HPの履歴8


HPの履歴7から続く


(サイト内検索機能復旧)
このホームページの下に付けてある、サイト内検索機能(グーグルによる)が、単語を入力すると、とんでもない文字化けをして、用をなさなくなっていました。
ジャ〜ン。今日、復活しました。
いつものように、プロの技術者にお願いして、修復してもらいました。どこがおかしかったか、何を直してもらったか。次のような説明でした。
「先ほど直しておきました。原因は...説明しても解らないと思いますので、割愛します(笑)」
ありがとうございます、松島社長。
と書きましたが、再度故障。で、社長の指示により、ソースを書き換えて修復しました。これで、抜本的に改善されたはずです。
他方で、昨晩は、印刷機が故障して、印刷できなくなりました。「プリンターと通信できません」という表示が、出るのです。でも、パソコン本体と印刷機は、有線でつながっていません。無線LANのようです。これも、松島社長に設定してもらったので、よくわからないのです。まったく「ブラックボックス」状態です。
夕べも、異業種交流を早く切り上げて帰宅し、電子メールを確認したり、このホームページを加筆していたのですが。酔っ払ったまま、いろいろいじくっても、事態は改善しません。これは、帰ってきた息子に頼んだら、復旧しました。
デジタルデバイドのおじさんは、苦労しますわ。(2015年5月8日、9日)

(ホームページのサーバーの故障)
14日から、このページが更新できていません。見てくださった方に、お詫びします。ニフティのサーバーが故障して、接続できない状況が続いています。復旧のめどが立っていないとのこと。こんなこともあるのですね。
http://support.nifty.com/support/supinfo/service.htm
毎日、このページを更新するという「日課」ができないと、落ち着かず、困っていました(笑い)。この文章は、自動転送でなく、いわば手動で送っています。(2015年5月17日)

(ホームページのサーバーの故障が復旧。しかし・・・)
今日19日、ようやくニフティのサーバーが、復旧したそうです。
「2015年5月14日9時45分から 2015年5月19日12時0分
上記期間、緊急メンテナンスのため、@homepageにおきまして、FTPサーバーへの接続ができない状態が発生しておりました」。5日間も、復旧しなかったのですね。かなり難しい障害が発生していたのでしょう。続いて、次のようなことも、書いてあります。
「@homepage の管理サーバーに不正アクセスがあったことが判明いたしました。不正アクセスにより、FTPアカウントとパスワードの情報にアクセスされた可能性があります。FTPパスワードは暗号化されており、弊社での影響範囲を調査した結果、お客様のホームページの改ざんなどの被害は現在確認されておりません。」
喜び勇んでホームページを加筆し、ニフティのサーバーに転送しました。しかし、「サーバーのユーザーIDまたはパスワードが正しくありません」と表示されて、うまくいきません。一難去ってまた一難・・。会員サポートの欄をさらに読むと、「FTPパスワードは暗号化されており容易に悪用されることはありませんが、今後のお客様のFTPアカウントの不正利用を防止するため、FTPパスワードの無効化を実施させていただきました。お客様にはお手数をおかけして大変申し訳ございませんが、ご利用再開いただくにあたり、FTPパスワードの再発行をしていただく必要がございます」とのこと。これが簡単なのに、時間がかかります。新しいパスワードが送られてこず。メールで問い合わせても、返事は来ないし・・。19日夜は、断念。(2015年5月19日)

祝!復旧。
ようやく、パスワードが深夜に送られてきて、20日朝にパスワード変更ができました。で、この文章を、載せることに成功です。(2015年5月20日)

(読者の反応)
このホームページには、数人ですが、熱心な読者がおられます。ありがたいことです。
Iさんの苦情=毎日見ているのに、更新しない日があるのは、けしからん。7月10日は、どうしたのか。出張に行っていたとも思えないし、最近は毎晩早く帰っているそうやないか。
全勝の答え=すみません。その日も、実は更新したのです。でも、翌朝読み返して、まずいと思い、全文削除しました。酔っ払って、一時の感情で書いては、あきまへん。
O君の反応=今度イギリスに赴任することになりました。ホームページで紹介されていた、近藤和彦先生の『イギリス史10講』を読みましたが、難しいです。
全=確かに、あの本はイギリスの歴史の紹介と言うより、社会と政治の分析だから。代わりに、こんな本があるよ・・・。
F君の反応=ホームページで紹介されていた、××が面白そうなので、買って読みますわ。
全=どうせもう一度読むことがないから、貸してあげるよ。
F君=では、半永久的にお借りします。(2015年7月16日)

(インターネットがつながらない)
昨日は、インターネットがつながらず、このホームページを加筆することができませんでした。今回は、パソコンの故障ではなく、プロバイダーに問題があったようです。インターネットも電子メールもつながらず、手の施しようがありません。仕方がないので、また主治医に往診してもらうべく、社長に携帯電話で連絡を取りました。ところが、今朝になったら、何ともないように復旧していました。何だったんでしょうね。
ところで、私の場合は主治医(IT会社の社長)を持っていて、相談に乗ってもらい、いつでも駆けつけてくれるのですが、よその人はどうしているのでしょうね。(2015年10月21日)

(やめときゃよかった、ウインドウズ10)
何人かの方は、心当たりがあるのではないでしょうか。ウインドウズ10です。パソコンのお師匠さんに相談したら、「入れなくてよい」との指導でした。しかし、毎日、パソコンを開くと「早う入れなさい」「今ならただです」「×日には自動で入れます」なんて言葉が表示されました。面倒なので、酔った夜に、「はい」を押してしまいました。
あ〜あ。
ATOKの言語バーが出てこない。これは、専門家に教えてもらってできました。画面の上に表示されるメニューバーというのでしょうか、タスクバーというのでしょうか。この絵文字が小さいので大きくしようと、ディスプレイの設定で「テキストその他のサイズを変更する」などをいじっているうちに、おかしくなりました。
エクスプローラーとライブメイルは、125%で文字がきれいに出ます。ところが、一太郎とホームページビルダーは、文字が不鮮明になります。100%にすると、今度は一太郎とホームページビルダーの文字がきれいになって、エクスプローラーとライブメイルの文字が不鮮明になります。しかも、小さな文字になります。せっかく大きな画面のパソコンにしているのに。そして、不鮮明な文字は、目が痛くなります。
やめとけば良かったですね。後悔先に立たず。若い人なら、上手に治すのでしょうが。デジタルデバイドの還暦熟年には、どうしたらよいかわかりません。どなたか、良い方法をご存じでしょうか。(2016年6月11日)

(やめときゃよかった、ウインドウズ10。2)
先日「ウインドウズ10を入れて、苦戦しています。どなたか、良い方法をご存じでしょうか」と書きました。助言をくれた人がいます。
「私も同じ経験をしました。1か月以内なら、前のバージョン、ウインドウズ7とかに戻すことです」という人。
「Windowはもう10にしてしまったので、慣れてください」という人。お師匠さんの助言に従います。(2016年6月14日)

(困った、ホームページサービス終了)
ニフティ(このホームページを載せている会社)から、「9月29日でこのサービスを終了します。引き続き載せたいなら、移行手続きをしなさい」という通知が来ました。以前から来ていたらしいのですが、私のホームページがそれに該当するとは考えてもいませんでした。何度も通知が来るので、私のホームページも該当するとわかりました。
「え、なんでやねん」です。
さて、問題はその移行作業が、おじさんには少々やっかいなのです。ニフティのホームページで解説してあるのですが。近いうちに、挑戦してみます。成功すると、「移転しました」と表示されるはずです・・・。(2016年9月16日)

(新しいホームページサービスへの移行作業)
新しいホームページサービスへの移行に挑戦してみました。苦節2時間。
新しいURLは、http://zenshow.my.coocan.jp/ です。クリックしてもらうと、新しいページが開きます。
内容は、http://homepage3.nifty.com/zenshow/ と同じはずです。(2016年9月18日)

ところが、新しいホームページのアップができません。(2016年9月19日)

(祝・ホームページ復旧)
お待たせしました。18日から、5日ぶりの加筆です。
実は、9月18日に書いたように、新しいホームページサービスへの移行に挑戦し、そこまではうまく行ったのです。ところが、加筆できない状態になりました。いろいろいじったのですが、うまくいきません。イライラしますねえ(笑い)。
「加筆できません」という文章を(9月19日)、ホームページに載せることができないので、お知らせのしようがありません。
ニフティに、「どないしたら直りますか」とメールで問い合わせたら、回答が来ました。その通りにやったら、加筆することができました。
転送先の設定なのですが、ちょっとしたことが違っていたのです。移行手続きの説明を何度読んでもわからなかったのですが、指摘の通りにしたら、できました。(2016年9月23日)

(祝・ホームページ復旧、2)
何人もの方から、「おめでとう」「よく自力で復旧できましたね」と、お祝いの言葉をいただきました。ありがとうございます。
そうですね。うまく行かないときは、本当に困ります。何が悪いのかわからないことが、イライラします。その道のプロが見たら、小さなことで悩んでいるのですが。これは、どの世界でも同じですね。(2016年9月27日)



トップページ
その他のページ目次に戻る