講演の記録5

7月 8日:豊中市役所講演
今日は、大阪府豊中市まで、講演に行ってきました。暑い中、200人もの職員と議員さんが集まって、熱心に聞いてくださいました。大阪市の北の、豊かで整備されたいい町です。もっともかつて不交付団体だった豊中市も、交付団体になり、行革に努力しておられます。日本の行政の「これまでの大成功と、方向転換しなければならないこれから」をしゃべってきました(7月8日)

7月15日:東京大学持田先生ゼミ
今日は、持田信樹東大教授のゼミご一行を総務省にお招きし、講義をする機会がありました。省内見学の後、1時間30分三位一体改革をお話ししました。
ちょうど同時刻に、全国知事会議が開かれていて、補助金改革の議論の真っ最中でした。テレビで中継していました。三位一体改革はアップ・ツゥ・デイトな話題で、お話しする内容には事欠きません。「何を話さないか」が、時間内に納めるコツなんですが・・。毎回失敗しています。
学生諸君、私の言いたかったことは、通じたかな。(7月15日)

7月29日:奈良市役所研修会
今日は、奈良市役所の研修会に、日帰りで行って来ました。職員の他、議員さんや月ヶ瀬・都祁村の職員も入れて、300人もの大盛況でした。主催者の要求は、「財政が厳しいこと、市役所の職員も意識変革しなければならないことをしゃべって、カツを入れてください」でした。
暑いさなかに、「背筋が凍る暗〜い話」をしてきました。もっとも、吉本新喜劇的お笑いを入れて、お話ししました。いつものことですが。これだけの人を、眠らずに聞いてもらうのは難しいです。ありがとうございます、じっくり聞いてくださって。(7月29日)

奈良市役所研修会の反応が届きました。一部を転載します。
(良い方)
寝る間も無く、興味深く聞いた。
最後にピリッと厳しいことを聞いて、胸に残ったよ。
(悪い方)
脱線が多すぎて、本題が少なかった。もっと資料の説明をしてほしい。
地方に対する厳しい意見を聞きたかった。
悪い方の反応には、思い当たる節があります。厳しいご指摘は、勉強にも薬にもなります(言い訳をすると、あの暑いさなかに、みんなを眠らせないようにするためには、脱線も必要なんです)。田村さん、ありがとうございました。(8月9日)

8月 6日:埼玉県東南部都市連絡協議会研修会
今日は、埼玉県東南部都市連絡調整会議研修会に招かれ、午前中は講演(120人)、午後は研究会(18人)のアドバイザーを務めてきました。草加市・越谷市・八潮市・三郷市・吉川市・松伏町の6市町です。合計人口は、85万人にもなります。きれいな田園地帯が、都市化つつある地域です。今後のまちづくりに、職員がどう取り組むかを議論してきました。課題はたくさんありますが、参加者は熱心でした。担当の小林君は「人使いが荒く」、結構疲れました。(8月6日)

8月10日:奈良県北葛城郡町議会研修会
今日は、奈良県北葛城郡町議会議員研修会に行ってきました。新庄町・當麻町・上牧町・王寺町・広陵町・河合町です。大阪のベッドタウンとして発展しています。
ご注文は、「厳しい財政の話をしてくれ」でしたので、例によって、背筋が寒くなるような、財政の現状と将来像をお話ししてきました。お引き受けしたときは、「この頃なら時間があるだろう」と思っていたのですが、本業が忙しくなって、日帰りでした(8月10日)
「町村財政の将来」奈良県北葛城郡町議会議員研修会(2004年8月10日)での講演録を載せた「未来への旅立ち」が、奈良県町村議長会から出版されました。(2005年4月20日)

9月25日:日本経済学会大会パネルディスカッション(岡山大学)
25日は岡山大学で開かれた、日本経済学会のパネルディスカッションに出席しました。受付で、まず貝塚啓明東大名誉教授とばったり。「岡本君、こんなとこまで来てるのかね」「はい、パネルに呼ばれまして。先生が福祉のパネルをやっておられる時間に、私は都市対地方のパネルです」「官僚は出不精なんだけどねえ」「私は着実に学者の道を歩んでいるようです」

パネルは、井堀利宏東大教授、八田達夫国際基督教大学教授、藤田昌久京都大学教授、小西砂千夫関西学院大学教授、土居丈朗慶応義塾大学助教授とでした。そうそうたるメンバーと、「異業種交流」ができました。ありがたいことです。大きめの教室が満員でした。会場からは、林正義先生(財務省研究所)からコメントをもらいました。発言録は、来年出版されるとのことです。
私の発言骨子は、財政論1のページに載せてあります。
「放課後」は、齊藤愼大阪大学教授、林宏昭関西大学教授、小西砂千夫教授、前田一浩岡山県総務部長らと、議論を続けてきました。(9月26日)

12月8日(水)青山学院大学講演「進む地方分権:三位一体改革の成果と課題」
今日は、18時から青山学院大学で、三位一体改革をお話ししてきました。財政論や分権論だけでなく、政治論を交えて(脱線しつつ)お話ししました。学生さんは、まじめですねえ。ほとんどの人が居眠りせず、熱心に聞いてくださいました。終わった後の質問も多いうえに、なかなか的を射ていました。十分解説できなかった分は、拙著をお読みください。(12月8日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る


講演の記録6
講演の記録6