日記49


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記50へ続く

(8月が終わりましたが、暑さも仕事も引き続き・・)
8月が終わって、9月に入りました。しかし、東京の暑さは、あいかわらずです。今朝は、最低気温が29度だったそうです。昼も、35度を超えていました。
復興庁では、8月30日に、平成26年度の概算要求を提出し、また、子ども被災者支援法の基本方針案を公表しました(なお、8月28日には、原子力規制委員会が「帰還に向けた安全・安心対策に関する検討チーム」を設置しました)。もちろん、これらは、始まりでしかありません。
これらを含めて、いくつかの仕事で、区切りがつきました。すると、「次の仕込み」を、しなければなりません。アヒルが池を泳いでいるときには、水面下で水かきをしていて、かつどちらへ向かって進むかも考えているのです。
先週もばたばたしていて、頂いたメールや資料を放置してありました。今日、区切りのついた資料をどっさりと捨て、メールに返事を書いていたら、ある人から、「統括官は、休日出勤禁止だったのではないですか」と、メールで厳しい返事。「あんたも、出てきているじゃないか」と言いたいところを我慢して、「部下には禁止しているけど、本人は例外」と理屈のない返事を出しました。すると今度は、「仕事がなくなったら、どうするのですか」と、これまた厳しい指摘が返ってきました。どうしますかねえ・・。(2013年9月1日)

(職場の同窓会)
今日の放課後は、20年前に一緒に仕事をした(仕事を助けてくれた)職員たちとの、会合でした。当時38歳の大臣秘書官だった私も、今は58歳。みんなもそれぞれに昇進し、おじさんやおばさんになっています(失礼、いつも同じことを書いています)。皆忙しく、なかなか日程が合わずに、今日になりました。
この夏は、毎日のように、かつての職場の同窓会や、××さんを囲む会でした。その上に、現在のお付き合い(同業他社、異業種との)もあり。来週や、9月に持ち越したものも、たくさんあります。
35年も社会人をやっていると、いろんなつながりが、できました。それぞれの場所で、勉強をしました。いまだに同窓会が開かれるのは、メンバーが楽しい思い出を持っているということでしょう。何かと苦労をかけたのに。ありがたいことです。
それに比べると、若いときは、もっととことん飲みましたが、交友範囲は狭かったですね。現在は、年賀状の多さにしろ、職場にかかってくる有象無象の電話にしろ、さまざまな人とのつながりが、私が仕事を進める際の資源(パワー)になっています。もちろん、「やっかいやなあ」というのもあります。お互い様かな(苦笑)。(2013年8月23日)

(出勤)
今日は月曜日、久しぶりに出勤。秘書がびっしりと予定を入れてくれていた案件の他、合間を縫って入ってる来る仕事を、次々と「撃退」。夕方からは、知人の教授の依頼で、学生さんたちに、公務員の仕事をお話ししました。私は今や、学生たちの父親より年上です。通じましたかねえ・・。
なぜか、家でごろんごろんしているより、仕事に行くと元気が出ます。貧乏性です、はい。妻に嫌われるか、職員に嫌われるか。
「仕事が忙しくて」という言い訳ができなくなったら、どうしましょう。(2013年8月19日)

(夏休み決行中)
実は、今日から、夏休みを取っています。職員に対して「夏休みを取るように」と指示を出しているのですが、「岡本統括官から、率先して休んでください」と、部下からきつい指示を受けました。「じゃあ、仮置きでこの日を休んだことに・・」と言ったのですが、「絶対に出てこないでください」と追い打ちをかけられました。
震災以来、平日に休みをもらったのは、インフルエンザにかかり出勤禁止を言い渡されたときだけです。まあ、私がいなくても、仕事は進むようになっているのですが。うるさい上司がいないので、職員たちがのびのびしている様子が、目に浮かびます(苦笑)。上司元気で留守がよい。
これだけ暑いと、お休みをもらっても・・。旅行や実家への帰省も、断念しました。
既に夏期休暇を取った職員に聞いたら、「ゆっくりしました」「旅行に行きました」という答の他に、「家で、ごろんごろんしていました。水風呂に入り、冷たい飲み物を飲んで、読書もできず」「家族サービスに疲れました」「職場の方が、冷房も効いて快適です」と、趣旨に反した答?も返ってきました。(2013年8月14日)

(韓国も暑い)
日本も暑いですが、お隣の韓国も暑い上に、節電で冷房を制限しているそうです。産経新聞によると、次の通りです。
・・韓国で12日、電力不足で大停電になる恐れがあるとして、政府が全国の役所の冷房を禁じた・・ソウルの政府庁舎では照明も消され、半分以上のエレベーターが止まった。聯合ニュースは、政府庁舎では、ある公務員が「暗くて暑くて死にそうだ。仕事の効率は全然上がらず、何も考えられない」とぼやいていると伝えた・・
国境と海峡を越えて、電気を融通できればよいのですが。日本も余裕はありませんが、困ったときにはお互い様です。国境をまたいだ電気の融通は、ヨーロッパでは既に行われ、東南アジアでも計画されているようです。(2013年8月13日)

(最低気温30度)
東京でも、毎日のようにすごい夕立が来ることを、紹介しました。毎晩、暑い日が続いて、寝苦しいです。もっとも、私は寝ることにかけては苦労したことがなく、毎晩ぐっすり寝ています。ただし、疲れはすっきりとは、とれていないようです。
なんと、11日は、東京都心の最低気温が30度。最高気温の間違いではありません。明治以来、138年間で最も高くなったそうです。最高気温は、38度でした。すごい夕立も来たそうです(私は、福島にいました)。
最高気温が40度を超えた地方もあります。皆さん、体調に気をつけてください。といいつつ、私も、冷たい麦茶を飲み続けています。それが、ほとんど汗に出ているようです。(2013年8月12日)

(朝も土砂降り)

東京は最近、夕立がひどくてと、書きました。今朝は、朝からすごい通り雨でした。家を出たときは晴れていたのですが、地下鉄が四谷の駅(ホームが地上にあります)に着いたら、土砂降りです。困ったなと思いつつ、溜池山王駅まで来て、地上に出たら、雨はやんでいました。出勤していた職員に聞いたら、えらい目に遭ったそうです。傘を差しても、ずぶ濡れになったそうで。
アメダスの雨雲情報が、わかりやすいです。雨雲が雨の強さで、青、黄色、赤で表示されます。10分ごとに更新され、また2時間分の動きが、さかのぼれるのです。優れものです。(2013年8月6日)

(いつかは、休日を全て休むぞ)
今日は、久しぶりの休日出勤。出勤している職員は、数名。職員が説明や決裁に入ってこないので、じっくりと自分の時間がとれます。仕事が、はかどりますねえ。たまった資料を読み、宿題事項を考えと。いつもながら、同じことを言っています(反省)。
「職員の説明を聞き、指示を出すのが、統括官の仕事でしょ」と言われれば、その通りです。でも、平日は、持ち込まれた資料全てに、ゆっくりと目を通す時間がないのです。「置いておいて。後で読んでおくわ」と、資料がたまります。
うまくいくと、この7月は、発災以来初めて「全ての休日を休んだ月」という快挙を、成し遂げるところだったのですが。(2013年7月27日)

(東京は今日も夕立)

毎日退社するときに、傘を持って出かけています。連日、すごい夕立が来るのです。激しいときは、傘が役に立ちません。
出かける前に、アメダスの雨雲の動きを見て、「今日も来るぞ」と確認しています。(2013年7月23日)

(日本語は難しい、家でもぐったり)

7日の記述で、「・・家の中でもぐったり。」と書きました。
読者から指摘がありました。「家のお風呂で潜れるとは、大きな風呂ですね」と。
「・・家の中でも、ぐったり。」ですね。(2013年7月9日)

(暑い)

今日、最も多く交わされた会話は、「暑いですね」でしょう。東京は、昨日から最高気温が35度前後になり、夜も気温が下がりません。梅雨も、明けたそうです。
昼は真夏の太陽が照りつけ、家の中でもぐったり。水のシャワーでも効果が少なく、ついに冷房を入れました。「夏は暑いものだ」と言われれば、その通りですが。
夕方には、雷を伴った激しい夕立も来ました。(2013年7月7日)

(もう7月)
気がつけば、7月ですね。平成25年も、半分が過ぎました。なぜこんなに毎日が、そして時間が経つのが早いのでしょうか。小学生の時は、授業時間中はなかなか終わりの鐘が鳴らず、学校が終わってからも遊ぶのにたくさんの時間があり、晩ご飯から寝るまでにも時間がありました。(2013年7月1日)

(土日の休み、小学生の日記)

今日(29日土曜日)と明日(30日日曜日)は、「土日曜2日間休む」という大作戦(?)を実行中です(苦笑)。
そのために、週半ばから、週明けの月曜日の準備を職員に指示し、金曜夕方には、「明日明後日、2日間休むぞ」と宣言して帰宅しました。なのに、夜、自宅で全身のゼンマイもねじも緩みきっているところに、電話がかかってきて・・
今日は、行きたいと思っていた「発掘された日本列島展」に。土日には、専門家による解説があるので、その時間帯に行きました。解説付きは、よくわかります。質問もできますし。お勧めです。この後、例年のように全国を巡回します。
今回は、東日本大震災の復興事業にともなう遺跡の発掘調査成果も、展示解説されています。全国から60人もの専門家が、発掘調査のために現地に派遣されています。ありがとうございます。
江戸東京博物館では、併せて「ファインバーグ・コレクション」(アメリカ人個人収集家が集めた江戸時代の絵画)も。見応えのある展覧会でした。個人で、しかもこの40年間で集められたとのことです。それにも、驚きます。日本には、そのような人や団体は、いないのでしょうかね。
でも、日本の美術を国内に抱え込んでおくのではなく、海外で評価され展示されることの「効果」の方が、重要ですね。(2013年6月29日)

(細菌からつくる薬)
朝日新聞6月24日科学欄「熱帯救った日本の菌」は、驚きでした。日本人科学者の大村智先生が日本のゴルフ場で見つけた細菌から、寄生虫を殺す薬をつくりました。最初は犬の薬だったのですが、人間の熱帯病「河川盲目症」にも効くことがわかり、年間4万人の失明を防いでいるのだそうです。
1グラムの土には、1億もの微生物がいるとのこと。数だけだと、日本人の人口並みです。そこから、役に立つ菌を探し出すのです。先生は、年間3千もの菌を調べ続けたのだそうです。(2013年6月26日)

(子どもさん連れの結婚式)
今日は、結婚式に行ってきました。「呼ばれて」ではなく、「呼んでくれたら、双方のご両親が喜ぶスピーチをするよ」と、押しかけです(苦笑)。結婚式の後は、披露宴の形ではなく、簡単なパーティで、出席者も堅苦しくなくよかったです。
新郎新婦は、海外勤務の都合などで、1歳の子どもさんを連れての結婚式でした。おなかの大きい新婦さんの結婚式も何度か出たことがありますが、子連れ結婚式もよいですね。
課題は、式と写真撮影の間に、じっとしていてくれるかです。今日の赤ちゃんは、泣かずに、静かにしていました。おりこうさんでした。(2013年6月22日)

(梅雨の季節)
東京は、梅雨入り後も、あまり雨が降りませんでした。東京で最も降水量が多いのは、実は9月です。「そうか、梅雨って、そんなに雨が降らないのか」と思っていたら、ここ数日は梅雨らしい日が続いています。西日本では、大雨が続いているようです。大きな被害が出ないことを祈ります。(2013年6月20日)

(伝えられた千年前の日記)
藤原道長の自筆の日記「御堂関白記」が、ユネスコの世界記憶遺産に登録されたことが、報道されています。
千年前の紙に書かれた日記が残っているのは、奇跡ですね。それも、田舎の蔵に眠っていたのではなく、京都の町の真ん中でです。火事や戦乱に遭ったのに、その都度運び出されたのでしょう。
かつて本屋で見かけて(講談社学術文庫にあります)、手に取りましたが、読み通す気力がないので、買いませんでした。(2013年6月19日)

(携帯電話の安全対策)
ある人に教えてもらい、先日から、携帯電話に、ロックをかけました。落としたときに、他人に勝手に使われないようにです。また、登録してある宛先も、悪用されるとその方たちに迷惑をかけることになります。「今頃遅い」と、お叱りを受けそうです。
便利なものができると、その使い方だけでなく、安全対策を勉強する必要があります。学校や親からは、教えてもらえないことなので、どのようにして知識を得るのか。難しいですね。被害に遭ってからでは遅いです。
携帯電話を落とさないように、ポケットに入れて歩くときは「ひも」(バネ式のストラップ)でベルトに括り付けるようにしています。これには、何度も助けられました。車から降りたときに、足に触るものがあります。「なんだ」と見たら、ポケットから滑り落ちた携帯電話が、ストラップの先でぶらぶら揺れているのです。でも、このバネも外れるときがあるし、何かの時に落とす可能性もあります。
ロックをかけて、一安心ですが、いちいち暗証番号を入れなければならないのに、まだ慣れません。また、職場に入る際の暗証番号や、クレジットカードの暗証番号、パソコンの暗証番号など、いろいろな番号やパスワードがあって、時々間違えます。でも、わかりやすい番号に統一すると、安全度が低くなります。安心には、コストが掛かります。(2013年6月15日)

(現地視察の記録)
先日このホームページで、祐ホームクリニックの取り組みを紹介しました(6月8日の記事)。事務局の園田さんが、視察当日の私の写真まで、載せてくださいました。いつの間に、こんな写真を撮られていたのでしょうか。気がつきませんでした。姿勢は悪いですが、結構まじめに聞いています(苦笑)。(2013年6月10日)

日記48へ戻る。
表紙へ戻る。目次1へ戻る。