一橋大学での講義

2005年7月25日から28日まで、一橋大学国際・公共政策大学院で「現代行財政論」の集中講義をしました。そのレジュメを載せておきます。いずれ、「日本の行政−官僚の現在と未来」として活字にしたいと思っています。公務員改革議論の整理については、公務員改革論議をご覧下さい。
2006年度の講義は一橋大学講義2006年度

2005年一橋大学公共政策大学院・集中講義レジュメ

「日本行政の成功と失敗」
戦後の日本は、豊かな社会を達成し、また、平等・自由・平和・安定も手に入れた。その点では、日本の政治と行政は、成功したと言えるであろう。 しかし、これだけ豊かになったのに、日本人の多くは政治と行政に不満を持ち、経済の先行きも明るくなく、社会は閉塞感に満ちている。 そして、行政改革が大きな政治課題になるほど、日本の行政は問題視されている。世界で最も有能と賞賛された日本の官僚は、今や批判の対象となった。
本講義では、日本の行政を、その出力である政策や成果という観点、その成功と失敗という観点から分析する。

大目次
第1章 日本行政の機能不全
1 問題と視角
2 戦後日本の成功
3 政治と行政の評価
第2章 行政機構と官僚制
1 日本の行政機構
2 官僚制批判
3 官僚制の限界
4 責任の所在と対応策
第3章 政治と行政
1 統治の機構
2 行政改革
3 もう一つ先の改革へ
4 政と官
5 政治の役割
第4章 地方行政と分権
1 国と地方の関係
2 分権
3 三位一体改革
第5章 転換の方向
1 成熟国家の政治と行政
2 制度と運営
3 政治にできること


目次詳細
第1章 日本行政の機能不全
1 問題と視角
1−1 政治と行政の分析
 @ 問題の提示と解決策
 A 政治(行政)のイメージ
 B 仕組みと実際
 C 入力と出力
1−2 政治学と新聞
1−3 「現在日本の行政」学
(1)学問の成果は
 @ 政策(アウトプット)を問う分析
 A 現在の日本の分析
(2)政策・アウトプットの2つの観点
 @ 個別政策の課題(国民の期待と行政のアウトプット)
 A 仕組みの課題(政策を生み出すあるいは生み出さない仕組み)
(3)期間という要素

2 戦後日本の成功
2−1 経済的発展
2−2 行政の成果
2−3 政治の成果

3 政治と行政の評価
3−1 小泉内閣の政策課題 
(1)政策課題
 @小泉内閣が取り組んでいる課題
 A各省が取り組んでいる課題
(2)構造的課題=国家行政機構そのものの課題
3−2 近年の政治と行政の評価
(1)政府と行政は、「新たに」何をしたか
 @サービス
 A行政改革
 B政治改革
 C経済財政
 D外交・安全保障
(2)何をしなかったか
3−3 問題その1 民主主義:負担を問う
3−4 問題その2 国際関係:貢献をする
3−5 成功が失敗に
(1)成功の条件が失敗の原因
(2)国民の不満、社会の要請に応えているか

一橋大学その2へ続く
トップへ
戻る

一橋大学その2
一橋大学その2