一橋大学講義2006年度

昨年度に引き続き、今年も一橋大学政策大学院で講義をします。内容は、昨年度と同様に「日本行政の成功と失敗」です。骨子は変わりませんが、より、今起こりつつある政治と行政の変化について、具体事例を取り上げて説明します。まずは、三位一体改革を例に取り上げ、日本の政治と行政を分析します(第1章、第2章)。その後、日本の行政の解説に移ります(第3章)。

受講生への連絡

配付資料
これまでに配付した資料は次の通り(6月29日現在)。
1 レジュメは、p20まで
2 資料は、1−32、2−34、3−8、5−26まで
3 冊子は、4種類。 「地方交付税のあらまし(白表紙)」、「日本の財政を考える(財務省パンフレット)」、「ここまで進んだ小泉改革(内閣府)」、「行政評価」
まだもらってない人は、レジュメと資料は4階の講師控え室(岡本の箱)に置いてあるので、高橋さんに了解を得て複写してください。

講義予定
4月13日 開講、授業計画の説明。第1章 三位一体改革(日本の政治と行政を浮き出させたもの)経過。
4月20日 (続き)何を変えようとしているのか・その1。分権と見えてきた日本のかたち。
4月27日 (続き)なぜ進まないか、なぜ進んだか。中央集権と官僚主導。
5月11日 第2章 何を変えようとしているのか・その2。財政再建と負担を問わなかった日本の民主主義。
5月18日 (続き)日本の財政の仕組み。改善策。
5月25日 第3章 日本行政の成功と失敗(政治と行政を見る視角、政策を問う、私たちの成功)
6月 1日 (続き)私たちの失敗、近年の政治と行政の評価
6月 8日 第4章 行政機構と官僚制(官僚の失敗への批判、日本の公務員制度の特徴)
6月15日 (続き)官僚制の限界
6月22日 (続き)。第5章 政治の役割と行政の役割(統治の機構)
6月29日 (続き)行政改革
7月 6日 (続き)政と官、政治の役割
7月13日 休講
7月20日 第6章 転換の方向。質疑の時間

(講義の準備)
13日から、一橋大学での講義2006年度が始まります。昨年は集中講義でしたが、4日間連続して毎日4コマしゃべるのは大変でした。今年は、週1回4か月にしてもらいました。
準備は大変なんですよ。レジュメ、資料、時間配分計画等々。現在の職場は国会開会中で忙しく、土曜日曜しか時間がとれなくて。「知っていること」と「それをしゃべること」の間には、大きな違いがあります。そして、「しゃべること」と「相手に興味を持ってもらい理解してもらうこと」との間には、さらに違いがあります。授業の場合は、生徒さんの知識や関心の程度を把握する必要があります。2〜3回ぐらいはかかるんですよね、コミュニケーションがとれるまでには。(4月9日)

今日から、一橋大学での講義2006年度が始まりました。講義の進め方を説明したあと、第1章として三位一体改革の解説から始めました。30人近くの参加者がいて、びっくりしました。まあ、来週には減っていると思いますが。配付資料が足らなくって、増し刷りしてもらいました。この資料が、私の売りの一つなんです。あれだけの資料を作るのには、大変な労力がかかっているんですよ。
今日は、午後にある研修会で1時間15分しゃべった後だったので、講義が終わった19:30には、さすがにへとへとでした。ダブルヘッダーはきついです。(4月13日)

今日は、一橋大学講義第2回目をやってきました。講義の方は、だんだん調子が出てきました。出席者アンケートに返事をくれた人数分だけ資料を持って行ったら、足りませんでした。参加者が減ることを期待していたのですが、減るどころか増えていました。少人数の方が、やりやすいんですけどね。(4月20日)

今日は、一橋大学政策大学院での第3回目の講義でした。講演会と違いじっくりと解説できるので、予定より進み方が遅くなってます。でも、その方が、受講生に理解してもらえると思います。さらに、あっちこっち脱線するので、よけいです。話しているうちに、あれも話したい、こんなエピソードもあるしと、どんどん話は発展するのです。
その代わりといっては何ですが、宿題として22ページにわたる新聞切り抜きを配りました。連休中に読んでもらうためです。小泉政権評価・水俣病50年・司法改革・会社法改革・国家戦略・・・。多岐にわたりますが、現在日本の行政と政治を考える重要な教材です。受講生諸君、よい連休を!(4月27日)

一橋での講義は、4回目まで進みました。受講生は、合計30人になりました。今年の講義は、具体事例として三位一体改革から入りました。昨年は、行政の問題について全体の構図から話したのですが、今年のやり方の方が、受講生にはわかりやすいようです。もっとも、話す私の方は、全体像を念頭に置きながら、しゃべっているのですが。(5月14日)

第2章(5月11日、18日)の講義については、拙著「新地方自治入門−行政の現在と未来」第4章、第5章を読むと、理解が深まると思います。さらに学習したい人は、「地方財政改革論議」も、お読みください。(5月18日)

一橋大学政策大学院での講義は順調に進み、6回目、第3章に入りました。三位一体改革から見た行政の問題点を終え、日本の行政の成功と失敗の総論に入っています。第3章の講義(5月25日、6月1日)は、拙著「新地方自治入門−行政の現在と未来」第1章と第6章を読むと、理解しやすいと思います。(5月25日)

今日は、大学院の講義第7回でした。全体で14回の予定なので、折り返しまで来ました。だいたい予定通りです。もっとも、私の意図が受講生に伝わっているかどうかが問題ですよね。あさっての3日は、丹波市議会に呼ばれています。土曜の夜に集まってくださるそうです。(6月1日)
一橋大学政策大学院の授業は、第4章官僚制の問題に入りました。(6月8日)
一橋での授業は10回目になりました。概ね順調に進み、一部順調に遅れて、第5章に入りました。現在の行政を対象にしているので、資料や実例が次々と変わります。資料を最新のものにするのが大変です。(6月22日)

今日で、一橋の講義が終了しました。合計13回でした。終わってしまうと、あっという間でした。準備は大変で、毎回終わるとへとへとに疲れるのですが。だいたい、当初の計画通りにしゃべることができました。もっとも、どの程度、受講生に理解してもらったかは、不安です。出席率が高かったので、理解と反応は高かったと推測しています。新聞やテレビで見聞きしている日本の行政の問題ですが、体系だって聞くことはないでしょう。その点、オリジナルな授業だと自負しています。成績評価は、レポートで行います。力作を期待しています。岡本先生は、評価は厳しいですよ。(7月20日)

一橋大学大学院の成績をつけて提出しました。27人のレポートを読んで評価するのは、結構大変なのです。最初に読んで理解し、評価ポイントをつける。これで2〜3回は読みます。次に、その採点が相対評価・横並びがとれているか、チェック。ここまでは、8月中にしておきました。そして、今日、もう一度再確認して決定しました。
課題を示す際に、論文の書き方を指示してあります。
1 表題をつけること。ページをうつこと。
2 見出し、小見出しをつけ、目次をつけること。
3 最初に要約をつけること。
4 活字は12ポイント以上。
こうすることで私も読みやすいし、本人も何を言いたいのか、明確になります。
また、採点の基準も示してあります。
1 具体事例を対象とすること。
2 それを、岡本の主張に沿うか、批判して分析すること。
3 現在日本の行財政が対象なので、外国語文献や偉い先生の論文を引用する必要はない。
今回も、なかなか立派な論文がありました。一方で、良い評価をつけることは無理なレポートも、いくつかありました。何を言いたいのか不明。論拠があいまい、論旨が通らない。感想文に近い。事実はよく調べてあるが、分析と主張がない。分量が極端に少ない。相変わらず、誤字は多いですね。ワープロの変換間違いのほか、文章の複写貼り付けを間違って、同じ文章が2か所に出てくるというのもありました。提出する前には、もう一度読み返してください。(9月9日)

一橋大学政策大学院「現代行財政論」木曜第6限、神田キャンパス
トップへ
トップへ
戻る
戻る