日記47


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記48へ続く

(春の嵐)
今日の東京は、強い雨と風で大変でした。終わりかけていた桜は、散ったでしょうね。
我が家の椿も、たくさんの花を咲かせましたが、終わりのようです。鉢植えの八重桜が、今年も花を咲かせてくれました。手入れが悪く、1本の幹は枯れてしまったのですが、もう1本が生き残ったようです。
プランターのチューリップは、たくさんつぼみをつけています。(2013年4月3日)

(年度末には片付けておきたい)
今日は3月31日、日曜日。たくさんの課題や、後でゆっくり読もうと取ってある資料が、山のようにたまっています。いくつかは、年度内に片付けておこうと、昨日今日と、がんばりました。
はかどりました。じっくりと考える時間がとれて。部下への指示書が、たくさん書けました。ごめん、月曜日に出てきて、パソコンを開けると、私からの仕事の指示がメールで届いているはずです。それを見る職員の気持ちがわかります(反省)。
休日なのに、何人かからは、直ちに返事が来ました。「あんたも、出勤していたの?」と声をかけたら、逆に「統括官、あれがまだですが」と、催促を受けてしまいました(苦笑)。
復興庁の執務室は、この週末も、模様替えが続いています。増員と、原子力事故災害対策本部事務局職員の一部が移ってくるので。
作業中の職員を残して、私は早々に家に帰りました。私は、「日曜日夕方は、サザエさんを自宅で見る会」の会員ですから。資料の片付けは、すべてはできませんでしたが、まあ良しとしましょう。(2013年3月31日)

(鎌田先生の活躍)
鎌田浩毅・京都大学教授が、またまた本を出されました。『京大人気講義 生き抜くための地震学』(2013年、ちくま新書)です。本屋に平積みされているので、ご覧になった方も多いでしょう。
先生は、3月31日(日)夜10時-11時45分 のフジテレビ『日本くぎづけ大学』に出演し、富士山噴火について解説されるそうです。(2013年3月22日)

(満開の桜)
今日は土曜日。仕事を早めに終え(片付いていないものもたくさん残っていたのですが。また、仕事をしている職員を残して)、桜を見に行きました。東京は、早くも満開の宣言が出たので。
まず霞が関の官庁街から。外務省前は満開ですが、南側の河津桜は終わりかけています。
桜田門からは、お堀沿いに長い坂を上って、半蔵門まで。皇居一周のジョギングの人たちと、花見帰りの人で混雑していました。
私は、ここから見る風景が好きです。広いお堀の水、大きな土手の草、そして空。わたしが見る時は、たいがいは夕空ですが。
とても東京とは思えない風景です。3つの色が美しく、かつスケールが大きいです(2005年の日記にも書いていました)。江戸時代や明治時代だと、もっと大きく感じたでしょうね。この風景を残してくれたご先祖様たちに感謝します。
その向こうに広がる国会や最高裁、振り向くと丸の内や霞が関のビル群。もっとも、私の若い時に比べて、スカイラインは、大きく変わりました。西向きでは、高い建物は国会議事堂と最高裁くらいでした。今はこの2つの建物は、他の大きなビルの背景の前で小さくなっています。東向きも、東京海上の赤いビルが大きかったのに、他のビルの中に埋没しています。
そのまま、半蔵門からイギリス大使館前を経て、千鳥ヶ淵へ。ここは桜並木で、大混雑。アジアからと思われる外国人が多かったです。
靖国神社でいろいろお願いをして、市ヶ谷駅経由で帰ってきました。四谷駅のホーム横の桜は、満開でした。列車を一台見送って、夜桜を見ました。
桜の枝を真横から見ると、花の房の多くは下を向いているのですね。ふだんは、木を下から見上げているので気がつきませんでした。なるほど、下から見上げる方が、華やかなのです。もっとも、桜の花は近くで見るものではなく、少し離れて「ピンクの雲」状態で見る方がきれいですよね。(2013年3月23日)

(桜と椿の花)
ここ数日、東京は暖かい日が続いています。16日に開花宣言が出された桜は、どんどん花を咲かせています。地下鉄四谷駅のホームから見える桜も、3分咲きでしょうか。
我が家の椿も、ようやく花を咲かせ、今日は3輪開いています。予備軍のつぼみも、たくさん膨らんできました。水仙の花は終わりました。
鉢植えの桜も、つぼみを膨らませています。こちらは八重なので、咲くのはまだ先です。(2013年3月20日)

(異動の季節)
3月は、異動の季節でもあります。公務員だけでなく、記者さんたちも。被災地に志願していく記者さん、アメリカ勤務を命じられた記者さん。それぞれの活躍を祈って、送別会を重ねています。夜も忙しい。(2013年3月19日)

(いつもの休日)
昨日土曜日、今日日曜日と、たまった資料整理と頭の整理に出勤。この2週間は、3月11日をはさんで、仕事が忙しかったのと、各紙が特集を組んだので、読んでいない資料や新聞切り抜きが大量にたまっていました。さらに、一段落がついたので、次の仕事の段取りを考える必要があります。
今週末は、復興庁は執務室の模様替えでした。職員増員に備えて、会議室をつぶし、職員の机を動かしたり。私の部屋も工事対象なので、空いているところを見つけて移動しつつ、作業を見守りました。
机の移動と言っても、昔のように、若い衆が集まって力仕事で、というわけにはいきません。まず内装業者が、壁などを取り払います。次に床のカーペットをはがして、電気屋さんが電線を、通信業者がインターネットの回線と電話線をつなぎ替えます。そして机と書棚を移動させてと。当然、事前の金曜日夕方には、職員はパソコンを外し、書類を段ボール箱に詰めて番号を振ってと、その準備が必要でした。明日月曜朝には、箱から書類を出して・・。(2013年3月17日)

(復興集中審議)
明日13日、というかもう日が変わっているので今日、衆議院予算委員会で復興に関する集中審議が行われます。たくさん質問が出て、その答弁案作りにいそしんでいます。よって、今日は加筆を休みます。(2013年3月12日、実は13日未明)

(春の陽気の土曜日)
東京は数日前から、春の日が続いています。私も、真冬用のコートをやめ、軽いのにしています。今日は快晴で、気温も20度を超える陽気となりました。北日本では暴風雪とのことです。被害がないことを祈ります。
職場は、人員増などによる模様替えをしているので、出勤できません。それを理由に、本日はお休みをいただきました。税金の申告書を提出したり、買い物に行ったり、本屋に寄ったり。ご近所のおばさま族につかまり、世間話も。
近所のお庭の梅の花は終わり、ミモザの鮮やかな黄色い花が咲き始めました。我が家の水仙は、お向かいのご主人が土を入れ替えてくださったので、今年は久しぶりに花を咲かせました。塀の陰で、日当たりも悪いのです。2つの茎に2輪ずつ。きれいなものですね。プランターのチューリップは、葉が伸びてきました。椿は、まだつぼみです。
近くのアパートには、運送会社のトラックが来ていました。学生さんの引っ越しのようです。春です。(2013年3月9日)

(明治を作った人たちの写真)
今日は午前中に、皇居東御苑に行って、三の丸尚蔵館の「明治12年、明治天皇ご下命『人物写真帖』展」を見てきました。それぞれに「立派な顔つき(面構え)」です。
明治12年は1879年、西南戦争が終わったばかりです。西郷隆盛が戦死し、大久保利通も木戸孝允も亡くなっています。これから明治国家を作らなければならない時期です。
勝海舟が、58歳にしては若くハンサムでした。56歳の岩倉具視の方が、老けて見えます。44歳の板垣退助も、若い。ひげがないからですかね。34歳の東郷平八郎、22歳の秋山好古の鋭い顔。
お勧めです。3月10まで。(2013年3月3日)

(いつもの土曜日)
昨日から、3月。早いものです。今週も毎日ドタバタして、やりたいことが片付きませんでした。職員からの相談や報告の「攻撃」に「応戦」しているだけで、毎日が終わります。トホホ。
今日の土曜日は、たまった書類の整理や、考え事をまとめることが、はかどりました。部下には「休日に働くな」と、命じているのですが・・。
民間の方から来ていた、急ぎでないメールに回答を出したら、直ちに返事が返ってきました。驚いて、私からさらに「土曜に働いているのですか。(私も知っている)あの上司が厳しいのでは?」と、自分のことを棚に上げてもう一度返事しました。すると、「吹き出しそうになりました。すぐ近くに、その上司がいます」と、返事が来ました。
一方、会議室では、朝から夕方まで、NPOの方と企業の方が集まって、被災地での民間企業の支援をつなぐ検討会をしていました。休日に、無報酬でやってくださいます。頭が下がります。夕方に帰ろうとしたら、「ちょっと、報告しても良いですか」と・・。(2013年3月2日)

(土日の暮らし、速記録と講演録とは別物)
昨日土曜日に、短時間だけ出勤したら、別の幹部が出勤していました。顔を見合わせて、「出てきているのですか」「平日は、自分の仕事が片付かないからなあ」と、言い訳を交換。
これまでにない仕事の場合は、前例通りやボトムアップができないので、どうしても上司の役割が多くなります。彼は、出張も多いので、大変です。休日は電話もかかってこず、部下の「攻撃」もないので、仕事がはかどります。
今日日曜日は、部下の作業を家で待って、メールで送ってもらいました。ごめん。
他方、今日は朝から1日がかりで、講演の速記録に手を入れました。まあ、私のしゃべりが悪いのですが、送ってもらった速記録は、とてもそのまま活字にはできない代物です。耳で聞けば、理解できると思うのですが。
昨年7月に講演したもので、こんなしゃべり方をしたのかなあと思いつつも、細部は覚えていません。もちろん、レジュメと資料を配ってそれに沿って話をしているので、加筆修正はできます。
考えるに、講演(速記録)と講演録は、別のものですね。講演の際には、聞いていてわかるように、漢語を使わず話し言葉に言い換えます。また、聴衆の顔を見ながら、繰り返したり、かみ砕いたりします。そのまま活字にしたら、冗長で読みにくいですよね。
例えば、NHKのニュースは、記者が書いたものを、アナウンサーが読み上げます。そしてそれが、インターネットに載ります。わかりやすい文章です。でも、あの原稿をつなぎ合わせても、講演にはならないと思います。目の前にいる聴衆を相手にする語りと、目の前にいない聴衆を相手にする語りとは、違うのでしょう。テレビで見る放送大学は、学生を前にした教室での授業とは、別物のようです。講演(速記録)をそのまま活字にできる達人もおられるでしょうが、私には無理です。
ところで今回は、先週月曜日に、職場に速記録が届いて、「金曜日までに返送しろ」と指示がありました。7か月間放置されていて、5日後に加筆して提出しろと・・。珍しい経験をしました(苦笑)。よって、提出期限には、間に合いませんでした。(2013年2月24日)

(ゆっくりさせてくれない職員たちと黒幕)
今日は金曜日。1週間が終わりました。今週も、忙しかったです。同僚と「土日に休まなかったので、今週は長いね」と会話しました。
ところで、疲れる原因を、もう一つ見つけました。私は、毎日、キョーコさんに作ってもらった弁当を、持って行っています。お昼には、新聞を広げて、弁当くらいゆっくり食べようとするのですが、それを妨害する勢力がいます。
どうやら「岡本統括官に弁当を食べさせない友の会」があるようです。その時間帯を狙って、電話をかけてくる某記者と某副知事。「お食事中に、すみません」と言って入ってきて、全然すまなさそうでない職員。「ちょっといいですか。耳だけ貸してください」と入ってきて、資料を広げる某参事官・・。会員は、たくさんいるようです。そのたびに、ご飯を飲み込んで、応対します。ゆっくりどころか、消化に良くないです。
妨害する会の会長は、Y秘書のようです。どうやら、私にお茶を出した後、こちらから電話をかけて「今、岡本が部屋にいるので、電話をつなぎます」とか、「今なら、統括官が部屋にいますよ」と、「そそのかして」いるようです。
なぜ、この時間帯を狙って電話してくるか、相談に来るか、理由がわかりました。というか、気づくのが遅かったです(苦笑)。(2013年2月22日)

(都会の小鳥)
今朝、出勤する時です。玄関で、キョーコさんが、「あれ」と空を指さします。見ると、電線に黄緑色の鮮やかなインコが2羽留まっています。「どこからか逃げてきたのかね。どうして生きていけるのだろう」と思いましたが、お向かいのベランダにある小鳥のえさ置きに飛んでいきました。
お向かいは、小鳥が好きで、果物などのえさを置いておられます。いろんな種類の鳥がやってきます。東京の住宅街なのですが。
我が家の椿は、まだつぼみです。花が咲くと、メジロが来ます。(2013年2月14日)

(金曜の夜9時過ぎの職場)
今日は放課後に、異業種懇談会(勉強会)でした。連休明けの予算委員会の答弁確認などで、遅れて参加しました。ところが、「誰も引き受けてくれなさそうな質問」が出たと職場からメールが入り、ちょうど一緒にいた参事官2人と職場に戻りました。
私は残業はしない、飲んでからは職場に戻らないことを、「哲学」にしています。しかし、少々やっかいな質問なので、家のパソコンで見るより職場で考えた方が効果的と思い、「連れ」もいたので戻りました。懇談先から職場に戻るなんて、何十年ぶりでしょうか、記憶がありません。
ところが、職場に戻ると、来るわ来るわ、次々と職員が答弁の確認やら、「幕間を利用して、ちょっと良いですか」の連続攻撃に遭いました。
金曜の夜9時過ぎに、ほとんどの職員が仕事をしています。明日の総理と大臣の現地視察の準備のため、夜のうちに出発した職員もいました。みんなに、感謝しなければなりません。と言いつつ、みんなを残して、私だけが先に帰りました。申し訳ない。そして、このホームページを書いています。
と書きましたが、そうは簡単に許してくれませんね。その後も、次々と答弁案確認要求メールがきて、25時前までかかりました(苦笑)。(2013年2月8日)

(肝冷斎、観タマ再開)
2月と言えば、プロ野球のキャンプです。肝冷斎は、早速に見に行っているようです。(2013年2月4日)

日記46へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。