日記50


他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記51へ続く。

(今年も年賀状の季節)
仕事とカウンターの数値に気をとられているうちに、12月ですね。例年の苦しみ、「年賀状」の季節です。今年も、既に印刷は終えました。宛名を書くために、昨年いただいた年賀状の整理に、ようやく取りかかりました。
近年は根性が続かないので、たくさん頂きながら、返事を出す量を減らしています。そこで、いただいた年賀状を分野別に分類しつつ、「う〜ん、この人は勘弁してもらおう」と、断念しています。すみません。(2013年12月2日)

(開いてみたら2,000,003)
今日30日、午後から研究者の方々と、大震災対応について、政府の取り組みの検証と評価を議論してきました。早いもので、発災以来2年半が経ちます。もうすぐ1,000日です。
夜10時過ぎに帰って、このホームページを開いたら、2,000,003でした。(2013年11月30日)

(予定、あるいは嘘つきの秘書?)
毎日夕方に、秘書が、翌日の日程表を持たせてくれます。なんと、昨日は「明日は、予定が一件も入っていません」とのこと。でも、私は、彼女に「嘘つき」と言い放って、帰りました。
今朝、8:30に出勤したら、直ちに来客があり、続いて電話がかかってきたり、部下からの報告が入ったり・・。結局、午前中は、自分の時間がとれませんでした。そこで、もう一度、秘書さんに「嘘つき」と(笑い)。
放課後は、異業種交流会に出席(夜の予定は、毎日の予定表には載せません。恥ずかしいので)。私の知らない分野の話は、勉強になります。しかも、その分野の第一人者ばかりです。「へ〜、世の中こんなことになっているのだ」と。ぜいたくな時間です。他方、私が知っていて、向こうさんが知らない話もあって・・。(2013年11月21日)

(急に冬に)
昨日今日と、福島に行ってきました。東京も寒かったですが、福島では山並みが雪をかぶっていました。コートを出して、冬装備で行ってきました。
つい先日まで、クールビズだったのに。今年は、秋がなくって冬が来ましたね。インフルエンザの予防接種も、受けました。(2013年11月13日)

(楽天日本一)
楽天が、第7戦で巨人に勝って、日本一になりました。良くやってくれました。感激です。星野監督も答えていましたが、「東北に力を与えて」くれます。
昨日は、田中投手で負けたので、もうダメかと思いました。2点リードから、今季負け無しの田中で逆転負けするのですから。巨人は強いです。
夕べは悔しくて・・。応援なんか、するものではないですね、平常心を失います。
今日も、はらはらしながらテレビで試合を見るのは心臓に悪いので、止めようと思ったのですが。なかなか離れることができず、ついつい最後まで見てしまいました。楽天の選手たち、ありがとう。
ところで、驚くのは、若い選手たちの落ち着きです。試合を見ても、インタビューを聞いても、あの晴れ舞台、しかもこれで決まるというしびれる条件の下で、選手は緊張していません。たいしたものです。投手を始め20代が多く、年上でも30代です。
66歳の星野監督が、その若い選手たちを、上手にひっぱっていく。共同記者会見で、嶋捕手が監督の横で、「日頃あまり誉められたことがない。試合中は、よくベンチから(監督の)怒鳴り声が聞こえるので、それと戦いながら良く粘ったなと思う」と笑っていましたが(ユーチューブ、7分40秒頃)。ビールかけでは、その怖い監督に、選手たちが恐れずビールをかけていました(笑い)。星野流の、すごい技があるのでしょうね。
思い返せば、近鉄時代から、日本一は遠かったです。広島との日本シリーズ(1979年、昭和54年)では、歴史に残る「江夏の21球」にやられました。また、巨人に3連勝して、「パ・リーグ最下位のロッテより弱い」と発言し、その後、4連敗したとか(1989年、平成元年)。
そんな思い出も忘れさせてくれる、今年の快進撃でした。うまく行くときは、うまく行くものですね(分析になっていません、苦笑)。(2013年11月3日、4日)

(日本シリーズ楽天3勝)

今日も、夜は、異分野の人たちとの意見交換会。
その席にも、草の者から、報告メールが、携帯電話に届きます。「重要事項」という表題で、何かなと思って本文を見たら、「2点リード」。しばらくすると、「重要事項、続報」で「2−1になりました」。そしてついには、「延長ですわ」と。
で、「今日も負けか」と思いつつ家に着いたら、なんと勝っていました。あと1勝です。
ある野球通から、指摘が来ました。「東京ドームで、2勝1敗はすごいです。セリーグの球団は、どこもそんなことはできません」と。(2013年10月31日)

(日本シリーズ、2勝)

楽天が今日第3戦も勝って、2勝1敗にしました。夜の意見交換会(懇親会)を欠席するか、中座するか悩みました。だって、もうこれから数年間は、こんな場面に会うことはないのですよ(苦笑、悲観的ですね)。
途中で、同僚に「どうなっている?」と聞いたら、「4点勝ってます」とのこと。で、懇親会じゃない、意見交換会を続けました。
常勝球団なら、日本シリーズの1勝は何のことはないのでしょうが、弱小球団を応援していると、「勝つのは、今日が最後だ」と思ってしまいます。これだけ勝ってくれれば、ファンとしては十分です。と言いつつ、できたら、あと2勝して欲しいです・・(2013年10月29日)

(今週もよく働きました)

今週も、怒濤のような1週間が、終わりました。衆参の予算委員会では、復興庁にはそこそこ質問が出ました。もっとも、予想されるテーマは、事前に職員が準備してくれていました。夜の外出先の私の携帯に、あるいは深夜自宅のパソコンに答弁案が送られてきますが、事前準備通りですから、一発で完了。「想定外の質問」がでたら、管理職の恥です。
問題は、復興庁が主管でない問いです。何でもかんでも、復興庁におはちが回ってきます。頼りにされているのはありがたいのですが、職員が明け方まで拘束されるのは、かわいそうです・・。
別に抱えている課題も、関係者のご努力で、めどが立ちそうです。あとは、明日出勤して、今週にたまった資料を片付ければ、楽になります。明後日は、職場が害虫駆除で立ち入り禁止だそうです。駆除されては、かないません。
台風が接近中です。被害が出なければ良いのですが。(2013年10月25日)

(楽天、日本シリーズへ)
東北楽天がクライマックスシリーズで、千葉ロッテを破り、日本シリーズ出場を決めました。次は、日本一を期待しましょう。(2013年10月21日)

(美術館のはしご)

今日の東京は雨、しかもかなりきつい雨風でした。各地で被害が出ないことを、祈っています。
しかし、行けるときに行っておかないと決心して、上野の博物館へ。傘を差していても、ズボンと靴はズクズクになりました。観客は比較的すいていましたが。
最初は、東京都美術館のターナー展に。光と大気を描いたと言われる、あの霧のかかったような、そして光の魔術というべき表現は独特ですね。当時の美術界から批判を受けたことがわかります。
続いて、国立博物館へ。まず「京都展」で、洛中洛外図屏風を見ました。かつて、岡山の林原美術館でも、いくつか見たのですが。今回は、前期と後期の両方を見ると、現存する洛中洛外図屏風を総べてみることができます。東博も力が入っていますね。
大スクリーンで拡大した説明が、わかりやすかったです。これを見てから実物を見ると、なるほどそうなのかと理解できます。建物がどこを表しているのかだけでなく、描かれた人物が何をしているのかまで。逆に、この説明がないと、「金の雲の間に、お寺と家が並んでいるなあ」くらいしかわかりませんね。しかも実物に書かれた人物は小さくて、よくわからないのです。ビデオの拡大は、威力があります。
黒田日出男さんや今谷明さんの謎解き本を読んで、「そう推理するのか」と感動したことを覚えています。
もう一つの見所は、竜安寺石庭の四季を写したビデオ(リンク先のページの真ん中くらいに出てきます)です。早送りで1年を見せてくれます。雪景色、春の桜、夏の青葉、秋の紅葉。これは感動ものです。単なる早送りでなく、それぞれは現実の早さなのですが、それをつなぎ合わせてあります。でも、それが上手につないであって、不自然ではないのです。「このビデオは販売していますか」と職員に聞いたら、「売っていません」とのこと。売れば、ヒットしますよ。四季を4枚にした絵はがきは売ってましたが。
続いて、東洋館での「上海博物館 中国絵画の至宝」へ。これまた、なかなか見ることのできない超絶技法を見せてもらいました。(2013年10月20日)

(興福寺仏頭展)
東京芸術大学美術館で、「興福寺仏頭展」が開かれています。私は、この仏頭が好きで、5月に奈良に行った時も、見てきました(5月19日の記事)。元は、山田寺にあったのですが、山田寺跡は私の生まれた里の近くです。
この仏像は、見る角度によって、表情が変わります。前にも書きましたが、私は、向かって左斜めからの角度が好きです。白鳳の貴公子という命名は、秀逸ですね。
今回の東京芸大での展示は、高い位置にある仏頭を下から見上げます。これが本来の位置なのでしょうが。同じ高さからは、見ることができません。
東大寺戒壇堂の四天王「広目天」(飛鳥園の写真)も好きで(2012年5月27日)、職場に写真を置いてあります。その厳しいお顔を見て、気を引き締めるためです。(2013年10月10日)

(資料整理)
やはり、お彼岸が過ぎると、涼しくなりますね。昨日の東京は暗くて寒い雨でした。今日は気温も上がり、午後からは秋晴れでした。ご近所のキンモクセイが香ってきます。
職場では、先週、政務官の交代がありました。また、10月が始まるので、四半期ごとに定例にしてある「これから3か月間にすること」を議論し、15日から始まる予定の臨時国会に向けての、頭の整理も進めました。
職員と、課題と進め方を共有しておけば、私の仕事(仕事の進行管理と、組織管理)は半分くらいすみです。もちろん、大きな課題は各職員が格闘中ですし、新しい課題も次々起きてきます。
なんと、昨日今日は、職場に出勤せず、家でそのほかの考え事の整理ができました。最近は、新聞切り抜き、勉強資料メモのほかに、パソコンにメモを書き散らかしてあります。それらを分類して、このHP執筆用の欄に入れたり、原稿案(いつになったら執筆する事やら・・)の欄に入れたり。ひとまず分類できると、すっきりします。(2013年10月6日)

(今日は趣向を変えて、楽天優勝)
今日26日夜、プロ野球の楽天ゴールデンイーグルスが、パリーグ優勝を決めました。実は、私は楽天ファンなのです。
元々は、セリーグでは阪神タイガース、パリーグでは近鉄バッファローズを応援していました。若い頃、宴会では、上司と一緒に六甲おろしを歌い、職場の遊びでは、近鉄のユニフォームを着てソフトボールをやっていました。あの角のマークと、トリコロールはきれいでした。ちなみに、岡本太郎さんのデザインです。
でも、阪神タイガースはメジャーすぎて、応援しても甲斐がなく。近鉄はつぶれ、その後は実質の後継球団である楽天を応援していました。まあ、弱いチームでした。でも、「常勝を義務づけられているチーム」とは違い、負けても苦になりません(負け犬かな、苦笑)。
昨日までに、マジックは2。今日、楽天が勝って、2位ロッテが負ければ、優勝です。夜の会合で、ある人が携帯で確認して、「今日の楽天の優勝は、ないよ。途中経過で、ロッテがリードしていて、楽天がリードを許しているわ」とのこと。でも、こちらは十分余裕があります。「しゃあないなあ・・」。
と思いつつ、家に帰って、インターネットで確認したら、9回で田中投手が出ています。「え〜、じゃあ優勝するのだ」。どこかのチャンネルで中継していないかとテレビをつけたら、さすがNHK。中継中でした。1点差で2アウト3塁2塁。う〜ん、しびれますね。最後は田中投手が三振をとって、試合終了。
球団創設9年目で、優勝です。たいしたものです。私としては、なぜ勝てたか、逆に他のチームはなぜ勝てなかったか。それを分析しなければなりません。そんなことは別にして、うれしいですね(笑い)。
星野監督の胴上げを見ましたが、田中投手、嶋捕手、松井キャプテンも、胴上げしても良かったのに。(2013年9月26日、27日)

(台風被害)
台風18号が、日本列島に大きな被害をもたらしました。東京も、朝から強風と大雨でした。テレビに映る各地の洪水は、大変なものでした。お見舞いを申し上げるとともに、早い復旧をお祈りします。(2013年9月16日)

(9月8日夜、NHK出演)
期待して、ご覧頂いた方がおられたら、申し訳ありませんでした。そんな人は、家族だけかな(笑い)。冒頭に、一声だけ映っていました。
「お詫びでなくて、よかったね」という反応が、ありました(苦笑)。(2013年9月8日)

先日、NHKの取材を受けました。日頃お付き合いのある政治部ではなく、NHKスペシャル取材班です。
震災前後の、携帯電話の位置情報や企業の取引情報を、解析するものです。今話題の、ビッグ・データです。東北地方の地図の上に、点や線で、人の位置やお金の動きが表示されます。膨大な情報ですが、コンピュータなら簡単に瞬時に加工できます。
それについてのコメントを、求められました。発災直後、応急復旧の時期、復興の時期で、いろんな活用ができます。
番組は、9月8日夜9:00からだそうです。「震災ビッグデータFile.2。復興の壁、未来への鍵」です。もっとも、私の映像が出るかどうかは、不明です。悪しからず。(2013年9月6日)

(東京は大雨)
今日5日、東京は、夜明けと朝方は、大雨でした。高円寺では、起きたときは小降りだったのですが、出勤するころには豪雨でした。傘を差しても、ズボンがグショグショになりそうで。20分ほど自宅待機をして、小降りになったのを見て出撃。ほとんど濡れずにすみました。(2013年9月5日)

日記49へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。