日記52


他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記53へ続く

(奈良県王寺町の雪丸)
月刊誌『地方財務』に、「うちのまちのキャラクター」という連載欄があります。もう43回目だそうです。3月号に、奈良県王寺町の「雪丸」が取り上げられています。
去年、町長がマスコットを持ってこられて、「宣伝してよ」というご命令でした。雪丸が何かは、雪丸の紹介をご覧ください。そこで、この欄を紹介したら、早速取り上げてもらいました。
私の生まれは明日香村なので、王寺町とは離れています。でも、お世話になった平井町長の命令ですし、聖徳太子となれば、お安いご用です。編集長からは、「そんな暇があれば、連載を再開してください」と、お叱りを受けそうです。(2014年3月6日)

(今日も外出)
今日は、連合(労働組合の総元締め)に呼ばれて、古賀会長以下幹部の前で、講演をしてきました。
これまでの復興の実績、これからの課題、そのための方針を、短時間のうちにどう説明するか。内容と伝え方が、試されます。
昨日もこの欄でぼやきましたが、今週の「この危機」は、続く出張にあります。平日の出張は、してはいけませんね。そして、土日を休むという冒険も、してはいけません。本人が大変なだけでなく、待っている職員に迷惑をかけます。反省。
9日の講演資料も、まだできていません。これから(6日の晩)内職します。(2014年3月6日)

(仕事は続くよ・・)
今日は、宮城復興局で用務があり、午後から仙台へ。重なるときは、重なるものです。1日(土曜日)午後から今日5日(水曜日)まで、出張が続きました。泊付きや早朝出発深夜帰宅が続くと、職場で資料がたまります。特に急ぎの用件は、携帯電話や携帯メールで追いかけてきますが、そこまで急がない案件が山積みになります。
今日午前中は東京だったので、早く出勤して、たまったメールや急ぎの書類を処理。一部の資料は、新幹線の中で読みました。でも、まだ机の上に、山のように残っています。
まあ、発災直後の頃の忙しさに比べると、大したことはありませんが。日々の仕事に追われていると、いろいろと次のことを考える時間が取れません。すると、進む事態を後追いすることになって、仕事が滞ります。悪循環です。(2014年3月5日)

(悲しいカエル)
悲しいお知らせです。このホームページを長く読んでおられる方は、覚えておられるでしょうか。我が家の近所のカエルの話です。
近くの道路を、大きなカエルが歩いていた話(2008年7月28日)と、そのカエルが車にひかれた話(2010年8月10日)。さらに、一族と思われるカエルが生きていた話を、書きました(2011年8月16日)。
今朝、お隣の家の前で、そのカエルと思われるカエルが、死んでいました。大人の握り拳より大きいです。
疑問1。この都市化した高円寺で、どこで暮らしていたのでしょう。
疑問2。なぜ、2月に起きてきて、車にひかれたのでしょう。今日は暖かかったからでしょうか。(2014年2月28日)


(除菌ジェル。おじさんと若い女性の会話)
今日は、衆議院予算委員会分科会での答弁、賢きところでの説明の随行、国民の代表の方々との「意見交換会」。その間を縫って「攻撃してくる職員」の説明を撃退して(先週も土曜日曜を休んだので、仕事が一杯たまっています。反省)。
21時前、都内地下鉄の某駅のプラットフォームで(場所と、なぜそこにいたかは、秘密)。59歳のおじさんと、全く知らない若い女性との会話。
おじさん:失礼ですが、聞いてもええですか(精一杯の東京弁で)。
女性:ハイ。
おじさん:ハンドバッグにぶら下がっている、そのビンは、何でっか?(胡椒の瓶といったら、わかるでしょうか。5センチほどの縦長のビンです)。
女性:これですか。手の除菌ジェルです。
おじさん:そんなん、効果あるの?
女性:さあ、どうですかねえ。効果あると思って使っているんですが。
おじさん:あんた、風邪の菌は、口から入るんやで。手を除菌しても、効果ないんとちゃう。それよりは、口と鼻やで。
女性:(笑いながら)ええ、そうなんです。今朝もマスクしていたのです。帰りに、忘れたんです。
おじさん:僕は、1週間かかって、ようやく咳が抜けたんや。気いつけや。(2014年2月26日

(雪の被害)
東京は、大雪から1週間が経ちました。ご近所では、日当たりの良いところの雪は融けましたが、まだ、あちこちに雪の塊が残っています。我が家の玄関横では、咲き始めた水仙が、未だに雪の山に埋もれたままです。
報道では、関東各地で、雪の重みで車庫がつぶれたり、ビニールハウスが倒れたり、大きな被害が出ました。ふだん大きく降らないところに降ったので、被害が大きいです。
ご近所でも、被害が出ています。Nさんの庭の紅梅が、幹から折れてしまいました。いくつも花をつけたままです。Sさんの庭の藤棚が、壊れてしまいました。これは鉄製だったのですが。先日、日比谷公園を通ったら、楠の大きな枝がたくさん落ちていました。これも雪の重みで、折れたのでしょう。(2014年2月23日)

(東京の大雪、4)
今朝は小雨。夜の雪は、20センチ近く積もっていました。雨で締まっていますから、そうでなければもっと深かったはずです。新聞が配達されないほどなので、近年になく、多かったということでしょう。ニュースでは、都心は27センチと報道されていました。関東各地で、記録的な大雪だったようです。
「この雨で融けるだろう」と思いつつ、家の前の通路は確保する必要があるので、またまた雪かきに。
雪は、雨を含んで、重たくなっています。さらに、側溝が雪で詰まって、融けだした雪が水たまりを作っています。後でニュースを見たら、皇居近くの交差点が、融けた水で、プールになっていました。(2014年2月15日)

(東京の大雪、3)
先週末に続いて、今日金曜日も、東京は大雪でした。激しい降り方ではないのですが、早朝から一日中降り続きました。
帰宅したら、高円寺では20センチ近く、積もっていました。キョーコさんが、昼に一度雪かきをしたのですが、また積もっていたので、夜に私も雪かきをしました。でも、後ろを振り返ると、どんどん積もっています。今晩も、積もるのでしょうか。(2014年2月14日)

(火と人間の関わり方)
鎌田浩毅・京都大学教授が監修された『図説 火と人間の歴史』(S・パイン著、2014年、原書房)が、出版されました。
題名の通り、人間と火との関わりを、太古に遡って解説したものです。写真が多く、楽しめます。もっとも、内容は、かなり広く深いものです。これまでにない角度からの分析なので、勉強になります。
鎌田先生の最近の活躍ぶりは、先生のホームページをご覧ください。いつもながら、そのバイタリティに脱帽します。(2014年2月11日)

(東京の大雪、2)
今朝も、起きて見たら、予想通りに、さらに10センチほど積もっていました。早朝から、3回目の雪かき。我が家と斜め向かいのSさん宅前だけ、道路がきれいになって、その前後は雪が残りました。東京都心で27センチ、45年ぶりの大雪だったそうです。10センチの雪かきが、3回必要だったわけです。
投票に行くのに、一苦労です。車の轍の跡(踏みしめられて固まっているところ)を通るのか、そうでない柔らかいところを通るのか。最悪は交差点です。大通りは、雪がほとんどなくなっていますが、歩道との境には融けた水とシャーベット状の雪で、巨大な水たまりができています。私は長靴なので、お構いなしですが。
「今日は、観客が少ないだろう」と、そのまま、上野へ。東京国立博物館の「クリーブランド美術館展」「人間国宝展」と、東京都美術館の「世紀の日本画展」へ。駅を降りてから、積雪+シャーベット+水たまりの道を乗り越えて、たどり着きました。やはり、観客は少なかったです。ゆっくりと、見ることができました。レストランも、すいていたし。
ただし、早くも足腰に筋肉痛が出て、階段の上り下りがつらいです。明日は、もっときつくなりそうです(情けない)。
今日の東京は天気が良く、気温も上がったので、雪は急速に融けているようです。融け残った分が今夜凍ると、やっかいですね。(2014年2月9日)

(東京の大雪)
今日の東京は、予報通りの大雪です。明け方から降り始め、午前午後と、降り続いています。
久しぶりに、家の前の雪かきをしました。長靴を出し、野球帽をかぶり、フード付きのウインドブレーカーを着て。いつものように、ちり取りでです。東京の積雪はそんなに深くないので、ショベルより、この方が軽くて楽ちんです。もっとも、中腰になるので、足と腰に負担が来ます。
10センチほど積もったので、まずは午後に1回。夕方出てみると、同じほど積もっていたので、もう一度。やむことなく降り続いているので、帽子の庇に雪がうっすら積もります。雪をかき終わったところを振り返ると、もう既に白くなっています。このままだと、明日朝までに、もう10センチほど積もるでしょうか。被災地や仮設住宅に、たくさん降らないことを祈ります。
お向かいのおじさん曰く、「今年の雪は、例年と違い粉雪だ。融けないね」と。確かにそうです。融けることなく、降るとそのまま積もっています。水を含んで重いボタン雪と違い、軽いので、すくって捨てる分には楽です。
とはいえ、30分ほどの一作業を終えると、息が上がります。足と腰には、明日以降、来るでしょうね。富山の人には、笑われるでしょうが。
ということで、今日は、出勤や外出を断念しました。近所の子どもたちは、しばらく楽しんでいましたが、人通りも少なく、しんしんと降り続く雪で、静かな土曜日でした。(2014年2月8日)

(地下鉄の中で)
そこのお兄さん、そう、あなたです。
地下鉄のドアの前で、そんなに頑張って、どうするのですか。みんな、降りようとしているのです。あなただけが、その流れに抗して、足を踏ん張って。
一度、みんなと一緒に外に出て、再度乗ったら、どうですか。
それに、その前のおじさん。一声「降ります」と言えば、お兄さんも、譲ってくれますよ。無言で、ぐいぐい押しても、お兄さんには、通じていませんよ。(2014年1月30日)

(賢い鳥たちのごちそう)
毎日、拙宅の周りで、多くの小鳥が騒ぎます。まあ、賑やかなこと。お向かいの庭にある、柿の木の実が目当てです。渋柿なのですが、この時期になると甘くなります。いくつか、我が家もお裾分けをいただいたのですが、まだまだ鈴なりの実を、残してありました。
秋口に身が赤く(黄色く)なっても、小鳥たちは見向きもしません。ところが最近になって、朝昼に、大群でやってきます。あっという間に、木の上半分の枝になっていた実が、なくなりました。賢いですね。(2014年1月19日)

(地元の魚料理のコンテスト)
1月18日、今度の土曜日に、東京六本木で、「魚の国のしあわせ Fish-1グランプリ FINAL」が開かれます。ご当地の魚のグルメコンテストです。最終選考に、富山県魚津市の「バイ飯」=バイ貝を使った混ぜご飯が、入っています。
地元応援団から、「優勝できるように、宣伝せよ」との指令が来たので、このページで紹介します。
富山時代には、食べたことがなかったですが、見るとおいしそうです。お時間のある方は、ぜひ試食して、1票入れてください。(2014年1月16日)
残念ながら、魚津の「バイ飯」は、準グランプリだったそうです。優勝は、山形の「どんがら汁」です。会場が非常に寒く、唯一暖かい汁物だったことが勝因ではないか、との分析です。季節が秋だったら、違った結果になったかも(苦笑)。(2014年1月19日)

(肝冷斎復活)
肝冷斎のサイトで不具合があり、しばらくの間、更新ができていませんでした。ようやく復旧したようです。
もっとも、また放浪の旅に出かけているようです。(2014年1月13日)

(久しぶりの富山)
今日は、富山市まで行ってきました。富山県庁で仕事をしたときの同僚が、突然亡くなり、そのお葬式です。60歳代半ば、元気な人だったので、びっくりしました。
私が富山県で総務部長を務めたのは、平成6年から4年間です。39歳から43歳でした。赴任してから20年、離れてから16年が経ちます。ここのところ機会がなく、富山に行くのは久しぶりです(あれだけお世話になったのに、不義理を重ねています。反省)。
元県庁幹部の葬式なので、かつて一緒に仕事をした方、お世話になった方にたくさんお目にかかることができました。もっとも、このような機会なので、じっくりと話をすることはできませんでしたが。
雪景色できれいでした。1年後の新幹線乗り入れをひかえ、駅前は発展しているようです。有名になったライトレールも、格好良く走っていました。(2014年1月11日)

(平成26年仕事始め)
多くの職場では、今日から仕事。復興庁では、大臣の訓示を、福島復興局で始めました。お昼のNHKニュースでは、官庁関係で取り上げられた仕事始めは、これだけだったようです。本庁での大臣訓示は、明日7日の予定です。
総理は、今日の伊勢神宮での年頭記者会見の一番目に、復興について触れられました。
皆さんの期待も大きく、私たちも、それに応える仕事をしなければなりません。ご支援と協力をお願いします。
今日も、次々と仕事の報告と相談が入り、また年始のご挨拶に来てくださる方があり・・。ありがたいことです。早速、残業でした。
家に帰ると、キョーコさん曰く「あなた、仕事に行くと、顔のつやが良いわねえ」。はい。(2014年1月6日)

日記51へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。