講演の記録23


講演の記録22から続く

(東大公共政策大学院講義)
今日午後は、東大公共政策大学院で、講義。曽我豪・朝日新聞元政治部長が持っておられる「政治とマスメディア」でゲストスピーカーを務めました。マスメディアとは少し外れますが、日本の行政や公務員について、日頃考えていること、復興を通して考えたことなどを、お話ししました。公共政策大学院生、法学部大学院生、法学部生が30人あまり、熱心に聞いてくれました。
事前に私の著作(今回は「被災地から見える町とは何か」)を読んでもらい、20分ほど話した後に、4班ごとに質問を受けて私が答えます。的確な質問で、やりがいがありました。また、呼んでください。
放課後は、曽我先生と受講生有志で、赤門前で、さらなる意見交換会。体制内で改革を目指すのか、外から改革を目指すのか。出世するコツは何か、などなど。授業中も放課後も、興に乗って好きなことをしゃべってきました。(2015年10月26日)

2015年10月26日、東京大学公共政策大学院での講義風景です。法学部研究室の中庭に建てられた高層建築物の会議室、教授会に使われているようです。景色が良かったです。


昨日の講義風景を写真に撮って、送ってくださいました。それを載せました。写真をホームページに載せるのは久しぶりなので、やり方を忘れていました。試行錯誤したら、できました。(2015年10月27日)

(インドネシア政府幹部への説明)
昨日11月12日には、インドネシアの防災庁幹部など国と地方の復興関係者の訪問を受け、日本の復興についてお話をしました。インドネシアも、大きな津波にしばしば襲われています。
事前に資料を用意し、インドネシア語に翻訳しておきました。通訳を介してですので、あまり細かいことを伝えることは難しいです。そこで今回も、写真を多用し、解説もわかりやすいことを心掛けました。英語と違い、通訳者が通訳しているのを横で聞いていても、どこまで話が進んだかまったくわかりませんでした。(2015年11月13日)

(岩手県幹部職員研修)
今日は、岩手県庁幹部職員研修に行ってきました。千葉副知事、風早総務部長の依頼なので、断るわけにもいかず。最近は管理職研修でしゃべっていないので、何をお話しするか悩みました。「明るい公務員講座」の連載を始めたのですが、これは初級編なので管理職向けではありません。
部下はどのような上司を望むか、どのような上司を嫌うか。上司はどのような部下を望むか、どのような部下に困るか。それを中心にレジュメを用意しました。話では、その各項目ごとに、体験談や失敗談を入れようと考えたのですが。逆にして、私の体験談を中心に、「こういうことをしてはいけませんよ」「私はこのようなことを心掛けてきました」をお話ししました。
「部下が相談しやすい上司になろう(逆の場合の困った例)」「スーパーゴミ箱」のほか、「重要な上司への説明資料は、自分で書くこと」「想定問答づくり、特に質問作りを部下に任せてはいけない」など、全勝流の仕事術も伝授しました。それも抽象論や一般論でなく、私が失敗した実例を入れた「説得力ある」お話しです(苦笑)。

(補足)
「仕事を減らすためには、上司が判断しないと、担当者は前年どおりに行う」と、お話ししました。県庁でもやっていると聞いていますが、上司と部下との定例面談(目標設定と達成度評価)に、「業務量削減の具体事項」を入れてはどうですか。なお、お詫びの仕方のページ

公務員になって37年あまり、県庁や自治省などで仕事のほか、総理秘書官や被災者生活支援本部と復興庁と、なかなか経験できない仕事もさせてもらいました。話しているうちに、どんどん元気が出て、またいろんなことを思い出して、いつものことですが、時間が足らなくなりました。(2015年11月25日)

(しゃべることの大変さ)
人前でしゃべることは、結構な負担になります。今やっている仕事を解説するなら、そんなに難しいことではありません。しかし、仕事を離れたお話しは、何を話すかから考えなければなりません。レジュメや資料を作り、頭の中で予行演習をして、当日に実行します。準備の時間と思考、本番に費やすエネルギー、結構大変なのですよ。聞いている人は、お気楽にしゃべっているように見えるでしょうが。それでも、私の経験や学んだことを、後輩や世の中に還元でき、お役に立てるのならと思って、引き受けています。
しゃべる機会は、頭の中を整理するのに、良い機会です。ふだん、いろんなことを考えていますが、それをまとめて整理することになります。これが、レジュメをつくる際の効果です。原稿を書くことも、同じです。さらに、人前でしゃべることは、もう一つの効果があります。私のしゃべっている内容が、相手に通じているか、反応が見えるのです。力を入れて伝えたい項目が、案外受けなかったり、こんなことで笑ってもらえるのだとか。
もっとも、文章・活字と違い、講演でのしゃべりでは、観客の注意をそらさず、また適当に笑ってもらうとか、それなりの技術が必要です。観客によって、しゃべり方も変える必要があります。もちろん、決められた時間に収めること、起承転結の構成にするとかも。
同じテーマで2〜3回しゃべると、定番の話が完成します。(2015年11月29日)

(地域起業家、パネルディスカッション)
2月27日の秋葉原での「ローカル・イノベーター・フォーラム」。パネルディスカッションの風景を、藤沢烈さんがブログに載せてくれました。
壇上で立ち上がって話しているのは、スクリーンに映した内容が自席からでは読めなかったのと、座っていると元気が出ないのですよね。
司会者からは、持ち時間は7分と言われましたが、5分ほどで終えました。(2016年3月1日)

(5周年記念、イベントへの出演)
今日は、日本プレスセンターで、「スマイルとうほく」の「震災5年復興提言シンポジウム」で基調講演。これまでの5年間で成し遂げたことと、これからしなければならないことを、お話ししました。岩手県と宮城県では、住宅再建のめどがついたのですが、産業の再生とコミュニティの再建が課題です。今日の観客は民間の方が多いので、その支援や行政との連携をお願いしました。この企画は、被災3県の地元紙が続けている、復興支援です。(2016年3月3日)

(日本自治学会セミナー)
今日は午後から、立教大学(東京池袋)での、日本自治学会主催のセミナーに出席しました。「東日本大震災から5年 ― いま問われる復興の課題」。約70人ほどの方が集まってくださいました。これまでの復興の実績、何を変えたか、何が不足しているかを議論してきました。(2016年3月26日)

(地域起業家、パネルディスカッション。2)
2月27日に登壇した、秋葉原での「ローカル・イノベーターズ・フォーラム2016」の概要が、ETIC.のホームページに載りました。(2016年3月30日)

(地方財政学会)
今日は、静岡大学での日本地方財政学会大会に行ってきました。朝10時からの共通論題「環境と災害」の「東日本大震災被災自治体の財政に関する分析」(宮崎雅人先生発表)の討論者に指名されたので。
宮崎先生の分析は、被災地域市町村の決算統計から、主に何に使われたか、その地域別の違いと経年変化とを読み取ったものです。総務省自治財政局が、復興分を別枠にして統計を取ってくれていること、それを公開しているので、分析が容易になりました。先生の分析は丁寧なもので、かつてない災害に対し自治体がどのような支出をしているかがよくわかります。私たち復興庁が見て感じている内容と合致しています。その上で、私からは、さらなる分析をお願いしました。
・過去の大きな災害と比べ、どのような特徴があるのか。
・今回、国が異例の財政措置をしたことが、どのような影響を与えているか。
・今後の財政状況はどうなるか(土地建物の被害による固定資産税の減収、公営住宅などの増加による維持管理費の増など)
このほか、「粗大ごみの有料化に関する実証分析」「神奈川県の森林保全をめぐる財政支出の構造と変化」も良くできた分析でした。神奈川県庁の税財政経験者かつ水源環境保全税に関係した教授も出席していて、実のある討論が行われました。
若手研究者が実績を上げ、活躍してくれるのはうれしいですね。地方財政は、現場を持った、現場に近い学問分野です。研究室で理論や数式だけを扱うのではなく、自治体がどのようなことで悩みどのように立ち向かっているか。目の前に課題とデータがあるのです。地方在住の研究者にも、同じように現場と課題があります。また、自治体も研究者を求めています。自治体の施策の検討や検証に、学者の目が欲しいのです。
研究者にはもっと、自治体に研究テーマについてデータをもらいに行ったり、疑問点についてヒアリングに行ってもらいたいです。自治体にも、近くにおられる研究者に相談に行き、データを提供して欲しいです。(2016年5月21日)

講演の記録24へ続く
トップページに戻る。目次1に戻る