日記51


他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記52へ続く

(9連休終了、明日から仕事)
明日は、6日月曜日。多くの職場で、仕事始めでしょう。9日間って、過ぎてしまうと、あっという間でしたね。9日あれば、結構なことができるはずなのですが。残念(苦笑)。
皆さんは、どのように過ごされましたか。有意義に過ごされたことと思います。あるいは、寝正月だったでしょうか。何もしなくても、時間は経つものですね。
私は、年末は年賀状書き、新年は神社やお寺参り、美術館巡り。キョーコさんのお供で外出など。あとは資料整理や読書で、終わってしまいました。資料整理や読書は、結構はかどりましたが、のんびりして、注意散漫で、思ったほどは進みません。
う〜ん、貧乏性なので、仕事がないと気合いが入りません。さあ、明日から、気合いを入れて、がんばりましょう。(2014年1月5日)

(美術館巡り)
東京は、今日も良い天気。家にばかり閉じこもっているわけにはいかないので、今日は美術館へ。
まずは、六本木のサントリー美術館で、平等院鳳凰堂の「飛天の美」へ。展示品もさることながら、「こんな手があるのか」と、感心しました。
模刻ですが「雲中供養菩薩像」を、触ることができるのです。通常は「展示品に手を触れないでください」と注意書きがありますが、これは違うのです。さらに、この仏さんには、お坊さんによって魂が入っていて、ありがたみが違います(作品番号071-10。「結縁像」と書いてあります)。そして極めつけは、この仏像そのものが、鳳凰堂のお堂の中に飾られるのです。展覧会のサイトには、詳しく載っていないようです。
「え〜、私がなで回して、手の脂のついた仏さんを飾って、ええのかね」と、ちょっと恐縮します。もっとも、既にたくさんの人が触っていて、光っている部分もあります。あぶら抜きの加工をして、塗装するのでしょうか。南20番という仏さんなので、今度京都に行ったら、確認しなければなりません。
仏さんの同じ部分をなでると、病気が治るといって、触らせてもらえる仏さんもありますが、今回のはかなり繊細な木造彫刻です。仏さんへの功徳としては、写経をして納めるとか、瓦に名前を書いてもらえるといった、参加型の寄付がありますが、これは初めての体験でした。入場料1,300円と、並んで待つだけの価値はありました。「私も触りたい」と思われた方は、お急ぎください。1月13日までです。
勢いに乗って、上野の西洋美術館の「モネ展」へ。ここも、結構な混雑でした。モネの睡蓮は好きで、かつてパリから、大きなポスターを買って、持って帰ってきました。額に入れて職場でも飾っていたのですが、現在は自宅で寝ています。(2014年1月2日)

(平成26年元旦)
あけまして、おめでとうございます。みなさん、良いお年をお迎えのこと存じます。東京は、暖かな元旦です。
我が家も、家族そろって、健康で正月を迎えました。近所の神社にお参りをして、娘夫婦も訪ねてきて。奈良の両親には、電話で挨拶を済ませ、届いた年賀状を整理してと、いつものお正月です。
今年もたくさんの年賀状をいただき、ありがとうございます。励ましの言葉や、近況報告が書き添えてあって、それぞれにうれしいですね。「ホームページ、毎朝見ています」や「最近、堅くて、おもしろくなくなりましたね」とかか。はい、ご指摘の通りです。
交通機関、病院、消防、警察など、年末年始の休みもなく働いておられる人たちに、感謝します。電気、ガス、水道などライフラインが支障なく使えるのも、運転しておられる職員のおかげです。
今年が、皆さんにとって良い年でありますように。(2014年1月1日)


(2013年大晦日)
今日は、大晦日。みなさん、今年はどのような年だったでしょうか。充実した1年であったことと、存じます。
私は、仕事では、大震災被災者支援からは3目年、復興庁が発足して2年目でした。それぞれに仕事が進み、新しい段階に入ることができました。12月27日「御用納め、この1年の仕事」に書いたとおりです。
新しい段階に入ると、また次の課題が出てきて、なかなか「失業」することはありません。大臣の下で、現場での復興を進めるという「成果の進行管理」とともに、そのために組織を動かすという「組織管理」の二つがあります。これは、どの省庁でも同じことですが、復興庁の仕事は成果が見えやすい一方で、これまでにないことが多く、また新設組織なので、その苦労もあります。支えてくれる職員たちに、感謝します。
このホームページは、200万人を突破しました。おもしろいことも書いていないのですが、読んでくださる方に感謝します。後輩たちや世間の方に、官僚はこんな生活をして、こんなことを考えているのだと、参考にしていただければと思って、書き続けています。
私事では、家族を含め、健康で過ごすことができました。これは、神様に感謝しなければなりません。なんと言っても、心身の健康があっての仕事です。
皆さん、良いお年をお迎えください。(2013年12月31日)

(それぞれの年末)
ニュースは、新幹線や飛行機の混雑を、伝えています。観光地なども、かなりの人出のようです。昨日、今日と行ったデパートの食品売り場は、それぞれ大変な混雑でした。
肝冷斎は三宅島探検へ、藤沢烈さんはフィリピン被災地へ。私は、正月準備のお買い物やカレンダー掛け替えのほかは、ゆっくりと資料整理と読書。そして、こんなホームページの記事を書いています。(2013年12月30日)

(年末の行事終了)
年賀状を書き上げ、投函しました。元旦に間に合いますかね。日本郵便さん、よろしくお願いします。しかし、宛先には、北海道から沖縄までありますからねえ。
毎年、大晦日までかかって書いているので、今年は例年になく、早く終わりました。理由は土日に集中して書くことができたことと、もう一つは、書く枚数を減らしているからです。申し訳ありません。いただいていながら、返礼していない方が多くなって。
かつて一緒に仕事をした方、特に地方勤務時代の方には、年に一度の近況報告です。といっても「元気にしています」と、添え書きするだけです。お世話になった方にも、ご挨拶は礼儀ですし。その方々のおかげで、今の私があります。他方、後輩たちには、私がかつて先輩からもらったように、「がんばれ」と書いて出すと、少しは励みになるかなと思って。
そして、松飾りを門のところにつけて、準備完了。
紀伊國屋に行って、また、たくさん買い込んでしまいました。書評で紹介されていると、「なるほど、そう読むのか」と気づいて、読みたくなります。お目当ての本を探し出すと、その棚の近くには、また興味をひく本が並んでいます。で、ついついと・・。
パソコンの横には、読み終えてこの欄で紹介しようと思っている本があり、布団の横には、読みかけの本が山脈を作っているのに。(2013年12月29日)

(クリスマス・イブ)
今日は、クリスマス・イブ。私は仏教徒なので、キリストさんの誕生日は、縁がないのですが。子どもの頃は、ケーキと靴に入ったお菓子が、うれしかったです。
ホワイトクリスマスのメロディー(I'm dreaming of a white Christmas ・・)もよいですが、JR東海の新幹線のコマーシャル、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」は、今でもプラットフォームの映像と一緒に、メロディーが浮かびますねえ。「きっと君は来ない・・・」。携帯電話のない時代のお話です。インターネットで、当時の映像を見ることができるようです。
職員には、「今日は早く帰りなさい」と指示をして、異業種交流会へ。でも、こんなことが言えるのは、発災以来久しぶりです。
東京の六本木は、若い男女で、すごい人出でした。お店の人曰く「去年と違って、人出が多いです。洋食系レストランは、どこも満員です」と。
私たちは、おじさんと若手の男子が5人。和食で、日本酒でした。とほほ・・。
しかも、いろいろと厳しいご意見をいただきました。というか、若い人たちに、突き上げを食らう会でした(笑い)。参考になります。皆さん、復旧だけでなく、日本を良くしようと思っている、熱い人たちです。少しずつ、日本社会を変えていきましょう。(2013年12月24日、25日)

(年末の3連休、年末の恒例行事)
みなさん、3連休はゆっくりとされたでしょうか。私は、1日は出勤、2日間は自宅にこもって、年賀状書きに精を出しました。おかげで、かなり進みました。もっとも、先は長いです。
今年の正月にいただいた年賀状を見つつ、宛名を書きながら、その方を思い浮かべています。すると、ペンが進みません。年に一度の、ペン習字の時間兼思い出をたどる時間です。(2013年12月23日)

(今日は土曜日)
今週は1泊2日の出張があったりして、いつも以上に資料が机の上にたまりました。平日夜は異業種交流会で忙しいので、週末しか片付ける時間がありません。
簡単な説明を受け、「あとで見ておくから」と後回しにした資料、「見ておいてください」と付箋を張って机に置いてくれてある資料。目を通しておきたい資料が、山のようにあります。急ぎでないメールも読んで、返事を出さなければ・・。
困ったものです。毎週のように、同じことを書いています。人類に進歩はあるのに、私の日常には進歩無し。自分では、仕事は早い方だ(雑だ)と思っているのですが、なぜこうなるのでしょうね。
また、来年に向けて次の仕事の段取りを、職員と一緒にいろいろ検討しているのですが、検討段階の資料を見ていると、次のアイデアがわいてきます。そこで、思いついたことを、メールで担当者に送っておきます。当の職員は、月曜朝、じゃなかった3連休なので、火曜日朝にパソコンを開いて、「また来た」と思うでしょうね(ごめん)。
年賀状が書けていません、困った。(2013年12月21日)

(細胞の働き、タンパク質のリサイクル)
12月16日の朝日新聞科学欄「迫れ、細胞リサイクル」に、オートファジーの解説が載っていました。
オートファジーとは、日本語で「自食作用」です。細胞が、不要になったり壊れたりした自分自身のタンパク質を分解して、新しいタンパク質の材料にリサイクルしているのだそうです。
人間は、毎秒300万個のペースで赤血球を作っています。300個の間違いかと思いました。1日には、400グラムのタンパク質を作ります。食事で補給するタンパク質は1日に80〜90グラム。残りは、不要になったり、壊れたりしたタンパク質をリサイクルしているのだそうです。
私の知らないところで、私の体はよく頑張っているのですね。(2013年12月21日)

(区民意見交換会)
今日は午後から、杉並区役所の意見交換会に行ってきました。テーマは、使用料の見直しと、区立施設の再編計画です。
54万人区民のうち18歳以上の48万人から、無作為抽出で1,000人が選ばれました。その人たちに参加の意向を聞き、50人ほどの人が選ばれたとのことです。なんと、私も当選したのです。宝くじも当たらないし、小田急デパートの福引きも外れだったのに。ある身近な人が、先日懸賞で外車が当たったということに比べ、えらい違いです(苦笑)。
地方行政を専門としてきているのに、これを拒否するわけにはいかず、仕事も入っていなかったので、参加しました。すると、コメンテーターに、明治大学の牛山久仁彦教授がおられて。ははは、ばれてしまいました。
参加した約40人が2グループに分かれ、さらにそれぞれが3班に分かれて、2つのテーマを議論し、意見や結論を紙に書き出して発表します。私は持論を述べてはいけないので、司会を引き受けました。それでも、発言しましたが。
最初に自己紹介します。年齢や職業は、さまざまなでした。ただし、若者や中年は少なかったです。
議論して、大方の意見は、値上げ賛成、再編賛成でした。別々に議論したのに、その結論や出た意見が似通っていて、あとからの発表者が「我が班も同じです」ということになりました。ある人曰く、「反対者は、一人もいないのかね」と。私も意外でした。
みなさん、サービスに費用はかかること、無料はあり得ないことを理解しておられます。それどころか、高齢者の方が、「高齢者には受益者負担をしっかりとって、若者につけ回しをするな。子育てには、税金をつぎ込もう」と発言しておられました。区長や区役所にとっては、心強い結論や発言だったと思います。
区長の説明では、料金値上げは数十年放置され、施設計画は昭和40年代にできたものだそうです。子どもの数は、半減しています。区長は「選挙があるので、どうしても値上げや施設の再編(厳しい方の)は、やりにくい」とも言っておられます。その通りです。ある参加者が「来年、区長選挙があるのに、値上げの議論をするのかね」と指摘しておられました。でも、責任ある政治が進むことは、良いことですよね。
このように、住民の意見を聞くことは良いことです。住民に実情を理解してもらうことも。私も、計画を初めてまじめに読みました。でも、値上げって、区議会の重要な仕事なのですが。
NHKも取材に来ていて、17日の夕方の地方ニュースで放映されるそうです。(2013年12月15日)

(砂原准教授、サントリー学芸賞)
夕方からは、サントリー学芸賞の授賞式に、行ってきました。前にも紹介しましたが、砂原庸介・大阪大学准教授が受賞されたので、お招きいただきました。
パーティでは、そうそうたる学者・研究者の方と、お話しをすることができました。行政学や政治学では、少しは面識がある方がおられるのと、「初めまして」と名刺を出すと、「岡本さんですね、一度お目にかかりたいと思っていました」とお世辞を言ってくださる方もおられて。
官僚として、あるいは官僚にしては、いろいろ珍しい経験をさせてもらいました。今も、これまでにないことを、しています。この経験を、後輩たちだけでなく、学界や社会に還元しなければと、思ってはいるのですが・・。
異業種交流会は、楽しいですね。元気をもらえます。サントリーのワインも、おいしかったです。(2013年12月10日)

(片付かない資料)
昨日は金曜日、「今週も、怒濤のような1週間が終わりました」と書こうと思ったのですが。たまった書類が片付いていないので、今日土曜日も職場へ。
平日は、毎日書類がたまります。部下が説明に来たのに、結論だけ聞いて「書類を置いておいて。あとで読んでおくから」と放ってある書類。ゆっくり読もうと置いてある新聞切り抜き。骨子だけをメモにしてある、ゆっくりと考えたい項目もあります。返事を出していない、メールも。さらに、「読んでおいてください」と付箋をつけて、金曜日の夜の間に私の机に置いてある資料とか。
結局、急ぎの書類に目を通し、メールに返事を出しただけで、本日は終了。机の上の資料の山は、なかなか減りません。ゆっくりと考えたい項目も、はかどらず。
でも、早々と切り上げて、帰りには、紀伊國屋で全く違う分野の本を買い込み、近所の地酒屋さんで一升瓶を買って・・・。反省(してません)。(2013年12月7日)

日記50へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。