日記41


日記42へ続く

(年末のご挨拶)
今日は大晦日。平成23年も終わりです。今年は、皆さんにとって、どのような年だったでしょうか。大震災や円高といった社会の事件に限らず、それぞれに別れと出会いがあり、満足と心残りがあったことでしょう。
私は、3月19日に官邸に呼び出され、急きょ、被災者生活支援本部の仕事に携わることになりました。去年の今ごろは、考えもしなかったことです。未来は、予測できないものですね。
引き続き、復興本部で仕事をしています。仕事は、このホームページで、日記風に報告しているとおりです。私なりに、結果が出せたと考えています。もちろん、ここまでできたのは、関係者の努力のおかげですし、復旧・復興はまだまだ道なかばです。わたしの仕事は、組織を立ち上げ、仕事がうまく回るように手配することです。これから復興が本格化します。それぞれの仕事が進むように、さらに努力します。
大学での講義は、忙しくて休講にしてもらいました。連載していた原稿も、中断したままです。いろいろと考えることや勉強したことがあり、活字にしたいと思っているのですが。いかんせん、仕事が忙しく、まとまった時間が取れません。反省。いろんな会合のお誘いも、都合が付かず、お断りすることが多いです。申し訳ありません。
私生活では、娘が3月に結婚しました。ちょうど支援本部を立ち上げる時だったので、結婚式に参加できませんでした。娘には申し訳ないことをしましたが、理解してくれたと思っています。来年4月には、息子が就職する予定です。私もそんな歳になった、ということですね。家族とも、大きな病気をせずに過ごすことができました。感謝しましょう。年賀状が、まだ書き終わっていませんが(苦笑)。
皆さん良いお年を、お迎えください。(2011年12月31日)


(年末恒例の苦しみ)
今日は、年末の30日。なのに、まだせっせと、年賀状を書いています。今年も、印刷は早くしたのですが、取りかかりが遅かったのと、なかなか、はかどらなかったのです。休日がつぶれたこと以上に、集中力が続きませんね。例によって、「千里の道も一歩から・・」と、水前寺清子さんの「365歩のマーチ」を歌っているのですが・・・(笑い)。
休憩を取っては、「体が休みを要求しているのだ」と、言い訳をしています。まあ、風邪らしい風邪も引かず、休暇も取らずにすんだのですから、良しとしましょう(言い訳です)。
毎年、この時期は同じことを書いていますが、今年は年内に終わりそうにありません。去年は29日に投函し終えたのですが。(2011年12月30日)

(年賀状の準備)
今日は、久しぶりにお休みを頂き、ゆっくりとさせてもらいました。そこで、年賀状の準備を始めました。今年もらった年賀状を分類し、転居のお知らせや喪中はがきを整理しました。千数百枚を整理するには、結構な手間がかかります。
年賀状に添えてある写真や添え書きを見ていると、時間がすぐに過ぎます。懐かしい思い出もよみがえり。33年も社会人をやっていると、いろんな人にお世話になりました。中には、住所と名前だけでは、誰だったか思い出せない人もいて(すみません)。
新しい年賀状は既に印刷してあるのですが、今日は、ここまでで挫折。明日も出張なので、書き始めるのは、いつのことやら。(2011年12月17日)

(パスタとイタリアの歴史)
池上俊一著『パスタでたどるイタリア史』(2011年、岩波ジュニア新書)が、面白く勉強になりました。いまや日本でも、イタメシとして定着したパスタ。私が子どもの頃は、スパゲッティかマカロニと呼びましたが。
その歴史を、ローマ時代から現代まで、イタリアの住民の歴史とあわせて解説した本です。ジュニア新書ですが、大人も十分に楽しめます。(2011年11月30日)

(奈良通)
奈良まほろばソムリエ」を、教えてもらいました。奈良をどれだけ知っているかを試す試験です。各地でも「××学」「××通」の試験や認定がありますよね。
あなたは、どれだけ答えられますか。過去問に挑戦してみてください。難しいですよ。(2011年11月7日)

(国会答弁)
今日は、参議院総務委員会で、政府参考人として答弁をしました。委員会で答弁するのは、久しぶりです。
答弁し終わったら、質問者の又市征治議員が、「岡本さんは、総務委員会では久しぶり。忙しいだろうから、仕事に戻ってけっこう」と、発言してくださいました。実際に忙しいので、退席させてもらいました。
総務委員会は顔見知りの人が多く、恥ずかしかったです(笑い)。(2011年10月27日)

(今日は金曜日)
今日は、金曜日。今週も、怒濤の日々が過ぎました(笑い)。今週は、福島県との協議会、そこでもらった宿題の整理、臨時国会に提出する法案の準備と関係者への説明などなど。たくさん仕事がありました。それなのに、夜には、異業種の方や同業他社の方と「意見交換会」を入れて(苦笑)。
昨日から、臨時国会が始まりました。最近は臨時国会がしばしば開かれ、その間の休会期間でも、閉会中審査があって、国会担当班は、ほぼ年中休みなしです。質問通告がなかなか出なかったりで、夜遅くさらに朝早くまで残業が常態化しています。申し訳ありません。来週は、大臣所信表明に対する質疑から始まります。(2011年10月21日)

(秋の3連休)
秋の3連休、多くの地域では、天候にも恵まれました。運動会や行楽に出かけられた方や、ゆっくりと休日を楽しまれた方も多いでしょう。
私も3日の内、2日はお休みを頂き、家族や友人との「不義理の穴埋め」に励みました。今年の3月に被災地支援の仕事に就いて以来、手帳を見ると、これで10日休んだことになります(苦笑)。
今日は出勤し、いつものように、たまった資料やメールを処理。これからしなければならない仕事を書き出し、進め方を考え、部下に指示を出し、ひとまず終了。職員は連休明けに出勤して、机や椅子の上にある私からの指示書を見たりメールでの指示を見たら、元気がなくなりますかねえ(笑い)。
ところが、復興特区や復興庁の法案を作成している職員たちは、今日も出勤してくれています。申し訳ないことです。我が事務局の忙しさを、「普通の霞ヶ関並みにすること」も、次の大きな課題です。法案ができ、国会審議を経て成立したら、次の段階に入るのですが。
一方で、第3次補正予算の概要がまとまったので、地方自治体に説明に行くことや、市町村が取り組んでいる復興計画策定の支援に入ることも、急ぎの仕事です。明日11日の夕刻から岩手県に入り、翌12日にいくつかの市町村で、復興計画策定の視察をする予定です。(2011年10月10日)

(早く過ぎる時間)
今日は10月3日。いつの間にか、10月ですね。私にとって、今年は、これまでになく時間が経つのが早いです。「いつの間に夏が過ぎたんや!」と言っているうちに、9月も過ぎてしまいました。余裕がないことは、いけませんね。反省。
今年はクールビズが、10月まで延長されました。今朝、仕事の都合で、職員に早朝出勤をお願いし、私も少し早めに出勤。ネクタイなしの姿で家を出たら、涼しくて、もう一度着替えに戻りました。ネクタイを締め、ジャケットとズボンを秋物に替えて、出直しました。
忙しくしていると季節が分かりませんが、お向かいのキンモクセイの香りとこの涼しさで、秋を感じました。(2011年10月3日)

(今日の1日、小学生の日記。小人の満足)
今日は土曜日。ゆっくりと出勤して、たまった仕事のお片付け。部下からの「針の山突き上げ攻撃」もなく(1件ありました。「あの資料、まだですか?」と)、電話は鳴らず。仕事が、はかどりますねえ。上司からの「シャワー」は、携帯電話による1件だけでした(針の山の突き上げと降ってくるシャワーについては、8月28日の日記を参照してください。笑い)。
机の上や電子メールに入っている、部下からの「見ておいてください」という資料に手を入れ、次々と返却。昨日までに浴びた「シャワー」の内、まだ部下に具体的指示をしていないもの、返していないものを考えて、ひとまず終了。
そのほか「しなくては」とメモをしてあった課題を、ゆっくりと検討。たまっていた資料に目を通し、必要なものをそれぞれの半封筒に分類し、多くは廃棄。まだまだしなければならないこともありますが、夕方にはさっさと退社。

帰りに本屋に寄って、近所の商店街をぶらり。地酒専門店(小さなお店なのですが、冷温酒蔵にはいろんな地域の日本酒が並んでいます)で、ご主人に4合瓶を選んでもらい、帰宅。近くのキンモクセイが、良い香りを運んできます。ゆっくりとした、満足できる一日でした。
秘書さんには、月曜日に「また休みの日に出てきて、仕事したでしょう」と、しかられるのですが。
と書いていたら、指示を出していた件について、メールで職員から返事が来ました(19時過ぎ)。「再度、このように修正したいのですが。見てください」と。ごめん、休日に仕事をさせて。

なお、仕事が片付かなくても満足し、片付いても満足することについては、肝冷斎の9月29日のありがたい講話を参照してください。もっとも、孔子様は君子としての優れた態度であり、私のは小人としてのええ加減な態度なので、全く違います。(2011年10月1日)

(あっという間の6か月、すぐに忘れる3か月)
このホームページを加筆していると、過去に書いた記述を、読み返す時があります。今日、9月18日の「瀬島龍三さんの教え」を、「仕事の仕方」のページに移す作業の途中で、6月3日の「今日の日記・支援本部での一日」を読み返しました。
すっかり忘れていました。まだ、復旧に大わらわだった頃の日記です。大変だったのですよ、当時は。でも、今となっては、懐かしいですね。小学生の日記でも、書いて残しておくと、意味がありますね。まだ、たった3か月前のことなのですが。
当時は、日曜も休みもありませんでした。布団に入ってもいろんなことを考えて。明け方には、その考え事の続きで目が覚めて。出勤すると、7時でした。守衛さんと仲良しになりました(笑い。「今日の失敗・あいさつ」(4月27日の記事)。
それに比べると、今は、出勤が少し早いだけです。そのうちに、土曜日曜日は、休めるようになるでしょう(願望)。(2011年9月21日)


(がんばれK記者)
今日は放課後、某新聞記者の歓送会に、行ってきました。結構長い付き合いです。適確な質問をする記者、政局でなく政策を勉強する記者さんは、応援したくなります。
今度、被災地に応援として派遣されます。永田町や霞ヶ関では、災害や復旧の実際は分かりません。やはり記事の基本は、現場です。苦労すると思いますが、活躍を期待します。どんどん、署名記事を送ってください。紙面に取り上げられなかったら、私のように、個人ブログを書きましょう。がんばれK記者。(2011年9月20日)

(小学生の日記ではなく、おじさんの日記)
今日は現地視察がなく、ゆっくりと職場で、資料の整理とこれからする仕事を考えることができました。土日に出張が入ると、この時間が持てなくて。平日は、大臣からシャワーのように降ってくる指示と、針の山のように突き上げてくる部下からの報告と相談で、自分の時間を持つことができません。
復興本部が取り組まなければならない仕事とそのスケジュールは、26日にも書いたように、「作業計画」として一覧表にできました。これで、次長としての私の仕事は、半分完成です。しかし、どんどん間口が広がり、取り組む仕事が増えたので、各項目が抱える課題も多いのです。
また、いつものように、後で読もうと取ってある資料に目を通し、捨てたり分類したり。部下からの相談に、とりあえずの指示を出してあるものを、もう一度じっくり考えて追加の指示を出したり。思いついて走り書きしておいたことを、指示書に書き換えたり。F参事官、M参事官、M参事官、T参事官、K参事官、Y参事官、M参事官、ごめん。
でも、すべての書類は片付きませんでした。新聞切り抜きも、たまる一方です。毎回(7月31日、5月22日)、同じようなことを書いていますね。

先日、息子としゃべっていたら、「最近、お父さんは、同じことばかり繰り返す」と批判されました。私は「歳を取ったからなあ。役所でも、同じ言葉を繰り返しているらしい。もう、お前の時代だ。頼りにしているよ」と言ったら、息子は黙って自分の部屋に逃げていきました。(2011年8月28日)


日記40に戻る
表紙へ戻る
目次1へ戻る