日記39


日記40へ続く

(中邨章教授最終講義)
今日は、明治大学中邨章先生の最終講義に出席してきました。先生は行政学、特に危機管理や信頼の研究で有名です。自治大学校、総務省や地方自治体も、お世話になっています。今日は、全国から教え子や大学教授を中心に、400人近い人が集まり、大盛会でした。
また先生は、国際行政学会副会長を務めるなど、海外、特にアジアでの行政官の育成に力を入れてこられました。11月に私が出席したエロパでも中心的な役割を果たしておられます。幹事団が中邨先生に秘密で、韓国から、Yonsei大学のPan Suk Kim教授(国際行政学会長)を呼んで、スピーチをしてもらいました。私は、ネパールでご一緒しました。中邨先生は、びっくりしておられましたが。
その後のパーティーで、乾杯の音頭を取れとのことなので、先生に感謝の言葉を述べさせてもらいました。ますますのご健勝をお祈りします。(2011年1月29日)

(職場のパソコンが壊れました)
職場のパソコンが、壊れました。今朝、いつものように電源を入れたら、エラーと数字の表示が出ます。職員に調べてもらうと、ハードディスクが壊れているとのこと。庶務課長に、「僕のパソコンを壊しただろう(笑い)」と言いがかりをつけたら、「私が壊すのなら、たたき壊しますよ(笑い)」と、軽くいなされてしまいました。
すぐに予備の機械に替えてくれましたが、古い方のパソコンにあったデータが失われました。パソコンは「入院」して、データが取り出せないか、「手術」してもらうそうです。
さて、困るのは、メールのやりとりの結果です。処理が終わっていない案件が、わからなくなります。また、相手のメール・アドレスが失われたので、これから必要に応じて、電話をかけてアドレスを教えてもらう必要があります。結構な人数が、入っていたのですが。とほほ。
自宅のパソコンが壊れたら、怖いですね。5年前に引っ越した際に、ハードディスクが壊れ、大変な目に遭いました(2005年12月10日の記事)。バックアップを取っておかなければならないのでしょうが・・・(2011年1月20日)

(お正月休み終わり)
お正月休みも終わり、多くのところでは、御用始めでした。私は、大学校が休校期間でもあり、年末は少し早く休みを頂き、1月4日も休みました。この1週間、年賀状を書き上げ、原稿を2本仕上げ、来週の講義と講演の準備もいくつかできました。少し、ほっとしました。もっとも、予定していたほどには進まず、また読もうとしていた本も進みませんでしたが。どうも、好奇心が旺盛で、困ったものです。
元気に初詣にも行きましたし、これで良しとしましょう。(2011年1月4日)

(新年のご挨拶)
明けまして、おめでとうございます。皆さん、良いお年をお迎えのことと存じます。お正月も出勤しておられる方々に感謝をし、大雪の災害に遭われた方にはお見舞いを申し上げます。例年にない大雪で、鹿児島でも10センチを超える積雪だそうです。山陰や北陸地方では、大きな被害を出しています。
わが家は、娘夫婦もやってきて、みんな元気に新年を迎えることができました。私は今日が誕生日で、56歳になりました。昔は、50歳を超えたおじさんは、えらい年寄りに思えました。自分がその年になっても、そのようには思えませんねえ。まだまだ未熟者で。
いつものように、近くの氷川神社にお参りし、たくさんの願い事をお願いしてきました。今年が、良い年でありますように。(2011年1月1日)

(年末のご挨拶)
今日は大晦日。平成22年(2010年)も、終わりです。皆さんにとって、今年は、どのような年だったでしょうか。
長い期間で見ると、21世紀に入って、もう10年が経ちました。日本は、バブル崩壊から20年が経ちます。霞ヶ関では、省庁改革から10年です。時間が経つのは早いです。これらの評価も、しなければなりません。
私は、消防大学校長から、7月末に自治大学校長に異動しました。研修生の皆さんに、少しでも良い研修を受けてもらえるように、課目の見直しに力を入れています。校長自らの講義も行っているので、思った以上に、忙しくさせてもらっています。もっとも、教職員の方が、もっと大変でしょう。校長から、次々と指示が降りてくるのですから。申し訳ありません。
副業では、春から日本大学法学部大学院での講義(毎週土曜日)、秋から慶応大学法学部での講義(毎週水曜日)を持っています。講義ノートや配付資料の準備で、結構な時間が取られます。講義をした社会のリスク論は、月刊誌『地方財務』に連載中です。また、近年の行政改革を鳥瞰した論文も書き上げました。長く放ってあったのですが、原稿の依頼を受けたのをきっかけに、まとめることができました。もっとも、まだ不十分なものですが。また、講演にも呼ばれ、時々出かけていっています。
講義と原稿で、休みが無くなるのですが、ふだん考えていることをまとめるには、良い機会です。このような機会や締め切りがないと、整理しないで終わるのでしょう。声がかかるのは、ありがたいことです。中国とネパールへの出張もあり、外から日本を考える機会もありました。
時間を取られるというと、このホームページの加筆も、積み上げると結構な時間になります。毎日30分ほどは、かかっていますから。内容は立派なものでなく、毎日の日記になっています。私にとっては、その時々に考えたことのメモになっていて、役には立っているのですが。昨年末120万人余りだったカウンターは、今日140万人を超えています。拙い文章を読んでくださる方々に、感謝します。
家族を含め、元気に一年を過ごすことができました。娘が結婚することになり、家を出たのが寂しいですが、これも喜ばなければなりません。
皆さん、良いお年をお迎え下さい。(2010年12月31日)

(撥水加工をした脳)
今年(平成22年)春から、NHKラジオのビジネス英会話(入門と実践)を聞くようにしました。通勤で電車に乗っている時間が長くなったので、一念発起(というほどのことでもありませんが)、CDをiPod(アイポッド)に入れて、通勤途中に聞いています。
総理秘書官の時に、総理に随行して外国に行くと、昼食会や晩餐会で、相手国の政府要人とテーブルを囲みます。ヨーロッパだけでなく、韓国や中国でも英語で会話します。自分の英会話能力の低さに、歯がゆい思いをしました。
今日の話は、英会話が上達したということではありません。その逆です。ある先輩に、英会話の勉強を始めたと話をしたら、「全ちゃん、無駄なことは止めたらどう。この年になったら、無理だよ」と笑われました。そうなんです、何度聞いても、なかなか頭に入りません。
別の同級生との会話でも、盛り上がりました(苦笑)。「若い時は、何でもすらすら頭に入ったよなあ」「あの頃の頭が、水をどんどん吸収するスポンジだったら、今は石か鋼鉄だね」「それも撥水加工がしてあって、水をはねとばすぞ」「僕は幼稚園の頃が一番吸収能力があった」「僕は高校生の頃かなあ」と。(2010年12月30日)


(年賀状終了)
今日最後の150枚を投函し、ようやく年賀状を出し終えました。 日本郵便さん、できるだけ元旦に届けてください。虫の良いお願いですが。
今年は少し減量して、800枚で勘弁してもらいました。たくさん頂いていながら、返事を出さず、申し訳ありません。表書きと添え書きを1行。でもこれだけの分量になると、結構な労働であるとともに、気力が続きませんねえ。
さて、年末恒例の苦しみが終わると、次の仕事です。締め切りの迫っている原稿が2本あるほか、年明けの講義や講話が7つほどあって、その準備をしなければなりません。ほいほいと引き受けて、自分で忙しくしています。でも、こうして自らを追い込まないと、だらけてしまうので。
ところが、休みに読もうと買ってある本の他に、年賀状を出し終えた喜びで、紀伊国屋に行ってまた買い込んでしました。反省。(2010年12月29日)

(年末恒例、年賀状との闘い)
23日に続き、今日も引きこもって、年賀状を書いています。今年も、裏面の印刷は早くしたのですが、平日の夜は懇親会が続き、休日は大学での講義とその準備で、なかなか着手できませんでした。
未だに宛名を、手書きにしています。お一人お一人の顔が浮かび、「かつてお世話になったなあ」と、思い出しながらです。だから、なかなか進みません。今の私があるのは、この人たちのおかげです。感謝。
「千里の道も一歩から、始まることを信じよう・・」と、水前寺清子さんの「365歩のマーチ」を口ずさみ、自らを励まして、書いています。(2010年12月25日)

(今日のささやかな善行)
今朝、大学に向かう途中での出来事です。地下鉄新宿駅で、若い女性が、とても大きな旅行鞄を持って、階段を登ろうとしていました。エスカレータがないので、一苦労です。「お手伝いしましょうか」と話しかけたら、「はい」とのこと。そして自分は、すたすたと登っていきます。「???」
鞄はとても重く、ようやく階段上まで運んだら、彼女は「JPに乗るんです」、と少したどたどしい日本語で話し、先に改札を出ていきます。「しゃあないなあ」と思いつつ、「韓国から来たのですか」と聞くと、「台湾です。3年いました。これから、台湾に帰ります」とのこと。鞄にはコロコロが着いているので、押しながらJRの改札の中へ。私は違うホームなのですが、ここで逃げるわけにも行かず、今度は山手線への階段を鞄を持って登りました。
「台湾では、みんなが手伝ってくれますか?」と聞いたら、「ハイ、親切です」とのこと。彼女は、「日本人は冷たいですね」とは、言いませんでしたが。
この記事を書きながら、「日本ではこれは善行だけど、ヨーロッパや台湾では善行に入らない。当たり前のことだろうなあ」と反省しました。(2010年12月18日)

日記38から続く
表紙へ戻る
目次1へ戻る