最近の記事3

最近の記事4へ続く。
大目次」へ戻る。「表紙」に戻る。

(2014年7月〜9月)
(9月29日)
被災地で働く医療・介護職員の募集
災害公営住宅でコミュニティを作る
(9月28日)
「委員会勧告を首相は尊重しなければならない」規定の意味の逆転
政治評論、マスコミの役割
(9月27日)
復興、新しい手法による取り組み。民間の力を生かす
(9月26日)
民間からの支援員、活躍できるように
(9月25日)
被災地企業支援、百貨店協会の協力
けんかの仕方と付き合い方、2
(9月24日)
異業種交流、勉強会
けんかの仕方と付き合い方
(9月23日)
社会の課題を解決する
アメリカ政治、社会倫理的争点
(9月22日)
アメリカ政治、国会不信
(9月21日)
産業復興支援の新しいかたち、企業や専門家による被災企業へのノウハウ支援
伝統工芸作品
(9月20日)
資本主義は不平等をもたらすか、2
パワーポイントは嫌い
毎日、時間が過ぎるのが早い。困ったことです
(9月19日)
資本主義は不平等をもたらすか
(9月18日)
お詫びだけでない、失敗したときの対処
(9月17日)
サービス産業時代の成長戦略
(9月16日)
官邸で、復興推進会議を開催
国家の崩壊ということ
(9月15日)
新大臣のスタートダッシュ
3連休
増税を競う与野党、スウェーデン総選挙
(9月14日)
藤沢烈さんのインタビュー。お金でも制度でもない、被災地には人材が足りない
明治維新と戦後改革の違い
(9月13日)
Googleによる被災企業の支援活用実態調査、多くの企業が支援を受けていない
朝日新聞の記事取り消しとお詫び
(9月12日)
奇妙な漢字、2300年前の中国
今日は金曜日
(9月11日)
経団連との意見交換
西尾勝先生の時代の証言者
(9月10日)
災害による家族間の争い
社会を観察するのではなく、社会に参加し貢献する学問
(9月9日)
通帳無しに預金を払い出す。損失は0.005%
(9月8日)
被災県で、産業復興が進む
石巻市、魚市場の復旧
(9月7日)
復興住宅の高齢化予想
国内政治と外交と
職員からの攻撃に反撃する
(9月6日)
3連続出張
復興の現状を講演
坂の上の雲をもじる
覇権国家イギリスを作った仕組み、12
(9月5日)
今日は、岩手県へ
(9月4日)
竹下新大臣始動、早速福島へ
(9月3日)
内閣改造、新大臣
(9月2日)
ジャーナリズムの現状を憂える、2
覇権国家イギリスを作った仕組み、11。本当に飢えた人は暴動を起こす元気もない
(9月1日)
ジャーナリズムの現状を憂える
世界一しか売らない会社、批判だけでは許されない
(8月31日)
覇権国家イギリスを作った仕組み、10。エリート文化と民衆文化
藤沢烈さんの復興に関するニュースランキング
(8月30日)
差別的行為への私人による制裁
双葉町と大熊町のまちづくり構想
(8月29日)
専門家のNPOによる支援、メンタルヘルス研修
全国避難者数、なお25万人
(8月28日)
廃棄物リサイクル、ものを捨てるには金がかかる
またまた、悲しいカエル
(8月27日)
コンビニのおにぎり
急に寒くなりました
(8月26日)
公営住宅建設加速支援
(8月25日)
健康・生活支援に関する総合施策
(8月24日)
盛岡市での健康フォーラム
(8月22日)
1週間、明日も出番
豪雨災害
(8月21日)
外国人向け免税店
(8月20日)
覇権国家イギリスを作った仕組み、9
(8月19日)
拙著が、大学入試に使われました。2
オーラルヒストリーの対象に
(8月18日)
茶の湯、藪内。2
覇権国家イギリスを作った仕組み、8
(8月17日)
初めて乗った陸羽東線
(8月16日)
覇権国家イギリスを作った仕組み、7
インターネットによる攻撃
行政の役割と手法の変化、企業の育成から企業統治へ
(8月15日)
夏休み
(8月13日)
三会堂ビルの周辺、大規模再開発
伊勢神宮、色がついている
(8月12日)
被災地に人材を送る。スターティングオーバー三陸
牛乳を使った和食
(8月11日)
被災者支援のNPO、2
国会の機能不全
最近の記事、反響
(8月10日)
被災者支援のNPO
発掘された日本列島展
(8月9日)
福島、国と地方の協議会
(8月8日)
仕事の段取り
民間の復興支援、小口の寄付を集めて力にする
(8月7日)
薄型テレビに
(8月6日)
与党第4次提言
公的サービスの適正さの確保
(8月5日)
民間との協働による復興支援、キーマン
地方議会のあり方
(8月4日)
茶の湯、藪内
専門人材派遣
覇権国家イギリスを作った仕組み、6
(8月3日)
被災自治体への職員応援
覇権国家イギリスを作った仕組み、5
(8月2日)
オバマ大統領の政治力の低下
中国での日本報道
なぜかしら忙しい毎日、仕事が整理できる休日
(8月1日)
文庫本の巻末の解説
(7月31日)
かつての同僚
(7月30日)
空き家が820万戸も
覇権国家イギリスを作った仕組み、4
(7月29日)
地方議会の改革
覇権国家イギリスを作った仕組み、3
(7月28日)
内閣の方針による職員数の配置
覇権国家イギリスを作った仕組み、2
(7月27日)
覇権国家イギリスを作った仕組み
(7月25日)
複雑なバランスの上の生態系
(7月24日)
被災者の健康・生活支援
長引く仮設住宅生活
携帯電話料金、知らないと損。2
(7月23日)
携帯電話料金、知らないと損
(7月22日)
移民政策、ドイツの経験
(7月21日)
企業との連携
企業の災害への備え
(7月20日)
そしるより誉める
政策の意外な副作用
(7月19日)
カウンターが2,100,000を突破
政党の構図、2
(7月18日)
資材費高騰対策
(7月17日)
被災自治体で活躍する若手官僚
政党の構図
(7月16日)
総理、宮城視察
W杯ドイツの活躍、移民政策
(7月15日)
産業復興のための施策体系図
男女共同参画が進んでいる分野
事実の一部だけを報道する
(7月14日)
学生の夏休みボランティア

ビル街の竹林
政策より政局に関心があるメディア
(7月13日)
メディア界の焼き畑農業
徒然草
(7月12日)
企業と社会
(7月11日)
CSRと復興支援
大阪の課題とは
(7月10日)
内にこもるか、攻めて出るか
台風8号、意見交換会
(7月9日)
社会はどのようにして進歩するか、させるか
(7月8日)
経団連会長の被災地視察
(7月7日)
偏った報道、媚びる発言。復興の真実を伝えて欲しい
歩きスマホの危険性
(7月6日)
大きなテーマを簡潔に説明する
最近の記事を振り返る
(7月5日)
日本の国際化
我が家が一番
(7月4日)
医者の数
(7月3日)
新しい東北、ハードでなくソフトの支援
サラリーマンの出世術
嶋田・前釜石市副市長
(7月2日)
専業主婦率2%の国
若者の自立援助ホーム
(7月1日)
他国の意見広告
クールビズ10年

これ以前の記事目次は、最近の記事2