日記40


日記41へ続く

(塾頭との懇談会)
今日は、東大客員教授時代の塾頭3人との、懇談会。茨城県出張から帰って、上野駅前に設営してもらった会場に駆けつけました。1人が、近日中にアメリカに留学するので、その壮行会です。日程を決める際に、私が「土曜なら大丈夫だろう」と言って、この日にしてもらったのですが・・・。
3人と初めて会ったのは2002年ですから、10年が経ちました。3人とも、立派な政治行政の研究者になっています。当時も今も、私の方が教えてもらうことが多いです。私がお話しできるのは、彼らが経験できない、官庁や官邸での経験です。もっとも、個人的な経験談は「偏向」していて、危ないです。(2011年8月20日)

(カエル健在)
あのカエル(2010年8月10日の記事)が、生きていました。と言っても、死んだカエルの一族でしょう。人の握りこぶしより大きな、茶色のカエルです。
今日夕方、自宅の前まで帰ってきたら、数人の人が集まって、騒いでいました。「え〜、うそ〜」「こんなところに、カエルがいるの?」と。子どもさんはおそるおそるのぞき込み、お母さんは携帯電話で記念撮影。
北隣の家から、斜め向かいのSさんの庭へ、悠然と道路を横切っているのです。Sさんの庭は広く、草木も一杯です。でも、池はないのです。去年からこの1年の間にも、わが家の南隣の「うっそうとした庭」は壊されて、家が建ちました。カエルにとって、さらに生活環境は悪くなっているのです。
友達はいるのでしょうか。家族はいるのでしょうか。元気で暮らして欲しいです。(2011年8月16日)

(小学生の日記・今日は金曜日?)
今日(木曜日)もまた、慌ただしい1日が過ぎました。
夕方、秘書さんに「明日の日程は、どうなっているの?」と聞くと、「明日は土曜日なので、出張だけです」という返事。「ちょっと待て、明日は金曜じゃないのか」。隣から、別の秘書さん(幹部4人に2人の秘書さんが付いてくれています)が、「今日は、もう金曜日ですよ」。
3人で、「もう、金曜日の感覚だね」「今週も、よく働きました」(笑い)。
誰ですか、こんなに働かせるのは。すみません、反省します。(2011年8月4日)


(久しぶりの土日)
昨日土曜日は、久しぶりにお休みを頂きました。手帳を見ると、一か月ぶり、3月以来、5日目の休日でした。キョーコさんのお供で、上野の西洋美術館で開かれている古代ギリシャ彫刻展へ。大英博物館の所蔵というところに、「う〜ん」と思いつつ。イギリスに収蔵されなかったら、散逸したかもしれないし。
帰りに紀伊国屋に寄ると、読みたい本がたくさんあって、またまた買い込んでしまいました。仕事に関係する本、関心を持ち続けている分野の本、まったく関係ない楽しみの本。このうちの多くは、積ん読になるのでしょうね。
家に帰って、「さあ読むぞ」と思いつつ、お酒も飲んでいないのに、夕食後、直ちに沈没。

今日日曜日は、出勤して、来週の段取りを書き出し、たまった資料を整理しました。毎日忙しくて、自分の時間が取れません。休日は、少し広くまた先長く考えることができる、貴重な時間です。
何人か職員が出てきてくれていたので、仕事の打ち合わせをしたり、仕事を少し離れて日本の社会・経済・行政について議論をしたり。
この事務局には、全省庁、さらには日銀などからも職員が来ているので、同業他社・異業種との交流が、すぐにできるのです。それも、席を改めることなくです。その分野の専門家に、最先端のこと、難しいこと、さらには聞くのが恥ずかしいことまで、気楽に聞くことができます。これはありがたいですね。

昨日今日と、街で拾った言葉を、紹介します。
本屋のカウンターで、若い女性が「キョウサイの本って、どこにありますか」。店員さんは「・・・・」。女性客「キョウサイ試験の本です」。店員「・・・」。もう一度お客が「教員採用試験の本です」と。
そこまで省略されると、通じないでしょうね。

地下鉄の駅で、運転を止めているエスカレーターの前に、次のような掲示が出ていました。「土日、休ませてください」。
良いですねえ、このような表示は。「・・させていただきます」といった、不必要な丁寧言葉でなくて。(2011年7月31日)

(賢いパソコン)
今日、職場から、ある省の人にパソコンでメールを送りました。同時に、携帯電話で「メール読んでね」と伝えました。しばらくして、携帯電話に返事があり、「まだメールが着きません」とのこと。
宛先を間違っているかもしれないので、カラのメールを送ってもらい、その宛先に再送しました。それでも、着きません。しばらくして「迷惑メールに振り分けられていました」と、返事が来ました。
そういえば、かつても同じことがありました(2007年12月5日の記事)。今回もお願いごとだったので、パソコンがご主人様になりかわり、「迷惑だ」と判断したのでしょう。よく教育したものです(笑い)。
しかし、内閣府から割り当てられた私のアドレスで役所のパソコンから、霞ヶ関の官庁に送ったのですよ。どのような基準で、迷惑メールに振り分けるのでしょうか。やはり、内容を読んで判断したのか、送り手が私だと認識して判断したのでしょうか。(2011年7月14日)

(夏ツバキ)
わが家の玄関先の夏ツバキが、今年も花を咲かせました。京都、妙心寺東林院の沙羅双樹は有名ですが、わが家のはそんな立派なものではありません。さらに、一昨年に、真ん中の幹を枯らしてしまい、横に伸びた枝が、葉と花をつけています。白くてかわいい、そして1日しかもたないはかない花です。(2011年6月15日)

(鎌田先生の新著)
この欄にしばしば登場いただいている、鎌田浩毅京都大学教授が、また本を出されました。『マグマという名の煩悩』(2011年5月、春秋社)です。
日本の活火山は全部で108、古来言われた煩悩の数と同じ。地下にあるマグマと心の中にあるマグマ。ともに、ひとたび「噴火」すると、大変な被害をもたらします。ときに、自分も他人もほろぼしてしまう、心のマグマ。
先生からのメールには、「『煩悩の御しかた』がキーワードです。火山学者が、世の中の煩悩をなんとか減らす手だてをあれこれ考えた結果を、エッセイにしたものです」とありました。
なるほど、そういう関連ですか。
先生は、本業の方でもご活躍です。月刊『文藝春秋』6月号に「今そこにある富士山噴火・東海・西日本大地震」を書いておられます(インターネットで一部を読むことができます)。(2011年5月22日)

(仕事がはかどり、しかし片付かない休日)
土日は、仕事がはかどりますねえ。「ちょっといいですか」と、資料を持って攻めてくる部下がいなくて(笑い)。電話も鳴らず、次の会議もないし。
私は、「しなければならないこと」を分類して罫紙に書き出し、自分の仕事の進行管理をしています。(2010年1月12日の記事)。
「週末には、これを片付けよう」と、平日にはできない仕事を書きだしてあるのですが。実際は、机の上にたまった書類を片付けたり、メールに返事を書いたりしていると、それだけで終わってしまいます。
さらに、来週しなければならない仕事が次々浮かんできて、その指示書を書くのにも時間がかかります。まあ、静かな休日は、次のことを考えるのには、最適な環境ですわね。「なんで、いままで、こんなことを思いつかなかったんだろう」「これも忘れていたなあ」のオンパレードです(苦笑)。
今日も、たくさん指示書を書いて、椅子の上に置いたからね。Y参事官、F参事官、M参事官、M参事官、Y補佐、K補佐・・。(2011年5月22日)


(久しぶりの肝冷斎)
かつてこのホームページに、肝冷斎という下宿人がいました。その後、独り立ちし、個人ホームページを構えました。かなりのページ数になっています。
しかし、ここ一月は仕事が忙しいらしく、その旨を「漢文日録」や「観タマ記」で、ぼやいています。でも、また記述が復活したので、安心です。(2011年4月30日)

(椿開花)
3月に入りましたが、寒い日が続いています。ご近所のお庭では、紅梅白梅が盛りで、良い香りを運んでいます。わが家の椿が、ようやく一輪花を開きました。たくさんのつぼみが膨らんでいるので、次々と花を咲かせてくれるでしょう。(2011年3月5日)

(2月なのに春の陽気)
今日の東京は、15度を超え、4月のような暖かさでした。久しぶりに散歩した善福寺川公園も、紅梅白梅が真っ盛りでした。ミモザの花の黄色もきれいです。我が家の椿も、たくさんのつぼみが膨らんでいます。
梅にしろ桜にしろ、葉も出ない時期に、良くあれだけの花を咲かせます。枯れたように見える幹と枝の中に、それだけの材料とエネルギーを蓄えているのですね。自然の仕組みは、素晴らしいものです。
しかし、明日からは再び寒くなるとのことです。春は、まだですね。(2011年2月27日)

(久しぶりの積雪)
先日、「東京では、今年はあまり雪が降りません」と書いたら、昨日の晩から今朝にかけて、東京は久しぶりの積雪でした。夜寝る前に、家の前の道路を、雪かきしました。斜め向かいの奥さんに、「すぐ積もるわよ」と笑われながら。そのとおりで、よけた後からどんどん積もります。「でも、こうしておけば、明日の朝は少しは楽だろう」と頑張りました。
早起きしたら、5センチ以上積もっていました。車の通った後はシャーベット状です。これが融けずに凍るとやっかいなので、もう一度雪かき。今度は、斜め向かいのおじさんも一緒です。歩きやすくなりました。
今日帰ってきたら、わが家だけでなく、ほとんどの道路の雪は融けて乾いていました。少し残念ですが、その方がよいですね。(2011年2月15日)

(三連休)
三連休、皆さんはどうお過ごしですか。東京は、一昨日と昨日は冷たい雪まじりの日でした。と言っても、積もるほどではありません。昨年の日記を見たら、去年は良く雪が降ったのですね。私は、家にこもって原稿書き。おかげで、結構進みました。週2回の大学講義の準備が無くなると、こんなにもゆとりができるのかと、実感しています。
今日は、おだやかな晴れの日でした。キョーコさんのお供をして、出光美術館の琳派芸術展へ。先週は第1部を見て、今週は第2部を見ました。見応えがありますね。
その後、天気が良かったので、てくてくと歩いて帰りました。丸の内から桜田門へ、そして皇居のお堀端を走るランナーたちとすれ違いながら、三宅坂から半蔵門。そこからはまっすぐ四谷、新宿へ。新宿からは、いつものように青梅街道を新高円寺まで。丸の内から新宿までが約6キロメートル、新宿から新高円寺までが約5キロですから、合計11キロでしょうか。私は時速4キロで、さらに途中で文房具屋を覗き、本屋に寄り道してと、3時間かかりました。(2011年2月13日)


(黒川和美先生ご逝去)
法政大学教授黒川和美先生が、お亡くなりになりました。まだ64歳の若さです。とても残念です。
先生には、親しくしていただきました。気さくなお人柄で、そうそうたるメンバーの研究会にも小生を誘って下さいました。私にとって、異業種の方との交流は、勉強になりました。例えば、「世間では、交付税制度はこう思われているのだ」とか。
先生のお病気は難病でした。早い段階で、私にもお話し下さいましたが、先生流の達観したお話し方でした。昨秋にお会いし、お元気そうでしたので、安心していたのですが。ご冥福をお祈りします。(2011年2月3日)

(豪雪と火山灰)
今年は例年になく寒く、また積雪が多いようです。被害に遭われている方に、お見舞い申し上げます。鹿児島と宮崎県では、新燃岳が噴火し大量の火山灰を降らせています。
27年前、鹿児島に勤務していたときに、県庁の人たちに連れられ、霧島縦走をしました。新燃岳はその途中にあります。当時は新燃岳の活動は活発でなく、円形火口の上の縁を歩いて通過しました。縁は砂(火山灰)でできていて、切り立っていました。内に落ちると火口湖、外に落ちると遙か下まで転げ落ちるという、怖いところです。先輩たちはすいすい歩いて通過しますが、私は四つんばいで通過しました。きれいな景色とともに、記憶に残っています。早く終息することを祈っています。(2011年1月30日)

日記39から続く
表紙へ戻る
目次1へ戻る