講演の記録7

【番外編】
小西砂千夫関西学院大学教授との対談(月刊「地方財務」2005年1月号)の対談風景です。




(2005年)
1月13日(木)日経グローカルセミナー「三位一体改革で国と地方はこう変わる」
夜の6時すぎなのに、みなさん熱心に聞いてくださいました。地方団体関係者だけでなく、研究者や企業の方もおられました。今回は、財政論でなく政治論で、しゃべってきました。主催者の「なるべく面白く」という要請を真に受けて、脱線やらジェスチャー入りで頑張ってしまいました。質疑応答の後で、「岡本課長って、本当にホンネでしゃべるんですね」といわれました。うーん、官僚はホンネでしゃべったらいけないのでしょうかねえ。日経グローカルに講演録が載りますが、添削しないと・・。
「三位一体改革や財政問題は、一般の人が読んでもわかる解説書や、一般の本屋に並ぶような本がない」との指摘ももらいました。耳が痛いです。今度機会があれば、チャレンジします。(1月13日)

日経新聞社日経産業消費研究所の情報誌「日経グローカル」2月7日号に、小生のセミナー講演録「三位一体改革で国と地方はこう変わる」が載りました。もっともこれは要旨で、詳しいのはHPに載っています。ただし、HPはパスワードが必要で、それは本誌に載ってます。つまり有料です。こんな良い講演は、多くの人に読んでいただきたいのですがね(笑い)。(2月8日)

1月22日(土)近畿自治体学会フォーラム(大和郡山市)
今日は、大和郡山市に行ってきました。市川喜崇同志社大学教授の基調講演のあと、上田清大和郡山市長、関義清明日香村長とのパネルディスカッションでした。


寒い中、100人を超える参加者が、近畿各地から集まってくださいました。休みの日に私費で参加するのは、本物ですよね。ありがたいことです。実は、上田市長は高校の先輩、関村長は私の生まれた町内という「身内」でした。(1月22日)

1月23日(日)日本経済政策学会関東部会研究報告会
昨日は主に地方公務員、今日は研究者の方が聴衆でしたので、重点を変えてしゃべりました。早く、「これでわかる三位一体改革」を書かなければなりませんね。(1月23日)

講演の記録8に続く
トップへ
トップへ
戻る
戻る