HPの履歴7


HPの履歴6から続く


(パソコン入れ替え)
明日、パソコンを入れ替えます。と書けば簡単ですが、このホームページのデータや、電子メールのうち保存するものなどを、移す必要があります。大変な作業です。もちろん、私の手には負えないので、専門家に来てもらいます。
もし、うまく行かなかったら、明日から、このページは更新されなくなります。「あれ、更新されないなあ」と思ったら、このような事情です。予告しておきます。(2012年6月29日)

(ホームページ加筆復旧)
ご無沙汰しておりました。お待たせしました。ホームページ作成ソフトが、復旧しました。6月29日に予告したとおり、パソコンを入れ替えたら、ホームページ作成ソフトが動かなくなりました(悪い予言でした)。
今日、専門家による遠隔操作で、一挙に解決。「ヤッター」という喜びと、「な〜んだ、そんなことだったのか。前回移し替えたときも、同じことで悩んだよなあ」という悲しさと(笑い)。
原因は、このホームページには、たくさんのページがあり、これまでの「災害」でその間のリンクが不完全になっています。移し替えた最初の作業時に、「それらのつながりも含めて、すべてのページを表示しろ」という指示を出すので、コンピュータが困ってしまうのです。どうやら、ページ数にして600、画像などのファイルを入れると800くらいあるらしいです(専門家の試算)。
この間に、専門家の助言を待たずに、いろいろいじったので、さらにおかしくしてしまいました。思い切って、たくさんのページを削除したのですが、インターネット上では消えていないとか・・。いずれこれらの問題も、解決しなければなりません。しばらく先送りして、最低限の加筆と閲覧ができれば良いとしましょう。
この間、毎日カウンターが、上がっていきました。見てくださる方がおられるのに、申し訳なかったです。肝冷斎には馬鹿にされ、部下には「全勝統括官は、失踪したのか、失脚したのか」と楽しまれました(苦笑)。
このホームページは趣味ですから、なくても支障はありません。現に、1週間も加筆しなかったのです。でも、毎日の生活の一部になっているので、加筆できないと落ち着かなかったです。帰宅してからの夜の楽しみがなくて。(2012年7月7日、8日)

(新しいパソコン)
新しいパソコンは、大画面で、処理のスピードも速く、この世界の進歩を実感できます。どんどん高性能に、かつ安くなっているのですね。プリンタ、キーボード、マウスも無線でつながったので、コードが煩わしくなくなりました。
前のパソコンは、2005年春に買い換えたので、7年も使ったことになります。家の中での「配電盤」に当たるルーターも、併せて入れ替えました。
今回買い換えるに当たって、専門家にすべてお任せしました。いくつか相談があったのですが、「私にはわからないので、任せますわ。ただし、立派すぎて高価なのは、やめましょう」という返事しか、できませんでした。彼は、私のパソコンの使い方を知っているので、私にふさわしいかつ安い機種をそろえてくれました。
もちろんというか、もっともというか、私の使い道は、電子メール、インターネット閲覧、ホームページ作成、原稿作成なので、これは変わりません。また、ソフトウエアの進化の方が、使い勝手には大きな要素です。
それにあわせて、段ボール箱に保管してあった、古い関係書類や機材を処分しました。古いソフトウエアと説明書類(かつては、CDと一緒に箱に入っていました)、原稿を記録してあったフロッピーディスク(若い人は見たことがないかな。今のパソコンには、入れる口がないです)、電話回線とつないだコードなど。物持ちが良いのか、整理が悪いのか。(2012年7月8日)

(ホームページ復旧お見舞いへのお礼)
何人かの方から、ホームページ復旧のお祝いをいただきました。ありがとうございます。つまらない日々の記録におつきあいいただき、感謝します。
と加筆して、いろいろいじくっているうちに、またまた大事故発生。似顔絵の下に、広ーい空白ができて、それが解消できなくなりました。泣きたくなります。
「主治医」にメールして、遠隔操作で診察の上、治療してもらいました。先生、いつもいつも、ありがとうございます。(2012年7月9日)
別の人からは、次のようなメールをいただきました。
・・HPの件、一週間も更新されないので、私も密かに心配していました。「ついに体調を崩されたのか?!」と思って、メールしてみようかと迷っていました・・
ご心配をおかけしました。少々疲れてはいますが、仕事を休むほどではありません。(2012年7月10日)

(おもしろくないホームページ)
先日、久しぶりに会った人から、苦言を頂戴しました。「全勝さんのホームページ、最近おもしろくないね。難しいことばかり書いて。楽しくないよ」と。
すみません。せっかく、読んでいただいているのに。最近あまり楽しいことをしていないのと、私の勉強したことを書いているので、おもしろくないのです。従事している仕事も、冗談を言いにくい仕事ですし。
しかし、読んでいただくためには、楽しさも必要ですね。毎日、700人近い人が見てくださっているのに。反省。かといって、この年になって、あまりアホなことも書きにくいです。(2012年10月4日)

(HPを1日休むと)
職員との会話
職:夕べは、何かあったのですか?
全:なんで?
職:ホームページの加筆を、休んでいたではないですか。出張でもないのに。
全:うーん、いろいろあってね。まず、夕べは、他業種との懇談に行った。早く終わって帰ったので、HPを加筆しようとしたが、止めた。
職:どうしてですか。書くネタがなくなったのですか(笑い)。
全:酔っ払って書いて、ろくなことはない。時々、酔いに任せて書いては、翌朝削除している。書きたいことは、下書きして、パソコンに保存してあるのだけど。そのようなネタは、もう少し吟味して書きたいので、酔った晩はダメ(苦笑)。
職:毎朝、楽しみに見ているのですから、ちゃんと書いてください。
全:ごめん。でも、本業も忙しいんだよ。昨日今日と、補正予算の案を与党に説明したり・・。結構疲れたね。
職:でも、今日は、まだ火曜日ですよ。
全:え〜、まだ金曜日じゃないのか(といって、今日も日記で終了)。(2013年1月8日)

(長い文章)
読者から、便りがありました。「ここ数日、休みで時間があるのでしょうか。ホームページの記述が、長くて重いですね」と。
そうですね。改めてページを見たら、表紙が長いですね。実は、思いついたときに、メモにしてあります。しかし、公開するだけの熟度がないので、パソコンに貯めてあります。時間があるときに加筆して、できたものから、このページに載せています。先週、夏休みを取ったので、それらを見なおして、順次、載せたのです。
拙い文章を読んでくださる方々に、感謝します。硬派ばかりではしんどいので、軟派も入れてあります。
まだまだたくさん、書きかけの文章があります。もっとも、HPにふさわしくないもの、興味が移って載せる気がなくなったものもあります。いっときの勢いは重要ですが、冷静に読み直さないと、危ないこともありますから。(2013年8月19日)

(読者の反応)
この拙いホームページを見てくださっている読者の方から、時々反応があります。
アメリカにいる元部下から、「アメリカでも読んでいます。相変わらず忙しそうですね・・」。
便利なものですね。アメリカでも、読めるのですから。
久しぶりに会った新聞記者さんから、「最近、本の紹介が少ないですね。あれ、参考にしているのですよ。特に、政治の分析に関するもの。また、頼みますよ」。
すみません、読書量が減っているのと、読み終えずに途中になっているのも多くて。反省。
別の記者さん、「昔に比べ、内容が穏当になりましたね」。
そうですね。総理秘書官をしてから、いろいろとものを言いにくくなりました(苦笑)。書いた内容が、99人の人に賛成してもらっても、1人の人を怒らせると、なかなかやっかいです。もちろん、正しいと思って書いているのですが。気分を害した人にとっては、おもしろくないでしょう。気を遣いますわ。このページは、実名で書いていますから。(2013年9月13日)

(読者は厳しい)
昨日の記述に、抗議のメールが来ました。
1つは、楽天優勝の記事について、「島捕手は、嶋捕手の間違いです」と。ご指摘の通りです。
もう1つは、復興指標で、「簡単な方を作っているのが市原君、難しい方を作っているのは中川君です」と。はい、直ちに修正します。ごめん、中川君。(2013年9月27日)

(eメールの不具合)
先日、自宅のパソコンのメールを開いたら、「未開封」が1万通あるとの表示が出て、とっとこととっとこと次々メールが届きました。「何じゃこれは」とよく見ると、2012年6月以降のメールが、再度届いているのです。素人の悲しさ、何が起こっているのかわかりません。仕事場だと、専門家がすぐに診断してくれるのでしょうが。
プロバイダーのニフティに問い合わせても、「ご連絡いただきました情報から、お客様のメールサーバーでの記録を確認いたしましたところ、ご申告の日時にあらためて大量にメールが受信した記録は、確認できませんでした。
また、現時点ではメールサーバーにて障害やメンテナンスは発生していないことから、ご利用のメールソフトのアカウントが正しい動作で反映ができなかった可能性が考えられます」とのこと。
私のパソコンが、ニフティのサーバーに、再度メールをもらいに行ったのでしょうね。なぜこんなことが起こったのかわからないまま、えっちらおっちら、1万通を削除しました。これは簡単でした。未開封の印のメールをサッサとまとめて削除すればよいのです。現在は、それが「ゴミ箱」に入っているので、それを削除しているところです。
これは少し面倒です。「ゴミ箱」にあるメールも、いくつかは記録のために保存してあるので、それを除いて削除しなければなりません。まあ、懐かしいメールがたくさんあります。「こんなこともあったなあ・・」とです。日記を読み返しているようなものです。
でも、2年間で1万通です。便利になったのやら、これにどれだけの時間をとられているのやら。(2014年6月8日)

(最近の記事を振り返る)
今年から、「最近の記事」の目次を、残すことにしました。去年までは、1か月分を残して、削除していたのです。
4月から6月までの分が、「最近の記事2」に載っています。改めてこの目次を読んでみて、「いろんなことに言及しているなあ」と、我ながら感心しています。逆に言うと、焦点が絞られていないということです。一つの事実には、長所と短所、表と裏があります。
携わっている復興の仕事の紹介、日々の行政社会の出来事についての官僚としての考え、後輩達に伝えたいことから、マスコミに見る興味深いこと、へえと思う雑学(トリビアなこと。例えば、クレオパトラのワイン)、近所でカエルが死んでいたといった日記まで。個人のホームページなので、許してください。
一生懸命考えて書いた「行政学的なこと」より、日常のつまらない行動の方が読者の反応が大きいのが、残念ですが(笑い)。
それにしても、毎日よくこれだけ書き続けたものです。結構な分量です。日々お付き合いいただき、ありがとうございます。(2014年7月6日)

(読者からの反応)
この拙いホームページを読んでいただき、ありがとうございます。そして、読者からの反応は、ありがたいです。
例えば、席を譲る失敗をした件について。
「私も同じような失敗をしました。妊婦さんと思って席を譲ろうとしたら、そうでなくお腹が出ている女性でした。」
→私も悩む時があります。しかし、これは私以上に厳しい場面ですね。
「あの記述は、間違いです」とか、「このような記述では、誤解を生みます」とか。
→この指摘は、ありがたいです。なにせ、このページは「1人記者の1人編集長」でつくっているのです。しかも、しばしば酔っ払って書いているので(これは言い訳にはなりません)。
「また、今週末も仕事ですか。毎週、同じことを書いていますね」
→はい、反省します。しかし、進歩はありません。(2014年10月7日)


HPの履歴8へ続く
トップページ
その他のページ目次に戻る