講演会の記録2

関西学院大学東京オフィス開設記念講演会
11月11日に新宿住友ホールで、「地方自治の創造と破壊−地方交付税の来し方行く末」と題して、講演と小西砂千夫先生との対談をしました。当日は雨にもかかわらず、大勢の方が来てくださいました。いろんな方々の前で話すことは、勉強になります(その分、大変ですが)。ありがとうございました。(11月12日)
当日のアンケート結果を、見せていただきました。9割を超える方が、「大変満足」「満足」と答えてくださいました。ありがとうございます。「なんとも言えない」「やや不満」の方も、おられました。その方にはご期待に沿えず、申し訳ありませんでした。「もっと質問を取り上げて欲しかった」という記述もありましたので、以下、意見を書かれた方への回答です。
「聴衆が地方公務員だから、もう少し専門的でもよかった」について。私もそう思ったんですが、最初に挙手をお願いしたら、案外公務員でない方が多かったもので。一方、「交付税制度についてもっと解説して欲しかった」という意見もありました。
「これからの見通しについて、具体的な数字を聞きたかった」について。ええ、私もお話しできれば、お話ししたいのですが。しかしこれから、いくら増税し、いくら歳出を削減するか。その方向を決めるのは、内閣であり国会です(拙著「新地方自治入門」p128、p292)。官僚は、その政治が決めたことを実行する機関です。私が、責任を持って決めることはできないのです。(その代わり、意見を述べたり、案を書いたりして、職責を果たそうとしています。)
「首長や議員は、事業をすることが住民の幸福だと思っている。岡本の意見は通じない」「市民参加を進めることと議員をボランティアにするのが良い」といった意見について。同意見です。そう思って「新地方自治入門」を書いたのですが。私の主張が「常識」になるのには、まだまだ時間がかかりますね。(11月18日)
【朝日新聞一面】
この講演会での発言が、12月4日の朝日新聞第1面に載りました。
「破綻の聖域 地方交付税」という表題で、
「『地方交付税制度は破綻状態に近く、今のままでは制度として維持できない。官僚だけでは処理できなくなっている』総務省の岡本全勝・交付税課長が地方自治体職員ら約140人を前に、制度の窮状を明らかにした。東京・新宿で11月11日に開かれた地方自治講演会。交付税の責任者が吐露した本音に、参加者は驚いた。」という書き出しです。
続きは、三位一体改革その2

【懲りない生活:沖縄日帰り】
今日は、沖縄の市町村長や職員の方に講演をしてきました。久しぶりの那覇でしたが、モノレールの窓から見える町は、びっくりするぐらい発展していました。日帰りの強行軍なので、再建された首里城は見学できませんでした。
昨日は東大、水曜日は岐阜でブロック会議、火曜日は高知県の助役さん達に講演。今週も、魔のような先週と、あまり変わらない生活でした。もっとも、本業が忙しくなってきて、副業の方はそろそろ今シーズン終了です。でも、まだ慶應大学への出講も・・。(11月21日)

【早稲田大学牛丸ゼミ】
今日は、早稲田大学政経学部の牛丸聡教授と学生13人が、役所に質問に来られました。ゼミで分権の討論をするための、勉強だそうです。全員、服装といい振る舞いといい、立派でした。これがふだん見るあの学生さん達か、と見違えました(失礼しました。でも、私は早稲田の近くに住んでいるので・・・)。質問も本格的で、2時間もかかりました。当方の都合で、夕方に来ていただき、申し訳ありませんでした。(12月1日)

【慶應大学八木教授】
今日は、慶應義塾大学総合政策学部の八木欣之介教授の授業に出講してきました(2日間で早慶戦制覇です)。100人を超える学生が、熱心に聞いてくれました。意識不明の学生は、2〜3人でした。「三位一体」が毎日新聞に載るので、学生の関心も高いということでしょう。今日お話しできなかったことは、拙著をご覧ください。また、随時、私の考えを追加しています。「三位一体改革その2」と「新地方自治入門」補足・追加のページをご覧ください。(12月2日)

2004年
【まだ懲りない生活】
今日は、宮崎県田野町まで講演会に行ってきました。聴衆は、宮崎県の県会議員・市町村長・市町村議員・職員の人たちです。土曜日にもかかわらず、500人を超える聴衆が集まってくださいました。辛口の自説を述べたのにもかかわらず、みなさんの「反応」が良く(うなずいたり、笑ったりしてくださって。一方、居眠りする人もなく)、時間をオーバーして、2時間もしゃべりました。
「もはや、これまでのような行政サービスの拡大はないこと」「増税しない限り、交付税は減ること」を理解していただいたと思います。(と書いたら、「みんなが理解したわけではありません」と、参加者の方からメールが来ました。うーん、まだ話が下手だということですね。)
休日をつぶして、飛行機に乗って日帰りで、2時間しゃべるのは、正直、疲れます(歳をとったということですかね)。今回は、三宅副知事の依頼を断れず・・。でも、500人もの人に熱心に聞いていただけると、やりがいがあります。田野町の町長さん、講演のなかで、何度も引き合いに出して、申し訳ありません。きれいな農村でした。お詫びの意味を込めて、リンクを張っておきます。(2004年1月24日)

【講演録】
この講演は講演録にしてあります。宮崎県市町村課にお申し込みください。県庁が活字にしてくださいました。A4版で資料を含め58ページです。内容は、拙著「新地方自治入門」の一部を分かりやすくしたもの、とお考えください。
これでも、「脱線したところ」は、かなり加筆したんです。ある新聞記者からは、「岡本課長の講演にしては、辛みが足らない。本当はもっと脱線したんでしょう」と、読後評をもらいました。ハイ、そのとおりです。
余部があるので、ご希望の方はお申し込みください。返信用封筒(A4版が入る大きさ・切手も貼っておいてください)を「〒100−8926総務省官房総務課」の私宛に送っていただければ、お送りします。(3月24日)

【雪の秋田へ】
今日は、秋田まで講演に行ってきました。県議会と市町村議員さんたち有志の勉強会です。今日も辛口の話をしましたが、「このほうが、よくわかって良かった」と喜んでいただけました。
今の職場は平日に行くことは無理なので、土曜の朝にしてもらいました。「前日に行って、温泉に入って、雪を見ながら・・・」と思っていましたが、金曜日は仕事が長引いて。新幹線「こまち」に乗ったのが東京駅20時、秋田に着いたのが24時。残念ながら、真っ暗でした。帰りの新幹線の車窓は、一面の雪景色でした。(2月7日)

【国際的副業?】
今日は、OECD(経済協力開発機構)の対日調査団のインタビューを受けました。政府間関係の調査だそうです。小生が、対象者の一人として「ご指名」を受けました。有名になったものですねえ。もっとも、時間は短いし、通訳を介してなので(久しぶりだと英単語が出てこず、構文もすぐには浮かびません)、十分伝わったかが心配です。
日本は、全国において行政サービスの水準を上げ、かつ均一に達成したこと。そしてそれは、地方財政制度によるものだということを説明しました。「交付税制度は世界で最高のシステムである」といったら、うなずいておられました。
もっとも、調査団の目的は「問題点」を指摘することでしょうから、「今後の改革方向はどのようなものか」が次の質問でした。拙著が、英語で書かれていたら・・。そこで、日本人スタッフに「新地方自治入門」を贈呈しておきました。(2月18日)

【合併記念講演会】
4月3日は「南砺市合併調印式記念講演」(富山県井波町)に行ってきました。8町村の大型合併です。大ホールがほぼ満席でした(写真も載ってます)。
「これからの日本、これからの南砺」と題して、21世紀は20世紀(モノとサービスの拡大の時代)の「延長」ではないこと、市役所が提供するサービスや施設は「住みよい町」のごく一部でしかないこと、住民の関係や人情が重要であることをしゃべってきました。(4月4日)
簡単な講演録は、4月9日付け「富山新聞」に載りました。また、事務局が講演録を作ってくださいました。(6月10日)

日記にも書いているように、毎日忙しく仕事をさせてもらっています。それでも、「副業」のお誘いがいくつもあります。ありがたいことです。仕事に差し支えない範囲で、お受けしています。もっとも、なかなか準備の時間がとれず、また依頼のテーマが広くなって、準備が大変です。(2004年4月19日)
トップへ
トップへ
戻る
戻る


講演会の記録3
講演会の記録3