で出た宿題や、新たな課題を議論します。
そのほか、火曜日と金曜日には、官邸で関係府省連絡会議(各省次官や長官が参加)を開き、本部での仕事の進捗を報告し、各府省での取組を報告してもらいます。
今日は休日で、運営会議がありませんでした。かかってくる電話も少なく、仕事がはかどりました。午前中に、私の指示書を8枚ももらった参事官もいました。午後に副大臣が顔を出され、「全勝さんから、何枚もらった?」と聞かれ、「無数です」と答えていました(笑い)。
昨日出しておいた指示書に、昨夜のうちに返事を書いてくれた参事官もいます。たぶん今夜も、椅子の上に私が置いておいた指示書を、処理してくれているでしょう。申し訳ありません。
もうそろそろ、指示書を出すことをやめようと、考えているのですが。布団に入ったり、職場の椅子に座ると、次々としなければならないことや、新しいアイデアが、わいてくるのです。(2011年4月17日)

(世論調査)
4月18日の毎日新聞が、東日本大震災の対応について、世論調査結果を載せていました。福島第1原子力発電所の事故に対する政府の取り組みなどのほかに、被災地に対する政府支援についての結果も出ています。
それによると、「評価する」が50%を占め、「評価しない」は46%です。ほかの項目に比べると、高い評価を頂いています。もちろん、約半数の方は、評価しておられませんが。各府省の取組を認めてもらったのだと、思います。国民にさらに評価していただけるよう、なにより被災者の方に少しでも喜んでいただけるように、がんばります。(2011年4月18日)

(東京タワー)
毎朝の出勤の際の話です。地下鉄の国会議事堂前駅で降りて、総理官邸前の交差点を、内閣府の建物に向かって、南に下ります。すると、正面に、東京タワーが見えます。先端部分が、左に傾いているのが、良くわかります。東日本大震災によるのだそうです。
どのようにして、この曲がりを修理するのか。ある人曰く、「念力でスプーンを曲げる、ユリ・ゲラーを呼んで来たらどうですか」と(笑い)。
ユリ・ゲラーといっても、若い人は知らないでしょうね。ウイキペディアでは、こちらです。(2011年4月19日)

(シャンポリオン)
事務局に、私が「シャンポリオン」と呼んでいる職員が数人います。私は毎日、何枚も指示書や会議に出す資料の骨子を、メモに書きます。愛用のサインペンや太めの万年筆でです。急いでいること、考えながら書いていることから、なぐり書きで、かつあっちこっちに文章が飛びます。矢印やら挿入が、たくさん出てきます。結果として、読解が困難なのです。時には、書いた本人ですら、読めないことがあります。もう一度書き直せばよいのでしょうが、時間がもったいないのです。
内部での指示書は、そのまま関係者に配りますが、会議資料などは、それをワープロ(パソコン)で、清書してもらいます。その際に、私の判別困難な文字を読み解く能力に優れた職員が、数人いるのです。
その職員たちを、「シャンポリオン」と呼んでいます。そうです。あのロゼッタ・ストーンに書かれた古代エジプト文字を解読した「シャンポリオン」にちなんでつけられた称号です。数人いるので、正確にはシャンポリオン1号、シャンポリオン2号、3号と呼ぶべきです。
名前を呼べばよいのですが、それぞれの職員も忙しくしています。そこで、私が「誰か、シャンポリオンさ〜ん。お願い」と叫ぶと、その内の一人が、私のメモを取りに来てくれて、清書してくれます。しかも我が事務局のシャンポリオンさんは、元祖シャンポリオンより能力が高く、解読するだけでなく、間違いを直し、書かれていない文字まで補ってくれるのです。もちろん、関西弁も、東京語に変換してくれます(笑い)。
そして、私が早く出勤するので、一人は朝7時45分に出勤することが義務付けられています。ごめんね、Wくん、Sくん、Sくん、Kくん、Kくん・・、こんな上司に仕えて。(2011年4月20日)

(シャンポリオンさんの追加)
今朝、このホームページを読んだ職員から、抗議がありました。「名前が抜けています」と。
謹んで訂正し、加えさせてもらいます。Hくん、もう一人のSくん。(2011年4月21日)

(執務風景など)
被災者支援本部のホームページが、日々充実しています。執務風景の様子が、載りました。
ここに載っている写真のうち、上の2枚が毎日11時から開いている運営会議です。大臣、官房副長官、副大臣と、事務局参事官がそろって議論します。右上の写真、仙谷副長官が指さしておられる先に、私が座っています。たいがいのことはここで、即断即決。
下の写真2枚が、物資の調達配送を行っている部隊の様子(内閣府講堂を間借り。約100人)です。右下の写真、左手前に歩きながら文書を読んでいるF参事官。左奥に、職員に指示を出しているY参事官が写っています。私も最初はここにいたのですが(左下の写真、手前真ん中の机が私の席)、人数が増えて追い出され、今は別の部屋にいます。
文書で記録を残すことも重要ですが、執務の様子は、このような写真で残す方が、後世の人にはわかりやすいと思います。

支援物資が、どのように運ばれているかも、写真入りで紹介しています。自衛隊の活躍なども、良くわかります。今回のヒット策は、物流業者による、物資の仕分けと配送アドバイスです。一時、物資の集積所に物があふれ、収拾がつかなくなりました。そこで、仕分けのプロを呼んだのです。良いことを思いつく職員がいたものです。
一番下の2枚の写真です。物流専門家と書いてありますが、宅配業者の方です。写真をよく見ると、見たことのある制服やマークがわかると思います。これも、文章で紹介するより、わかりやすいです。ありがとう、広報チームのみんな。(2011年4月21日)

(避難所の実態把握)
3県の避難所を対象とした実態把握第2回目が、まとまりました。987か所のうち、第1回目か第2回目に回答があったのは、510か所です。これで約半数のか所について、実態が把握できました。水道等ライフラインが全く復旧していない避難所が、11 か所あります。おにぎりとパンのみの食事の避難所は、なくなりました。入浴できていない避難所は、ありません。もちろん、未だ回答を得ていないか所が半数あるので、この中には厳しい条件のところもあると、推測されます。
緊急物資の調達と搬送は、21日から、各県が行うようになったので、政府による支援は終わりました。徐々に、通常の災害対応に移行しつつあります。インフラも、急速に復旧しています。「現地の課題と生活支援本部の取組み」も、変化しつつあります。
もちろん、避難所の生活を改善しなければならないこと、仮設住宅の建設を急がなければならないこと、がれきの撤去を急がなければならないことなどのほかに、行き先が把握できていない避難者の方がたくさんおられることなど、大きな課題があります。(2011年4月22日)

(被災地視察)
23日(土曜)24日(日曜)と、仙谷官房副長官のお供をして、宮城県気仙沼市、亘理町、山元町、福島県相馬市に、行ってきました。現地を見せてもらい、市町長さんたちの要望を聞き、当方の問題関心をお伝えすることが主な用務です。
これらの町は津波被害が大きく、がれき(災害廃棄物)がたくさん残っています。400トンのマグロ船が、陸に上がっていたり。町の100年分の廃棄物があるという町もありました。これは難物です。田んぼの中の大きながれき、例えば家の残骸とか自動車は片付けても、地中にガラス片や金属片が残っていて、田としては使えないところもあると、おっしゃっていました。
首長さんたちは、それぞれ実情にあった対策を、知恵を出しながら行っておられました。市町長さんが何に気を遣っておられるか、良くわかりました。失礼な言い方ですが、各首長さんの競い合いです。「つらいけど、いつまでも後ろ向きじゃ、復興しないから」と、おっしゃいます。「まずは、産業復興だ。それがないと、町の将来はない」とも。「今回津波が来た地域は公園にして、市街地は高台に上げるつもりだ」とか、どんどん絵を描いておられます。
私の関心の一つは、避難所の条件改善です。今回おじゃました各避難所は、市町職員や応援に来た自治体職員が、避難所住民代表らと良く連携を取って、運営しておられました。食事も、住民参加で調理しておられたり、自立に向けて踏み出しておられます。同じ市内でも、間仕切りのある体育館と、無い体育館がありました。「足らなかったら送りますよ」と聞いたら、「いいえ、間仕切りがあると疎遠になるので、皆さんが『要らない』と言うんです」という答でした。
物資は、ほぼ行き渡っています。「最初の頃は、物資が来なくて困った。そのうちに国が手配をしてくれて、食事や石油が届いた」と、お礼を言ってもらえました。人手が足りないという所もあったので、「避難所で元気な人を雇って、作業をしてもらう仕組みがあるので、それを使ってください」と、お願いしてきました。仮設住宅建設も着実に進み、旅館などへの一次的避難(ショートステイのようなもの)も、利用の準備が進んでいました。
避難所では「早く働きたい」という声、漁港では「早く漁に出たい」という声が大きかったです。そのお気持ちは、良くわかります。私たちも、同じ予算金額で、生活のための失業手当のようなお金を出すより、働いてもらって賃金を渡す方が、個々人の満足度は上がると考えています。そして、復旧復興につながる仕事をしてもらうと、「一石二鳥」以上の成果が出ます。
旧知の市長さんや副市長さんもおられ、ご活躍ぶりが良くわかりました。それぞれに、自宅を無くされたり、職員を失ったり、つらい目にあっておられます。帰りに、福島県庁に寄って、原発事故対策に当たっておられる内堀副知事や、避難所担当の杉浦課長さんに、お話を伺ってきました。ご苦労をされておられます。(2011年4月24日)

消防・防災9へ続く
東日本大震災・被災者生活支援本部ホームページ

トップに戻る