「明るい公務員講座」4


時事通信社『地方行政』に、2015年11月9日号から、、2016年9月12日号まで連載しました。
明るい公務員講座3から続く。

(明るい公務員講座、第23回)
連載「明るい公務員講座」の第23回(5月30日号)が発行されました。今回は「やってみよ―職場の技能を磨く」の第6回目で、「勉強を続けよう」です。役所の中で、何でもできる職員になることは難しいです。専門分野を持ちましょう。そして、その分野の第一人者になるために、勉強を続けましょう。本を読むだけでなく、人を知る、人脈を持つことが重要です。今回の内容は、次の通り。
仕事の中で専門分野を持とう、勉強を続ける―継続は力、勉強のテーマはあなたの目の前に、人を知ろう―人脈は力、異業種交流の勧め、会うことの重要性。
今回も5ページにわたる力作です。「やってみよ」は今回で終わり、次回からは、がらっと趣向を変えて、「人は外見で判断される―身だしなみ」に入ります。(2016年6月1日)

(明るい公務員講座、第24回)
連載「明るい公務員講座」の第24回(6月6日号)が発行されました。今回は「人は外見で判断される―身だしなみ」の第1回目で、「公務員はサービス業」です。「人は外見で判断してはいけない」という格言がありますが、「人は外見で評価されます」。あなたが説明を始める前に、相手は、会ったときの第一印象で、あなたを評価します。
公務員はサービス業です。住民は、役所の政策といった「大きな話」以上に、個別の職員と接した際に受ける印象という「小さなできごと」に、より強く影響されます。それが積もって、住民の役所への信頼になります。信頼を持ってもらった役場と、失った役場では、仕事の進み方が大きく違います。今回の内容は、次の通り。
人は外見で判断される、公務員はサービス業、住民の満足を得る、住民の信頼は役所の財産、信頼関係で満足度が上がる。(2016年6月8日)

(明るい公務員講座、第25回)
連載「明るい公務員講座」の第25回(6月13日号)が発行されました。今回は「人は外見で判断される―身だしなみ」の第2回目で、「服装でも良い評価をもらおう」です。役所では、時々ひどい服装の人を見かけます。スリッパ履きで応対する人、紺のスーツを着ていて白の綿の靴下や、スニーカーの人・・・。こちらが、恥ずかしくなります。おしゃれなクールビズと、だらしないクールビズ。自らを安く見せるのは、やめましょう。今回の内容は、次の通り。
あなたの常識は世間の非常識?、スリッパは恥ずかしい、男性諸君ファッションを勉強しよう、ルール違反、おしゃれで自分を引き立たせる、小物にも注意、自分を高く売ろう。(2016年6月15日)

(明るい公務員講座、第26回)
連載「明るい公務員講座」の第26回(6月27日号)が発行されました。今回は「人は外見で判断される―身だしなみ」の第3回目で、「立ち居振る舞い(1)あなたは見られている」です。行儀作法は、家庭でしつけられています(この点も、心配ではありますが)。しかし、ビジネスマナーは、家庭では教えてもらえません。でも、仕事場でも、家庭でも、隣近所でも、立ち居振る舞いの基本は同じです。今回は、私が経験した「変な公務員」を、指摘しました。内容は、次の通り。
ここが変だよ公務員、頭は下げるもの口はお礼を言うもの、お見送り、ごみを拾う、あなたは見られている、居眠り防止法。(2016年6月29日)

(明るい公務員講座、第27回)
連載「明るい公務員講座」の第27回(7月4日号)が発行されました。今回は「人は外見で判断される―身だしなみ」の第4回目で、「立ち居振る舞い(2)所作が人格をつくる」です。
部下を怒鳴る上司は、見たくないですよね。そのような場面を見たら、反面教師にしましょう。人間は感情の固まりです。怒りたくなる場合もあります。そこをこらえるのが、大人です。という私も、若いときを思い出すと、恥ずかしくなります。詳しくは、原稿をお読みください。今回の内容は、次の通り。
熱くなったら冷ましましょう、平常心を保つ術、目は口よりも物を言う、所作が人格をつくる、職場のしつらえ、自分を磨く人間修養道場。(2016年7月7日)

(明るい公務員講座第28回)
連載「明るい公務員講座」第28回、「職場の生き様(1)清く明るく美しく」が発行されました。今回から、第2章自分を磨こう、4「人生に貴賤はある―生き様」に入ります。これまで書いてきたのは、仕事術でした。しかし、術だけでは、良い仕事はできません。その基礎にあるのは、生き様です。さらに、仕事がうまく行くためには、家庭と自分の時間も充実している必要があります。今回の内容は次の通り、
人生は日々の積み重ね、志を高く持とう、清く明るく美しく、ペンキ塗りは楽しい?、好きこそものの上手なれ、お酒は職場の潤滑油、お酒の失敗、年齢とともに飲み方を身につけた。
早速、読者から反応が来ました。自治体幹部からです。「あのとおりですよね・・」と。ありがとうございます。この連載の「売り」は、抽象的な話、理想論ではなく、ある公務員が積み重ねた失敗談、経験談です。
紙面を切り抜いておられる方は、気づいておられると思います。連載のページが、100ページを超えました。もちろん、1ページ全面を占めていないページも多いので、実文字数ではもっと減ります。(2016年7月13日)

(連載執筆、第2章完結)
連載「明るい公務員講座」の第2章第4節4「人生は最大の企画」を書き上げました。先日、原稿に右筆が手を入れてくれたので、それを参考にもう一度読み直し、手を入れました。なかなか時間がとれないので、早起きしてせっせと頑張りました。自分で自分を褒めてやりたい(苦笑)。
1万2千字、400字詰め原稿用紙では30枚、印刷にすると7〜8ページでしょうか。活字になるのは、9月ですね。
これで第2章が終わり、初級編は完結です。昨年の夏から取りかかり、約1年かかりました。よく書き続けたものです。当初は2〜3か月で終わると思っていたのですが。でも、まだ書き残したことがあります。管理職の心得は、中級編に先送りしてあるのです。(2016年7月17日)

(明るい公務員講座第29回)
連載「明るい公務員講座」第29回、「職場の生き様(2)習慣は変えることができる」が発行されました。第2章自分を磨こう、4「人生に貴賤はある―生き様」の2回目です。連載ではこれまで、良い公務員になるための秘訣を書いてきましたが、いつもそのように進むとは限りません。病気やケガもあり、誘惑や落とし穴も待っています。その際に、どのように振る舞うか。そこで、あなたの器量が試されます。今回の内容は、次の通り。
誘惑に負けるな、病気とけが、出世しよう、鏡に映った自分を見る、習慣は変えることができる、仕事が顔を作る。
読者からは、「習慣は変えることができる」に同感である、との反応がありました。また、先日お会いしたある市長は、「全勝さん、あの連載読んでいますよ」「表題と今日の教訓を読むと、だいたいのことがわかりますね」とほめていただきました。(2016年7月27日)

(明るい公務員講座第30回)
連載「明るい公務員講座」第30回、「家庭は二人でつくる安心の場」が発行されました。第2章自分を磨こう、4「人生に貴賤はある―生き様」の3回目です。今回と次回は、家庭についてです。
職場で元気に仕事ができるのも、家庭があってのことです。しかし、結婚して同じ家に住んでいるだけは、夫婦にはなれません。お互いの努力が必要です。
そして、職場の論理と家庭の論理は違います。意見が違った場合、職場では議論をして、そして最後は上司が決めます。ところが、夫婦の間で、明日の朝食が何が良いかは、とことん議論をして採決を取る話ではありません。相手の気持ちを察して、そして折り合う。まあ、通常は妻の意見を尊重します(苦笑)。最後は「俺のいうことを聞け」と言える職場と、それが言えない家庭。どちらが難しいかわかりますよね。34年間、夫婦をやってきた経験者の体験談です。内容は次の通り。
家庭はつくるもの、職場よりも難しい、愛は冷める、毎日の手入れが必要、ありがとうと言おう。(2016年8月3日)

(明るい公務員講座第31回)
連載「明るい公務員講座」第31回、「家庭はあなたを育てる」が発行されました。先週に引き続き、家庭編の2回目です。
家庭は安らぎの場所ですが、職場とともに、いえ職場以上に思い通りにならないところです。夫婦生活と子育て、そして最近は老親の介護は、職場以上に難しい「人生修養の場」です。それに比べれば、職場の人間関係は楽なものですわ(苦笑)。管理職になる前に、経験しておくと、良いですよ。今回の内容は次の通り。
イクメンの勧め、介護はもっと大変、仕事を支える家庭、家庭もあなたを育てる場、人生は夫婦でつくるもの。

読者からの反応です。
Aさん この通りですね。毎回勉強になります。でも、こんなことを書くことができるのは、全勝さんだけですね。
Bさん 全勝さんはいつも「美人のキョーコさん」と言っていますが、私は妻に向かって「美人の××子さん」とは言えません。

Bさんへ、一度言えば、やみつきになりますよ。繰り返し言っているうちに、習慣になりますわ。(2016年8月10日、11日)

(連載中級編の準備)
連載は初級編35回を書き終えたのですが、編集長にそそのかされて、続編である中級編(管理職編)の準備を始めました。全体の構成をどうするか。これが一番難しいです。書きたいことはいろいろあるのですが、どのように配列するかが難しいのです。書いてみないと、つながりの良さや、分量がわかりません。
既に、章立てをして、節と小見出しも案は作ってあるのですが。実際に文章を書いてみると、分量が多すぎたり少なすぎたりして、すわりが良くないことがあります。小見出しをあっちへ持っていったり、こちらに戻したり。そのたびに、節の名前も変わるし、考えたよい見出しが没になるし。残念ですが、せっかく書いた文章をばっさり削除したり。まあ、それは仕方がないので、ある程度の見込みを立てて、書き始めます。
初級編も、去年の夏に準備を始めたときは、35回も続く連載になるとは思ってもいませんでした。さて、中級編はどうなりますか。(2016年8月14日)

(明るい公務員講座第32回)
連載「明るい公務員講座」第32回、「仕事だけでは駄目」が発行されました。第2章自分を磨こう、4「人生に貴賤はある」の第5回目です。前号までが家庭人についてでしたが、今回から「社会人として」に入ります。ばりばりと仕事をすることは良いことですが、家庭も地域での付き合いも、趣味もない仕事人間では、良い公務員になれません。今回も、私の反省を込めての教えです。内容は次の通り。
新説アリとキリギリス、仕事だけでは駄目、服装が表すあなたの生活、地域での役割。(2016年8月23日)

(明るい公務員講座第33回)
連載「明るい公務員講座」第33回、「2枚目の名刺〜社会人として」が発行されました。第2章第4節「人生に貴賤はある」の第6回目、社会人の2回目です。
若い時に「財政局の備品だ」という生活、1週間ビルから出なかったとか、仕事しか知らないひどい生活をしていました。40歳にしてフルートやお茶を始めたこと、忙しい合間を縫って大学の講義や原稿書きをしたことを、振り返って書きました。内容は次の通り。
趣味に目覚めた、今からでも遅くない、仕事人間の反省、趣味で人生を豊かに、社会参加、2枚目の名刺、第二の人生をどう過ごすか。(2016年8月30日)

(明るい公務員講座第34回)
連載「明るい公務員講座」第34回、「人生は最大の企画」が発行されました。第2章第4節「人生に貴賤はある」の第7回目です。
あなたにとっても、わたしにとっても、人生は一回きりのドラマ(劇)です。事前にシナリオ(台本)はありません。毎日の仕事と生活で、その劇を作っていきます。意識しなくても、時間は過ぎていきます。しかし、自分の人生を満足できるものにするには、それなりの目標と努力が必要です。今回の内容は、次の通り。
40歳は折り返し、我が人生を企画する、あなたがつくるあなたの人生、時間をつくる、時間泥棒に注意、スマホは危険、人生は人それぞれ。
さて、昨年11月から始めたこの連載ですが、これで34回。次回で、初級編が完結します。(2016年9月7日)

(明るい公務員講座第35回、完)
連載「明るい公務員講座」第35回、「人生は自己実現」が発行されました。第2章第4節「人生に貴賤はある」の第8回目です。
明るく楽しく仕事をする術を、10か月にわたってお教えしました。しかし、人生は、思うようにはいかないものです。失敗もあるし、不運もあります。でも、与えられた条件(例えば職場での仕事)、自分が選んだ条件(例えば結婚した連れ合い)の下で、満足が得られるような努力をしなければなりません。努力なくして、満足は得られません。
何人かの読者から、感想をいただきました。「今回は、熱がこもっていましたね」とか。今回の内容は、次の通り。
迷い道が人生だ、失敗が人を育てる、行動が信念と人生をつくる、努力と誠実、人生の目標、評価者はあなた。

さて、これで初級編は完結です。昨年の11月から、35回の連載になりました。こんなに続くとは、予想していなかったのですが。書き出すと、いろいろ書きたいことが出てきました。それでも、「あれを書き忘れたなあ」という項目もあります。それは、単行本にする際に、加筆しましょう。
皆さんは、どう感じられたでしょうか。知っていることの再確認であっても、それなりの意味があったと思います。「な〜んだ、みんな同じことを考えているんだ」と。自信を持ってください。また、知らないことが書いてあったら、参考にしてください。
引き続き、管理職の心得を、「中級編」として連載する予定です。執筆が進んでいなくて、困っています。昼も夜も、休日も忙しくて時間がとれないこと、構成に悩んでいること、右筆と意見が違って内容が確定しないこと(苦笑)などです。(2016年9月14日)
活字になったページを切り取って保管してあるのですが、通しページは127ページにもなりました。(2016年9月16日)

明るい公務員講座5へ続く。
明るい公務員講座(目次)に戻る。明るい公務員講座・中級編へ。
目次1へ戻る。表紙へ戻る。