仕事の仕方16

仕事の仕方15から続く

(復興庁の組織と運営の特殊性、その2)
次に、仕事の仕方です。
3 これまでにない仕事=上司が仕事をする。 事態がどんどん変化する=上司が仕事をする
既存の府省では仕事が進まないので、復興庁が作られました。すなわち、各府省でできる仕事は、私たちが手を出す必要はありません。復興庁の取り組む仕事は、これまでにない課題で対応する制度がないものや、各府省では片付かない課題です。すると、部下から「前例通り」「去年通り」に決裁が上がってくるような、仕事の運び方にはなりません。参事官が、最初から乗り出さなければならないような課題ばかりです。
そして、現地で復旧が進むと、課題は変化します。3か月前に力を入れた課題は、それによって解決し、次の課題が生まれるのです。また、原発事故からの復興は、これまでにないことなので、あらゆることが初体験です。
国会答弁案も、前例に従って作ればよいものは、ほとんどありません。
仕事の進め方は、ボトム・アップでなく、トップ・ダウンになります。朝早く出勤すると、何人もの参事官が、パソコンをたたいていることがあります。部下職員がいない中で、ポツンと仕事をしています。(その参事官たちに新しい指示を出すために、岡本統括官は土曜日曜に出勤して、指示書を書いています。苦笑)
世間の皆さんが思っておられる「役所仕事」と、全く違った世界があります。でも、民間企業や世界を見渡せば、こんな仕事場も、たくさんあるのでしょうね。(2013年4月22日)

(私の答弁、国会議事録)
4月3日の衆議院復興特別委員会の会議録が、衆議院のHPに載りました。ところどころに、私の答弁も載っています。これだと、東京方言で話しているように、読めますね。(2013年4月23日)

(委員会審議の重複)
今日25日は、午前中の参議院予算委員会に大臣が出席、午後に衆議院復興特別委員会の一般質疑が開かれ、それに続いて参議院復興特別委員会で「福島特措法の一部改正法案」が審議されました。昨日までは、午前中に参議院復興特別委員会、午後に衆議院復興特別委員会が予定されていたのですが、午前中に大臣が予算委員会に取られ(予算委員会は他の委員会に優先します)、急遽、参復興特を午後に延期し、衆復興特は大臣が出席できない時間帯は副大臣対応となりました。また、一部の審議を延期しました。滅多にないことです。
岡本政府参考人は、両方の委員会に呼ばれていたのですが、体が一つしかないので、一方は他の統括官に代わってもらいました。参復興特では、事前通告のない質問が出たりして・・。もっとも、事前に通告があっても、答えるのは難しい質問でした。どのような質問だったか、それにどのように答えたか。議事録ができたら、紹介しましょう。
福島特措法の一部改正法案は、賛成多数で委員会を通過し、明日の本会議で成立する見込みです。
昨日(24日)は、夜になってから五月雨式に質問が判明し、答弁案作成をしていたら、日付変更線を超えてしまいました。職員が「岡本統括官、さすがに今日は、ホームページを更新できないでしょう」と言ったので、家に帰ってから、意地でも加筆しようとしたのですが。今朝も早かったので、素直に風呂に入って寝ました。(2013年4月25日)

(官僚が政治家の評価を求められたら、全敗の答弁)
4月25日の復興特別委員会の会議録が、できていました。先日取り上げた私の答弁は、寺田典城議員(2番手)の最初の質問でです。
寺田議員・・それで、通告していないんですけれども、事務方で岡本統括官おいでになっていますので、その辺、忌憚のない話をお聞きしたいと思いますので、ひとつよろしくお願いします・・
私の答弁に対して、寺田議員は、
・・岡本さんは全勝さんという名前で、今の答弁はどうも全勝じゃなくて全敗じゃないかなと・・
問と答の内容は、会議録をご覧ください。公式それも国会審議の場で、官僚が政治家の評価を求められる、上司の評価を求められるという事例です。突然の難しい問に、精一杯答えたのですが。「全敗」との採点には、苦笑するしかありませんね。(2013年5月10日、11日)

(参議院復興特別委員会審議、岡本統括官の睡眠時間を削る友の会)
今日10日は、参議院復興特別委員会で予算の委嘱審査が行われました。昨晩もたくさん質問が出たので、自宅パソコンで職員が作ってくれた答弁案を確認しました。25時には、「もう寝るわ」とメールして布団に入ったのですが。熟睡中に、枕元の携帯電話にメールが入り、「確認をお願いします」と。寝ぼけたままで「了解。お休みなさい」と返事しました。今朝確認したら、27:30(3:30)にやりとりしていました。眠いはずだ(笑い)。
今日の委員会でも、通告なしの質問があり、答弁しました。
と、書いていたら、13日(月曜日)の質問が出てきて、これから答弁案を確認することになりました。現在、10日の22時です。職員からのメールには、次のような文章が入っていました。
・・本日も班内でその話題(朝の3時だったこと)になり、「岡本統括官の睡眠時間を削る友の会」なるものを結成し、懺悔しないといけないと皆で話していたところです・・
うーん、全然反省していませんね(笑い)。でも、しばしば徹夜し、金曜の夜遅く(翌日未明まで)働いている職員のおかげで、仕事が回っています。感謝しています。(2013年5月10日、11日)

(国会答弁、官僚が改正法律の正当性を答える)
今日、参議院予算委員会でも、答弁に立ちました。集中審議なので、総理出席、NHKのテレビ中継付きです。
私の出番は、質問者の通告では終わりの方だったので、のんびり構えていたら、最初の質問でした。手を挙げて立ち上がり、委員長の指名をもらって、答弁席に行きかけました。すると、委員長席の隣に座っておられる安倍総理と麻生副総理が、私の顔を見てニヤッと・・。「どんな答弁をするのかな?」と、見ておられたようです。何かしら、ばつが悪いですね(苦笑)。
質問は、先日、全会一致で成立した「福島特措法の一部改正法」について、「正当性はあるのか」という問でした。国会で全会一致で成立した法律について「正当性はあるのか」と、官僚に聞かれても、困るのですが・・・。いろいろ不思議な質問に当たります。(2013年5月13日)

(愉快な職員たち)
今日の放課後、職員たちの懇親会がありました。あるチームの大きな仕事が片付いたので、打ち上げと称して、有志が企画しました。その仕事に関係ない職員にも声をかけて、大きなパーティになりました。
まず、チラシです。先日、私のところに持ってきた参加者募集のためのチラシは、傑作でした。「写真は参考イメージです」と書いてあるのですが、そこについている写真は、豪華な旅行やイベントの写真を流用しています。「これは、不当景品防止法に引っかかるのではないか」と、注意するほどでした(笑い)。
次に、前売り券です。紙幣をまねて、透かしと見まがうような肖像も入っていました。誰の写真だったかは、不愉快なので書きません(苦笑)。前売り券は、90枚を売ったそうです。当日も同じ値段だということに、疑問もありますが。
さて、今日のパーティです。既に異動したOBまで参加して、大賑わい。景品が当たる余興で盛り上がっている最中に、「岡本統括官2」が登場しました。私の実物大の顔写真を、お面にしてつけています。さらに、帽子までかぶっています(後で聞くと、100円ショップで買ったそうです。道理で、安物でした)。そして、私の物まねをするのです。
「決裁文書は、ひもかホッチキスで綴じろ」「30%のできでよいから、早く持ってこい」「こんな文章、誰が読んでもわからへん」「これじゃダメ。アウト」と・・。おなかを抱えて笑いました。涙を拭いていると、「岡本統括官3」が出てきて・・。
とんでもない職員たちです。官房長職にある統括官を、ダシにするとは!
復興庁は、各省、自治体、民間企業から出向してきた職員の寄せ集め部隊です。本庁で職員数200人、参事官が27人いて、それだけの班があります。フロアも3つに分かれています。お互いが、知らない職員同士です。仕事も、前例のない難しい仕事です。
このようにして、一緒に盛り上がってくれることは、うれしいです。私も20代の頃、職員旅行や打ち上げの宴会で、下手な出し物や芸を披露していたことを思い出しました。局長や課長が、怒りながら笑っていたことも。
さらに、職場の風通しがよくなるでしょう。少々、いえとんでもなく「笑いのネタ」にされても、許しましょう。とは言いつつ、N君、Y君、特技があることはわかったので、「ご褒美」として、明日からはもっと難しい仕事をあげるから・・。(2013年5月22日)

(進歩しない管理職、我が身を反省)
22日のこのページの記事「愉快な職員たち」を読んだ、富山県庁の元部下からのメールです。
・・「決裁文書は、ひもかホッチキスで綴じろ」「30%のできでよいから、早く持ってこい」「こんな文章、誰が読んでもわからへん」「これじゃダメ。アウト」
富山県におられた頃とおんなじことを、日々言っておられるのだなあと、懐かしく思いました・・
私が富山県で勤務したのは、15年以上前のことです。15年経っても、進歩していないということですね(苦笑、反省)。(2013年5月24日)

(残業を良しとする風潮)
古い記事ですが、2月19日の日経新聞経済教室に、永瀬伸子・お茶の水女子大教授の「働き方を変える」が載っていました。ここで取り上げるのは、そこに載っているグラフです。
日本の妻と夫、アメリカの妻と夫の4つについて、退社時間の分布がグラフになっています。日本の妻、アメリカの妻と夫は、17時をピークに退社しています。日本の夫は、20時がピークです。、
わかりやすい数値です。でも、私を含め日本のサラリーマンは、どう弁明するのでしょうか。これで、日本のサラリーマンの生産性が高いなら、納得できます。でも、そんな話は聞きません。
特に、日本の官僚は、長時間残業で有名です。日本が発展途上国で、先進国に追いつくように、夜に日を継いでがんばった時代には、長時間労働は評価が高かったのでしょう。でも、今や、長時間残業は、成果=アウトプットが低い場合の言い訳に使われることが多いようです。「こんだけも、がんばったんですが・・」と。間違っていたら失礼。
「100個製品を作る」といった仕事なら、誰もが早く仕上げて、家に帰るでしょう。これは、残業を命令している上司が悪いのです。
実は、この調査には、触れられていない一面があります。アメリカの職員の出社時間は、早いのだそうです。日本でも、私の友人(民間企業幹部)は、朝7時過ぎには職場に出勤しています。そして、17時過ぎには退社しています。
日本の中央政府の官僚は、出勤時間の標準が9:30です(8:30と9:00と9:30の3分類になっています)。
私は、8:30出勤、17:15退庁にしてもらっています。18:00ごろに帰ろうとすると、不思議な顔をする人がいます(それでも、すでに45分も残業しています。もっとも、管理職に時間外勤務という概念はありませんが)。(2013年5月24日)

(出張の後始末)
先週末から、土日月曜と3日も職場を休んだので、今日火曜日に出勤すると、大変でした。急ぎの案件は、随時メールで報告や相談をしてもらっていたのですが。
まずメールです。先週金曜夜からのメールがたまっていて。早朝から、まず、急ぐものとそうでないものを仕分け。1日がかりで、60数通を処理。
決裁や相談に入ってくる職員を、次々と「撃退」。昼休みに「統括官の食事を邪魔する会で〜す」と、ほがらかに入ってくる某副知事もいて・・。
3日間の出張でもらってきた「宿題」や気づいたことを、職員に指示したり、メモにまとめたり・・。今日一日では、片付きませんでした。トホホ・・。(2013年5月28日)

(岡本統括官の休日をつぶす友の会)
今日は外での会議続きで、また外出しようとしているところに、職員が説明に来ました。「ちょっといいですか」と。そして、「9日の日曜日に、出張です」と、会議の概要を説明し始めました。
私は説明をさえぎって、「ちょっと待て、今日は木曜日やで。この週末に、私が出張するのかい?」。職員、答えて曰く「はい」。
「あんたら、『岡本統括官の休日をつぶす友の会』の会員か。また、新しい会ができたな」と言ったら、ニコニコして「それは、いいですね。会長と幹事長をします」と、全く反省の色がありません。とんでもない職員です。K参事官とS企画官です。
先週、先々週と、2週続けて土日に出張でした。休日がないと、資料と仕事の整理ができず、次の仕事の段取りを考えられないのが痛いです。本屋にも行けないし・・(2013年6月6日)

(選手を育てる技術)
朝日新聞夕刊連載「白球の郷をたどって」、6月20日「ノックは最高の対話」から。
高校野球の名門、和歌山箕島高校の故・尾藤公監督と、石川星陵高校の山下智茂監督の、ノック練習が取り上げられています。両校は練習試合をしばしばやって、その前には、それぞれの監督が相手校に打つのだそうです。
「山下先生のノックは、ギリギリのところで捕らせて、選手をうまくする」。
「尾藤さんのノックは、ギリギリで捕れないところに打って、選手をうまくする」。
それぞれ相手校の選手たちの言葉です。選手を育てるには、これだけの技術と考え方が、必要なのですね。これに比べれば、私のような管理職は、部下を育てることについて、まだまだです。(2013年6月20日)

仕事の仕方17へ続く
トップページへ戻る