消防・防災9

消防・防災8から続く

(三陸の津波と宮城の津波)
4月2日に陸前高田を視察した時に、津波被害地があまりに片付いていることに、驚きました。ほとんど何もなく、真っ平らなのです。市長さんにお聞きすると、「津波が引く時に、すべてを持っていった」とのことでした。23日24日に、宮城県と福島県を視察した時は、津波被害地域は、がれきが一杯残っていました。市町長さんに「津波は、がれきを持っていかなかったのですか」とお聞きすると、「残していった」とのことでした。
同じ津波でも、違うものだなあと考えていたら、24日の読売新聞に、三陸と宮城の津波の違いが、図解付きで解説されていました。高さや進み方が違うのですね。でも、ともに、破壊力はすさまじいものです。(2011年4月26日)

(被災者支援本部ホームページ)
被災者支援本部のホームページに、英語のページを作ってもらいました。被害は大きかったけれど、着実に復旧していることを、知ってもらうためです。
また、東北3県の避難所の地域別分析をしました。便宜的に、「沿岸部で避難所が10か所以上所在する市町村」と「それ以外の市町村」に分けました。資料の6ページ以降に、地図をつけてあります。やはり、沿岸部で避難所が多い市町村が、被害が大きく(電気ガスなどが復旧せず)、困難な状態にあることがわかりました。(2011年4月27日)

(仕事がはかどる日)
今日は、昭和の日で休日。職場には、上司や関係者からかかってくる電話も少なく、仕事がはかどりました。毎日入ってくる課題や読まなければならない資料の方が、片付けることのできる課題より多く、未処理の仕事や資料が蓄積されます。土日は、それを片付ける良い時間なのですが、先週は出張だったので、たくさんたまっていたのです。
目を通せばよい資料は、どんどん片付きます。しかし、課題の方は、指示書を書いて職員に渡せば片付くものばかりではなく、じっくりと考えなければならないものもあり、今日だけでは処理しきれませんでした。
国会が開いていることもあり、職員も何人かは、出勤しています。外から電話がかかってきて、「××さんは、今日は当番で休んでいます」と答える職員がいました。「当番で休んでいます」???
すみません、休みの取れない仕事をさせて。(2011年4月29日)

(自衛隊の活躍)
今回の大震災で、自衛隊が大活躍しています。被災者支援では、緊急物資の輸送でも、大きな役割を果たしてもらっています。徐々に、自治体が手配し、民間業者が運ぶように、移行しています。しかしまだ、末端の避難所への配送を、担ってもらっています。
現時点での、自衛隊の活動ぶりを、簡単な絵にしてもらいました。この絵の中で、二種類あるトラックのうち、後輪が二つあるのが、自衛隊のトラックです。
また、避難所での荷下ろしも、避難所の人やボランティアの方が行ってくれています。その際に、避難所におられる失業した方を、市町村が雇って働いてもらう仕組みもあります。(2011年5月2日)

(避難所の環境改善)
東北3県の避難所実態把握の、第3回結果がまとまりました。徐々に、改善しています。また、「被害の大きかった地域・A地域」と「そのほかの地域・B地域」に分けた分析では、B地域では、厳しい状況にある避難所はなくなりました。関係者のご努力に、感謝します。まだ厳しい状況にある避難所を改善することが、次の課題です。(2011年5月2日)

(非常時と法治主義)
東京大学法学部の森田朗先生が、今回の震災対策に関して、「法治主義と非常時体制」を書いておられます。参考になります。ご一読下さい。
私は、「明るい係長講座」などに、次のようなことを書いています。
「決められたことをするのが、普通の公務員、部下の務め。決められたことが実情にあわず、おかしいと思ったら変えるのが、良い公務員、上司の務め」と。
今回の大災害では、現場から「実情にあわないから、ルールを変えてほしい」という悲鳴や要望が上がってきます。それにどこまで応えるかが、私たちの支援本部の、大きな仕事の一つです。そして私たちは、東京で決まりを変えるのですから、各現場での個別の弾力運用でなく、関係自治体に共通して、決まりを変える必要があります。
例えば、本来県が行う緊急物資の調達と配送を国が代わって行うこと、大量の被災家屋を簡易な被災証明ですますこと、民有地の廃棄物を自治体が処理すること、壊れた自動車を持ち主の了解を待たず一定期間後に処理すること、民間賃貸住宅を借り上げた場合の公費負担・・。今回適用した特例や変更したルールは、かなりの数になるでしょう。
また、時間との闘いでもあります。現場では、一刻も早く物資を送って欲しい、人が足りない、ルールを変更して欲しい。しかし、私たちも、たくさんの課題を抱えています。どの課題から片付けるか。逆に言うと、どの課題を先送りするかです。
森田先生は、別の日のブログで、「安全と危機管理」についても書いておられます。私も、今回の経験からいろんなことを考えました。一段落したら、学んだことを整理したいと、考えています。(2011年5月3日)

(津波の前と後・航空写真)
アメリカのABCニュースが、東北各地の津波被害の前後を、航空写真・衛星画像で比較しています。画像に出てくる縦の黒線に、マウスポインタをあて左右に動かすと、被災前(左側のきれいな姿)と、被災後(右側の茶色になった姿)を比べることができる、優れものです。3ページあります(その2その3)。津波のすさまじさが、良くわかります。(2011年5月3日)

(過疎地帯の地震被害)
4日5日と、仙谷官房副長官のお供をして、長野県栄村、新潟県津南町、十日町市に視察に行ってきました。東北の津波と原発事故の報道に隠れていますが、3月12日に長野県北部と隣接する新潟県は、大きな直下型地震に見舞われました。栄村は2,300戸のうち、一時は1,700戸が避難したくらいです。ここは、典型的な地震被害でした。道路や上下水道、農地や用水路などに大きな被害が生じています。応急復旧が進み、仮設住宅の建設も進んでいます。
豪雪地帯なので、発災当時は雪があり、雪解けとともに、被害もわかりつつあります。仮設住宅も、入り口に雪除けをつくる必要があります。
中山間・過疎・高齢地域です。地元の方のお話しでは、「後継者がおらず、徐々に地域が衰退しつつある。それが、今回の災害を機に、一挙に進む恐れがある」とのことでした。たしかに、今後何で食べていくか。生業が定まり、若者が跡を継いでくれないと、地域は存続しません。(2011年5月5日)

(長野県栄村の知恵)
先日(5月5日)、長野県栄村について書きました。地方行政関係者には、栄村をご存じの方も多いでしょう。道路改修や田んぼの改修を、村民と村の職員で施行し、安く上げていることで有名です。その様子は、村のホームページに載っています。高齢化率44.8%、人口ピラミッドは上に行くほど広がっています。特に女性は、最も多い年齢層が80〜84歳で、その前後が次に多いのです。(2011年5月8日)

(支援本部から支援チームに名称変更)
5月6日に、政府の緊急災害対策本部と原子力災害対策本部の合同会議が開かれました。松本龍防災大臣が、これまでの被災者生活支援本部の実績と課題を報告されました(資料p1〜3)。これまでの1か月半の実績と、これからの課題が簡単に整理されています。
また、今回の大震災関係のいくつもある対策本部が、9日付けで整理されことになりました。私たちの被災者生活支援本部は、この図の左下に出てきます。名前がチームに変わりますが、これまで同様に緊急災害対策本部の下で、同じ仕事を続けます。私どもの組織は、「本部」と名前がついていますが、大臣が集まる合議体(合議制会議)ではなく、課題を実行する組織(独任制機関)です。この図に出てくるほかの本部とは、性格が違います。
毎週更新している「現地の課題と本部の取組み」と「事務記録」も、加筆しました。いつもながら素早く仕事をしてくれる、我が本部の広報チームに感謝します。(2011年5月7日)

(被災者生活支援業務の変化)
明日11日で、発災以来2か月がたちます。事務局でも、仕事の内容が変わってきました。当初は、緊急援助物資の調達と配送業務が重要で、約70人の職員が24時間体制で対応していました。物流も復旧し、この仕事が県庁に移行したので、事務局の組織と人数を減らしました。班の数で11班、一時100人を超えた職員を、今日から8班、60人まで縮小しました。
しかしなお、避難所におられる方、自宅で避難状態にある方など、支援を必要としておられる方がたくさんおられます。仮設住宅などへの移転、がれき処理など、課題もたくさんあります。市町村と県による支援と復旧が行われていますが、政府として支援する事項もたくさんあります。そこで、わが事務局でも、避難所や市町村の支援を行う班と職員数は、従来通りです。(2011年5月10日)

(被災地の航空写真・国土地理院)
読者の方から、「国土地理院も、良い写真を載せていますよ」と、教えてもらいました。「被災地の航空写真」(2011年5月12日)


消防・防災10へ続く
東日本大震災・被災者生活支援チームホームページ
トップに戻る