「明るい係長講座」

富山県庁で、購入できなくなりました。
2015年11月から、時事通信社の専門誌『地方行政』で、この小冊子を元に「明るい公務員講座」として連載しています。
明るい公務員講座」のページ。

1996年、富山県職員研修所刊(2011年、?刷り)
これまで、いろいろなところで、組織管理を経験しました。「明るい係長講座」は、富山県総務部長の時に、研修会でしゃべった内容を、小冊子にしたものです。笑いながら読めて、中間管理職のコツがつかめます。
職場での部下の悩み、上司の悩みは尽きません。しかし、本人にとっては「大事件」かも知れませんが、経験者から見ると、案外簡単なことで悩んでいる場合が多いのです。私たちは、「人類始まって以来の大事件」には、そうは出会いません。パニックになったり、一人で抱え込んだりせずに、その道の先輩に聞きましょう。

「明るい係長講座」増し刷り
拙著といっても小冊子ですが、「明るい係長講座」(初級編、中級編)が、増し刷りされました。ありがたいことです。富山県職員研修所に、お礼を言います。「部下に読ませています」といったお話しも、時々いただきます。使っていただいている、ということですね。
平成8年に出たので、もう14年も前のことになります。「パソコンが職員一人に1台ずつ行き渡り、電子メールで便利になるでしょう」といった記述もあるくらいです。うーん、時間が経つのは早いですね。
「続編を書いて欲しい」「おわびの仕方を書いてください」「いやな上司に仕える場合は、どうしたらよいのですか」などなど、ご要望も多いです。いろいろ温めてはいるのですが、ほかのことが忙しくて。申し訳ありません。これも、将来の宿題です。(2010年3月3日)


「明るい係長講座(初級編)」
目次
1 自信を持とう
2 明るい職場
(1)いつもニコニコ明るい上司−職場の雰囲気についてー
(2)おはようございます−あいさつの効用について−
(3)北風と太陽さん−部下の指導について−
3 楽々職員術
(1)一人で悩むな抱えるな−仕事の進め方について−
(2)メモを使え−正確な報告について−
(3)家族にも分かる文章−文章の作り方について−
(4)傾向と対策−説明の仕方について−
4 中味と器
(1)人は外見で判断される−身だしなみについて−
(2)書類の山に埋もれるな−職場環境について−

「明るい係長講座(中級編)」
目次
1 よい上司になるためには
(1) 任せる上司は大物か−部下への委任について−
(2)ドタバタするよりスケジュール−業務の進行管理について−
(3)口伝よりマニュアル−引継書と事務処理要領について−
(4)何を切り捨てるか−優先順位について−
2 自分を磨く
(1)視野を広げよ−判断力の養い方について−
(2)私の発想法
3 心と体の健康
(1)新説アリとキリギリス−社会人として−
(2)誰にも悩みがある−心と身体の健康について−

仕事の仕方
明るい課長講座
お詫びの仕方は、仕事の仕方3

トップへ
トップへ
戻る
戻る