日記43


日記44へ続く

(仕事のはかどる日曜日)
今日は、たまった仕事を片付けに、出勤。私は、比較的仕事を片付けるのが早いほうだと、思っているのですが。山のような課題に対しては、なかなか進みません。
せっせと書類を片付けていると、あのS参事官とS補佐(3月30日の記事)が、「ちょっといいですか」と攻撃をかけてきました。「いやや」と、言いたいところですが。
「ちびまるこ」(東京では日曜の18時から放送)を家で見ようという決意もむなしく、「サザエさん」(同じく18時30分から放送)も見ることができませんでした。もっとも、私は「ダーウィンが来た」(19時30分から)を見るために、彼らを残して先に帰りました。紀伊国屋の本屋にも、寄りたいし。(2012年4月8日)

(お花見と最近の記事)
今日は、キョーコさんと美術館に行った後、息子と善福寺川沿いの桜並木を散歩しました。ご近所の奥さんに「今、仕事から帰りですか」と声をかけられ、「いや〜、最近は土日に、休みがもらえるのですわ」と、答えることができました。
各地でも、お花見が大盛会だったのではないでしょうか。今日の東京は寒くて、たくさんの花見客はコートにくるまって、お酒を飲んでおられました。

さて、最近のこのホームページで、反響の大きかった記事を取り上げます。
第1は、「英会話能力」(4月3日)です。多くの人が、「私も同じです」と。中には、「『Yes・・・はい、確かに予算内でいけますけど・・ここは黙ってやりますよ』を、日本人の上司を相手に、しばしば使っています」という人もいました。
第2は、「勤務姿の記念」(3月31日)でした。「部下と仲良く仕事をしているのですね」とか、「遂に、毛が3本になったのですか」とか。いいえ、部下と仲良くではなく、部下からあまり尊敬されていないということでしょう(笑い)。髪の毛はもう少しあると思うのですが。サザエさんのお父さんの波平さんは、54歳で1本ですよね。
今日も、しょうもない話で、すみません。(2012年4月7日)

(人は記憶を作る)
4月4日の日経新聞夕刊「こころの玉手箱」に、益川敏英先生(ノーベル賞受賞者)が、次のような経験を書いておられました。
・・大学の学生時代、友人たちと映画を見た後、感想を語り合った。登場した女性について、ある者は「黄色い色の服を着ていた」と言い、別の人は「赤い服だった」と言う。また別の者は「違う、青色だった」と、てんでばらばらな議論になった。
そこで、確認するために、もう一度映画館に行こうと提案した。ところがその映画は白黒映画だった。色がついているはずがない。みんなキツネにつままれたような表情だった。
人間というものは、記憶を作ってしまうものだということが、その夜の議論の結論だった・・(2012年4月5日)。

(英会話能力)
地下鉄で、たいへん共感を覚える広告に、であいました。語学学校の宣伝です。
思わず、笑ってしまいました。本当は、深刻な状況なのですが。次をクリックして、ご覧ください。
その1、I see・・ I see・・  ええ、わかります。半分くらいは・・。
その2、Yes・・ はい、確かに予算内でいけますけど・・。

その内容といい、俳優さん?の表情といい、出色ですね。そう思うのは、私だけでしょうか。(2012年4月3日)

(復興宝くじ、気持ちよく寄付に)
昨日23日に、復興宝くじの当せん番号が決まりました。皆さん、どうでしたか。
今朝の新聞各紙にも出ているように、660億円の発売予定に対し、1,104億円を売上げました。そのうち490億円が、被災地の復興に役立てられます。
ハイ、私も気持ちよく、?千円を被災地に寄付する結果になりました。「5億円当たったら、どうしよう」と、密かに心配していたのですが。今回も、心配しなくて良くなりました。(2012年3月24日)

(消費税増税などの議論)
今日は、民主党からの要請があり、「社会保障と税の一体改革合同会議」に陪席しました。いわゆる消費税増税法案の、与党による事前審査です。17時30分から23時30分まで、6時間の会議でした。今日は結論が出ず、明日も引き続き議論されるとのことです。
今夜は、高校時代の友人たちが、私の慰労会を開いてくれたのですが、私を抜きに盛り上がったとのことです(笑い)。(2012年3月21日)

(今年は遅い椿)
先日ようやく、玄関の椿が、一輪咲きました。早速メジロが来たらしく、花びらは傷ついています。二輪目のつぼみが、大きくなっています。今年は寒さのせいか、花が遅れました。水仙は、いまだにきれいに咲いています。(2012年3月15日)

(鎌田先生の新著)
京都大学の鎌田浩毅先生が、またまた本を出されました。『地震と火山の日本を生き延びる知恵』(2012年、メディアファクトリー)です。
今回は、各章のはじめに、室井滋さんとの質疑が付いています。「普通の人代表」の室井さんが、地球科学者の先生に質問をする、突っ込みを入れるという仕掛けです。
先生によると、今回の本は、「生きのびる」がポイントで、「生きのびる」には今までと違う 「知恵」が必要というメッセージだそうです。(2012年3月7日)


(東京は久しぶりの積雪)
東京は、明け方から雪が降り始め、午後まで降っていました。報道では、積雪は2センチメートルとのことですが、わが家の周辺は結構積もりました。道路では、車のタイヤの跡だけ雪がなくなり、そのほかのところに残っています。これが凍ると滑るので、例によって雪かきをしました。
玄関脇で咲いた水仙は、一つの茎に6つほどの花が次々と咲き、華やかです。1月20日に咲き始めたので、長く咲いています。(2012年2月29日)


(どっちもどっち、土曜日は休日)
昨日の日曜日と今日の月曜日は、福島への出張でした。土曜日は出勤して片付けをしたかったのですが、職員からしかられるので、お休みを頂きました。
今日、出張から戻って職場でパソコンを開き、たまったメールを処理しました。中に、25日土曜日付の職員からのメールがありました。その職員との会話です。
全勝:あんた、土曜日に出勤しているじゃないか。私には、「土日には休め」と言っておきながら。
その職員:統括官は出勤してはダメです。
(2012年2月27日)

(おやすみ終了)
先週金曜日からお休みを頂いて、今日火曜日で5日になります。お医者さんの言いつけを守ったので、明日から出勤します。
職場のみんなには申し訳ないのですが、神様の命令と思って、安静にしていました。私がいなくても、いいえ、いない方が、職場の仕事は円滑に進むのでしょうが。
日頃働いているときに、時間が経つのは早いですが、寝ていても、時間が経つのは早かったです。丸4日間以上、ほぼ眠っていました。ふだんだったら、こんなに毎日、長時間寝ることはできないでしょう。寝転がっても、たぶん本を読んだはずです。何もせず、何も考えず睡眠ばかり。やはり、病気だということですか。
次回は、元気な状態で休みがほしいですね。(2012年2月21日)

(医学の進歩)
今回、インフルエンザにかかって、医学の進歩を目の当たりにしました。
まず、検査です。先生が私の症状を聞いて、「じゃあ、検査をしましょう」とおっしゃいました。私は「結果が出るまで、何日かかるのですか?」と質問。先生曰く「5〜6分ですよ」。
長い綿棒で鼻の奥をこすられ、それを小さな検査キットに移します。5分も経たないうちに、私の場合はAと示したところに線が出て、「A型のクロ判定」でした。仕組みは、このようなもの(協会の解説)らしいです。私が使ったモノとは違いますが。
次に、治療薬です。イナビルという新薬です。これも先生の説明を受けながら、とんちんかんな質問を繰り返しました。錠剤ではなく、粉を口から吸入することは理解できました。
私「で、毎日、何回飲むのですか。食後ですか?」。先生「1回です」。私「毎朝ですか」。先生「いいえ、1回です」。なんと、その日に1度飲めば、それで終わりでした。
なぜ効くかの仕組みは、この解説のようです。使用法は、会社の説明のページをご覧ください。2010年から発売されているとのこと。医学は進歩しています。
別途、解熱剤は飲みましたが。かつては、痛い注射を打ってもらい、毎食後に薬を飲むと、「病気を治しているなあ」と実感できました。今回は、何か拍子抜けでした。もっとも、そう簡単に体力は戻らず、引き続き、布団の中で、安静を続けています。(2012年2月20日)

(残念な8,100,001番)
「私も、少々お疲れ気味で・・。お互いに、気をつけましょう。」と、このページに書いたのが、16日の木曜の夜でした。翌17日金曜日の朝から体調が悪く、ただごとではないので、午後に早引けをして病院に行きました。
検査の結果、インフルエンザA型。予防接種もしたのですが、かかってしまいました。先生曰く「疲れているからですよ」。はい、思い当たるところ大です。
この冬のインフルエンザの流行は、下火になりつつあります。新聞によると、これまでに810万人の人が、かかったそうです。よって、私は810万1人目でしょうか。1億2千万人のうち8百万人ということは、15人に1人です。結構な数の人が、伝染しているのですね。

記憶にある限り、私はインフルエンザにかかったことがありません、普通の風邪と違って、とてもきついことを思い知らされました。しんどいですわ。
新薬のおかげで、翌土曜日にはかなり体調は戻り、熱も下がりました。しかし、今日日曜の夕方まで丸2日間、家族から寝室に隔離され、食事と手洗い以外は、ず〜と寝ていました。いくらでも、寝ることができます。というか、起きていられません。
ようやく、ホームページを加筆するまで回復しました。回復してもウイルスをまき散らす恐れがあるので、先生の命令により、火曜日まで自宅で謹慎します。申し訳ありません。(2012年2月19日)

(寒い日本列島)
寒い日が続いています。今日は、帰宅途中で、ちらほらと雪が舞っていました。もちろん、北国の大雪や寒さに比べれば、東京は大したことはありません。職員に聞くと、インフルエンザによる学校の休校が増えているとのことです。
私も、少々お疲れ気味で・・。お互いに、気をつけましょう。(2012年2月16日)

(最近の肝冷斎)
肝冷斎が、調子良さそうです。肝冷斎は、かつてこのホームページに下宿していましたが、独り立ちしてホームページを作っています。最近は、毎日、中国古典の漢文の解説を、しかもかなりの分量で書き続けています。仕事が順調なのか、体調がよいのか。
なるほどと、勉強になる話が多いです。しかし、少々専門的すぎるのと、奇っ怪な話も多いので、凡人には近づきがたいところがあります。(2012年2月7日)

日記42へ戻る
表紙へ戻る
目次1へ戻る