講演の記録9



参加者アンケートをいただきました。55人分でした。他大学やほかの学部の方も、参加してくださっていたのですね。好意的な評価をいただき、ありがとうございます。
「よく言われる官僚批判でなく、実際に省庁で働いている人でないと分からない視点で解説していただいた」「初めて聞く話で、新鮮でした」「広い視野を涵養するために、有意義な話で、聞き応えがありました」
「官僚の中に、このような視点でものを考え、しかも情報を発信している人がいることに驚きました」「行政官のお話ということで、技術的・専門的で建前が中心の話になるのかと思ったのですが、図式を使いしかも本音の話で、ありがたかったです」「本音トーク、とても楽しく、危なっかしい気もしました」「偽善っぽくなくて、親しみが持てた」
「時間が短く、概観的な話になってしまったのが残念です」「これからどうすればいいかという答が明らに示されなかった」という指摘もありました。それは、また別の機会に。(5月30日)

早稲田大学古賀勝次郎教授ゼミ講義
今日は、早稲田大学政経学部へ、古賀勝次郎先生のゼミに出講してきました。30人を超える3,4年生が、熱心に聞いてくれました。院生も。テーマは「日本の行政と社会はどこに向かうのか」で、いつもの私の主張である、これまでの成功が今の混乱を生んでいることを解説しました。今回は、学生に興味を持ってもらうように、霞が関の夏服騒動が日本の社会と政治の方向転換の象徴であること、から説明しました。

最近の学生は、まじめですね。寝る人はいないし、座席も前から詰めて座るし、質問もしっかりしています。私が学生のころは・・・。

20日なら国会も終わっているだろうと、この日を選んだのですが、国会は延長されました。もっとも、今日は私の出番はなく、大学に行くことができました。(6月20日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る


講演の記録10
講演の記録10