日記53


【日記=日々の暮らし】
他のページは古い記事から並んでいますが、「日記」は新しいものから逆に並んでいます。
日記54へ続く

(大型連休)
大型連休が、終わりました。皆さんは、どのように過ごされましたか。比較的天候に恵まれたので、お出かけになった方も、多かったのではないでしょうか。小生も、4連休を頂き、実家の両親に顔を出し、その後はキョーコさんのお供で観光へ。新緑が鮮やかで、特にカエデの若葉やクスノキの若葉がきれいでした。それにしても、今年は楽天イーグルスの調子が良くありません。さて、明日から仕事です。(2014年5月6日)

(連休の狭間、仕事ははかどるか)
昼間、職場に、某省、某県、某マスコミなど、いろんなところから、電話やメールが来ました。
私は返事して、「あんた、こんな日に、仕事してるんか?」と。向こうも「全勝さんだって、出てきているじゃないですか」と反論します。「う〜ん、今晩も異業種交流会を入れてしまってねえ・・」と、言い訳にもならない返事を返しました(苦笑)。
予定では、今日はたぶん部下職員からの攻撃も少なくて、書類整理ができると思っていたのですが。思うようには、行きませんわ。(2014年4月30日)

(身体が覚えている)
復興庁では、安全確認のために、事務所の扉に鍵がかかっています。暗証番号を押して、解錠して入ります。安全のために当然です。先日、暗証番号を変えました。定期的に番号を入れ替えているのです。これも当然です。
ところが、私は毎回のように前の番号を押してしまい、ブザーが鳴ってしまいます。指先が覚えているので、無意識に前の番号を押してしまうのです。
職員が気を利かせて、機械の上に「新しい番号を」との表示を、貼ってくれました。その表示を見ながら、それでも私の指先は、古い番号を押してしまいます。慣れは、恐ろしいものです。(2014年4月17日)

(歳歳年年花不同)
東京は、春の日が続いています。ソメイヨシノは終わりましたが、八重桜が真っ盛りです。我が家の鉢植えの桜も、ささやかな花をつけています。去年咲いた鉢植えのチューリップが、今年も花を咲かせています。通常は、翌年は病気の花しか咲かせないのに、今年は結構立派な花をつけています。
ご近所の花海棠のピンクとヒメリンゴの白い花も真っ盛り、モッコウバラもいくつも黄色い花を開き始めています。
去年まで少ししか花をつけなかった椿が、今年は手入れが良く(といっても、お向かいのおじさんに、してもらったのですが)、びっくりするほどの花を咲かせました。それに引き替え、進歩のない我が身を振り返ると、あの有名な漢詩を少し変えてみたくなります。
年年歳歳人相似 歳歳年年花不同。
本歌はもちろん、「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」。劉廷芝「代悲白頭翁」。訳はこちらが、わかりやすいようです。(2014年4月12日)

(今日のクスッ)
昨日の「触ってください」に引き続き、笑える話を。
今日、地下鉄に、小学校低学年くらいの男の子が、マスクをして乗ってきました。しばらくして、マスクを外して、くしゃみをしました。
お父さんが、「なぜマスクを外すの」と聞いたら、男の子が「(マスクをしながらくしゃみをすると)マスクが冷たくなるんだもの」と答えました。
街に出ると、いろいろおもしろいことに出会います。(2014年4月6日)

(皇居乾通り)
今日は、キョーコさんのお供をして、皇居乾通りの一般公開に行ってきました。新聞報道にあるように、昨日の初日は、金曜日にかかわらず、5万人を超える人出でした。「さて、今日は何時間、待つのだろうか」と思いつつ、東京駅から坂下門方向に向かったら、既に人人人・・。
列は内堀通りを南下して、祝田橋の手前で西に曲がり、桜田門手前から北向きに。そこで、3つの枠(1つの枠に何百人入るでしょうか)に入れられ、それぞれの枠から、順次前進して次の4つの枠へ。そこから、順次、手荷物検査とボディチェックを受けて、坂下門へ。2時間半かかりました。その間、通り雨に降られもしました。
上空から見たら、すごい集団が見えたでしょう。後でニュースを見ると、9万人の人出だったそうです。まあ言ってみれば、初詣の明治神宮、大阪万博の時の月の石を見る行列並でした。
列を作るためのロープが張られ、警察官が上手に誘導して、混乱はなかったです。ボディチェックは、男性は男性警察官に、女性は女性警察官に受けます。ところが、男性の列に混ざってしまったおばさんが、女性の列に並び直すのがいやならしく、男性警官に向かって「触ってください」と、コートの前をはだけました。若い警官は困った顔をして、「ご協力をお願いします」と、女性の列に連れて行きました。
乾通りも、これまた人人人。桜はきれいでしたが、大臣や総理のお供をして車で通るときは、人気のない寂しいくらいの場所なので、全く印象が違いました。(2014年4月5日)

(今日は金曜日)
今日は、金曜日。あっという間に、今週も終わりました。新人職員さんも、疲れたことでしょう。あるいは、飲み会で、さらに疲れているでしょうか(苦笑)。
私は、今週もすごい速さで時間が過ぎました。 大きな行事や国会審議があれば、手帳にはそれが残るのですが、雑多な案件が続くと、手帳には何をしたかが残りません。K秘書は、ほとんど仕事が入っていない「翌日の予定表」を渡してくれる時もあるのですが、その通りになったことは、まずはありません。当日に、次々と予定を書き込んでくれます(笑い)。
次々と相談を持ち込む部下職員、何かと呼び出してくださる国会議員、勉強に来てくれる記者さん・・。報告や相談に来る職員には、「結論だけ言うて。書類は後で見ておくから」とか、「預かるわ。後で考えて、指示を出すから」といってその場をしのぐので、書類がたまります。反省と進歩なし。
キョーコさんは、「あなたが、仕事を作っているのでしょ」と、見てもいないのに、的確な批判をします。(2014年4月4日)

(4月1日)
今日は4月1日。各省庁や会社で、入社式や入庁式がありました。新人の皆さんは、それぞれに希望に燃えて、そして少しの不安を持って、1日目を過ごされたでしょう。これから、希望を持ち続けて、充実した社会人生活を送られることを望みます。
これから楽しいこととともに、つらいことや困ったことに出会うでしょう。でも、それぞれの苦労が、あなたを大きくします。努力が、道を切り開きます。そして、楽天的に考えることが、前へと押してくれます。悩むことより行動、そして一人で悩むことなく周りの人に聞きましょう。
復興庁では新人採用をしておらず、各省からの出向者や民間からの即戦力で職員を集めています。それでも、本庁では60人ほどの転入者を迎えました。オリエンテーションで、復興の課題をお話しするとともに、復興庁に期待されていること、そして仕事のこつをお話ししました。(2014年4月1日)

(春の日曜日)
今日30日の東京は、あいにくの雨。桜の満開宣言も出ましたが。花見を楽しみにしておられた方は、残念でしたね。地下鉄四谷駅脇にある桜は、もう少しで満開です。きれいでした。明日からは、桜の名所は大変な人出でしょう。歓送迎会に、ぴったり合いましたね。
昨日今日、我が職場は、いつもの常連職員のほか、異動を控えた職員が整理のために出勤して、休日とは思えない状態でした。申し訳ない。私も、かなり資料整理ができました。もっとも、ある職員が指摘したように、「岡本統括官、3月11日から、テーブルの上の資料の山が、減ってませんね」。う〜ん。
いろんな仕事が次々とたまるので、優先順位をつけると、急ぎでない資料は積み上がったまま「化石」になります。
前例がない仕事なので、先を読んで指示を出す必要があります。そのためには、現地からの要望、職員からの報告、新聞報道などの指摘といった「ヒント」をもとに、課題を整理し、復興庁の未来の仕事を組み立てる必要があります。他方で、このような先を読む「先導」(水先案内人)とともに、復興庁が進めている仕事を「後ろから点検」していくことも(掃除人、スイーパー)必要です。これらは、新しい分野に挑戦している民間企業では、普通のことでしょうね。
楽天イーグルスは、田中投手が抜けても、開幕3連勝。ゆったりした日曜は、日本酒もおいしいし。良しとしましょう。(2014年3月30日)

(歳をとったら、早く寝て目が覚める)
ニュースでご覧になった方も多いでしょう。厚生労働省の検討会が、睡眠を健康的に取るための指針を、見直しました。その中に、年代別の適切な睡眠時間が書かれています(報告書p10)。
・・。夜間の睡眠時間は10 歳代前半までは8 時間以上、25 歳で約7 時間、その後20 年経って45 歳には約6.5 時間、さらに20 年経って65 歳になると約6 時間というように、健康で病気のない人では20 年ごとに30 分ぐらいの割合で減少していくことが分かっています。
一方で、夜間に寝床で過ごした時間は、20〜30 歳代では7時間程度ですが、中年以降では長くなり、75 歳では7.5 時間を越えます。
昔から、年をとると徐々に早寝早起きの傾向が強まり、朝型化することが知られていますが、加齢による朝型化は男性でより強いことが分かっています・・
私も若いときは、とにかく眠たかったですね。それも朝です。夜は起きていられるのに、朝は布団から出たくない。皆さんも同じでしょう。でも、歳をとると、夜は早く眠くなり、朝も早く目が覚めるようになりました(総理秘書官時代の睡眠については、別途書きましょう)。
ところが、3年前に被災者支援の仕事について以来、しばらくは朝が早かった(いろいろ思いついて、寝ていられなかった)のですが、その後、朝が起きられなくなりました。休日は、いくらでも寝ていられるくらいです(原因は、参事官たちが私をこき使うからだと推測しています。笑い)。
他方、私は、寝付けないという経験が、まずはありません。いつでもどこでも、すぐに寝るという特技を持っています。歳をとってから、この技には磨きがかかり、特に日曜夜は「ダーウィンが来た」の途中で寝てしまいます。そしてキョーコさんに起こされて、お風呂に入って、少し本を読んでも、22時には寝てしまいます。(2014年3月30日)

(今日は金曜日)
今日は金曜日。今週も、あっという間に、5日間が終わりました。月曜朝に、「あと5日働いたら、土曜日だ」と言っていたのが、昨日のような気がします。
夕方帰ろうとしたら、「帰りがけに、ちょっと良いですか」と、次々と職員が、仕事を持って入ってきました。久しぶりに、「岡本統括官の帰宅を邪魔する会」の会員たちです。
私は職場で、上司を「こき使う」部下たちに、恵まれています。K参事官、H参事官、Y参事官・・・。「この(分厚い)資料を読んでください」「この会議に、私の代わりに(!)出席してください」「××議員のところに、ついて行ってください」と。
年度末ということで、職場の内外で送別会もたくさんありました。復興庁でも、民間や自治体から来てもらった職員、任期付き職員の何人かが、去って行きます。苦労をかけた職員に、お礼を申し上げます。ここでの仕事と苦労は、めったにない経験です。その経験が良い勉強になり、これからの仕事に役立つことを希望します。また新しい職場に移る人には、新天地での活躍を期待します。
今週、東京では、桜が開花しました。もっとも、まだ開きかけで、華やかさにはほど遠いです。我が家の椿は、今年は例年になく、たくさんの花を咲かせています。赤い花がまさに鈴なりです。100個近くもありそうです。お向かいのSさんに、手入れしてもらった成果です。
対に植えてあった夏椿は、数年前に、水やりが悪く枯れてしまいました。先日、植え替えてもらいました。今年は、白いきれいな花を楽しめそうです。(2014年3月28日、30日)

(今日は、参議院での質疑)
今日午後は、参議院復興特別委員会で、大臣所信に対する質疑が4時間10分(実際は4時間20分)ありました。被災地ではいろいろな課題があり、それを調査してこられた議員さんたちが、次々と質問をされました。
私は、途中中座して、災害対策特別委員会で、答弁に立ちました。(2014年3月26日)

(分け入っても分け入っても)
「分け入っても分け入っても青い山」(種田山頭火)。
私の場合は、「分け入っても分け入っても資料(仕事)の山」。山頭火に比べ、色もなければ風情も余韻もありません。
去年の4月6日にも、同じことをぼやいていました。そのとき書いた「週末しか整理の時間がとれないこの勤務実態は、どうにかしなければなりません」という状態は、変わっていません。なぜでしょう。人類に進歩はあるのに、私の仕事ぶりには進歩がないのでしょうか。
平日昼間は、自分の時間が取れない。夜は、異業種交流会が忙しい。資料整理や立ち止まって考えることができるのは、休日だけ。3連休のうち2日出勤して、結構片付いたのですが、まだまだ資料の山は高いです。
考える時間ができると、また仕事を作ってしまいます。いろんなことに、手を広げすぎなのでしょうね。と書きつつ、反省せず日本酒へ。(2014年3月23日)

(シェイクスピアの初版本を探す)
エリック・ラスムッセン著『シェイクスピアを追え!』(2014年、岩波書店)が、おもしろかったです。
シェイクスピアの戯曲の数々(台本)を本にした、ファースト・フォリオ(最初の本格的な本)は、彼の死後1624年にロンドンで出版されました。400年前の話です。現在、初版本が全世界で、232冊確認されています。
2002年には、1冊が700万ドル(1ドル100円で換算して、7億円)で売買されています。貴重なので、有名人から有名人に引き継がれ、そしてたびたび盗難に遭っています。それを追いかけたのが、本書です。小説よりも奇なりな本の生涯と、それを追いかけた執念をお読みください。
本と言っても、現在の本屋に並んでいるような単行本とは違います。高さ36センチ、幅23センチ、厚さ8センチの大きさで、908ページの大きなものです。それを盗むのです。まあ、有名な茶碗・大名物の持ち主の歴史、盗難の歴史といったら良いでしょうか。
日本では、明星大学図書館が、12冊も所蔵しています。そして、インターネットで画像を公開しています。検索ページで、title Hamlet Act1 Scne1 Line1を選ぶと、ハムレットの台本の1ページが出てきます。(2014年3月17日)

(春が近づいています)
玄関の椿が、いくつか花を咲かせました。去年は、3月20日でした。そのあと、Sさんのご主人に手入れしてもらったので、今年はつぼみが鈴なりです。これからしばらくの間、楽しめそうです。その横の水仙は、雪の重みで折れましたが、花を咲かせています。
Nさんちの紅梅は、雪の重みで幹の途中で折れましたが、枝は横たわったままで満開です。Tさん宅のミモザも、鮮やかな黄色い花が真っ盛りです。「切って持っていく?」と言ってもらいましたが、「そこで咲かせるのが一番ですから」と断りました。桜のつぼみも、膨らんできています。
プロ野球のオープン戦も始まりました。肝冷斎が、目を覚ましました。楽天イーグルスは、今年も調子が良さそうです。(2014年3月16日)

日記52へ戻る。表紙へ戻る。目次1へ戻る。