HPの履歴3

【お詫び・HPの復旧状況】
自宅のパソコンを、新しいのに入れ替えました。そこで、このホームページのデータも、新しいパソコンに移し変えました。ところが、移し替え時のミスにより、いくつかのページが変になっているのと、各ページのリンクが大混乱で、ほぼすべてで違うページにつながります。
ぼちぼちと修復作業を進めています。目次目次その2目次3は復旧したので、ひとまず各ページにはたどり着けることとなりました。なお、「目次その2002」のように、ページの表題の後ろに「002」がつく場合があります。どうも新パソコンに取り込む際に、何度か失敗したので、本来のページに上書きされ、そのページが002番になったようです。003というページもあります。(2005年8月10日)
これまでにほぼ修復が終わったページは、「0 日記」「1 著作等」「3 日本の行政」「4 その他のページ」です。終わっていないのが「2 地方財政」「5 下宿人のページ」です。(10月15日)
と言っていたら、12月の引っ越しの際にパソコンが壊れ、データが失われました。ほぼ復旧できましたが、まだおかしいところがあります。「2 地方財政」「5 下宿人のページ」のリンクは、まだ混乱しています。ページの表題は「××002002」とさらに数字がついたページがあります。(2005月12月)

【祝、雑誌掲載】
月刊「中央公論」11月号のp283「ブログ・ハンティング」に、このホームページが取り上げられました。官僚が書いているウェブサイトの、紹介記事でです。
「『岡本全勝のページ』は、匿名のブログが多い官僚のなかでは珍しい例外である。本名のみならず職歴まで明らかにしており・・。『法律ができるまで』や『三位一体の改革』、あるべき官僚の姿など豊富な内容だ」
取り上げてもらった上に、お褒めいただき、ありがとうございます。もっとも「読みたいタイトルをクリックしても全く違う文章が置かれていることがままある。・・・残念だ」との指摘もあります。申し訳ありません、修復を怠っていて。週末、少し修復作業をしました。
その記事にもありますが、官僚もののウェブサイトは、匿名ばかりですよね。「匿名が多い」と書いてありますが、私はこのHP以外に、官僚が実名で仕事について書いているページを見たことがありません。趣味のページはいくつもありますが。まあ、これも「官僚の問題」なのでしょう。批判をおそれて、実名では書かないという問題です。もちろんこれは、本来の仕事にあっても実名を出さない=責任をとらないことと、通じています。(2005年10月15日、16日)

【おわびと報告】
長らく、このホームページを更新せず、申し訳ありませんでした。実は、引越しをしたのですが、その際にパソコンが壊れて「入院中」だったのです。昨日、パソコンが退院してきましたが、ハードディスクを取り替える手術を受けたので、データはすべてなくなりました。今回も、玉岡雅之神戸大学助教授のご指導とご協力により、ひとまず復旧することができました。玉岡先生、いつもながらありがとうございます。

三位一体改革が決定した後で、いろいろ書きたいこともあったのですが、どうすることもできず・・。それでも、毎日たくさんの方がアクセスしてくださって、ありがたいことです。「まだ加筆しないのか」といらいらして、あるいは心配して、HPを覗いてくださった方も多かったのでしょう。「パソコン故障中で加筆ができません」という書き込みも、できませんでした。何人もの方から、「サボっているのか、それとも体をこわしたのか」と温かい質問をいただきました(メールは、もうひとつの携帯パソコンで読めました)。
今回も、目次やリンクが混乱しています。おいおい修復するので、お待ちください。アクセスカウンターの数字も再設定しましたが、この程度(371,000)でしたよね。どなたか直近の数字を覚えておられたら、メールで教えてください。(12月10日)

【ホームページの整理】
「日本の政治」が27ページにもなったので、3分類に整理しました。内閣・国会・省庁のあり方については「政と官9に、社会と政治のかかわり方については「社会と政治5」に、そのほか政治のあり方については「政治の役割10」というようにです。もっとも、截然とは分類できませんが。(2006年2月25日)

前から気になっていたのですが、ついに、地方財政の「最近の資料」のページの題名を「過去の資料」に変えました。HPって、その時々に書くのは簡単なんですが、その後の更新が重要なんですよね。なかなか難しいです。(5月28日)

だんだん仕事が増えてきたので、経済財政のページと、再チャレンジのページを独立させました。(10月17日)

新聞記者さんとの会話
記:よくまあ、毎日HPが続きますね。三位一体のころは、記事に事欠かなかったでしょうが、最近は分権も進まないし。
全:そうやね。分権ネタは、小休止やね。それでも、なんやかや書くことはあるね。
記:経済諮問会議や再チャレンジは、今一つ突っ込みが足りませんよ。
全:そりゃあ、直接の仕事は書きにくいよ。それでも、それなりに本業はしているのよ。
記:でも、交付税課長の時は、交付税の批判をしてたじゃないですか。
全:うーん、それは交付税に責任を持っていたし、自分が変えないと誰が変えるかという、自負と危機感もあったわな。
記:じゃあ、最近の関心は、日本の行政と政治ですか。そちらの記事が多いですね。
全:そうかもね。内閣府・内閣官房に来ると、霞ヶ関全体が心配になるわ。まあ、そんな歳になったということもあるけどね。(11月27日)

(祝5周年)
このホームページを作り始めて、5年が経ちました。よく続いたものです。ページ数は約370、延べ訪問者数は63万人を超えました。初めのころは、1日の訪問者が3人でした。最近は平日は800人ほど、休日は200人ほどの方が見てくださいます。千人近くもの日もあります。読んでくださる方に、感謝しなければなりません。
いただくメールから見ると、読者は北海道から沖縄まで広がり、職業は公務員・研究者・マスコミの方が多いようです。考えたらすごいですよね、毎日のように数百枚ものチラシを、これだけの人に配ると考えたら、大変な労力が必要です。それが、お金もかからず、簡単にできるのですから。読む人も、たいした手間もかからず、好きなときに好きなところだけ、読むことができるのです。
(実況中継)
このHPは、大学での受講生への連絡のために作ったのですが、その後、仕事を紹介することが多くなりました。まずは、地方行財政、特に三位一体改革の実況中継が主になりました。そのほか、法律ができるまでとか国会というところも、仕事の実況中継でした。ただし、実況中継はその時は意味があるのですが、時間が経つと、過去の記録になっています。新しくページを見てくださる方には、読みにくいものになっています。それらのインデックスを作り、総括を書かなければ、現在では利用価値は少ないです。リンクの混乱も、まだ完全には修復していません。作りかけで放置したページもいくつか・・・。最近は、日本の政治と行政の解説が多くなっています。
(気を遣うこと)
いろいろ考えることがあって、書く話題には困りません。しかし、思うことをそのまま書いても、読んでいただけませんから、テーマを選ぶ必要があります。もちろん、実名で書いているので、それなりに気は遣います。現在でも、このHPは、官僚が実名で仕事関係を書く、数少ないサイトのようです。
読みやすく書くのは、結構頭を使います。いろんな職種、年齢の方が読んでおられるので。印刷物でなく画面であることから、文章を短く、句読点を多めにしています。分量を考えると、あまり深くは掘り下げることもできません。青山記者には、「全勝さん。最近あなたの書く論文は、ブログみたいな(短くわかりやすいが、奥行きのない)文章になっているね」と批判されました。
つまらない日々の暮らし(日記)にも、おつきあいいただき、ありがとうございます。私生活を一部とはいえ、公開することは、恥をさらすようなものです。しかし、知人には近況報告であり、若い人には「先輩はこんなことをしているのか」という実例紹介だと思って書いています。(2007年1月19日、21日)

政と官」の記述が多くなったので、「行政機構」を独立させ、「官僚論」も整理しました。霞ヶ関の問題や省庁再編は、行政機構」に集めました。先日連載したお詫びの仕方とかは、「仕事の仕方」にあります。もっとも、そんなにきれいには整理できません。改めて読むと、何度も同じことを言ってますね。
これだけページが増えると(380ページ)、どこに何があるか、私も分からないです。目次を眺めて、「そうだ、こんなページもある」と思い出します。そのために、表紙の下に検索機能をつけてあるのですが。先日、新聞記者さんから、「岡本さんのホームページの中を検索しても、たくさん出てきて、探しにくいんですよね」と、苦情をもらいました。(2月10日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る
HPの履歴4
HPの履歴4