日記45


日記46へ続く

(西洋絵画・帰属する)
的外れな指摘だったら、お許しください。
美術館に行くと、西洋絵画の解説で作者の欄に「誰々(例えばレンブラント)に帰属」と書いてあることがあります。意味は、「レンブラントの署名はないが、レンブラントの作と推定される」ということでしょう。Attributionの訳だと思います。
この「帰属」という訳語は、他によい言葉がありませんかね。「帰属」は、通常の日本語では所有を表します。「著作権が、誰それに帰属する」というように。日本画の場合は、「尾形光琳に帰属」とは使いませんよね。
三菱一号館の「シャルダン展」に行ったら、「羽根を持つ少女」の絵が2枚並んでいました。1枚は「個人蔵」、もう一つは「シャルダンに帰属」と書いてあります。見ていた人が、「こちらの絵は、シャルダンが持っていたのね」とつぶやいておられました。訂正する勇気がなかったので、黙っていました。(2012年11月23日)

(休日)
昨日の東京は強い雨、今日は快晴でした。ゆっくりとお休みをいただきました。昨日は雨の中、人出が少ないだろうと、美術館や本屋に行きました。でも、混雑していました。今日は、チューリップの球根を、植えました。放ってあったプランターや植木鉢が、野草の楽園と化していて、その始末が大変でした(反省)。運動不足解消に、久しぶりの善福寺川散歩も。日が暮れるのが早いですね。17時過ぎには、三日月が南の空に上がっていました。
いただいたメールに返事を出したり、はがきを書いたり。締め切りが迫っている原稿に、本格的に着手。なかなか集中できません。でも、来月はあの「年賀状書きの苦労」があるので、めどを立てておかないと・・。
今日、東京では木枯らし1号が吹き、明日はさらに寒くなるとのことです。
以上、小学生の日記でした。(2012年11月18日)

(魚津の物産展)
11月17(土)、18(日)に、東京有楽町の交通会館で「魚津うまいもんフェア」が開催されます。富山県魚津市の物産展です。ます寿司のほか、海産物やお菓子などが出品されます。銀座方面にお出かけの方は、お寄りください。 交通会館の地下1階には、富山県のアンテナショップ「いきいき富山館」があります。
魚津市のお師匠さんからの指令で、このホームページで宣伝します。若林兄、これで良いですか(苦笑)。
魚津には、たくさんの思い出があります。新川文化ホールでフルートを吹いたとか。その勧進元が、若林さんです。詳しくは、2010年1月21日の記事をご覧ください。随分長く、フルートを触っていません(反省)。(2012年11月15日)

(10月も終わり)
今日で、平成24年10月も終わり。今回も書くと、職員に笑われるので、「いつの間に、終わったのだ。私の許可もなく」とは書きません(といって、書いてしまいました。笑い)。(2012年10月31日)

(国会担当同窓会)
今日の放課後は、かつての総務省総務課(国会担当)の有志との懇談会でした(2004年2月24日、27日の記事)
「当時の岡本課長と福本国会連絡室長を慰労する会」ではなく、「当時、その二人に仕えて、苦労した職員を慰労する会」でした(笑い)。
国会担当は、独特の専門技能です。偏差値がいくら高くてもダメで、経験がものを言います。必要なのは、軽い足腰(素早く走り回ること)と、重い頭(すぐに頭を下げること)です。当時の職員の何人かは、やはり同じ仕事をしています。彼らと彼女たちが、それだけ有能なのだと、感謝しています。(2012年10月24日)

(秋の3連休)
今日、体育の日の東京は、さわやかな秋晴れでした(書斎の窓からしか、見ていないのですが)。3連休中、天気の悪いときもありましたが、皆さん、行楽などで楽しまれたのではないでしょうか。
小生は、土曜日は出勤。日曜日は福島現地視察。今日は、締め切りが来た原稿と、13日・20日に予定している東北大学公共政策大学院での講義の準備に精を出しました。4コマしゃべるためには、それなりの準備が必要です。それぞれ、かなり準備していたのですが、もう一度見直すと、いろいろお話ししたいことが出てきて。1日がかりで、2つの宿題を完成させました。これも、「充実した3連休」というのでしょうね。(2012年10月8日)

(休日出勤)
今日は久しぶりに、休日に職場へ。部下からは「休日に出てきてはダメですよ」と、きつく言われていたのですが。ごめん、T参事官。
書類がたまっているのと、この時期は人事評価などもあるので。平日は、自分の時間がとれないのです。今日は、良かったです。部下の攻撃も、Y参事官の1件だけ。電話は鳴らず。はかどりますねえ。もっとも、昨日午後は福島に出かけて留守をしたので、今日は電子メールを60件ほど片付けるのに、2時間もかかりました。
でも、昨年の今頃は、休みという概念がなかったことに比べれば、だいぶ楽をさせてもらっています。去年は、9か月間で休みが17日でしたから。(2012年10月6日)

(平櫛田中展)
今朝、NHK日曜美術館で紹介していたのを見て、小平市の平櫛田中彫刻美術館へ、行ってきました。そう遠くないところに、こんな良い美術館があるとは、知りませんでした。中央線の国分寺駅から西武線に乗り換えて一駅。そこから歩いて10分でした。東京近郊にお住まいの方は、必見ですよ。
平櫛田中の旧宅を保存し、その横に展示館を建ててあります。横を玉川上水が流れ、前は一橋大学(小平キャンパス)の住宅街です。今は、大きな回顧展をやっています。
平櫛田中といえば、国立劇場のロビーにある、鏡獅子が有名です。この美術館には、4分の1のものが飾られています。
ところで、広くて立派なご自宅ですが、98歳の時に建てて、107歳で亡くなるまで住まわれたとのこと。また、あと30年分の彫刻の材を、用意しておられたのだそうです。色紙に書かれたモットーは、「いまやらねばいつできる わしがやらねばたれがやる」。
まだ50代のはな垂れ小僧として、反省。(2012年9月30日)

(彼岸になると秋らしく)
先週、「9月17日になっても、気温は30度」と書きました(9月17日の記事)。そして、「『暑さ寒さも彼岸まで』という言葉を、信じましょう」とも。
たいしたものですね。先人のおっしゃるとおり。昨日22日から急に気温が下がり、今日23日の最高気温は22度くらいです。最近まで最低気温が25度だったのが、急に最高気温22度ですから、涼しいはずです。それに、朝から雨で、余計に寒く感じます。朝晩も涼しくなり、寝る前に窓を閉め、パジャマも長袖にしました。
福島に出張する際の車窓から見える田んぼは、稲がまさに黄金色に実っています。我がふるさとの明日香村は、秋の観光シーズン曼珠沙華(彼岸花)が咲き始めたようです。
子どもの頃は、田んぼの土手に咲いた花を、竹や棒で作った「刀」でなぎ倒すのが楽しみでした。今思うと、無粋なことをしました。すみません。(2012年9月23日)

(9月17日も、気温は30度以上)
それにしても、9月も半ばを過ぎたというのに、暑いですね。昼は、30度を超しています。夜も汗をかいて、朝起きたらぐっしょり。例年、こんなに暑かったでしたっけ。
今日の東京高円寺付近は、時々、強い通り雨がありましたが、気温は下がらず。
本を読むにも、お片付けをするにも、汗が出て、元気が出ません。何度シャワーを浴びても、効果なく。歳を取ったせいか、暑さがきつく感じられます。
「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を、信じましょう。(2012年9月17日)

(結婚式の挨拶・その3)
今日は、元部下の結婚式に呼ばれて、行って来ました。7月の沖縄、8月の函館に続き、3か月連続です。今回は、東京でした。
新郎は、被災者生活支援チームや福島復興局で、苦労してくれた若手です。今日も、座を和ませるために笑いを取りつつ、精一杯褒めたので、ご両親に「あそこまで褒めてもらって・・・」と、感激してもらいました。まずはお役目を果たした、ということですね(苦笑)。12月には、お子さんが誕生の予定とか。お幸せに。
来月は予定はないのですが、11月に、次の結婚式に呼んでもらっています。(2012年9月9日)

(通常国会終了)
9月7日に、国会が閉会しました。真冬の1月から始まって、春と夏を越し、秋風の吹く9月まで、8か月間の長丁場でした。
復興庁が提出した「福島特別法案」は3月に成立したのですが、その後も復興関連の質疑は続き、なかなか気は抜けませんでした。毎年、通常国会は延長されるのですが、お盆前に終わることが多いのです。9月まで延長されたことは、珍しいです。すると、関係職員は、夏休みをとれなくなります。
この間、質問通告を振り分け、答弁資料をまとめていた国会班の諸君。毎日、朝早くから夜遅く(朝早く)まで、ご苦労さんでした。次の国会が開かれるまで、少しゆっくりしてください。
私は、2004年1月から2006年7月まで、総務省大臣官房総務課長(国会担当)を務め、通常国会を3回経験しました。国会担当職員には何年も経験するベテランがおられますが、課長で通常国会3回は、たぶん私くらいでしょう。
その頃の記録は、このホームページの目次3日本の行政(1)国会の「法律ができるまで」に、残してあります。いま読むと、懐かしいですねえ。たとえば、2006年6月21日の記事。(2012年9月8日、9日)


(8月も終わり)
今日は、8月31日。8月も終わりですね。職場で気がついて、「私の許可なく、いつの間に、8月が過ぎたのだ」と叫びましたが、職員たちに笑われただけでした。
今年は、9月1日が土曜日、2日が日曜日なので、学生さんたちは、2日分を得した気分でしょうね。(2012年8月31日)

(結婚式の祝辞)
今日は、職員の結婚式に呼ばれて、北海道函館まで行ってきました。先月の沖縄での結婚式に続いて、南へ北へ。来月は、東京での結婚式にも呼ばれています。私の役割は、新郎を褒めて褒めて、両家のご両親に喜んでもらうことです。最近は、最初に挨拶させてもらえるので、気が楽です(笑い)。
今月はこのほかに、2人の人から「子どもができました」の報告がありました。めでたいことは、良いですね。それぞれ幸せに、そして元気な赤ちゃんを産んでください。
もちろん、いろいろと苦労はあるでしょう。でも、幸せは、何もしないところには、やってきません。努力して作るものです。難しい仕事を成し遂げたとき、難しい試験に合格したとき、高い山に登ったとき・・。後になって「あのときは大変だったけど、楽しかったね」と。易しい試験や低い山では、喜びは小さいです。
西洋の童話に、しばしば「王子様とお姫様は、幸せに暮らしましたとさ」とありますが、私は「ほんまかいな?」と疑問に思っています。何の苦労もない満ち足りた日常って、すぐに飽きると思いますよ。そして、登山の例などに比べて、夫婦生活や子育ては、「長距離レース」なので、より努力が必要です。
函館は久しぶりでしたが、暑かったです。函館と言えば、100万ドルの夜景で有名です。ある人曰く「かつて100万ドルと言えば、すごく高価に思いましたが、今だとそんなに高くないのですね」と。言われてみれば、そうですね。1ドル=100円換算でも、1億円。今日の為替レートの78円だと、7,800万円です。東京で1戸建ての住宅を買うくらいなんですね。それなら、私でもローンを組んで買えそうです。すみません、興ざめなことを指摘して。(2012年8月25日)

(8月15日)
今日は、終戦記念日、お盆でした。職場で、「12時に黙祷をするように」と再確認したら、結構な数の職員が出勤していました。夏休みも取ってくださいね。
一昨日、私の部屋に相談に来た某参事官曰く、「お盆明けに大臣に報告したいので、資料を見てください。ところで、岡本統括官は、休みを取らないのですか」。
私の返事は「あんたが、このように相談に来るから、休めへんのやないか」。M参事官は、笑ったままでした・・。
今日は、大臣が午後から出勤。その件を含めて、早速説明。さらに夕方、帰ろう(出撃しよう)と用意を始めたら、大臣が私の部屋に「攻撃」に来られて・・。結局、たまった資料の整理は、半分も進まず。去年は休みがなかったので、それに比べれば・・。
夜は、この日しか空いていないという民間の方と、「意見交換会」。これでは、普段と何も変わりませんね(2012年8月15日)

(原稿書き、暑さとの戦い)
昨日今日と、家に引きこもって、原稿書きをしました。ホイホイと引き受けた原稿の締め切りが迫ってきたので、そろそろ片付けなければと。
暑さで、なかなか集中できませんが、昼寝をしたり、シャワーを浴びて、少しずつ進めました。ほぼ完成したので、有識者に読んでもらって意見を聞き、私も少し時間をおいてから読み返しましょう。時間をおけば、違ったものが見えてきますから。(2012年8月12日)

(今週も終わり)
今日は金曜日。今週も、いろいろな事件があり、たくさんの課題を片付け、いくつか次への手を打ちました。なかなか、ゆっくりとは、させてもらえませんね。もちろん、被災地や避難先で苦労をしておられる方に比べれば、私の苦労など、物の数ではありません。そして、去年の今頃に比べれば、かなり落ち着いた生活をしています。(2012年8月3日)

(酒に弱い日本人)
7月22日の日経新聞科学欄に、「酒に弱い遺伝子のアジア人」が載っていました。酒を飲んだ後、顔が赤くなり吐き気や頭痛を起こすのは、アジア人だけだそうです。アルコールを肝臓で分解してできる「アセトアルデヒド」が悪酔いの原因です。このアセトアルデヒドを分解する酵素に、よく働く酵素と働かない酵素があります。どちらの遺伝子を親から引き継ぐかによって、悪酔いするかどうかが決まるのだそうです。
悪酔い型遺伝子が、ヨーロッパや中東、アフリカには全く見つからないのに、日本人は44%、中国人は41%の人が持っています。さらに、日本国内でも東北や南九州では、悪酔い型が少ないのです。
3万年前から2万5千年前に、中国南部で悪酔い型が生まれたらしい。縄文人は悪酔い型でなく、弥生時代に渡来した人たちが悪酔い型だったのではないか、と推測されています。あなたは、どちらですか。(2012年7月22日)

日記44へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。