日記46


日記47
へ続く

(子どもみたいな日記、調子のよい土曜日)
今日は土曜日。ゆっくりと出勤して、打ち合わせ。電話が入らず、来客がないと、仕事ははかどりますねえ。さらに、たまっていた書類を片付け、温めていたアイデアをメモにまとめたり。休日なのに「攻撃」してくる職員の相手をしつつも、平日にはできない仕事がどんどん進みました。そんなことで、昼ご飯を食べそびれて、ダイエットもできました(苦笑)。
帰り道に、紀伊國屋書店に寄ったら、仕事が進んで調子がよかったことに加え、2週間ほどご無沙汰していたので、ついつい買ってしまいました。一度かごに入れた本のうち、半分ほどは、「これを読む時間はないなあ」と反省して、棚に返したのですが。今日買い込んだ本を読み始めたら、今読みつつある本が、途中で放り出されることになります。反省。
さらに、ご近所の地酒専門店で、一升瓶を買い込み・・。これで、ますます読めなくなりますね(無計画かつほとんど反省していない猿)。(2013年1月26日)

(今日は金曜日)
今日は金曜日。怒濤のような1週間が、終わりました。といっても、先週の土日も出張でしたし、明日と明後日も仕事が入っているので・・。切れ目が、ありませんねえ。と、毎週同じようなことを書いています。
平成25年度予算案や総理指示の復興庁の強化など、たくさんの仕事があります。私は、全体を見渡して進行管理をすればよいので、早く出勤して早く帰らせてもらっています。職員たちは、夜遅くまで資料づくりをしています。インフルエンザや風邪で、倒れる職員もいます。申し訳ない。(2013年1月25日)

(身の回りの高齢化)
今日は放課後に、会合に行ってきました。20年間続いている、同業他社との会合です。私と同年代+10歳年上の方々です。ほぼ退職しておられます。話の内容は、改めて衝撃的?でした。
暇になったから、この会をもっと頻繁に開け。補聴器をつけた。目が見えにくくなった。17年連れ添った柴犬の介護に、3か月かけた。犬のオムツが大変だった。子どもが結婚して出て行ったら、毎日奥さんと2人で顔を合わせて、大変だ。ここまでは、半分笑えます。
多くの人が、両親または義父母と同居したり、介護をしています。故郷から両親を引き取ったら、急にボケが始まった。親が、近所で迷子になった。飲ませる薬が多くて大変だ。兄弟で、費用と役割を分担しているなどなど。お互いの苦労の「自慢話」です。高齢社会が、実感できます。ほとんどの人が、まだ60歳前後なのですが。(2013年1月18日)

(雪の後遺症)
予想通り、今朝の東京は道路が凍っていて、滑りやすかったです。我が家の前と、ご近所で夕べのうちに除雪してくださったところは、雪も氷もなく歩きやすかったですが、そうでないところはツルツルでした。朝出勤の際、階段を上ると、足腰が痛かったです。夕べの雪かきは、そんな重労働ではなかったのですが。普段使っていない筋肉を使った、ということですね。情けない。
ところで、先日の「内容の濃い1週間」を読んだ友人から、メールがありました。「内容が濃いとは、昼の仕事だけでなく、私たちを含め、毎晩飲みに行っているからですか?」と。うーん、痛いところを突いてきますね(苦笑)。異業種の方との「意見交換」は、勉強になると考えているのですが。
今週も、日曜から出張で、昨日は久しぶりに、バスの中で昼の弁当を食べました。一緒に行った職員曰く「バスの中での弁当は、落ち着かず、流し込んでいるようですね」。
そうですね。列車の中と違い、狭くて揺れるバスの中では、まずふたを置く場所がない、揺れるのでおかずやご飯をこぼさないようにしなければならない、もちろん醤油や天ぷらのつゆをかけるなどは危険、お茶は後で飲む・・。ブレーキがかかったり、カーブを曲がると、大変です(苦笑)。気分だけでなく、健康にも良くないですね。(2013年1月15日)

(内容の濃い1週間)
今日は金曜日。怒濤のような1週間が終わりました。今週は内容が濃かった上に、日曜から働いたので長かったです(苦笑)。
補正予算案の作成や説明と、復興推進会議と復興加速のための総理指示。それら公表、公開されている資料や会議の後ろには、すごく大きな作業が隠れています。正月を返上して働いてくれた職員のおかげで、乗り切ることができました。
もっとも、補正予算決定は来週火曜日。続いて新年度予算案の作成があり、総理指示の具体化という大きな作業が待っています。それぞれ進めてはいるのですが、詰めを行わなければなりません。
12日の総理の宮城県視察は別の統括官に任せ、お休みをいただきます。13日14日の復興大臣の福島県と宮城県視察に同行します。(2013年1月11日、12日)

(休日の仕事は、はかどる)
今日は、朝から大臣と、個別課題の打ち合わせ。どんどん進みます。1月3日の打ち合わせも、そうでした。なぜかなと考えたら、来客や電話などの邪魔が入らないからだ、と気づきました。休日の仕事は、はかどります。
もっとも、会議中に、何本か電話が入りましたが。寝ていても、散歩をしていても、お風呂に入っていても、電話はかかってきますね(苦笑)。(2013年1月6日)

(仕事開始)
今日3日は出勤して、大臣と打ち合わせや議論をしました。職員が年末年始を返上して資料を作ってくれたことに、感謝します。私は、自宅のパソコンから修正指示を出すことですみました。
その資料ができていたので、今日の議論はおおむねスムースに進みました。といっても、課題は山積です。何をどうしなければならないかが、明瞭になりつつあるということです。(2013年1月3日)

(原稿提出)
締め切りが迫っていた原稿を書き上げ、提出しました。東日本大震災での政府の活動を、整理し評価したものです。この間ずっと携わっていたので、素材には事欠かず、またしばしば講演や報告に呼ばれたので、整理もできています(もっとも、原子力災害は、私の所管外でした)。
しかし、あらためて、「大災害時の政府の役割は何か」を考えると、奥は深いです。救助と復旧について何ができて何ができなかったかという次元だけでなく、暮らしと町並みを失った国民に対し政府はそもそも何をしなければならないか、何をしてきたかが、問われます。国民を保護し生活再建を支援するという基本的な仕事で、「政府の能力が試される」のです。政府と官僚のあり方を考えている私にとっては、良い機会です。
分量は2万字(400字×50枚)なので、そんなにたくさん書くことはできません。当初書いた原稿を、かなり削りました。でも、簡潔にまとめる方が、読む人にはわかりやすいです。書く方は大変ですが、自分が何を主張したいのかが明確になります。
活字に残しておくことが重要と思い、これまでかなりの文章を書いてきました。最近は、「生産能力」が落ちています(反省)。睡眠時間を削り、付き合いを断り、休日を執筆に充てなければならないのです。中断した連載もあります。長尾編集長、ごめん。
12月初めにはほぼ書き上げて、何人かの人にみてもらい、自分では気がつかない視点や間違いを指摘してもらいました。一人で書くのは、危ないですね(苦笑)。今日、最後の確認をしたら、それでも加筆した方が良いところが見つかりました。でも、締め切りが来たので、手放します。活字になることを、乞うご期待。
さて、これで3日間のおやすみは終了。明日から、仕事です。といっても、息子も婿も、今日から働いています。(2013年1月2日)

(平成25年元旦)
開けまして、おめでとうございます。皆さん、良いお年をお迎えのことと存じます。東京は、穏やかな元旦です。雪や荒れ模様の地方もあるとのことです。被害がないことを祈ります。
我が家では、近所の神社に初詣に行き、娘夫婦が訪ねてきて。いただいたたくさんの年賀状を読んでと、ゆっくりとした元日を過ごしました。海外から、携帯電話にメールで新年の挨拶が届きました。便利になったものですね。今日も働いている、消防、警察、交通、医療、郵便などの方に、感謝します。
神様には、いつものように、いろいろなことをお願いしました。でも、自ら目標を立てて努力しないと、夢は実現しませんよね。皆さんは、どのような目標を立てましたか。今年が、皆さんにとって良い年でありますように。(2013年1月1日)

(平穏な大晦日)
今日は、大晦日。松飾りを買いにいって、門につけました。いつも行く、ご近所の花屋さん曰く「今年は、これしか残っていないので・・」。31日ですからね。
昨年、工務店のプロに、塀に飾り付け用の金具をつけてもらったので、もう、ガムテープで固定するといった、みっともないことにはなりません(苦笑)。
昼間は、残る年賀状書きに、精を出しました。残念ながら、たくさんの葉書を残したままで、途中で断念。すみません、明日もたくさんの年賀状をいただきながら、こちらからは出さないとうことになりそうです(反省)。
夕方は、例年のように、日本最高のアマチュア蕎麦打ち名人宅へ、お蕎麦をもらいに行き、別途ご挨拶すべきところに顔を出した後、家に帰って蕎麦をいただきました。そして、今年最後のこの文章を書いています。
皆さんにとって、平成24年は、どのような年だったでしょうか。目標は達成できたでしょうか。実り多い幸せな年であったことを期待しています。
私は、大震災復興本部から、復興庁を立ち上げ、統括官(各省の局長と同じ職)に就きました。被災者生活支援本部次長の時代から、引き続き被災地の復旧のお世話をして、1年9か月が経ちました。
このホームページで紹介しているように、かなり復旧が進みました。そして、残る課題も、見えてきました(12月21日の閣僚懇談会に出した資料。同じく原子力災害についての資料)。引き続き、一日も早い被災地の復旧と帰還に向けて、がんばります。そして、その仕事が円滑に行くように組織を回すのが、私の仕事です。

私生活では、2月にインフルエンザにかかるという「不覚」がありましたが、それなりに健康に過ごしました。もっとも、歳を感じることも多いです(苦笑)。原稿は書けず、読書もはかどりませんね。このホームページは、ほぼ毎日、書くことができました。最近は、読者の方から「おもしろくない」「自己主張が少なくなった」「新聞記事と本の紹介ばかりだ」とお叱りを受けています。う〜ん、なかなか時間がとれず、考える時間がないのです(言い訳です)。
家族も、元気で過ごすことができました。息子が就職し、税金の申告などでは「夫婦二人家族」になりました。
今年一年、つまらないこのページにお付き合いいただき、ありがとうございました。累計182万人で、年を越しそうです。
皆さん、良いお年をお迎えください。(2012年12月31日)

(年末恒例の苦しみ)
冬至が過ぎ、クリスマスイブです。東京は天気は良かったですが、寒かったです。雪が多いところもあるようで、被害が出ないことを祈ります。
運動不足解消に、近くの川縁を散歩しました。イチョウ、サクラ、そしてモミジも、ほぼすべて葉を落としました。一方、ウメなどは、花芽を膨らませつつあります。近くのケーキ屋さんは、クリスマスケーキを求める人で、賑わっていました。
年末恒例の苦しみ、年賀状書きは、少しずつ進んでいます。でも、相手の顔を思い出したりして、はかどらず。集中力が続かず、読みかけの本に手を出したり、散歩に行ったり。本屋に寄っては、たぶん読まないであろう本を買ってみたり。なかなか、進みませんねえ。(2012年12月24日)

(粗大ゴミの処分)
先日、粗大ゴミを処分しました。まず、パソコンです。6月にパソコンを入れ替えたのですが、古いパソコンを捨てずに置いてありました。また、娘が置いていったパソコンも、故障したので捨てることにしました。さらに、使っていない携帯パソコンも。
パソコンとディスプレイは、ご承知のように、自主回収・リサイクルが義務づけられたので、ゴミとして出すことができません。新聞に入っていたチラシの業者に、引き取ってもらいました。1個千円なので、合計5千円。インターネットで調べたら、無料回収してくれる業者もあるのですね。
乗らなくなった自転車(2台あるうちの1台)、プリンター、ビデオデッキは、区の粗大ゴミ回収に出しました。自転車は600円、プリンターとビデオデッキは、それぞれ300円でした。すっきりしました。
ほしいものは金を払って買ってくるのに、要らなくなったモノを捨てるのに金をかけるのは、なかなか気が進みません。動脈産業と静脈産業ともに、重要なのですが。細田衛士著『グッズとバッズの経済学』(第2版、2012年、東洋経済新報社)が、良い教科書です。(2012年12月23日)


(穏やかな冬の日)
東京は、寒いですが、穏やかな週末でした。日本海側では、大雪のようです。
先日ほぼ書き上げた原稿に、関係者からいくつも意見をもらったので、加筆をしました。独りよがりで間違っていた部分や、私が忘れていた視点、さらには私の意図とは違って伝わる(文章表現がまずい)か所など、結構手間取りました。分量が限られているので、指摘を加えるためには、どこかを削る必要があります。いったん完成した文章に手を入れるのは、労力が必要です。それやこれやで、年賀状はあまり進まず。反省。(2012年12月9日)

(資料片付け)
昨日今日と、職場で新聞切り抜き片付けをしました。このHPでもしばしば引用していますが、気になった記事を切り抜いて(破って)、半封筒に入れてあります。
その多くは、@後で読んで捨てる、AHPに引用してから捨てる、なのですが、B読まずにおいたままのもの、C分類して保管してあるもの、もあります。特に、この1年半の間に、大震災関係の切り抜きが多量にたまっています。Bも日々仕事が忙しくて、たまるばかり(反省)。
大震災関係の原稿を1本書き上げたので、それを確認するためにも、今回それら切り抜きに目を通して、捨てました。
「こんなこともあったなあ」「当時はこれが課題だった」「おっと、この視点を忘れていた」・・と。
半封筒10冊ほど、積み上げると20センチ近くの切り抜きを捨てました。部下職員が「捨てるのなら、ください」と、引き取ってくれました。(2012年12月5日)

(12月)
12月になりました。東京も、寒い日が続いています。善福寺川沿いを散歩しましたが、色づいた桜や楓が、木の葉を散らしています。
先々週はチューリップを植え、先週は意を決して本を50冊ほど捨てました。空間を作るためです。優柔不断なので、なかなか捨てることができません。締め切りが近づいた原稿も、9割方書き上げました。
そこでついに腰を上げて、年賀状の準備に。印刷はしてあるのですが、まずは今春いただいた年賀状と昨冬もらっていた喪中はがきを、分野別に整理。そこに、今年中にもらった転居通知と、今送られてくる喪中はがきを加えます。分量が多いので、これも一仕事です。ぼちぼちと、2日間かけて、整理できました。さて次は、宛名書きです。(2012年12月2日)


日記45へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。