日記42

日記43へ続く

(最近の地震と富士山噴火・専門家の解説)
ここ数日、「富士五湖」周辺を震源とする地震が頻発し、震度5弱も起きました。その分野の第一人者である鎌田浩毅京大教授に問い合わせたところ、次のような回答がありました。
先生には、私だけでなく、たくさんの方面から問い合わせがあるとのことで、「全勝のホームページにこの回答を載せて、みんなに紹介せよ」との指示を受けました。以下、先生からの回答です。

問題となっている地震は、
1月28日7時43分 山梨県東部・富士五湖 マグニチュード5.5(震度5弱)
1月29日16時46分 山梨県東部・富士五湖 マグニチュード4.7(震度4)などです。
まず深さが20キロほどで、昔から地震が比較的よく起きる場所です。いわゆる「山梨県東部の地震の巣」の中で発生したものでしょう。
皆さんが心配している下記の活断層「神縄・国府津-松田断層帯」ではありません。これは日本列島の活断層のなかで発生確率が16%と最も高いもので、予測規模は最大M7.5です。

昨日からニュースでは「富士五湖」や「忍野村」に反応しているようですが、震源をみると富士山のマグマだまりに直接関係する地震ではありません。これは、「フィリピン海プレート」に押されることによってできた「逆断層」の地震です。たとえば、去年3月15日に富士山直下で起きたマグニチュード6.4や、8月1日に駿河湾で起きたマグニチュード 6.2と同類です。
実は、東日本大震災の発生直後から、伊豆半島の北方で地殻変動が活発になっているので、このタイプの地震は今後もかなり起きるでしょう。
 
気象庁は「富士山活動とは無関係」と発表していますが、その通りです。一方、近くにある富士山のマグマだまりを揺すり続けている可能性はあるので、警戒は必要です。
富士山は300年間もマグマをため続けており、現在は噴火スタンバイ状態にあります。もし噴火に至る場合には、必ず前兆現象が出ますので、心配は要りません。前兆現象の経過については、下記に分かりやすく説明しましたのでご参照下さい。
もし富士山が噴火したら』(東洋経済新報社)
富士山噴火』(講談社ブルーバックス)
この機会に、富士山噴火の防災に関する点検と学習をしていただければ幸いです。京都大学教授 鎌田浩毅

それにしても、東京ではよく揺れます。(2012年1月30日)

(飲んでからも勉強できるか)
「この土日は、仕事がはかどりましたか?」という質問が来る前に、自己申告します(笑い)。
昨日(土曜日)は出張がなく、仕事がはかどりました。今日(日曜日)は、職場のビルが全館停電で立入禁止でした。家で少し資料整理をした後、キョーコさんたちと日本橋三越の日本画展へ。その後、例によって紀伊國屋書店を散歩し(読まないであろう本を買い)、大学教授と打ち合わせを兼ねた懇談。
先生に、負けました。先生は、私より年上です。私より勢いよく飲んでおられたので、次のような質問をしました。
全:先生、飲んだらその後、本を読めませんよね。
先生:今日は、妻が大河ドラマの後、韓国ドラマを見るので、私は書斎に逃げて原稿を書きます。
全:はは〜。わが家も同じですが、私は「ダーウィンが来た」を見て、お風呂に入り、布団の中で少し軽い本を読んで、轟沈です。
先生:でも、全勝さんは、ブログを書くんでしょ。あれだけ続けると偉い。
全:酔ってから書くと、危ないんですよね。
先生:現職の官僚で書くこと自体が、危ないですよ。

で、今日も酔っているのに、こんなことを書いています。反省。(2012年1月29日)

(国会質問)
26日から、衆議院本会議で、代表質問が始まりました。27日は、参議院と衆議院とで、代表質問があります。ほとんどの問いは総理答弁ですが、復興本部が答弁資料を作成する問いが結構あります。
質問が判明するのが夜になること、さらに前例のない質問ばかりなので、作成が大変です。私は、自宅のパソコンに、職員が作ってくれた原案を送ってもらって、確認する方法にしています。ごめん、私だけ早く帰宅して。
今日は、深夜までかかりそうです。よって、今晩はこのホームページの加筆を、お休みにします(ということを加筆しました。苦笑)。(2012年1月26日、28日)

(またまた、仕事のはかどる週末)
昨日(土曜日)、今日(日曜日)と出張がなく、ゆっくりと資料の整理と仕事の課題を考えることができました。これからしなければならないこと、し残していること。ゆったりと考えると、いろいろと「発見」できます。
「平日は毎日、何をしているのですか」とお叱りを受けそうですが、前例のない仕事、「去年の例」がない職場なので、仕方ないですね。職員に「去年通りやっておいて」ということができないのです。みんな、頑張ってくれているのですが。
私が指示書を書いておくので、部下職員は、明日出勤しその指示を見て、「仕事が増える」ことになります。ごめん。

「ゆったりと」と書きましたが、何人かの記者さんから電話やメールが来て、「邪魔」をされました(笑い)。各紙がニュースの「先取り合戦」をするので、「出し抜かれた社」が、そのニュースの確認やら、新しいことがないかを聞いてくるのです。すると、A社はB社の記事を確認し、B社はA社の記事を確認する、追いかけっこになります。数日早く書いても、日本社会も現地の復興も変わらないと思うのですが。そのエネルギーを、もっと他のところに使う方が生産的だと考えるのは、私だけでしょうか。
2日間ありましたが、残念ながら、予定していた仕事を全て片付けるところまでは至りませんでした。でも、いくつか気になっていた課題を整理できたので、満足しましょう。読もうと取ってある仕事以外の資料は、また鞄の中で出勤と帰宅を繰り返すのでしょうね(反省)。(2012年1月22日)

(保温便座の節電)
職場のトイレなどで、気になることがあります。便座の蓋が開いていることです。保温便座の場合、蓋が開いていると熱が逃げて、電気を無駄にします。蓋を閉めると、10%の節電になるそうです。
かつての職場では、「節電のために、蓋を閉めましょう」と、注意書きが貼ってありました。(2012年1月21日)

(東京はこの冬初めての雪)
東京は、夕べから降り出した雪で、今朝は車の上などに、うっすら雪が積もっていました。昼も、みぞれ交じりの雨でした。雨も久しぶりです。玄関脇に植えてある水仙が、1輪花を咲かせました。
今週も、あっという間に、怒濤のような1週間が過ぎました。毎日忙しくしていると、手帳を見ないと、昨日一昨日に何をしたのか、思い出せません。(2012年1月20日)

(仕事の進む休日)
今日は土曜日。ゆっくりと出勤して、机の上に置かれている部下からの報告やメールでの相談に、手を入れ返却。次に、これからしなければならないことを考え、部下への指示書を作成。ゆったりとした時間がないと、じっくりと考えることができません。少し落ち着いて、第三者的に眺めると、し残している課題が見つかります。
そして、資料の整理。私は、課題ごとに半封筒を作り、資料を入れています。しかし、定期的にその中味を整理して捨てないと、すぐに封筒が満杯になります。
さらに今日は、急ぎでなく積んだままの書類の山を崩すことに挑戦。昨年の秋の資料が出てきたり。1日かけると、かなり捨てることができました。

平日は、部下からの報告と相談の攻撃、それも連続攻撃で(笑い)、自分の時間が取れません。毎月初めには「今月から、普通の霞ヶ関並みの忙しさに戻すぞ」と、叫んでいるのですが。休日も、相変わらず出張が多く。年末年始に4日も休んだこと、最近は夜に会合を入れることが多いことが、時間を取れないことの原因ですね(反省)。朝1時間早く出勤するくらいでは、時間を確保できません。
電話と部下からの攻撃がないと、はかどりますねえ。忙しく部下の相手をしていると、それはそれで仕事をした気になるのですが。それは、私の任務の一部でしかありません。先を読んで、仕事を円滑かつ効果的に進めること。漏れがないようにすることの方が、重要です。今日は幸せな気分になりました。ささやかな喜びです(しょっちゅう、同じことを書いています。苦笑)。

職場では、2月の復興庁開設に向けて、職員の机の増設と配置換えを行っています。部屋も増やします。今日は作業の日なので、出勤した職員は「動かない机」を探して、仕事をしていました。ありがとう。(2012年1月14日、15日)

(鎌田先生の新著・富士山が噴火したら)
鎌田浩毅・京都大学教授が、またまた本を出版されました。『もし富士山が噴火したら』(2012年、東洋経済新報社)です。先生の本はいつも読みやすいですが、今度は漫画とクイズが入った、さらに読みやすい本です。いろいろと工夫して、サービスしてくださいます。先生の似顔絵も、良くできています(失礼)。
東京出張中に富士山の噴火に遭遇した場合の、身の処し方が、話の展開になっています。
私は、鹿児島勤務時代に、しばしば桜島の噴火を経験したので、かなり良い正答率でした。でも、多くの方は、火山の噴火はご存じないでしょうね。しかし、実際に首都圏が灰まみれになったら、大変です。どうなるか。本屋で、手に取ってみてください。(2012年1月4日)

(清明上河図)
今日は、意を決して、上野の国立博物館へ。故宮博物院展で、清明上河図を見てきました。かつて本で見て、いい絵だなと思っていました。ホームページで確認しても、行列することはわかっていたのですが。今日行っておかないと、このあと休日をもらえるかどうかわからないので、決心しました。
家族3人で並びました。結果は、入場に1時間、清明上河図に2時間待ちでした。そのほかの展示物も入れて、5時間かかりました。久しぶりですね、こんなに並んだのは。ひょとして、1970年の大阪万博以来かも(笑い)。
インターネットで見て、かつ会場での拡大写真と解説を見たので、良くわかりました。拡大図や解説なしに実物を見ても、小さくて、そして経年によるくすみで良くわかりません。さらに、立ち止まって見ることも、できませんし。やはり、その精密さにびっくりです。
さて、私は、明日から仕事です。皆さん、ゆっくり休んで、頑張りましょう。(2012年1月2日)

(新年のご挨拶)
明けまして、おめでとうございます。皆さん、良いお年をお迎えのことと存じます。お正月も出勤しておられる方々、交通機関、商店、消防、警察、病院、もちろん郵便職員にも感謝をします。
私は、今日が誕生日。57歳になりました。若い人から見ると、えらい歳を取ったおじさんですよね。私も若い時に、先輩たちをそう見ていましたから。なかなか、そんな貫禄は付きません(反省)。これも、毎年同じことを書いています(苦笑)。
いつものように、キョーコさんに立派な鯛(お正月用と誕生日祝と、1尾ですみます)を出してもらい、満足。息子と近くの氷川神社にお参りし、たくさんのお願いをしたあと、残った年賀状を書き上げました。
今年は、700枚で勘弁してもらいました。申し訳ありません。たくさんの方から頂いていながら、返事を出さずに。総理秘書官の時に、印刷したのに1枚も出さなかったことに比べれば、良しとしましょう。「今どき、宛名も手書きですか」とあきれられていますが、私の下手な字を待っている人もおられるので、宛名と添え書きを万年筆で書いています。まあ、年に一度のペン習字の時間ですね。
今日いただいた年賀状には、「テレビで観たよ」とか「頑張ってください」との、励ましの言葉が多かったです。ありがとうございます。
皆さんにとって、今年が良い年でありますように。(2012年1月1日)


日記41戻る
表紙へ戻る
目次1へ戻る