最近の記事11

大目次」へ、「表紙」に戻る。最近の記事12へ続く。

(2016年7〜9月)

(9月30日)
国際セミナーで講演
交付税課同窓会
(9月29日)
原発事故被災地、経産省が汗をかく
(9月28日)
東電社員の地域貢献
帰還困難区域の今後、わかりやすい解説
(9月27日)
数字による商売、接待による商売
祝・ホームページ復旧、2
(9月25日)
富山市で講演
(9月24日
人的資本、松山内閣府次官
帰還困難区域、読売新聞社説
(9月23日)
祝・ホームページ復旧
(9月18日)
新しいホームページサービスへの移行作業
明るい公務員講座・中級編
二大政党制、権力争いと政策の競争
(9月17日)
戦場での心理、2
(9月16日)
困った、ホームページサービス終了
被災地の農業復興
戦場での心理
(9月15日)
仙台市で対談。コミュニティ再建
(9月14日)
明るい公務員講座第35回、完
東電職員の努力
(9月12日)
アメリカの政治思想、2
帰ってきた肝冷斎
(9月11日)
アメリカの政治思想
(9月10日)
NPO3人組の活躍
福島での講演会、福島の課題
(9月9日)
イタリアのテレビニュースに出ました
(9月8日)
経団連の福島視察
(9月7日)
明るい公務員講座第34回
帰還困難区域の扱い
成功して得たもの失ったもの
(9月6日)
イタリア下院議長、被災地訪問
現在の官僚像
(9月4日)
アメリカの古書店
板倉神社例大祭
(9月3日)
社会の課題に取り組むNPO

日本の革新勢力がリベラルだという誤解
(9月2日)
アジアの発展に負けた大陸アフリカ、社会的共通資本の重要性
いかにも怪しいメール
(9月1日)
大日本帝国の解体、植民地との関係
帰還困難区域の方針を県知事に説明
(8月31日)
企業による復興支援
復興推進会議、帰還困難区域の取り扱い方針
させていただくは、変
(8月30日)
明るい公務員講座第33回
新しい権利「忘れられる権利」、公共をつくる民間企業の対応と判断
(8月28日)
富士総合火力演習
(8月27日)
全国都市監査委員会、講演
高円寺阿波踊り
(8月24日)
原発事故、帰還困難区域の復興に向けて
初任者研修の講師
(8月23日)
明るい公務員講座第32回
(8月21日)
社会学
8月21日
(8月20日)
アメリカの反知性主義
イギリスのイラク参戦、その検証
テロ報道がテロリストを助長する?
(8月19日)
トヨタ財団の復興支援
(8月18日)
補助犬
NPOで働く
(8月17日)
勤務時間外に届く仕事メール
(8月16日)
広がる所得格差
(8月14日)
独創的開発とプロジェクトの管理
連載中級編の準備
お盆休み
(8月13日)
企業の社会貢献、オリンピック・パラリンピック等経済界協議会
飯舘村交流センター開所式
(8月12日)
避難指示解除地域、次の課題
元気な町工場
(8月11日)
営業のお得意さん? 世間知らず
山本泰先生
部下の不祥事、損害請求
(8月10日)
明るい公務員講座第31回
人に会うのが仕事2
(8月7日)
審議会政治の終わり?
自らコントロールできることに集中する
(8月6日)
社会の分断、それを解決する政治
(8月5日)
蝉を怖がる人
(8月4日)
新大臣が福島へ
(8月3日)
明るい公務員講座第30回
福島、国と地方の協議会、2
在宅勤務が上司に迫るもの
(8月1日)
謝罪文化、パフォーマンス?
人手をかけるほど悪くなる文章、サラリーマンジャーナリストの限界
(7月31日)
復興がつくった新しい行政
福島、国と地方の協議会
東芝の不正経理
人に会うのが仕事
(7月30日)
保守主義とは何か、宇野重規先生
ゴーン社長のリーダー論、4
家の椿、チャドクガ来襲
(7月29日)
ゴーン社長の意思決定法、3
案件の大きさと受け止め方の重さとは比例しない
(7月28日)
ゴーン社長の人材育成講座、2
(7月27日)
明るい公務員講座第29回
危機的状況の際の対応、ゴーン社長
(7月26日)
憲法改正の回数
マナーの作り方、国民性の変化。エスカレーター
(7月24日)
学問を進化させる社会の条件、中山茂先生
コミュニティ再建、石巻市の挑戦
(7月23日)
復興庁は何を変えたか
慶應大学、復興5年を振り返るシンポジウム
小説は読まない。たまった本の処理
(7月22日)
忙しいことは良いことだ
(7月21日)
職員管理、部下の不祥事
サイバー消防隊
(7月20日)
日本のリベラル勢力、その限界
イギリス、EU離脱国民投票の意味
社会主義国家日本
(7月18日)
外出着
(7月17日)
連載執筆、第2章完結
(7月16日)
記録的学問と論争的学問、公務員と政治家のご先祖様
世相を反映する食事、食費
(7月15日)
官僚は製造業
(7月14日)
心が折れる職場、2
(7月13日)
心が折れる職場
五百旗頭先生の新著
明るい公務員講座第28回
(7月10日)
被災地での観光復興
金田安史君
(7月9日)
地域福祉の現場は行政のフロンティア
霞が関の治外法権?
(7月8日)
復興庁は普通の役所に
高岡さんの新著
(7月7日)
明るい公務員講座、第27回
2地域居住を練習中
(7月3日)
上級職はエリートにあらず
役割がある人が元気
暑い東京
(7月2日)
個人番号カード受領
(7月1日)
復興応援
緩やかな国家の集合体

これ以前の記事は、最近の記事10