講演の記録4


2004年
5月22日:地方財政学会報告は、
日本地方財政学会のページへ。
6月 4日:政策研究大学院講義@
6月18日:政策研究大学院講義A

6月19日:早稲田大学政友会講演
今日は、早稲田大学政友会で講演をしてきました。40人近くの熱心な学生たちが、集まってくれました。質問も幅広い、的を射たものでした。時間がなくて、私の意図が十分伝わったか心配です。というより、何回やっても、人前でしゃべることは難しいですね。(6月19日)

早稲田大学政友会での講演参加者から、24通ものメッセージが届きました。いくつかを紹介します。
「話の具体例がわかりやすく、新聞などでは理解できなかったことが明確になりました。」
「経済成長のもと、「使う自治」のみで「集める自治」をしてこなかった、という指摘はもっともだ。民主主義には、住民の意識が必要ですね。」
「三位一体改革が、日本を変える方法の一つだということがわかりました。三位一体改革が成功することを祈っています。」
「官僚が「増税以外にこの財政状態の解決法がない」と、はっきり発言することに驚きました。」
「経験に基づいた話が、おもしろかった。1時間以上、まったく飽きずに聞けた。」
「今まで出席した講演会の中で、最もおもしろかった。」
お世辞でもうれしいですね。
「また来てください」や「慶應大学でもお願いします」といった声もありました。喜んで行きますよ。(6月29日)

6月23日:早稲田大学(牛丸先生・地方財政論)講義
23日は、早稲田大学政治経済学部で地方財政論(牛丸教授)の1コマをいただき、「地方財政の仕組みと三位一体改革」をしゃべってきました。200人を超える学生で、教室は大盛況でした。


私語もなく、熱心に聞いてくれました。ノートを取るだけでなく、テープレコーダを回す人まで。最近の学生は真面目ですね。感心しました。質疑の時間も、なかなか鋭い質問が出ました。ありがとうございました。


実は、娘も聞きに来ていて、少々緊張してしゃべったのでした。娘によると「父親の話は理解できた」、娘の友人によると「佳子のお父さんはおもしろかった」とのことです。

(2004年6月24日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る
講演の記録5
講演の記録5