慶応大学2008春3

(採点)
学生のレポートが、95人分届きました。これから、採点です。(7月25日)
家にこもって、レポートを読んでいます。これって、結構な重労働なのです。
ようやく、採点を終わりました。講評を書いておいたので、学生諸君は読んでおいてください。(7月27日)

レポート採点講評
95人の力作を、読ませてもらいました。
評価基準は、課題を示した際にあわせて書いておきましたが、採点の際に気づいたことを、書いておきます。

1 具体事例を扱うこと
これについては、ほとんどの人が守っていました。アスベスト規制問題、BSE牛問題、薬害エイズ、教育改革、米政策、幼保一元化、通信政策、防衛省改革、タクシー参入規制など、様々な問題を取り上げていました。
なお、公務員批判、官僚主導、公務員改革論を取り上げているのがたくさんありましたが、授業の内容を越えないレポートは、具体性に欠けるので評価は低くなります。

2 単なる批判や感想ではなく、問題が生じる構造を論じること
これも、大半の人が守っていました。もっとも、居酒屋タクシーや年金記録問題を取り上げた中に、問題の指摘に終わり、行政構造からの分析がないものが、いくつかありました。また、政治家と公務員との区別をせずに議論しているものも、私の授業の理解が不十分なので、点数は低くなります。

3 あなたの考えを書くこと
これも数人の人を除き、守っていました。授業の内容を要約しただけのレポートがいくつかありましたが、これは評価が低くなります。自分の考えが書いてあれば、それが少々変でも、Bにしました。
具体事例を調べていた場合は、努力点としてBにしました。中には、事実を間違っているものもありましたが、よく調べてあれば評価しました。
もっとも、分量が多くても、引用ばかりのものはCです。具体事例を取り上げつつも、授業の内容を当てはめただけのものもありました。これも点数は低いです。

4 冒頭に、結論(ポイント)と目次を書き、文中に見出しを立てること
これも、数人の人を除き、守っていました。もっとも、目次と見出しがあっていないものもありました。
誤字は、数人の人だけ、「とんでもない」ものがありました。

5 全体について
今回は、文句なくAの人が多かったです。読んでいて、感心しました。
「最初に結論を書き、文中では見出しを立てること」を指示したのは、正解でした。読んでいて、わかりやすかったです。たぶん、作成者(学生)も、自分の考えが整理できたのだと思います。
他の授業やゼミの内容を「活用」または「流用」している、と思われるものがありました。複数の人のレポートの内容が、よく似ているのです。その場合も、意見を書いてあるかなど、通常の物差しで評価しました。
(7月27日)

トップへ
トップへ
戻る
戻る