日記44


日記45へ続く

(東方見聞録)
マルコ・ポーロの『東方見聞録』って、皆さんご存じですよね。でも、読んだ人は、どのくらいおられるでしょうか。私も、読んだことがありませんでした。
岩波書店から翻訳が出たので、読みました(他に文庫本もいろいろあるようです)。買った後、布団の横に積んであったのですが、手を出したら、あっという間に読めました。訳文も平易で、読みやすいです。
今から700年前、日本に元寇が攻めてきた頃、イタリアから中国(元)まで旅行した際に見聞きしたことを書いたものです。
今読むと、「いい加減なことを書いているなあ」と思うところも多いですが、当時のヨーロッパ人が、中国やインドをどう見ていたかがわかります。挿絵も、どう見ても中国ではなく、ヨーロッパ風の建物や人たちです。
その後、この本を書き換える人が出てこなかったのでしょう。ポーロの旅行は、モンゴルがアジアの東から西までを支配したので実現した旅行でした。数多くの国が支配し、争っている状態では、安全に旅はできなかったのです。
ところで、「この地の人たちが偶像崇拝者で、死者を火葬する」という話が、何度も出てきます。これって、仏教徒のことです。よほど気になったのでしょう。
ご承知の通り、日本も、金がたくさんとれるサパング(ジパング)として出てきます。(2012年7月21日)


(後輩たちの結婚)
今日の放課後は、元部下と現部下の結婚を祝う会でした。それぞれ、今回めでたく入籍しました。
新郎2+新婦2=4人を招待し、同僚が集まってお祝いしました。新婦を交えて楽しい会(新郎の実情を暴露する会?)でした。このような会は、うれしいですね。お幸せに。(2012年7月17日)

(リゾートホテルでの結婚式)
15日16日と、後輩の結婚式で、沖縄に行ってきました。親族の方に挨拶したら、「あなたを見たことがあります」と言われました。「テレビででしょ」と答えたら、「そうだ!」と思いだしてもらいました(苦笑)。
会場は、きれいな浜辺に建つ豪華なリゾートホテル。かつ三連休なので、子供連れの親子やおじいちゃん夫婦を加えた三世代の家族連れでいっぱいでした。
当方は、主賓の挨拶をしなければならないので、濃紺のスーツにネクタイ姿です。結婚式場や披露宴会場ではよいのですが、ロビーや廊下では場違いなこと、この上なしでした(笑い)。
もちろんプールや海水浴場もあるのですが、革靴では行けないし、酔っ払っておぼれたら新聞に載るので、やめておきました。そんな時間は、ありませんでしたが。
飛行機の中やホテルでの夜など、本を読む時間はとれました。邪魔は入らない、他にすることもない。専念できますね。そう思って、少し「重たい本」を持って行って、正解でした。
本を読みながら、「次回、このホテルに休暇で来たら、何をするのだろうか」と悩みました。「リゾートホテルで、ゆっくりと何もせずに過ごす」というのは、今の私の辞書にはなさそうです。貧乏性なのでしょう。
退職したら、キョーコさんと海外旅行に行こうと、約束しているのですが。熟年のおじさん一人ではどうしようもありませんが、夫婦だとそれなりに過ごすことができるのでしょうか。(2012年7月16日)


(拙著の古本)
いくつか本を出版したのですが、すべて古くなって、古本でしか手に入りません。その点、アマゾンは優れものですね。時々検索しては、「へ〜、こんな値段がついているのだ」と驚いています。
古い本は、表紙の画像が載っていませんでした。ところが最近、1995年に出版した『地方交付税−仕組みと機能』まで、表紙が載りました。どなたかかが、写真を撮って載せてくださったのですね。(2012年7月11日)


(仕事と仕事の延長と)
今日は、参議院予算員会で、政府参考人として答弁に立ちました。NHKのテレビ中継も入っていました。答弁は簡単で、災害関連死者数を答えるものでした。
結構たくさんの人が見ておられるのですね。「見たよ」とか「いつものしゃべり方と違うじゃないか」といった反応を、もらいました(笑い)。
放課後は、省庁改革本部時代の同僚との、定期的同窓会でした。1998年から2000年までだったので、それから12年もたつのですね。私がまだ駆け出しの参事官だった頃です。そのうち2人とは、復興庁でまた一緒に働いています。
海外勤務から一時帰国している人や民間企業の方などが集まり、近況報告に花が咲きました。(2012年7月10日)

(結婚30年)
7月3日に、結婚30年を迎えました。よくまあ続いたものです。これは、私が言う台詞ではなく、キョーコさんが言う台詞ですが。
いつもの繰り返しになりますが、未来は遙か先に思えるのに、過ぎた過去は早いですねえ。子供が成長し、仕事もいろんなことを経験させてもらいました。健康で過ごせたことも、ありがたいことです。これまでの経験を、少しでも後輩たちに教え、また社会に還元していきましょう。(2012年7月3日)

(博物館、美術館巡り)
先週の週末のことですが、「発掘された日本列島展」に行ってきました。私は、明日香村に生まれ、掘れば遺跡が出てくるところを見て育ちました。この道に進まなければ、考古学者になりたかったのですが。そこで毎年楽しみにして、見に行っています。
毎回、「こんなものが埋もれていたのか」と、驚くばかりです。これらは、運良く埋もれて、運良く発掘されたのですから、残らなかったものには、すごいものがあったのでしょうね。黒曜石からナイフを取った残りの復元はすごいです。3万年前だそうです。イヌの埴輪は、かわいいですよ。
ちょうど、文化庁の調査官が解説してくださるところに、行き会わせました。一人で展示を見ているだけではわからないことを、たくさん教えてもらいました。しつこく質問して、ごめんなさい。毎週土日の13時からと15時からだそうです。お得です。
さらにキョーコさんと、東京芸大美術館の「高橋由一展」、今日は、山種美術館に「福田平八郎展」を見に行きました。「漣」は良いですね。
これくらいのお休みは、いただけるようになりました。(2012年6月24日)

(お菓子の包装)
6月11日の朝日新聞夕刊「うちへおいでよ。成長企業」は、「フジキカイ」でした。この会社は名古屋にあり、包装機械を製造販売しています。
私が「これか」と思ったのは、次のような話です。
この会社の機械が、一つ一つのお菓子を包装しているのです。私が子どもの時は、お菓子とくに飴やキャンディなどは、包装紙の両端をねじった包装でした(ツイスト包装と言うそうです)。それが、最近は、枕のような形をした透明なフイルムに入っています。その両端を圧着してあって、そこから破って開きます。クッキーやマドレーヌなどもそうですよね。これを、ピロー包装というそうです。紙の箱を開けると、このピロー包装のお菓子が並んでいます。あるいは、ピロー包装された小袋が、大きなピロー包装の袋に入っています。ポテトチップスやえびせんなども。
この会社は、この包装機械を作っているのだそうです。ふーん。会社のホームページを見ると、もっといろいろなものを包む機械が並んでいます。(2012年6月11日)


(欧米語に少ない擬音)
5月31日朝日新聞夕刊「ニッポン人脈記・日本語の海へ」は、擬音と擬態語(オノマトペ)でした。
世界30か国以上で翻訳されている、尾田栄一郎さんの「ワンピース」。主人公が敵に向かって走り出す場面で、「グアッ」と音が書かれている部分が、英語版ではそのままアルファベットで、GWAAAと記載されています。敵を蹴る場面で「タンッ」という音も、フランス語版では「タンッ」と日本語のままで、「KICK」と補足してあるのだそうです。
欧米語では、オノマトペの多くを、動詞で言い換えるとのこと。ニコニコは、英語ではsmileになります。
玄関のチャイムが鳴ると、わが家では「チャイム」とは言わずに「ピンポンが鳴った」と言います。相手の答が正しいときの返答は、少し発音が違う「ピンポーン」です。間違っていたら、「ブ、ブー」。これは、多くの人が使っています。
お店の前にある、お金を入れると、プラスチックのカプセルに入ったおもちゃなどが出てくる機械は、「ガチャガチャ」ですよね。インターネットで検索すると「カプセルトイ」と言うのだそうですが、ほとんどの人は、「ガチャガチャ」と呼ぶでしょう。将来、これらの言葉は、国語事典に載るのでしょうか。(2012年6月2日、3日)

(金環日食)
今朝、金環日食を見ることができました。皆さんのところでは、どうでしたか。
東京は、天気予報では曇りとのことで、あきらめていたのですが、薄曇りでした。お向かいのご主人が、ご近所の子どもを集めて、「天体教室」を開いておられたので、参加させてもらいました。よく見えました。やはり感激しますね。(2012年5月21日)

(大型連休終了)
大型連休も、今日で終わりですね。「明日から仕事だ」と元気をなくしている人、「明日から仕事だ」とほっとしている人(笑い)、それぞれでしょうね。連休中お仕事で忙しかった公私のサービス関係の方は、一息ついておられるでしょうか。各地で天気が悪かっただけでなく、大雨や竜巻などの被害が出ています。お見舞い申し上げます。
私は、今年は暦通りに休みました。快挙です。この1年間は、なかなか休みをもらえなかったので、職場に行かず家にいると、落ち着きません。仕事が軌道に乗り、休日出勤しなくて良くなったことを、喜ばなければならないのですが。もちろん、取り組まなければならない課題は、山のようにあります。しかし、それぞれの担当者が取り組んでくれているので、私は全体管理をしておればよいようになったのです。
連休中に、たまっていた新聞切り抜きなどを読んで捨てるといった資料整理は進みました。しかし、読もうとしていた本は少ししか読めず、日本行政学会での発表、自治大学校での講義などの準備も、完成せず。 2年ぶりに両親に会いに行ったこと、少し家族サービスをしたことで、良しとしましょう。(2012年5月6日)

(鎌田先生の新著)
京都大学の鎌田浩毅先生が、またまた新著を出されました。『次に来る自然災害』(2012年、PHP新書)。
先日、私がこのHPに「坂野潤治先生が、1937年(昭和12年)が、日本が危機の時代から崩壊の時代に入る区切りの年と位置づけている」と書きました。鎌田先生によると、それと対比して、「まさに昨年の2011年が、地球科学的にも「大地動乱の時代」に突入した区切りの年」なのだそうです。以下、先生からのメールです。

・・歴史的には1945年にやってきた「崩壊」を、未来の日本で少しでも軽減するため、今から出来ることは何でもしなければなりません。具体的には、首都機能分散、たとえば各地方にバックアップ拠点としての「危機管理都市」をつくること、及び2030年代に起きる「西日本大震災」(東海地震・東南海地震・南海地震の三連動)への対処、を直ちに開始しなければならない、と私は考えます。
これは地球科学者からの緊急メッセージで、拙著の新刊の主要テーマでもあります。
なお、本書は「週刊東洋経済」に1年間連載した「ビジネスパーソンのための地球科学入門」をまとめたもので、「3・11」後に予想される地震・噴火 ・気象災害を解説した前編です。「エネルギー資源」「地球環境と生命」を扱った後編は、6月に出ます。
東日本大震災はいまだ終わっておらず、むしろ「巨大災害の世紀」が幕を開けてしまったのです。安全を約束された場所は、残念ながらこの国にはありません。歴史学者と地球科学者が連携し、「3・11」の教訓を未来に向けて活用する必要があるのではないか、と私は考えています・・

鎌田先生は、NHKテレビBSプレミアム「世界!旅する!グレートネイチャー」55日(夜7時〜830分)にも、出演されるそうです。(2012年5月3日)

(時間が経つのは早い、子育て終了)
大型連休が始まりました。東京の初日は、天候にも恵まれています。4月に就職した息子が、初月給で食事をごちそうしてくれました。うれしいですね。同じく、就職した娘に食事に連れて行ってもらったのが、5年前でした(2007年5月2日の記事)。
それぞれ、子どもだと思っていたのに、大きくなりました。その分だけ、こちらは歳を取ったのですがね。(2012年4月28日)

(桜を散らす雨)
今日の東京は、寒い雨の一日でした。昨日13日は、気温が20度を越えたのに、今日は10度あまりです。残っていた桜花を、散らせる雨でした。
わが家の鉢植えの小さな八重桜は、今年は既に満開です。キョーコさんが水をやって手入れをしてくれたので、きれいに咲きました。(2012年4月14日)

日記43へ戻る
表紙へ戻る
目次1へ戻る