仕事の仕方32

仕事の仕方31から続く

(復興庁勤めの経験)
復興庁は、各省から職員に来てもらっています。宮内庁を除く全省庁からです。また、民間人も多いです。やっている仕事は、これまでにないこと、またこれまで行政がやっていないことに手を広げています。千年に一度の大災害と戦っているのです。法律と補助金を配るだけでは、この地域の活力は戻りません。インフラを復旧しただけでも、人は戻りません。
職員は、だいたい2年勤務して元の省に戻るのですが、復興庁の経験を聞くと、それぞれに新鮮だったと答えてくれます。何人かの感想を、私なりに整理してみました。
・徹底した現場主義、現場との近さに驚きました。合計××回出張しました。
・総理大臣、大臣など政務職幹部との距離の近さとスピード感が、すごいです。次官室や統括官室が、近かったです。
・役所らしくない仕事が多いです。コーディネーターのような業務、イベント屋のような仕事もありました。
・親元の省では付き合うことのない様々な団体(大企業、中小企業、NPO)と付き合うことができました。
・単にお金を出すだけでない支援の在り方。政府持っている情報と信用力を活かした仕事を、勉強しました。
・各省庁をはじめ民間企業・自治体からの出向者の寄り合い所帯という特殊な組織形態でしたが、様々なバックグラウンドを持つ人と一緒に仕事をできたことげ勉強になりました。
・視野が広くなり、自らのキャリア形成を考える上でも、大変貴重な経験を積むことができました。
そうですね。このように、これまでにない仕事、現場に行くこと、さまざまな出自を持つ職員と一緒に仕事をすることを、楽しいこと勉強になることと思ってもらえると、うれしいです。これを、嫌だなあと思うと、仕事が楽しくなくなります。
社会は、行政・官僚だけで成り立っているのではなく、企業や町内会、NPO等から成り立っています。行政の世界に閉じこもっていては、仕事になりません。(2016年6月9日)

(守衛さん、2)
先日、「守衛さんが顔を覚えてくれました」と書きました。さらに進化しました。私が鍵受取窓口に顔を出すと、既に鍵を持って待っていてくれるのです。そして、受け渡し簿の該当ページを開いて、差し出してくださいます。すごいものです。鍵の保管してある場所から窓口まで、5メートルほどあるのですが。相当早い時点で私を認識し、鍵を出して待っていてくれているようです。
これについて、思いだしたことがあります。若い頃に、建設省のビルにあるそば屋に、昼食を食べにしばしば行きました。関係者の間では「建そば」と呼ばれていたお店です。食券を購入するのですが、お店の人に食べたいメニューを告げる前に、食券とおつりが出てくるのです(笑い)。神業でした。
最近、そのご主人(女性)にお会いする機会があり、「どうして、頼んでもいないのに、メニューとおつりがわかるのですか」と聞いてみました。「顔を覚えていて、多くの人はいつも同じものを頼むから」だそうです。(2016年6月10日)

(退職予定)
今日の閣議で、辞職を承認してもらいました。発令日は6月21日です。なお引き続き、非常勤の国家公務員として勤め、福島復興再生総局事務局長に就任する予定です。(2016年6月14日)

(退職)
今日、辞令をいただき、事務次官を退任しました。また、内閣官房参与の辞令をいただき、福島復興再生総局事務局長に就任しました。民間人であり、非常勤の国家公務員です。勤務としては、週の半分を福島で、残りを東京で働くようです。空いた時間で、ほかの仕事に就くこと(兼業)もできます。
昭和53年4月に自治省に採用されてから、38年あまりの公務員人生でした。
未来はわからないものです。自分の人生も。よもや、復興庁の事務次官になるとも、総理大臣秘書官になるとも、予想していませんでした。
もちろん、いずれの仕事も、国家公務員の範囲内なので、そんなに驚くことではありません。また、それまでの私の経験を生かすことができたので、「図らずも」とか「青天の霹靂」ではありません。そのようなことでは、私を選んでくださった上司や、仕事の相手となった国民の皆さんに失礼です。いつも、「私以上にこの仕事ができる奴はいない」という思いで、仕事に取り組んできました。さまざまな活躍の場を与えてくださった神様に、感謝します。
私が公務員になって目指したのは、行政のプロです。そして、日本をよくするために、官僚の力量を発揮することでした。いくつも、これまでにない仕事をさせてもらい、新しいことに挑戦しました。「前例通りにする公務員」ではなく、「新しいことをする官僚」を目指していた私としては、ありがたいことです。指導してくださった先輩たち、応援してくださった皆さん、支えてくれた同僚たちに、感謝します。
振り返って、思うことはたくさんあるので、順次このホームページでも書いていきましょう。(2016年6月21日)

(退職、2)
昨日は、岩手、宮城、福島県知事に退任のご挨拶をして、そのまま福島泊まり。マスコミの皆さんを中心に、まずは挨拶回りをしました。夜は、早速、地元の方と異業種交流会・意見交換会でした。
この5年間、マスコミが客観的な報道をしてくださったことに、感謝します。これまでだと「遅れている復興」とか「被災者の気持ちに立っていない行政」といった、おきまりの批判報道がされたのでしょうが。今回の大震災では、そんな定番報道ではなく、被災地を取材した報道が多かったです。もちろん、私たちには耳の痛い指摘もありましたが。抽象的な「遅れている批判」では、対応のしようがないのです。「××地区の○○事業が・・・」と指摘されれば、私たちも対応できます。東京で取材していても、復興のニュースは書けないのです。これからも、現場の事実に基づいた指摘をしてください。私たちが気づいていない点を指摘してくださるのは、ありがたいことです。

TBSのインターネットで、私の記者会見を載せてくれたそうです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2803543.html
・・・「官僚人生の最後にこのような重大な仕事を5年間も引き続きさせてもらえたと。私にとっては嬉しいというか、やりがいがあった。これだけの仕事を責任負わせてもらうというのは官僚冥利だと思います」(退任した岡本全勝復興庁事務次官)
 「行政の縦割りを廃し前例に捉われない」という信条のもと、これまでの官僚体制に挑戦し続けてきた「名物次官」の退任です・・・
(2016年6月23日)

(なぜか忙しい1週間)
またまた、怒濤のような1週間が過ぎました。退職して民間人になり、非常勤職員になったはずなのに・・・。仕方ありませんね。福島と東京と、2か所に仕事場ができたので、それも忙しさを助長しています。
挨拶回りも十分にできていません。もっとも、これまで異動の度に、ゆっくりと挨拶回りができたことはありません。常に、その日から仕事に追われて。しかし今回は、公務員人生が終わった節目です。落ち着いたら、ご挨拶に参ります。いただいた電子メールに返事を書くことも、遅れています。
昼も忙しいですが、どうしても、夜が足りません。いろんな方が、「慰労会をしよう」と言ってくださるのですが。国会議員、マスコミ、企業、NPO、研究者、友人、同業他社。身内の方は後回しにして、異業種の方との意見交換会を優先します。日程調整しながら、「土曜と日曜なら空いているのですが」と言って、嫌われています。実は、それらの日にも入れているのです。
「全勝さん、忙しいでしょうから、落ち着いたら懇談会をしましょう」と言ってくださる方が、うれしいです(すみません)。いつになるやら・・・。このホームページに書こうと、温めてある記事もあるのですが、順次載せますわ。(2016年6月24日、25日)

(退職、3)
ようやく、国会議員への挨拶回りを、終えました。といっても、議員会館を回っただけです。閉会中、参議院選挙中なので、議員本人は、ほとんどおられません。秘書さんたちも、多くは選挙応援で留守です。留守の部屋には、退任挨拶と書いた名刺を入れておきます。参議院議員会館、衆議院第2議員会館、第1議員会館を、12階から順次下まで回るのは、けっこうな運動量です。1階ごとに、議員の部屋が24あります。
今回は、金曜日午後に参議院議員会館を、今日月曜日午前中に衆議院第2議員会館を、そして午後には第1議員会館を回りました。それぞれ途中で、汗びっしょりになります。ところどころ親しい部屋で、休憩+冷たいお茶を補給しながらです。何人かの議員は、お会いでき、秘書さんにも、お話しすることができました。皆さん、ねぎらいの言葉をくださいました。
課長補佐の頃、総務課長の頃は、この議員会館(建て替え前の建物)を仕事場にして、走り回っていました。その頃お世話になった議員さんたちは、与野党を問わず、長老を除いてバッジを外しておられます。そのようなことを考えながら、挨拶回りをしました。明日は、福島で仕事です。(2016年6月27日)

(2地域居住)
昨日火曜日と今日水曜日は、福島勤務でした。関係先への挨拶の続きと本業の仕事の打ち合わせなど。忙しいですねえ。挨拶先の方は知り合いも多く、挨拶というより、打ち合わせや意見交換です。仕事の中身は、これまでの一部延長ですから、びっくりすることはありません。
2地域居住は、結構大変です。パソコンの設定、身の回りの道具をそろえたりと。試行錯誤中です。職場の電子メールアドレスが変わらなかったのが、ありがたいです。福島でも東京でも見ることができます。これは便利です。(2016年6月29日)

(復興庁は普通の役所に)
7月4日の時事通信社の「官庁速報」に、「最後まで岡本節」という記事が載ったそうです。
・・・6月21日付の復興庁人事で事務次官の岡本全勝氏が退任し、後任に西脇隆俊氏が就いた・・・
・・・退任会見では、「・・・一方で歯に衣着せぬ発言で知られた岡本氏らしく、震災後5年間の復興事業費について、「自治体の負担をゼロにしたことには賛成していない。5%でも3%でも負担を残すことで、県も市町村も身の丈に合った規模の復興を(当初から)考えてくれたのではないか」と語る一幕も
後任の西脇氏に対する庁内評は「手堅い方」(職員の一人)というのが一般的で、別の職員は「これまでが異例だった。普通の役所に戻ったということですよ」と苦笑い・・・
う〜ん、喜んで良いのやら・・・。(2016年7月8日)

(霞が関の治外法権?)
昨日書いた、復興庁が「これまでが異例だった。普通の役所に戻ったということですよ」(2016年7月8日)について。
一つには、5年経って復興事業が軌道に乗り、当初の頃のような、次々とこれまでにないことをする役所ではなくなったことです。復興はまだ道半ばですが、大きな筋道は立っています。その路線に従って、役所らしく着実に事業を進めれば良いのです。もっとも、原発事故からの復旧は、状況が違います。
もう一つは、これまでにないことを次々としてきた復興庁と、私のやり方への評価です。「賛辞」と理解しましょう。私たちが取り組んでいるのは、千年に一度の大津波と、初めて経験する原発事故です。前例通りでは国民の期待にこたえることにはなりません。次々とこれまでにないことをしました。それは、新しい施策を作っただけでなく、その進め方についてもです。平時の流儀では時間がかかり、間に合わないのです。
それができたのは、国民や政治家が、巨大な災害で異例の対応が必要だと理解してくださったからです。各省の官僚たちも、これまでの延長ではダメだと考え、普段していない、そしてできないことに取り組んでくれたからです。
私は、関係者の前で旗を振り、後ろから押しただけです。時々、理解が少ない人たちをラッセル車のように強引にかき分け、押してもダメなときは自分で書いてしまうという、強引なこともやりましたが(苦笑)。
職員たちが、私のことを「霞が関の治外法権」と呼んでいます。物騒な表現ですが。「それは私の所管ではありません」と言わない、ほかの組織の所管業務と思われることでも口を出す、それらを象徴したニックネームです。
ある人は「霞が関だけでなく、永田町の治外法権だろう」とも言ってくださいました。与野党を問わず、政治家の方にも本音で議論する、そして政治の力を借りて実現することを、「褒めてくださって」いるのだと解釈しています。これまでにないことを実現するためには、知恵と技、そして力技も必要です。(2016年7月9日)

仕事の仕方33へ続く
「生き様」の目次に戻る  トップページへ戻る
「明るい係長講座」へ、「知的生産の技術」へ、「生き方論」へ