講演の記録14

講演の記録13から続く

(2007年)
7月31日 多賀城市行政改革セミナー
31日は、宮城県多賀城市に、講演に呼んでもらいました。夜の6時からでした。予定の120人をはるかに超える聴衆が、集まってくださいました。久しぶりの講演で、気合いが入りました。しかし、最近考えている「官の役割」「公務員の将来」をお話ししたら、すごく暗い厳しい話になってしまいました。すみません、もう少し明るい話も、すれば良かったのですが。人前で話すことは、何度やっても難しいです。
多賀城市は仙台のお隣、きれいな町です。多賀城は、奈良時代に国府・鎮守府が置かれ、日本の北の行政の中心でした。奈良からはるばる役人が派遣されたのかと、しばし感慨にふけりました。当時は、徒歩と馬でしょう。私は、新幹線で2時間で仙台まで、そこから電車で20分でつきました。(8月1日)


10月1日 関西経済同友会「道州制により、日本と地域はどう変わるか」
今日は、関西経済同友会にお招きをいただき、大阪まで、道州制についてお話に行ってきました。同友会は、分権・道州制に力を入れてくださっています。私は、現在の政治権力は中央集権を権力の源泉にしており、分権には構造的に消極的になると考えています。そこで、マスコミや経済界に、推進力になることを期待しています。大阪・関西は、東京一極集中でもっとも被害を受けている地域ですから、ぜひ頑張って欲しいです。
今日は、1時間の講演の後、質疑応答が1時間以上続きました。講演も、思いの丈をお話ししているうちに、「電圧」が上がって、自分でへとへとになってしまいました。質問も内容の濃いもので、私の知識と経験を120%駆使して、お答えしました。
もっとも、私の経験では、話し手の電圧と聴衆の理解とは、必ずしも比例しません。今日の参加者は関西経済界の大もののかたが多く、皆さん静かに聞いてくださいましたが・・・。うーん、人前で話すのは、何度やっても、難しいです。反省。最近は反省ばかり。(10月1日)

10月26日 山口市役所職員勉強会
(出張のはしご)
26日金曜日は、山口市役所職員研修の講師に行ってきました。
職員課長のご要望により、これからの財政の見通しと市役所・職員のあり方を、解説・主張してきました。職員課長は前職が財政課長で、近年の交付税額削減で大変苦労されたとのこと。すみませんでした。しかも、今回も私がお話しした今後の財政の見通しは、簡単に言うと「歳出削減も増税も」です。
「元気の出る話も、してください」というご注文も、いただいていたのですが、随所に笑いを取りつつ、内容は暗〜い話でした。どうも、最近の講演は、ますます暗くなっているようです。財政健全化は少しずつ進みつつあるのですが、抜本的な改革には、なっていません。それは、増税を先延ばししているからです。私はこのことに、強い危機感を持っています。
また、「行政の役割」と「公務員に求められるもの」が、これまでとは大きく変わっていると、考えていることによります。時代を先取りして、警鐘を鳴らしているつもりです。民間と公務員の違いは何か。これを突き詰めると、公務の特殊性はそんなに多くはありません。すると、これまでのように「公務員だから」といった説明は、説明にならないのです。私の危機感の強さが、皆さんの感覚とずれているのかも知れません。このあたりは、もう少し丁寧な説明が必要ですね。講演会にしろ文章にしろ。追々、説明します。


その夜のうちに、新幹線と瀬戸大橋線を乗り継いで、高松へ。瀬戸内海を列車で渡るのは、初めてです。でも、真っ暗で、少しだけ船の明かりが見えました。残念。27日土曜日に、高松市で、地方版経済財政諮問会議が開かれるので、そちらへ移動です。(10月27日)

11月19日 関西大学経済学部講演会
今日は、林宏昭関西大学教授のお招きで、関西大学に講演に行ってきました。年に一度の恒例行事?です。去年までは、三位一体改革を中心に地方財政をお話ししていたのですが、今年は経済財政諮問会議を中心に社会保障と税財源をお話ししてきました。(11月19日)
関西大学での講演の様子が、写真に載っています。(11月21日)

11月24日 富山県再チャレンジ学習支援シンポジウム
24日は、富山市へ再チャレンジ学習支援シンポジウムに行ってきました。私の役割は、基調講演です。(11月25日)

12月16日 「これからの博物館の在り方」に関する緊急合同フォーラム
日本ミュージアム・マネージメント学会
今日は、「これからの博物館の在り方」に関する緊急合同フォーラム(北の丸・科学技術館)で、基調講演をしてきました。私は文化行政や博物館行政の専門家ではないのですが、島津晴久さん(越前(重富)島津家御当主、国立歴史博物館以来のおつきあいです)のご指示で、逃げ切れなくて。私ができる話は財政なので、「予算屋から見た博物館」をお話ししました。
1990年代は、ふるさと創生以来、地方債と交付税で文化行政を支援しました。当時、私は交付税課補佐でした。「箱もの行政」と、批判もされていますが。2001年からは、交付税総額が減り、交付税による箱もの支援(事業費補正)も止めました。この時は、交付税課長でした。現在は、さらに文化予算が厳しくなっている背景を、お話ししました。
県庁勤めの時は、財政課員や課長として、予算査定をしました。文化予算は、予算屋からすると「やっかい」なのです。それでも、文化会館は箱であると割り切れます、図書館は蔵書と利用者で測れます、自然博物館と歴史博物館は教育の一環だと理解できます。美術館が、一番困りものです。目的と効果が、よくわからないのです。基調講演というより、私の疑問をぶつけてきた、といった方がふさわしいです。
年末なのに、たくさんの方が来られました。もっとも、私の話ではなく、後半の話を聞くためでしょうが。私としては、これまでおつきあいのなかった人たちと、知り合いになれました。他流試合は視野が広がります、冷や汗ものですが。(12月16日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る


講演の記録15
講演の記録15