日記48


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記49へ続く

(貧乏性、小学生の日記)
今日は、久しぶりの休日。昨晩、「ゆっくり朝寝をするぞ」と決意したのですが、早々と目が覚めて。ゆったりと新聞を読んだ後、結局は出勤。たまっている資料はどんどん片付くし、メモしてあった検討事項も考えることができました。
もっとも、急ぎの用件が入って出勤していたM参事官に、つかまりました。「出勤しておられるのなら、ちょっといいですか」と。
夕方は早く退庁して、本屋さんへ。気持ちのよい土曜日でした。(2013年6月8日)

(衆議院復興特別委員会、現地視察。山の新緑と木々)
今日は、衆議院復興特別委員会の視察に同行して、岩手県へ。一昨日視察した、釜石市と大槌町に再び行ってきました。重なるときは、重なるものです。
北上山地は、新緑が鮮やかです。バスの窓から、その景色を楽しんでいます。山の緑の中で、ヤマボウシミズキの白い花が目立ちます。一本の木のそれぞれの枝がテーブルを広げたように咲いているので、遠くからでも目に入ります。
藤の花の紫も、房がたくさんたれてカーテンのように鮮やかです。もっとも、植林した杉林で藤が目立つのは、手入れがされていないからでしょう。紫色といえば、里に咲いているの花も目立ちます。こちらは藤の花とは逆に、上に向かっています。五三の桐や五七の桐の紋章は、よく特徴を捉えています。
ホオノキトチノキの大きな葉も目立ちます。ホオノキの白い大きな花は終わりかけていますが、トチノキの穂のような花は今が時期のようです。タニウツギのピンク色も、緑の山では目立ちます。
もっといろいろな木や花があるのですが、私には区別がつかず。残念なことです。(2013年6月3日)

(本の都ヴェネチア)
アレッサンドロ・マルツォ・マーニョ著『そのとき、本が生まれた』(邦訳2013年、柏書房)が興味深かったです。グーテンベルクが西洋で印刷術を発明したことはよく知られていますが、その後、どのようにして商業出版が発達したか。
ヴェネチアが本の都になり、ユダヤ教やイスラム教の経典、アルメニア語やギリシャ語の本、楽譜や地図まで、出版の一大拠点になっていたのだそうです。500年の歴史に耐え、焚書ににも生き残り、それら貴重な本が残っているのです。
ルネサンスが起点としても、フィレンツェやローマでなく、なぜヴェネチアだったのか。それは、本を読んでください。
そして、なぜヴェネチアの出版が衰退したか。宗教の締め付けがきつくなり自由な出版が制約されたことやヴェネチアの勢力の衰退によるようです。
ところで、「ナポレオン時代の医師で哲学者のドナート・アントニオ・アルトマーレは、1562年に『マナについて』を出版し、全46ページで聖書に登場する食べ物を解説している」(p182)は、何かの間違いだと思いますが。(2013年6月3日)

(ICカード、全国相互利用)
東京では、パスモスイカ(電子マネーつき定期券)で、駅の売店だけでなくコンビニなどでも、小銭を持たずに支払いができます。便利なものです。地方の大都市圏でも、それぞれのICカードがあります。名前もユニークですね。スイカの他、イコカ、キタカ、ピタパ。これらが、3月から全国で共通して使えるようになりました。
先週、奈良に行ったときも、便利でした。近鉄への乗り継ぎも切符を買うことなく、改札を通ることができます。今日、仙台で駅弁を買うときも、「スイカで」と言えば、すみます。
ところで、パスモについて、私の失敗(?)は、次のようなものです。駅で勧められて、パスモ定期券にクレジットカードをつけました。あわせてANAカードも。これで、「定期券とクレジットカードとANAカードの3枚を1枚にできる」と計算したのですが。
いざクレジットカードで支払うとなると、定期入れからパスモカードを出して支払い、もらった控えを財布に入れるので、2度手間は変わらず。あまり便利になりませんでした。インターネットでイギリスから本を取り寄せたときは、JCBカードは受け付けてくれないし。(2013年5月25日)

(普通の休日)
今日は午前中に、六本木の新美術館の「貴婦人と一角獣展」に。比較的空いていて、見やすかったです。「以前、見たことがあるなあ」と、思っていたのですが。現物を見て思い出しました。パリの美術館で見ました。いつのことかは、思い出せないのです。何かのついでに行ったのでしょう。
ところで、ビデオによる解説は、わかりやすいです。実物を展示されただけでは、背景のたくさんの花や動物たちまで、視線が行きません。また、この壁掛けが、どんなお城にあったのか。作られた背景なども。パネルによる説明より、わかりやすいですね。もちろん、実物を見た後なので、「なるほど」と引き込まれます。実物のリアリティには、かないません。
よくこれだけのものが、500年間、残ったのですね。同様のものも、たくさん作られたのでしょうに。しかも、この壁掛けは、所有者の家系に跡継ぎがいなくて、次々と持ち主が変わったようです。
昨日今日と、普通のサラリーマンの生活をしました。よって、原稿は進まず。反省、と言いつつ、ほとんど反省していません。
でも、帰りに寄った本屋では、某著名記者とばったり。立ち話で、経済の見通しなどについて、無料の講義を受けてきました。ここは、価値がありました。(2013年5月19日)

(さわやかな5月の奈良。興福寺、東大寺)
18日は、所用があって奈良へ。時間があったので、興福寺と東大寺に寄ってきました。
興福寺では、南円堂と北円堂が特別公開されています。高校3年間、この近くを通っていましたが、中に入るのは初めてです。南円堂不空羂索観音菩薩坐像は、3メートル余り。大きくて、存在感があります。北円堂は、なんと言っても無著・世親立像です。ここに、おられたのですね。
国宝館では、天燈鬼・龍燈鬼立像の実物にご対面。職場においてあるミニチュアとは、リアルさが違います。当たり前です。
山田寺仏頭
も好きです。よいお顔をしておられます。火災に遭って、顔だけ、しかも痛んでいることが、さらに魅力を高めています。正面からより、向かって左斜めから見るとすばらしさが引き立つと、私は思っています。
阿修羅像もよいですが、迦楼羅像もユーモラスで好きです。国宝館も、手狭になりましたね。
東大寺では、昨年できた東大寺ミュージアムに。日光・月光菩薩を、間近に見ることができました(リンクを張りたいのですが、みつかりません。仏像の検索サイトもなく、サイト内検索もついていないようです。東大寺のホームページは、改良の余地がありますね)。
大仏さんにたくさんのお願いをして、飛鳥園で写真を買って帰ってきました。
奈良公園は、修学旅行の学生さんで一杯でした。その間をすり抜けて、駆け足で巡ってきました。
土産物屋にもたくさんの観光客がいましたが、これといって欲しいものは見当たりません。鹿せんべい、奈良漬け、大仏さんのミニチュアはまあまあとして、木刀、新撰組の旗??。
子ども向けの安いものや友人へのお土産物も悪くありませんが。大人や年配の人が、少々高くてもいえ価値があって、自らの記念に買って帰ろうと思うようなもの、海外からの観光客に勧めることができるものを、開発して欲しいです。近年の博物館や美術館のミュージアムショップは、参考になると思います。(2013年5月19日)

(いつになったら、普通の公務員の仕事に)
昨日このホームページで、長尾編集長に、連載再開を宣言しましたが。でも、この1年間は、「来月になったら、仕事も落ち着き、普通の公務員の暮らしになるよ」と宣言しては、T参事官から「前にも、同じことを言っていましたよね」と、繰り返し笑われています。
復興庁では、この4月にも大幅な増員を行い、部屋の模様替えもしました。職員は本庁200人、出先200人の合計400人に増えました。このほかに、各省職員を併任しています。
「もうそろそろ仕事も落ち着く頃だ」と思うのですが、復興が進むと、新しい仕事が見えてきます。また、原発災害からの復興、特に避難区域への帰還は、まだ本格的には進んでいません。仕事が落ち着くのは、まだ先のことですね。
さらに、放課後の異業種交流会や「××さんと久しぶりに飲む会」もあり。早く帰っても、自宅で飲んで、早々と「使用不能状態」になります。
執筆の決意をしているのか、言い訳をしているのか。反省。(2013年5月16日)

(すごい腸の働き)
人体の腸って、すごいのですね。1年間に1トンもの食べ物を、消化・吸収しています。食べ物を分解して吸収する仕組みは、直感ではわかりにくいです。肉やお米がどのようにして筋肉になったり、エネルギーに変換されるのか。
しかも、病原菌は取り込まないのです。分別する機能があります。最強の免疫器官です。人工の機械では、作ることはできないでしょうね。
腸内には、1,000種類、100兆個、1キログラムもの腸内細菌が共生していて、さまざまな活動をしています。口から肛門につながる消化器官は、人体を貫く「管」で、身体から見ると、体外です。
1億個ものニューロンがあって、第二の脳とも言われるのだそうです。ストレスがたまると下痢をします。他方、寝ている間も働いていて、「休め」と言っても休みません。
上野川修一著『体の中の外界 腸の不思議』(2013年4月、講談社ブルーバックス)に書いてありました。(2013年5月13日)

(大型連休終了)
大型連休が終わりました。皆さん、充実した休日を過ごされたことでしょう。一部の地域では天候が荒れましたが、比較的天気に恵まれたようです。
私が行ったある美術館は、長蛇の列ができていました。30分並んで入ったとしても、あの小さな空間にこれだけもの人が入ったら、絵を見るどころか人の頭を見に行くようなものだと悟り、断念。
15年ぶりに行った(誘ってくれた息子の記憶)高尾山は、新宿や銀座より込んでいて、山道の所々で登山者が渋滞を起こしていました。朝早く出発し、麓から頂上までケーブルカーに乗らず歩いたので、待ち時間はなし。体力と下りの際の膝に不安がありましたが、歩き通すことができました。浄心門には、「大震災復興」の額が掛かっていました。
私は、谷間の平日3日と数日の休日出勤だけで、お休みもいただきました。手帳を見ると、昨年はカレンダー通りに、休みをもらいました。一昨年は大震災直後でもあり、とても休める状態ではありませんでした。
おかげさまで、仕事や頭の整理ができました。仕事の進め方については考えがまとまり、指示書も作ったので、職員のメールに送り込んであります。例によってたまっていた資料や新聞切り抜きを、だいぶ片付けました。復興庁の私の部屋と自宅の書斎は、かなり資料を捨てたので数センチ浮き上がったでしょう(笑い)。
さらに、思いついてメモにしてあったいくつかのテーマ(行政論)を、ゆっくり考えることができました。時間があるときにしかできないので、これは収穫でした。もっとも、読もうと思っていた本はそれほどはかどらず、書き始める予定の原稿もだめでした。一つの本を読み出すと、次々と興味が広がって、あれこれと手を広げてしまいます。
そもそも、遊びに行く、おいしいものを食べる、本を読む、原稿を書くをすべてやろうと考えることに、無理があります(苦笑)。いつものことながら、欲張りと好奇心が多すぎることを反省。それなりに充実した休みだったことに、満足しましょう。この間も皆のために働いておられる、警察、病院、交通、商売など多くの方に感謝します。(2013年5月6日)

(大型連休)
明日から、大型連休ですね。お出かけの人も多いでしょう。天気が良いといいですね。(2013年4月26日)

(桜を見る会)
今日は、キョーコさんのお供をして、総理主催の「桜を見る会」に行ってきました。東京は、あいにくの寒い曇り空の天気でしたが、大変な人出でした。1万人を超える人が、参加したそうです。
今年は、例年になく桜の開花が早かったので、桜は八重桜を含めて、葉桜になっていました。(2013年4月20日)

(五百旗頭先生)
日経新聞夕刊「人間発見」で、五百旗頭真先生の連載が始まりました。(2013年4月15日)

(椿とチューリップ)
先日、「我が家の椿は終わりました」と書きましたが(4月3日)、まだまだ、いくつかの花を咲かせています。「桜も終わったのに、うちの椿は遅くて」と、お向かいの奥さんに言ったら、「いえ、椿は今頃咲くのですよ」と、教えてもらいました。
鉢植えの八重桜は、今年は長く楽しませてくれました。チューリップは、満開です。お向かいの庭の花海棠は終わり、柿の木の若葉が目にも鮮やかな色で輝いています。(2013年4月13日)

(1週間)
新年度に入って、1週間が経ちました。新入社員や新しい職場に移った人たちは、新職場に慣れたでしょうか。緊張と他方で少し慣れてきて、疲れが出る頃ですね。
私も、今週もまた、怒濤のような1週間を過ごしました。部下職員が何人も異動して、勝手知ったる部下には通じた「あの資料が・・」というええ加減な指示が、通じなくなりました。
しかし、組織が続くためには、定期的な職員の異動が不可欠です。以前「卒業試験」に落第した若手職員も、無事卒業しました(2月23日の記事)。さらなる活躍と成長を期待しています。厳しい岡本学校(岡本組)で鍛えられたのですから、能力は折り紙付きです。
今日土曜日は、いつものように、資料整理と頭の整理に出勤。すごくはかどりました。夕方帰りの地下鉄で、旧知の「政府中官」(高官まではいきませんがかなりの幹部職員)に、ばったり出くわしました。お互いに「今日も出勤ですか・・」「××の対応でね」と。
新入生諸君。おじさんたちも、がんばっているんだよ。
しかし、週末しか整理の時間がとれないこの「勤務実態」は、どうにかしなければなりません。
分け入っても分け入っても青い山。山頭火
分け入っても分け入っても仕事の山。(2013年4月6日)

日記47へ戻る。
表紙へ戻る。目次1へ戻る。